<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

『宇宙の法則』について理解し直せと言われたのでそうしてみる、の巻 その3。



はい、という訳で本日からは『意図的な創造の方法論』に入ります。



スーさん 「『意図的な創造の方法論』とはどの様な内容かね?」

musica 「簡単に言えば『引き寄せの法則』をコントロールする為に、『意図的に思考を作用させる事』だそうです」

ス 「『引き寄せの法則』は望んだ事であろうと望まない事であろうと、思考を向けたものを引き寄せるというものだった。その思考をコントロールする術が『感情という素晴らしいナビゲーションシステム』を利用するという事だったね」

m 「はい。私達の中にある『内なる存在』、つまりハイヤーセルフとかガイドさんとかと、私達の思考の方向性が一致していれば前向きな明るい感情を抱き、一致していなければ憂鬱な暗い感情を抱くのだそうです」

ス 「このブログにも我々のような存在と交流出来るようになりたい、というコメントが届く。だが実際には感情というツールを使い、常に交流しているのだ」

m 「自分の感情の変化に気を配る。それがガイドさんとか守護さんとの交流の第一歩という事ですね」

ス 「そうだ。我々とその者の思考が一致していれば前向きな明るい感情を抱く。『そうだ、それで合っているぞ。そのまま前に進みなさい』とね。だが憂鬱な暗い感情を抱く時は、我々は『それは違うぞ。もっと別のやり方があるはずだ』と伝えている」

m 「言葉ではないですけど感情を通じて、自分もガイドさんと接しているって知ったら嬉しくなる人は沢山いそうです」

ス 「少なくてもこのブログを見ている人達には知ってもらえるさ」

m 「はい」

ス 「たったこれだけしか書いていないが、君が集中しなかった為にもう4時50分だ」

m 「すんません・・・」

ス 「2時間もパソコンの前に座っていたというのにな」

m 「まぁ、そういう時もありますよ」

ス 「・・・」



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。

ス 「今の君の感情はどの様なものかね?」

m 「ちょっとモヤモヤ?」

ス 「それが私からのメッセージだよ。感情を分析してごらん」

m 「まぁ仕方ないかなという思いと、もうちょっと進んで欲しかったなっていう思い?」

ス 「まさにその通りだよ!」

m 「・・・」





[PR]
by garoumusica | 2017-04-30 05:03 | スーさん | Comments(2)
『宇宙の法則』について理解し直せと言われたのでそうしてみる、の巻 その2。



はい、という訳で宇宙の法則な訳ですけど、それはまぁ置いておきまして、



スーさん 「もうよいから下ネタはやめておけ」

musica 「下ネタじゃないですよ!失礼な・・・」

ス 「その様な評価を君自身が引き寄せたのであろう?」

m 「えー・・・」

ス 「フフフ、それで本日は『物と引き寄せの法則』について記事にするのであろう?」

m 「分かっててからかうし」

ス 「ハハハ!昨日も『引き寄せ』があったのであろう?」

m 「はい。物と状況ですが」

ス 「書いていってごらん」

m 「はい。昨日は無印に行って来ました。無印良品週間で1割引きでしたし、先月誕生日だったのでプレゼントされた500円分のポイントの消費期限もありましたので。で、私はいつも無印のホテル仕様の枕カバーを使っているのですが、それがぼちぼち買い替え時になって来たので新しい物を購入しようと思っていたのですが、廃版となっている上に、別の商品も肌触りが好みのものが売っておらず・・・。ここ1年くらいずっと行く度にチェックをしていたのです」

ス 「1枚しかないから不便だったのだね」

m 「そうです。が、昨日行った時に肌触りの良いものがなんと!半額!半額で売られていまして・・・。しかも無印良品週間で更に1割引きでしたし、500円分のポイントがあったので2つ購入しても100円くらいの負担で済みました」

ス 「これが物の引き寄せだね?」

m 「はい」

ス 「状況の引き寄せは?」

m 「昨日は祖母のデイサービスの日でしたので、祖母が帰って来る時間を考えると3時35分までに家に着かなければならなかったのです。で、3時15分までにスーさんの呼び出し神社近くを通れたら、神社に寄るという話を母としていたのです。この時間は街を出た時間を考えると余裕の時間です。いつも通りだったら多分10分には着いています」

ス 「が、ジャストの時間に到着してしまった」

m 「はい。良くない事ではありますが、いつもだったら80キロ位のスピードで走る所を、何故か皆さん60キロで走っていたり、別の飛ばしポイントではパトカーが2つ前を走っていた為に、これまた法定速度で走る事になったり。結局、神社へ到着したのは3時15分調度でした」

ス 「フフフ。もうひとつあろう?」

m 「はい。神社から家に向かっていた時に、もうすぐ家に着くけど、今流れている曲のあの部分までは聴きたいな~って思っていたら、車線の合流地点で車の流れが切れず、いつまでも待つ事になったり、速度30キロで走る車が前に来たりで、時間がいつもよりかかってしまいまして。そして家の駐車場に着いて車から降りよう、という時に調度あの聴きたかった部分が流れ、私の願いどおりに曲が聴けてしまったのです」

ス 「ハハハ!しょうもない引き寄せだね」

m 「私は満足でしたが時間がギリギリとなってしまい、母はイライラしていました」

ス 「フフフ、母上は君の引き寄せの被害者という事だ」

m 「そういう事を言わないでください・・・」

ス 「さて、君はこれらの事を引き寄せようとして引き寄せた訳ではないね」

m 「はい。枕カバーは良いのがあればと思って、いつも探してはいましたが、ここまで安く買えるとは思っていませんでした」

ス 「おまけでついてきた彫金工具に関しても、タダで手に入れようと思っていた訳ではない」

m 「はい。自分に向いているか分からないので、お試しがてら中古でお得に購入出来たらいいなと思い、メルカリをチェックしていましたが、『引き寄せの法則』を使ってタダで手に入れようとは思ってはいませんでした」

ス 「何故引き寄せようと思わなかったのかね?」

m 「根が卑しいからですかね?」

ス 「ハハハ!」

m 「ほんと、笑い事じゃなく根が卑しいから。私がタダで欲しい物を引き寄せようと思ったとします。ですが、タダで手に入れたいという私の心の底には、自分のお金を使いたくないからっていうのがあるのです」

ス 「君は働けばお金が手に入るという事を知っているからね」

m 「はい。働いてその対価としてお金を貰い、そのお金で欲しい物を購入する。大人が物を手に入れるという事はこういう事だと思うのです。で、その過程を無視して引き寄せで無料で欲しい物を手に入れようってなると、私の中では自分のお金を使わなくて済むという卑しい気持ちがある」

ス 「その卑しさを秘めたまま『引き寄せの法則』を利用すると、君のその卑しい波動にも『引き寄せの法則』が働く為、その波動に似合う出来事が引き寄せられる。その為に君は自分の欲に対しては『引き寄せの法則』を利用しない様にしているのだね」

m 「そうです。欲しい物を引き寄せてるスピリチュアルの人って、話をすると本当に卑しい所なく物を引き寄せているのです。

『装飾品は自分で買った事が無い。人から贈られるもの』って。

その人は本当に卑しさが微塵も無く、これがその人にとってはナチュラルな事なんです。当たり前の事なんですよ。そこが『お買い得引き寄せ』な私とは違うところです」

ス 「でもこれはこれで面倒事がつきまとっていたであろう?」

m 「お返しが面倒だったみたいですけど・・・。貰った分だけ何らかの形でお返しをしなくてはならないから」

ス 「その者の引き寄せには見返りが必要だったのだから、その者にもやはり卑しさがあったと言えよう」

m 「なので、私の中の卑しさが無くなるまでは、物に対する引き寄せは難しいなと思う」

ス 「でもあるだろう?」

m 「お金は支払ってます・・・」

ス 「責めている訳ではないよ。君自身は対価を支払って購入しようとしていた訳だから。でも取引の相手がおまけを沢山付けてくれる。別の場面では出先でお買得に購入出来てしまう。これが君の引き寄せであり、君の引き寄せの限界である」

m 「でも十分満足ですよ?」

ス 「その満足感が引き寄せの起点となり、更なる引き寄せが起こる。大切なのは目の前の出来事に満足し感謝する事だ」

m 「うん、そうですね」

ス 「では明日からは『引き寄せの法則』の二つ目に入ろう」

m 「このシリーズも長くなりそう・・・」

ス 「ほら、憂鬱を引き寄せるぞ」



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

ス 「この『それでは本日も良い一日を~』も、引き寄せの起点となる」

m 「そうなんだ!」

ス 「人の幸せを願う事は自らの幸せをも願う事だ。更に良いのは、君は自分の幸せの為に毎日書いていたのではない」

m 「スーさんに提案されて本館ブログに書いていた一文をこちらでも始めたのですが、そういう意図もあったのですね」

ス 「フフフ」

m 「あ、これからは意識しちゃいそう・・・」

ス 「ダメダメではないか・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-04-29 05:05 | スーさん | Comments(0)
『宇宙の法則』について理解し直せと言われたのでそうしてみる、の巻 その1。



ところで、昨日から『アシガール』という、現代から戦国時代へとタイムスリップした女子高生が足軽になるという漫画にはまりまして。

Amazonのサイトを見ていたら『アシガール』がお薦めされていたので、試し読みを読んでみたのですがこれが面白くて。

ネットでネタバレブログを探して一気に読んでしまいました。

そのうち全巻大人買いしよう・・・。



musica 「はー、若君超かっこいい・・・。若様の絵を描いてみたい・・・」

スーさん 「本当に君は着物に長髪の男子が好きだな」

m 「スーさん達の絵を描き始めてから、現代服よりも着物男子を見る機会が増えましたからねぇ。着物男子フォルダもあるし」

ス 「君が私の事が好きなのはよく分かるが」

m 「何を言ってるんですか、おっさんよりも若者の方がかわいいですよ。ほら、最近だったらブルゾンさんのネタに使われている曲を歌っているオースティン君。かわいい顔をしているのにどことなくセクシーで。歌詞もなんだかエロティックな内容なので、ついつい『お姉さんがお相手するわよ?』って思っちゃう。ジャパニーズお・も・て・な・し☆」

ス 「下ネタはやめなさい。真面目に宇宙の法則について語り合うシリーズなのだから・・・」

m 「私が引き寄せるのは何故か身体の無いおっさんばかり・・・」

ス 「それも理解出来るだろうよ、宇宙の法則を学ぶうちに」

m 「分かりたいような、分かりたくないような・・・」

ス 「まぁ答えは既に出ているだろう?君が父性を求めるからだ。父親業は終いと申しても、君はいまだ私をおっさん扱いする」

m 「あなたのその年齢で、その立場で若者扱いを望む方が厚かましいのではないですかね?」

ス 「本当に君は、ああ言えばこう言う・・・」

m 「さてと、そろそろ本題に入りましょうよ~」

ス 「君がそれを言うか・・・。まぁよい、昨日の続きからだ」

m 「『引き寄せの法則』は願望実現の為の方法論ではなく、この世界に普遍的に働く最も強力な法則であるとの事でした」

ス 「ごくごく当たり前の法則なのだが、この事を理解している者はまだまだ少ない」

m 「過去の事を思いだしても、今何かを観察していても、未来の事を想像していても、今という強力な時点で焦点を定めた思考は、私達の中にある波動を引き起こすのだそうです。そしてたった今、その波動に『引き寄せの法則』が作用するとの事です」

ス 「波動。このブログでも何度となく出ている言葉だね」

m 「はい。やはり引き寄せの法則絡みです」

ス 「これはこの世の中に普遍的に働く法則だからね。避けては通れぬものだ。今何かを見ていても、過去の事を思いだしていていても、未来の事を思っても常時働く。意識して『これこれを引き寄せよう』と思った時だけではない。常時働いている法則だ」

m 「都合よく働く法則ではないですね・・・」

ス 「例えば、何か悪い事があった時だけ『ありがとうございます』という言葉や念仏を一万回唱える者がおる。助かりたいという一心で唱えても、その意識は原因となったものから離れぬ限り、望むような引き寄せは起こらぬ」

m 「原因となったものから助かりたいと思って唱えると、原因に意識が向いたままだから?」

ス 「それもある。または唱えた時だけは原因から思考が離れて良い気持ちになるかもしれぬが、それから離れるとまた憂鬱な事を考える。そしてまた新たに引き寄せを起こす。これは引き寄せの法則を理解していない者に良くある事だ」

m 「だからエイブラハムさんは、感情というナビゲーションシステムを利用して、思考の方向性を確認しましょうと提案されている」

ス 「思考を見張る事は大変だからね」



明日も続きます。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

m 「でもさ、1万回ありがとうって唱えたりして幸せになった、っていう本を出している人とかいるでしょう?」

ス 「それは唱えている以外の時にも、前向きな明るい思考を保てるようになったからだろうね」

m 「それだけですか?」

ス 「様々なパターンがあろう。感謝の言葉や念仏によって禊が行われたパターンや、常に感謝の念を抱けるようになり引き寄せの方向性が変わったパターン、または仏を意識して生活をする様になった結果、思考の方向性が変わったパターン」

m 「一つ目は波動が変わったって事で、あとは思考の方向性が変わったって事」

ス 「まぁ、色々あるさ」







[PR]
by garoumusica | 2017-04-28 05:05 | スーさん | Comments(0)
タイトルの通りです。



スーさん 「逃げを感じるタイトルだな」

musica 「だって『宇宙の法則』っていう名前がちょっとアレじゃん!」

ス 「ほら、君は『引き寄せの法則』を理解していないだろう?」

m 「あー、『ちょっとアレじゃん』って思ってしまう様な状況を引き寄せる・・・」

ス 「そういう事だ。だーかーら!私は『良い機会だから「宇宙の法則」についてきちんと理解し直せ』と言ったのだ」

m 「・・・」←ぐぬぬ。

ス 「ほら、もう一度『宇宙の法則』を記入してみなさい」

m 「『宇宙の法則』は、『引き寄せの法則』と『意図的な創造の方法論』と『許容し可能にする術』の三つで、

第一の『引き寄せの法則』は、『それ自身に似たものを引き寄せる』というもの。

第二の『意図的な創造の方法論』は、『私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する』というもの。

第三の『許容し可能にする術』は、『私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう』というもの」

ス 「コピペするな、馬鹿者!」

m 「長いじゃん!コピペという便利な方法があるのだから、それを使うのが当たり前でしょ?」

ス 「そうか、では『宇宙の法則』を理解し利用するという便利な方法があるのだから、それを使いこなす事は当たり前だろう?」

m 「ああ言えばこう言うおっさんだわ・・・」

ス 「これもそのままお返ししよう。ほら、まずは第一の『引き寄せの法則』だ」

m 「はいはい・・・。Amazonで引き寄せの法則を検索すると、『願いが叶う! 人生が変わる! 』とか『人生は思い通り!』とか『確実に金持ちになる』とか『極上の自分になる! 』とか・・・。願望を叶える系のタイトルが付いていますが、エイブラハムさん的には引き寄せの法則とは、『それ自身に似たものを引き寄せる』という宇宙の法則と解説されています」

ス 「願望を叶える為の法則ではなく、ただただ世の中で働く普遍的な法則だという事だね」

m 「ここを勘違いしそうです。て言うか、私自身がこの本を読むまで『引き寄せの法則』は願望実現の為のものだと思い違いをしていました。マーフィーさん的なアレかと」

ス 「君が若い頃に読んだ本だね」

m 「はい。バイト先の人が苦手でどうしたら上手くやっていけるかな?と思って・・・」

ス 「マーフィーの法則についてどういうイメージがある?」

m 「願望を潜在意識に伝え、願望が叶ったイメージをするとそれが叶う、みたいな」

ス 「それもまた『引き寄せの法則』だろう。これで君は上手くいったかね?」

m 「どうかなぁ・・・」

ス 「そうか。では『引き寄せの法則』をみていこう。『引き寄せの法則』は、『それ自身に似たものを引き寄せる』」

m 「意識的であれ無意識的であれ、意識を向けているものを引き寄せるとの事です。エイブラハムさん的には『今という強力な時点であなたが焦点を定めた思考』と表現されています」

ス 「なんであれ、君が思考を集中させたものを引き寄せるという事だね」

m 「はい。だから世界中の貧困や戦争、テロを無くすよう祈ったとしても、それに対して思考を集中させているのだから、それらの事は無くなる事は無く更に引き寄せてしまう。これって世界平和を祈っている人からすれば、憤りを覚えてしまいますよ・・・」

ス 「だが、現実を見れば納得が出来よう?」

m 「これ以上敵を増やすような発言はやめて・・・」

ス 「大丈夫。その様な心の清い者達はこのブログを見やしない。これが『引き寄せの法則』」

m 「私の日頃の行いの悪さがこんな時に役に立つとは・・・、ガッデム!」

ス 「そういうところだろう?君の」

m 「今日はちっとも進みませんでしたね」

ス 「君のお蔭でね」



(´・ω・`)ノ* * * * * * * * * * * * * * * * *



それでは本日も良い一日を~。

ス 「それでも今日のブログでも良いところはある」

m 「なんですか?」

ス 「ここ数日、君としては面倒臭い内容の記事を書いていたから、少しは気が晴れただろう?」

m 「あー、確かに。スーさんとの雑談でw」

ス 「私は偉大だなぁ・・・」

m 「何言ってるんですか」

ス 「君の心を軽くする事が出来たから」

m 「何言ってるんですか・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-04-27 05:00 | スーさん | Comments(0)



引き寄せの本を久し振りに読んでいると、なるほどねぇと思うところがあります。

10年振りですから忘れている部分もありまして、興味深く読み直しています。

で、感情の話題とはちょっと離れますが、神社に行くと良く見かけるものがあります。

『世〇人類が平和でありますように』

と書かれた棒。

ちょっと調べてみたら宗教がらみのようなので、一文字伏せましたが。

この、『世〇人類が平和でありますように』という文章、引き寄せの法則的にはどうなのでしょう。



『~でありますように』って希望ですよね?

初詣なんかでは『今年一年健康で過ごせますように』とか言ったりしますが、世界平和を祈る時に『~でありますように』だと、

『(今現在、世界中では戦争やテロで多くの人が傷付いたり殺されたりしているけれども)世〇人類が平和でありますように』

という事になってしまい、引き寄せの法則理論では平和を祈らなければならない世界が、引き寄せられてしまう事になってしまいそうです。



英語の文も一緒に書かれていますから、そっちも見てみましょう。

『May peace prevail on earth.』

ですから、平和が地球上に行き渡りますように、とか、平和が地球上に現れますようにとなるので、やはりこの文章の現状は平和ではありません。

この祈りの文章では、平和を祈らなければならない状態が引き寄せられてしまいます。

ではどうしたら良いのでしょうねぇ・・・。



musica 「スーさんどう思います?」

スーさん 「少なくともそう思ってしまった君にとっては、平和ではない地球を引き寄せる事となる」

m 「祈り手によると?」

ス 「例えば、世界で起きているテロや戦争・貧困などに焦点を当てこの言葉で祈ったとする。そうすると『引き寄せの法則』では良くも悪くも焦点を当てたものを引き寄せる」

m 「平和は引き寄せられないんですか?」

ス 「焦点を当てたものを引き寄せよう。君だってそう思うだろう?」

m 「まぁ、そうですけど・・・。じゃあ、世界で起きているテロや戦争・貧困などに焦点を当てないでこの言葉で祈ったら?」

ス 「当てていないのなら、そもそも祈らないのではないかね?祈り手の住む世界では、テロや戦争・貧困などが起こっていない、平和である事が当たり前である世界という事だろう?」

m 「もー、ああ言えばこう言う・・・」

ス 「それを君が言うのかね?納得いかぬな」

m 「めんどくさいジジイだわ・・・」

ス 「その言葉はそのまま君にお返しするよ。ではどのように祈れば良いのか?簡単だよ、言葉を変えれば良い」

m 「例えば?」

ス 「世界の平和ではなく、自分の平和を祈れば良い」

m 「世界平和を願ってこの団体は祈ってるのですよ?」

ス 「平和はまず自分からだよ。自分自身が平和で幸せでなければ、そのような世界は引き寄せられない。絶対にね」

m 「宗教団体の人達ですから、自分達の心は平安で幸せであるはずでしょ?」

ス 「その者達はそうかもしれない。だがこのポールやステッカーは至る所に張り巡らせれている。世界中にだ。これを目にする人間が一体どれだけ居ると思うかね?そして、その者達全員の心が平安で幸せであると思うかね?」

m 「思わないです・・・」

ス 「では、このポールに対しどの様に接するのが良いのか?君、『宇宙の法則』の三つ目は何だったかね?」

m 「『許容し可能にする術』で、『私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう』というものです」

ス 「この団体が良いと思いする事を、君達は許容すれば良い。そもそも君は私の神社でこのポールを見ても、何とも思っていなかったではないか?」

m 「そうですね、『ここにもあるな』とは思った事がありますが、それについて気にも留めていなかったです」

ス 「ただ『引き寄せの法則』を学び直し、不意に思い出しただけだろう?」

m 「そうです」

ス 「それが他者を許容しているという事だ。他者がどの様に世界平和を祈ろうとも、他者を許容している者には関係のない事だ。だが、他者を許容出来ない者がこのポールを見れば、今回君が疑問に思った事を取り上げて、鬼の首を取ったかのようにこの団体を凶弾するだろうね」

m 「うーん・・・、難しいな・・・」

ス 「難しくないさw」



なんだか感情とは別の話題になってしまったうえ、明日も続きます。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

ス 「良い機会だから、『宇宙の法則』についてきちんと理解し直しなさい」

m 「『宇宙の法則』は、『引き寄せの法則』と『意図的な創造の方法論』と『許容し可能にする術』。

第一の『引き寄せの法則』は、『それ自身に似たものを引き寄せる』というもの。

第二の『意図的な創造の方法論』は、『私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する』というもの。

第三の『許容し可能にする術』は、『私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう』というもの」

ス 「欲しいものをただ手に入れる為だけの引き寄せの法則ではないぞ」

m 「その言い方、怖っ!」




[PR]
by garoumusica | 2017-04-26 05:09 | つれづれ | Comments(0)
はい、という訳で本日は思考の変換についてみていきます。




ここ最近、私の中で病院以外でネガティブになった話題と言えば、北朝鮮の日本への核ミサイル発射の話題。

ネットのニュースサイトに核ミサイルが発射された時に、どのような行動を取れば良いのかという記事が載っており、それを私はごく自然に身近に起こり得る事として受け入れて読んでいた事に気が付きまして。

私の中では北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが発射される可能性がある、という事が当たり前になっている事に気が付き、なんだか自分でビックリでした。

アサド政権によるシリアへのサリンを使った化学兵器攻撃に始まり、アメリカによるシリアのシャイラート飛行場へのトマホーク巡航ミサイル59発の発射。

更に原子力空母カール・ビンソンの朝鮮半島近海への北上。

そして海上自衛隊が米空母カールビンソンと共同訓練を開始。

この流れから私の中ではごくごく自然に、北朝鮮が在日米軍基地を標的にして核ミサイルを発射してもおかしくない、という認識が生まれていたようです。



で、エイブラハムさんが言われている引き寄せの法則によると、

『具体的に何かを望んでも望まなくても違いはない。

引き寄せられて来るのはあなたが関心を向ける対象のエッセンスである波動だ。

だから本当に心から望む事は実現する。

そして本当に心から嫌だと思う事も実現する

そうなので、エイブラハムさん的、と言うか宇宙の法則的には、望まない事には意識すら向けない方が良いようです。



じゃあどういう風にすれば良いのでしょうねぇ・・・。

本を読み直していたら、この様な事が書いてありました。

『ネガティブな感情が湧いた時が付いたら、経験したいと思う事へ穏やかに思考を向けるといい』

私が経験したいと思う事・・・。


ふふふってなりますよねw

これがポジティブな感情。



あとは思考をちょっとずつ変化させて行きましょう、みたいな事も書いてあります。

本に書いてある例を元に、核ミサイル問題に対しネガティブになっている意識を変化させてみましょう~。



「北朝鮮が日本の在日米軍に向かって核ミサイルを発射するかもしれない」

「ミサイルの精度がそこまで良いとは思えないから、軌道が外れて住宅地に核ミサイルが落ちるかもしれない」

「核ミサイルではなくても、シリアでの化学兵器攻撃を参考にサリンを使った攻撃があるかもしれない」

「いや、それは大袈裟だ。そんな能力がある訳がない」

「いつだってミサイルは海に落ちているではないか」

「それどころかつい先日は核実験が失敗に終わっているではないか」

「必ずミサイルが発射される訳ではない」

「日本が攻撃されない可能性はいくらでもある」

「私は攻撃される事を望まないし、平和である方が気分が良い」

「今、私は自分の思考のパワーを理解し直しているところだから、状況は良くなってきている」

「今は『引き寄せの法則』のパワーを理解している。だから状況は変わった」

「私達が北朝鮮による核ミサイル攻撃を経験しなければならない必然性は無い」

「自分が望まない経験をしなければならない必然性は無い」

「経験したい事の方へ思考を向ける事は可能だ」

「望む経験をする方へ人生を動かしていこう。そう考える方が気分がいい」



以上がネガティブな意識をポジティブな意識へと変えた、という事なのだそうです。

現実逃避じゃんって言われたら何とも言えませんが、「宇宙の法則」である「引き寄せの法則」と「意図的な創造の方法論」的にはこう考えた方が良い、という事です。

私の経験では「引き寄せ」ってあるんですよねー・・・。

ちょっと金銭的な卑しい事をブログに書くとそういう人が寄って来るし、これが必要だな~って思っていたものがおまけで大量に頂いたり・・・。

あとはお得に手に入ったりとか。

このブログを続けてご覧くださっている方なら、そういういう事もあるという事をご理解いただけるかと思います。



musica 「でもこれってスーさん達がしてくれたのでは?」

スーさん 「忘れてはいけないのは、私がいつも言う『我々は一心同体』という言葉だ。『宇宙の法則』では、自分の中にある『内なる存在』について言及してあっただろう?」

m 「はい。えーっと、『私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分を「内なる存在」』と呼んでいます」→改めて感情について学んでみよう、の巻 その4。

ス 「それは我々守護・ガイドも含むという事だ」

m 「なるほど・・・」



明日も続くかもしれません。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

ス 「ほら、先程見せた記事も紹介しておきなさい」

m 「あっ!そうでした!現代ビジネスの脱北した元北朝鮮外交官のインタビュー記事です。大変勉強になるので一度読まれてみると良いかもです。→脱北した元北朝鮮外交官が警告「日本も対岸の火事ではいられない」。非常に説得力があります」

ス 「これは『意識をネガティブに向けるのではないか?』と思うかもしれないが、そうではない。相手を理解する事でポジティブへと変換出来るという事だ。君にこの記事を読むように言ったが、読んでみてどうだったかね?」

m 「そうですね・・・、脱北した元北朝鮮外交官という内情をよく知る人が語った金正恩外交ですから、非常に信憑性が高いです。そして金正恩外交の目的を知る事が出来て、状況をより冷静に見る事が出来る様になりました」

ス 「つまりポジティブな感情を抱けるようになったと」

m 「そうかもです」





[PR]
by garoumusica | 2017-04-25 05:03 | つれづれ | Comments(2)
本日は「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」についてみていきます。




「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」の利用方法。

これはとても簡単です。

感情は、私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分である「内なる存在」と、私達との関係を示す物質世界での指標ですから、自分の感情に気が付けばいいのです。

自分の望む方へ思考を向けていれば、私達は明るい前向きの感情を覚えます。

が、望まない方へと思考を向けていると、私達はネガティブな暗い感情を覚えます。

これが、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」です。



自分が明るい気持ちでウキウキしていれば、それは自分の望む方へ思考を向けている証拠。

自分がネガティブで暗い気持ちになっていれば、それは自分の望まない方へと思考を向けている証拠。

明るい気持ちだったらそのままで良いのですが、ネガティブな気持ちになっていると気が付いた時は、思考の方向性を変えた方が良いとこの本では説いています。

何故なら、「永遠なる宇宙の法則」の「引き寄せの法則」では「それ自身に似たものを引き寄せる」ので、そのネガティブな思考に似た現実を引き寄せてしまうからです。



ですが、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」を利用し、自分の感情を敏感に感じ取っていると、早期の段階で自分は望まないものに関心を向けているという事に気が付く事が出来ます。

自分の憂鬱な気持ちに気が付く事が出来れば、自分の望むものを引き寄せるられるように、思考の方向を転換すればよいだけです。

では、どの様にして思考を変換すれば良いのか?

明日はそれを見ていきます。



(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)



それでは本日も良い一日を~。

musica 「ちなみに、この引き寄せをもたらした人はエイブラハムさんという身体の無い人で、集団の霊体の人達だそうです」

スーさん 「その発言が良いと思えば取り入れれば良いだけだ」

m 「宇宙の法則が本当かどうかは分かりませんが、感情がナビとして使えるっていうのは理解できます」

ス 「ではそれで良かろう?」

m 「はい」




[PR]
by garoumusica | 2017-04-24 05:00 | Comments(0)
ついっさっきまで、ブルゾンちえみさんの事をブルボンちえみさんだと勘違いしていた画廊musicaです。

そういう事って、よくありますよね。

ちょっとしたボタンのかけ違いからはじまる恋の擦れ違い・・・。



スーさん 「何を言っているんだね、君は」

musica 「私もいい女キャラで行こうかと思って」

ス 「いいから、早く始めなさい・・・」




おっさんがうるさいので始めます。

バシャールさんの本はぶっちゃけ「身の回りで起こる事は中立・ニュートラル」という事以外、印象に残っていません。

どうしても読めない本って、世の中にはあります。

特に外国の人が書かれたニューエイジ系の某宇宙人とか某天使系などの本。

本屋さんで平積みにされていると読んでみたくなり買ってみるのですが、飽きるし寝ちゃうし胃がムカムカするし。

本には「寝てる間に情報がインプットされます」とか書かれていたりするのですが、こっちとしては「マジかよ!」って感じです。



そんな中で興味深く読めた本が、2007年に出版されたヒックス夫妻による『引き寄せの法則』。

引き寄せの法則というと、ヒックス夫妻の本の1日前に出版されたロンダ・バーンさんの『ザ・シークレット』という本が有名ですが、『ザ・シークレット』はヒックス夫妻のセミナーに参加したバーンさんが感銘を受けて映画化したものを書籍化したものなので、元ネタはヒックス夫妻の『引き寄せの法則』となります。

スピリチュアルな本ではありますがこの2冊の関係はきな臭く、元々は映画『ザ・シークレット 』にヒックス夫妻も出演していたのですが、ヒックスさんとバーンさんが仲たがいをし、最終的にヒックスさんの出演場面を全てカットするという事で落ち着きました。

仲違いって言うのもヒックスさんが「引き寄せの法則」という言葉を商標登録しようとしたから、というものだそうです。

『ザ・シークレット 』で「引き寄せの法則」という言葉が我が物顔で使われる事がイヤだったんですかね?

2回申請して2回却下されたそうです。

その代わりに「ヴォルテックス」という言葉を商標し、それからはこの言葉を前面に出して活動し始めたようです。

商標っていう言葉が出るとビジネスな感じがして、ちょっと胡散臭い気がします。



『ザ・シークレット 』の本も持っているのですが、これもちょっと読めない系の本でした。

『引き寄せの法則』は大丈夫なのになんで『ザ・シークレット』は駄目なのか気になって、今ネットで調べてみたのですが、なんとなく分かりました。

出演者が殺人を犯していたり、学歴詐称をしていたり、投資会社で不正をしていたりと、なんかすごい事になっていまして。

内容は良いはずなのにそれを使う人が精神的にしっかりしていないと、結局は無意味なんだな~と思いました。



ですが、『引き寄せの法則』の本でも感情に関してとても印象に残っている内容があるので、そちらを見ていきます。

この本では人の感情を「素晴らしいナビゲーションシステム」と言っています。

それはどういう事かというと、この本では私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分を「内なる存在」と呼んでいるのですが、その内なる存在と私達との関係を示す物質世界での指標が「感情」なのだそうです。

例えばある対象に対し「前向きで明るい感情」を抱いたとすると、それは内なる存在の見方と一致している。

反して「ネガティブな暗い感情」を抱いたとすると、それは内なる存在の見方とは不一致である、という感じです。



この本では「永遠なる宇宙の法則」というものを説明してあります。

「宇宙の法則」にはみっつあるそうで、まずひとつ目は表題の「引き寄せの法則」

次に「意図的な創造の方法論」

そして「許容し可能にする術」です。

第一の「引き寄せの法則」は、「それ自身に似たものを引き寄せる」というもの。

第二の「意図的な創造の方法論」は、「私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する」というもの。

第三の「許容し可能にする術」は、「私がありのままの私で、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」というものだそうです。



さてさて、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」は、第二の「意図的な創造の方法論」にて利用する事になります。

それはどういう事かと言いますと、まず「意図的な創造の方法論」は「私が考え、信じ、あるいは期待した事は実在する」というものでした。

望む事を考えても望まない事を考えてもこの法則は働いていますから、意図的に思考を差し向ける事が重要になってきます。

が、次から次へと浮かんでは消えていく思考を見張る事は大変です。

なので、「感情という素晴らしいナビゲーションシステム」を利用しましょう、という事らしいです。

何故なら、感情は私達にある潜在意識・広やかで古くて賢い神聖なる部分である「内なる存在」と、私達との関係を示す物質世界での指標だから、という事です。



明日も続きますが、手っ取り早く本を読まれた方が良いかもですねぇ・・・。



*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*



それでは本日も良い一日を~。

m 「お金が絡むとスピリチュアルは胡散臭くなりますねぇ・・・」

ス 「癒しは卑しいと言われても仕方あるまい」

m 「教えまで胡散臭くなるからもったいないです」

ス 「それはもったいない事だ。ワイヤーアクセサリーを中傷した者がいたが、それによって君は新しい材料や制作方法を模索する事が出来た。中傷を聞かされた事は不快であったかもしれないが、それによって得たものは大きい。それと一緒で、その得たものまで否定する事は無かろう?」

m 「まぁ、そうですね・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-04-23 05:02 | つれづれ | Comments(2)
感情の話って結構書くのが大変。

昨日の記事も、あの内容で休み休みですが4時間かかったのです・・・。

なんでだろう?




身の回りで起こる事は中立・ニュートラルであり、そこに何か意味がある訳ではない。

意味を与えているのは自分自身である。

その与えた意味というのは、自分自身が今まで人生を歩んできた中で積み重ねてきた、経験だとか思想。

そんな感じだと思うのです。



私が通院日を考えて憂鬱になるのは、過去の経験から。

過去に病院の待ち時間が長くて疲れてしまったとか、検査が辛かったとか、そういう経験を思い出し憂鬱になる。

または症状が進行していたら嫌だな、などと考えて憂鬱になる。

でもそれは過去の嫌な思いをした場合であり、本当はまったく体調が悪くならなかった時もあったはずなのです。

そして通院日は来月であり、未来はまっさらなはず。

ですがまっさらなはずの未来に対し、私は過去の経験から通院すると体調を崩すと予測し、勝手に憂鬱になる。

こう考えると、私ってバカよね~!って思うんですけど、にんげんだもの、憂鬱になる事だってあります。



スーさん 「こら、それでは憂鬱な未来を引き寄せてしまう事になるから、この様に自ら整理し直しているのだろう?」

musica 「そうですけど・・・。でも今はスーさんと接する事が出来る様になって、こうやって注意を促してもらえるから、以前よりはマシになった気がします」

ス 「その身体を治したいと思うのならば、君は前に進まなければね」

m 「協力者を得たのですから、その分成長しなくては」

ス 「その意気だ」



やる気が出なくて今日はここまで!

本館ブログでまたまた桜の様に見える石の特集をしました。

今回は夜桜!

f0351853_05062263.jpg

ロードナイトです。

良かったらご覧ください。→画廊 musica「夜桜ロードナイト。」



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

m 「今年の桜はこの石でおしまいですね」

ス 「このブログでは、だろう?だが、この石に閉じ込めた桜は永遠だ」

m 「そっか。いつか長い長い人生を終え、私の身体も役目を終えた後でも、この桜の石は永遠に残るのですねぇ・・・」

ス 「この石だけではない、君の大切な指輪もそうだ」

m 「なんだか不思議。次の人が楽しめるように変な念が籠らないといいな~」

ス 「本来はただの情報なのだがね」

m 「味気ない言い方ですね。私とスーさんの毎日も情報?」

ス 「当事者にとっては、大切な宝物」

m 「良い言い回しですね!」







[PR]
by garoumusica | 2017-04-22 05:04 | つれづれ | Comments(2)
はい、本日は宇宙人・バシャールさんの話題の続きです。




バシャール2006』という本に出て来た次のセリフ。



「自分が意味を与えなければ、何の感情も湧いてこないという事です。

意味が感情を引き起こします。

意味を与えなければ、何の感情も湧かないのです」



このセリフに対してものすごく納得したと言うか、腑に落ちたと言うか。

そして更にこう続きます。

・身の回りで起こる事は中立・ニュートラルである事。

・どんな状況、どんな出来事が起きたとしても、そこには何か意味がある訳ではない。

・そこに意味を与えているのは自分自身である事。

・・・確かに!Σ(゚Д゚ υ)



黒猫で考えると分かりやすいかもしれません。

私のようなただの猫好き(でも猫アレルギー)が道端で黒猫を見掛けると、それはそれは幸せな気分になります。

が、黒猫を不吉の象徴として捉えている人にとって道端で黒猫を見掛けると、これから起こるであろう不吉な出来事を思い浮かべ、憂鬱な気持ちに苛まれてしまう事でしょう。

私達が意味を与えなければ、黒猫はただのカワイイ生き物です。

黒猫という存在は中立な存在。

が、自分が幸せの象徴としての意味を与えるか、不吉の象徴としての意味を与えるかで、黒猫に遭遇した時に湧き起こる感情が変わって来る、という事です。



この本ではこの後に、癌の診断を受けた場合通常の反応として落ち込んだり悲しんだりするが、それも中立である状況に対して自分で否定的な意味づけをしているという事なのか?という質問がされています。

最もな質問ですよね・・・。

自分が癌と診断され落ち込んでいるところに、

「身の回りで起こる事ゎ中立だょ☆自分で否定的な意味づけをしているだけだょ☆(ゝω・)v」

と、わくわく☆スピリチュアルな人に言われたら、かなりイラッとしそうです。

で、それに対してのバシャールさんの答えは、その通りだが、色々な出来事に意味を与える事は別に構わないとの事でした。

そして、ただ自分が意味を与えているという事は理解するように続けます。

更に何かに意味づけをする事にすら意味は無く、意味づけをする事さえ中立的な行為なのだと言っていました。



身の回りで起こる事は中立・ニュートラルであるという内容を読んで、バシャールさんのイメージが変わりました。

それまでは「ニューエイジ」「ワクワクする事をしよう」「セミナー」というキーワードから、白いテロテロとした素材で出来た襟の無いシャツ・ズボンを着た中途半端なハンサム(イケメンの時代ではない)なおじさんが、中年女性信者に囲まれながら、


「ワクワクしてますか?」


と言って胡散臭い笑みを浮かべる・・・といった、ちょっと敬遠したくなるイメージ(酷い偏見)で、なんと言うか実生活からは浮いた感じだったのです。

が、この内容に関しては実用的で普段の生活に活かすスピリチュアル、という印象に変わりました。

自分の周りで起こる出来事は中立であり、意味は無い。

良い悪いという意味を与えているのは自分自身。

そういう事を意識し始めると、日常生活の中での自分の感情の動きに注目するようになりました。

あ、今イラッとしたとか、ムカっとしたとか。

そうすると、どういう理由で私はその出来事に対してイラついたのだろう?とか、ムカッとしたのだろう?などと考え始めると、自分の中で納得出来るモノが生まれまして。

相手の行動の理由もなんとなく出来る様になった気もする・・・。

そうなってくると、今までだとイラッとしていたところが「ん?」って思うだけになり、そこまで感情が動く事がなくなっていきました。

バシャールさん効果ですねぇ・・・。



明日も続きます。



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「身体があろうと無かろうと、星が違おうと、良い事を言っていれば素直に受け入れる。バシャール殿はそのきっかけを君にくれたね」

musica 「あー、そうかも。はじめは胡散臭かったですけど」

ス 「その胡散臭いと感じた事も、君が意味を与えた結果なのだぞ?」

m 「あ!ほんとだ!」

ス 「宇宙人であれ、その存在は中立。君が胡散臭いと感じたのは、今まで生きて来た中で増え続けた思い込みによるものだ」

m 「うーん・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-04-21 05:06 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica