<   2017年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

I feel like I’m always dreaming

昨日の話。



いつも音楽が身近にある画廊musicaですが、昨日久し振りにスマホカラオケをしました。

なんかこの夏はスマホカラオケをする気にならず、またおっさんsに催促される事無く足早に過ぎて行ったのです。

まぁ、どっかりとソファに腰かけてスマホカラオケをしなかっただけで、普通に洗い物をしながらとか外出した時に車の中で歌は歌っていましたが。

久々にスマホカラオケをしたくなった理由は、安室奈美恵さんの引退発表。

それを知り、安室奈美恵さんの曲の中で唯一購入した曲である「Dreaming I was dreaming」を歌いたくなりまして。



わー・・・、昔の格好とメイクですねぇ・・・。

調べてみたら1997年の曲だそうです。

は~~~、20年前か~~~・・・。

私も歳を取るはずです。



で、ある訳ないよなと思いながらYouTubeでこの曲のカラオケを探してみたところ、なんと!ありましたーーー!!!

なんと!

ガイドメロディー無しの物まである~~~。

フゥーーー!!!などと言いながら早速カラオケタイムです!

そしてとある歌詞の部分まで来た時、思わず苦笑いしてしまったのです。

その歌詞と言うのは、



たぶん二人 見えないけど

感じれる

弱くない 伝えたい



『見えないけど感じれる』という部分。

ちょっとスーさん思い出してしまいました。

見えないし触れられないんですけど、確かに居るんですよね。

そう思って、フッと笑ってしまったのです。



それから2番のサビの部分。



You rescued me

自分の生き方上回ってる

柔らかいあなたの指先で

道を指してるあなたがいる...



この歌詞の部分でちょっと癪ですけど、身体はこちら側を向け、腕を画面奥に伸ばし指をさしている、満面の笑みのスーさんの上半身の画像が脳裏に浮かんだのです。

ちょっとこの絵の雰囲気に似てるかも。

f0351853_04413628.jpg

柔らかな指先ですし。



スーさんは私の守護・ガイドさんですから、当然私の生きる道の先を指差している訳です。

今、スーさんと接するようになった後で改めてこの曲を歌ったら、なんだか、なんだか・・・。

20年も前の曲なのに、今頃になってようやく。

当時、そしてスーさんと接する前までは、この曲の歌詞は好きではありませんでした。

メロディーとか伴奏の雰囲気がとても好きなだけだったんです。

当時発表されていたPVもすごく画期的だった。

DAMかなんかだと本人映像のカラオケでPVが見れるので、これからカラオケに行く予定のある方は見てみてください。

あーーー、もう!!!

20年も前から仕込まれていた気がして、ちょっと悔しいです。



■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「私としては、この部分を気にして欲しかったなぁ」



気づかれず 知られずに

育んでた ときめき

近くても 遠くても

許してる あなたを



musica 「あー、そこは問題無かったです」








[PR]
by garoumusica | 2017-09-22 05:01 | つれづれ | Comments(0)
はい、という事で今日も真面目に働いたので、ただ今4時半です。

あれです。

家具騒動の支払い請求が来て、久々にこんなに多くの請求額を見てしまいまして・・・。

あぁ、貯蓄額が減っちゃう・・・。

その穴埋めで真面目に働いている所存であります。

さ、今日もチャキチャキ書いていきましょう。



musica 「何書いていきます?」

スーさん 「自分で考えなさい」

m 「うーん、そうですねぇ・・・。先日したスーさんとの下ネタでも」

ス 「朝っぱらからその様な事を・・・」

m 「絵を描く時にですね」

ス 「無視か」

m 「まぁまぁ。絵を描く時にまずは裸を描くんですけど、参考の為に『male nude』と検索をするんです。そうしたらまぁ外国のイケメンマッチョのゴールデンスティックがポロリな訳です」

ス 「勿論そのほとんどが芸術的なものだ」

m 「でもまぁそのうち、それ以外のナイス・ゲイさんとかやんちゃなボーイがヒズスティックをファイヤーさせてる画像が混ざり始める訳です」

ス 「努力は認めるが、何を言っているのだ君は・・・」

m 「勃起って書くと生々しいでしょ?」

ス 「書いたじゃないか・・・」

m 「涙ぐましい努力ですよ。一応このブログは繊細な女性が書く、高尚なスピリチュアルブログなんで。・・・まぁ、お好きな方は『芸術の為!(`・ω・´)+キリッ』とか言いながら検索して見てください」

ス 「君は我々の絵を描く為に見ている訳だからね」

m 「実際に参考にしますし。それでまぁイケメンスティックを見ていると」

ス 「見てるじゃないか・・・」

m 「目に入るんですよ。で、イケメンスティックが目に入ると、やっぱり『でかっ!』て思う訳です」

ス 「・・・」

m 「で、昔の男どもが言っていた言葉を思い出したのです。『外国の男のアレは見かけ倒しのフニャチン』だって」

ス 「・・・」

m 「でもそれを言ってる本人のモノは非常にタイニーと言うかリトルなスティックで。小枝?枯木?」

ス 「やめてあげなさい・・・」

m 「で、しかも本人は外国の方のナイススティックを実際に見て触れて、フニャチンかどうかを確認した事がある訳じゃないんです。どこからか仕入れてきた情報なのです」

ス 「まぁ、膨張した他人の物を見て触れる機会は、男同士でも滅多に無いものだよ」

m 「本人は小さいちっぽけなモノしか持っていないのに、外国の人のモノに対してはその様に言う。そしてようやく思い当たったのです。あの発言はコンプレックスの裏返しだったのだなって」

ス 「他人のアラを探して自分の足元を固めていたのだね」

m 「ね。そしてこう続けるのです。『日本の男のモノは外国の人のモノに比べると小さいが、遥かに硬く長く持つ。だから外国の女は日本人のモノに夢中になる』・・・んなこたぁねぇよ!!!」

ス 「やめてあげなさい・・・」



●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

ス 「本当に下ネタだけで終わるとは・・・」

m 「違いますよ、他人のアラ探し・他人下げの裏側には、コンプレックスが隠れているっていう、真面目なお話でした」

ス 「あ、コラ!カテゴリーの選択を『スーさん』にするんじゃない。『つれづれ』にしなさい」

m 「えー・・・」








[PR]
by garoumusica | 2017-09-21 05:00 | つれづれ | Comments(4)
はい、という事で、頑張ってお仕事をしていたら4時半になっていました!

また石屋さん用のアクセサリーを作っていたのですが、時間が掛かってしまって・・・。

大急ぎでちゃきちゃき書いていきまッス!



我が画廊で言うところのふわふわのモフモフ・・・。

これですね。

f0351853_04421994.jpg

純白の~、

f0351853_04422229.jpg

ふわふわのモフモフ~。

f0351853_04422320.jpg

これの収納に困っていまして・・・。

今までは飾り棚の代用をしていたカラーボックスの空いたスペースにポイって置いていたのです。

白い色だったのでポイって置いていても目立たなかったのです。

ですが今は家具騒動を経て焦げ茶色になってしまったので、目立つので置きにくい・・・。

なので飾り棚の横にポイって置いていたのです。

ですがいつまでもこれではいけないと思い、しばし思案。

そして百均に行けばきっといい感じの収納があると思いついたのですが、おっさんが、



スーさん 「君は全っ然分かっていない。何故我々がこの様に部屋の家具を総入れ替えしたのか以下略」



という事で、再び思案。

そして私は思いつきました。

花瓶・・・!!!

ふわふわのモフモフが隠れる高さの花瓶を買って、突っ込めばいいのよ・・・、と。

そしてまぁ、新品を買うという考えすら浮かばず、オクやフリマアプリで検索開始!

オクでいい感じの焼き物の花瓶を発見!

千円くらいだし、送料入れても二千円くらい?

これでいいや~などと思っていたものの、終了間際には三万円まで値が上がりまして・・・。

はー、焼き物って難しいですねぇ・・・。

華やかな模様でやっすい物は模様がプリントだし、高い物はどこまでも値が上がるし。

難しいもんです。



そしてとある日、フリマアプリを何となく見ていたら、あのブランドの花瓶を発見したのです!!!

どのブランド?

見ていただければ分かります!

じゃん!!!

f0351853_04422793.jpg

このブランドか~~~。

こちらのブランドの商品を購入するのは10年ぶり2度目!

10年前に馬の置物を購入したのですが、次に購入しようとした時には扱っていたお店が潰れ・・・。

そしてようやくネットで見つけた時には、値段が倍以上に値上がり・・・。

なんだか「え、たっか!」と思ってしまい、触手が伸びずにいたのです。

ですが、この花瓶はお値段なんと!!!

500円!!!

500円で売りに出されていたのです!!!

これ定価では1万円くらいするんですよ!

送料は別ですけど600円くらいだし!

即ポチッちゃうよね!

ポチッちゃったんです。




かわいい・・・。

f0351853_04422992.jpg

ぽってり感がいいです。



アップ!

f0351853_04423232.jpg

この微妙にいい加減なところがいい・・・。



下側。

f0351853_04423540.jpg

ガタガタなところがいい・・・。



そしていよいよ、ふわふわのモフモフの格納です!

じゃん!

f0351853_04423759.jpg

まぁ、こうなるよね・・・。



この和箪笥の上にはイタリアのオレンジ色の花瓶を置きたいと思っていましたが、イタリアの青の花瓶を置く事になりました。

f0351853_04424066.jpg

色的にも、まぁこれでいっか。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

ス 「いい訳ないだろう・・・」

musica 「あ、ダメ?」






[PR]
by garoumusica | 2017-09-20 05:04 | つれづれ | Comments(0)

スーさんの添い寝。

昨日の話。

たまには働いておこうと思い、夕方に石屋さんの仕事をしていたのですが、耐え難い眠気が・・・。

もう17時半を過ぎているのですぐに晩御飯です。

寝てる暇はありません。

それでもどうしても眠気に逆らえず、ちょっとだけと思いベッドへダイブ。

そしてすぐに幽体離脱です。



別に何をする訳でもなく、意識を保ったまま宙にぷかぷか浮いているだけ。

しばらくすると身体に意識が戻っていたのですが、意識を保ったまま夢うつつ。

そしてふと気が付くと、横を向いて寝ていた私の背中が妙に温かく感じて来まして。

意識を向けると、男性の筋肉質な胸が背中に当たっている事に気が付きます。

そして更に、優しくはあるけれどもしっかりと腕に抱きしめられている事に気が付きました。



・・・。

あー、もう!!!

文字にすると恥ずかしいな・・・( *ノノ)

この話題はやめて他の話題にしようかと思ったけれども、もう4時半過ぎているのでちょっと無理っぽい・・・。

さっきまで石屋さんのネックレスを作っていたから、遅くなっちゃって。

このまま書き続ける事にしよう・・・。



まぁ、そういうがっちりした体形の人で、私を後ろから抱きしめるような人は一人しか知りませんから、そのままウトウトしていたのです。

すっごい感触がリアルだし、温もりも生きている人にされるのとまったく同じ。

きっと私の記憶を操作してその様に感じさせているのでしょうが、たいしたもんです。



スーさん 「ほら、君はそうやって理性的に解釈をしたつもりで誤魔化そうとする」

musica 「別にそういう意図で理解した訳ではないです。事実だろうなと思っていますよ」

ス 「事実は夢うつつの狭間で君を」

m 「やめてやめて、はい!ストップ―ーー」

ス 「事実は事実だ。君は私が抱き締めていないとどこまでも飛んで行ってしまうからな」

m 「あー、幽体離脱でふわふわ」

ス 「最近はただ空間で浮遊しているだけの事が多いだろう?」

m 「はい」

ス 「君自身も地球的にもエネルギーの転換期だから、その影響で身体から必要以上に離れてしまっているのだ」

m 「グラウンディングが出来ていないと」

ス 「そうだね、離れやすくなっている状態だね。だから私が君の魂を抱き留めている。君の体内に私の腕を入れたのも、その様な意図がある」

m 「重石?」

ス 「有り体に言えばそうだが、重石という表現は気に入らぬな。・・・愛だな」

m 「あー、愛が重いのよ~的な」

ス 「・・・」



☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡



それでは本日も良い一日を~。

m 「あ、スーさんの腕の事を書いたら、胸骨から胃の辺りまでがポカポカしてきました」

ス 「君が意識をするから、共鳴したのだ。ほら」

気が一気に流れて来て鳥肌が。

m 「わぁ!」

更に2連発。

m 「大サービスですね」

ス 「意識を向けるという事が大切なのだ。意識を向けるという事は私の気に君の気が混ざる。つまり愛の結晶だね」

m 「化学反応が起きるのか」

ス 「ほらまたその様な言い方をする」






[PR]
by garoumusica | 2017-09-19 05:00 | スーさん | Comments(0)

雨上りの空に。

台風一過。

雨上りの夕方の空に、大きな虹がかかりました。

f0351853_02382000.jpg

さり気なく二重。

f0351853_02381381.jpg

ここでCanonのデジカメの充電が切れたので、RICOHのデジカメへ。

RICOHのは接写に強い機種を使っているので、ちょっと風景に弱いです。

f0351853_02382390.jpg

一気に夕焼けが進みました。



歴代の戦士みたいな雲が下方手前に連なっています。

f0351853_02383144.jpg

東の方向へとゆっくりと流れていきました。

新たな戦いの場へと移動しているかのようでしたよ。



そして西の空。

f0351853_02382828.jpg

とてもダイナミックな雲が流れていました。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



それでは本日も良い一日を~。

musica 「スーさん、お疲れ様でした。お陰様で無事に過ごせました」

スーさん 「君もお疲れ様」

m 「私は何もしていませんよ?」

ス 「台風前に出張してもらっただろう?」

m 「・・・あれはそういう事だったのですか・・・。行っただけで何もしていませんけど」

ス 「いつも言うだろう、『君は観光、パパはお仕事』」

m 「1人で行ってくれてもいいんですけど・・・」







[PR]
by garoumusica | 2017-09-18 05:00 | つれづれ | Comments(0)
先日フリマサイトを見ていたら、色の組み合わせのかわいいアクセサリーがありまして。

思わずそのページを見てみると、どうやら出品者さんが自分で選んだ石を工房に頼んでアクセサリーに仕立てた物のようです。

私自身が扱った事の無かった色の組み合わせだったので、勉強の為にポチッ!

そして到着。

うん、可愛い色合いです。

出品者さん、色合わせ上手いな~などと思いながら眺めていたところ、ひとつだけ記載されていたものと石が違う事に気が付きました。



記載されていたのと違った石はブルームーンストーン、もしくはペリステライト。

アクアマリンのはずだったのですが、ブルームーンストーンかペリステライトのどちらかの様です。

沢山石が付いていたのですが、その中には既にブルームーンストーン(もしくはペリステライト、以下略)はあるので、この石だけ2つある事になります。

凄い小さな石なので工房の人が間違えてこの石を付けたのか、それとも出品者さんの記憶間違えかどちらか。

このデザインでブルームーンストーンふたつと言うのは、ちょっと違う気がします。

色の組み合わせとか石の質など、出品者さんはとても気を配られているので、工房の人がセッティングの時に間違えたような気がします。

普通なら美しい青いシラーがアクセサリーを身に着けた時に目立つように設置するはずですが、このアクセサリーに関しては石の向きを間違えていますし。

なのでパッと見は光り方の鈍いホワイトトパーズの様に見えます。

ブルームーンストーンには到底見えないので、出品者さんも色の無いアクアマリンと勘違いされていたのかもしれません。

不思議な物を買ってしまったもんです・・・。

それでも他の石の組み合わせはとても勉強になる物でした。



さてさて、ブルームーンストーンの意味は何だったっけ?

ふたつも付いたアクセサリーを購入したという事は、多分そういう事なのでしょう。

きっとおっさんからのメッセージのはず。

検索してみましょう!

えーっと、「永遠の若さ」・「永遠の愛」の象徴・・・。



スーさん 「誰からのメッセージだと君は言ったかね?」

musica 「おっさんです・・・」

ス 「この石が二重に付いているという事は、その強調と言えよう」

m 「永遠の若さの強調?おじいちゃん扱いをしたから?」

ス 「このアクセサリーに付いている他の石の意味を調べてみよ」

m 「えー・・・、『幸せな結婚の象徴』『幸せな結婚の象徴』『幸せな結婚の象徴』・・・」

ス 「似た意味を込められた石ばかりだね。という事は私からのメッセージは自ずと分かろう?」

m 「若さアピール」

ス 「照れ隠しならそれで良い」

m 「まさかこんな展開になるとは・・・」

ス 「守護・ガイドという者は、その対象をこよなく愛している」

m 「あ、一般的には~みたいな言い方をしたw」



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

ス 「君だったらブルームーンストーンの代わりに何を選ぶかね?」

m 「位置的にちょっと影になるので、輝きの美しいダイヤにします。初めに、あれ?ここはダイヤでしょ?っていう印象を持ったし。安物のでもいいから、強めに輝く石がいいな」

ス 「ダイヤの意味は知っているかね?」

m 「いいえ。調べてみましょう。えーっと・・・、・・・」

ス 「今君が調べた中で言えば『永遠の絆』だろうね」

m 「・・・」

ス 「つまり、私の『永遠の愛』に対し、君は『永遠の絆』で応えたのだ」

m 「ホワイトトパーズでもいいんじゃないかな」

ス 「本心はファーストインプレッションに現れるものだ」









[PR]
by garoumusica | 2017-09-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の話。



昨日は1週間前から母と一緒に出掛ける予定を立てていました。

隣町のデパートで半年に1度くらいの間隔で行われている催事へ行く為です。

デパート内にある催事場で行われるので、煙草臭いとかの心配が無いので安心。

まずはおいしいパン屋さんへ行って、教会の側にある公園で食べる。

それからデパートへ行き、帰りにスタバへ行ってチャイラテをテイクアウトして、道の駅まで寄り道をして15日なので榊を買い、そしてスーさんの呼び出し神社へ行って、終わり。

そんな計画を立てていたのです。



そしてお出かけ・・・なのですが、まずスーさんの呼び出し神社へ行った方が良い気がしてきたので、そのように。

過去には時間が無くなって寄れなくなったとか、行こうとしたら工事中で行けなかったとか色々ありましたし。

境内に入るだけで気を分けて貰えるくらい一番お世話になっている神社なので、確実に行ける順番にした方が私も嬉しい。

なので、まずはスーさんとこへ。



それからパン屋さん。

お昼御飯です。

教会へ行くとそこの教会付属の幼稚園の園児がわらわらと集まって来まして・・・。

車の中でパンを食べながらこっそり見ていると、なんと!教会の前で合唱を始めたではないですか!

最近の幼稚園児が歌う曲って、私の頃の小学生の中学年以上が歌っていたような複雑な曲で。

先生の電子ピアノの伴奏もクラシックレベルの複雑さ・・・。

最近の幼稚園児ってレベル高いわ。



そして第一の目的地だったデパートへ行くはずだったのですが、なんだか急にどうでもよくなりまして・・・。

本当に突然、スッとどうでもよくなったのです。

左に曲がればデパート、右に曲がればスタバというところで、母に「デパート今日はいいです」と告げ、右に曲がってもらったのです。



で、時間が出来たので文房具屋さんに画材を買いに行き、その帰りにスタバでドライブスルーをして母にチャイラテをおごり、そして道の駅へ。

榊を購入し、さて帰るかとなった時に母が一言。



母 「○○神社(おーくにさん主祭神)へ行こうか」

musica 「えっ!?なんで!?」



まさかのおーくにさん神社・・・。

確かに先日おーくにさんに「出雲へおいで」と言われ「嫌です」と即答しましたが、ここに来て母を操るとは・・・!!!

て言うか、母だけではありません。

デパートへ行かなかったから寄り道出来る時間が出来たのです。

くっそ、パンを食べてデパートへ行きたくなくなった、あの時からか・・・!!!

違う。

おーくにさん神社へ寄ったらスーさん神社の前は通らなくなるので寄れなくなるから、スーさん神社へ一番初めに行った方が良いと思った、あの時から!!!

あー、もう!スーさんだけではなくおーくにさんにも手の平コロコロ・・・。



スーさん 「おっさんsは君のガイドの様なものだろう?だからおっさんsの手の平コロコロが正しい」

m 「ガッデム!」



・・・とは言うものの、おーくにさん神社ではそれはもう良くして貰え、おみくじは大吉、本殿・摂社だけでなくご神木からも気を分けて貰い、更に鳥居の下に咲いていた愛らしい花まで教えて貰える大サービスを受けました。

この神社のなにもかもがとても好きなので、別に行くのが嫌って訳ではないんです。

ただ、手の平コロコロ躍らされるのがヤダと言うか・・・。



おーくにさん 「口で言っても『えー、イヤです』だろう?君は。いつも大黒像を通して見てるぞ」

m 「・・・」

f0351853_04034454.jpg



☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★



それでは本日も良い一日を~。

m 「なんだかなー・・・」

ス 「何が気に食わないのか分析してみなさい」

m 「そうですね・・、手の平コロコロが嫌という事は、自分の意思と関係なく動かされる所が嫌なのかな」

ス 「とは言え、我々は一心同体だといつも言っているだろう?私の意思は君の意思でもある」

m 「それ微妙」

ス 「守護・ガイドは君のハイヤーセルフだぞ?」

m 「おじいちゃん・・・!!!」

ス 「何を言っているのだ、君は・・・」

m 「私の意思は君の意思でしょ」

ス 「分かっていても分かりたくない時もある」

m 「ひ・きょ・う!!!ズ・ル・イ!!!」







[PR]
by garoumusica | 2017-09-16 05:00 | おーくにさん | Comments(4)
はー・・・という訳で、昨日記事に書いたワックスペンが昨日手元に届きました。

で、ついさっき確認の為に起動させたところ、問題無く使えました。

ワックスがペンの熱で面白いように溶けていきました。

今週はもうお絵描き曜日に入りましたので、来週の自由曜日までお預けです。



和箪笥騒動が終わってからというもの、なんだか慌ただしいと言うか、おっさん増えすぎと言うか。

七福神さん系のエネルギーがわーって来ちゃったから、幅が広くなってきまして。

ひと言で言えば、おっさんワールドワイド化、です。

七福神って元々外国の人じゃないですか。

うちで監視員をされてる大黒さんはヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラさん、布袋さんは唐の時代の実在したとされる伝説的な仏僧。

だからか、ヒンドゥー教とか仏教の神様の姿が良く夢に出て来るようになりました・・・。

夢の中で空を見ていたら、空に仏像がズラーッと現れたり、シヴァさんとかガネーシャさんとか、肌が白くて目の周りを黒っぽいアイシャドーでパンダみたいに塗ったイケメンインド人が現れたり・・・。

イケメンインド人は私を見てめちゃくちゃ驚いてるし。

ビックリしてるのはこっちだっての。

ほんと、今周りがおっさんsワールドワイド化で騒がしいですー。(←どうでもよくなった)



今思い返すと、予兆はあった。

和箪笥騒動のちょっと前くらいから、石の仕入れをしている時にガネーシャさんが彫られたラブラドライトのルースが気になってしょうがなかったのです。

ですが手に入れたとしても神様ですし、何より他所の宗教ですから取り扱いに困るし・・・。

それに欲しいルースはひとつ1万円以上する美しい彫刻の物だから、売れなかったらかなり困る!(←こっちがメイン)

という事で仕入れていなかったのですが、今回映像を見せられて、なるほど、それでガネーシャさんのルースが欲しかったのだな~と納得がいきました。

欲する物には意味がある。

ちょっと前にもそういう記事を書いた気がします。

めんどいんで見直しませんけど。

色々ありますねぇ・・・。

本日は本当にただのつれづれでした。



先日の夕焼け。

f0351853_04150172.jpg

美しいですねぇ・・・。



放射状の雲。

f0351853_04145361.jpg

翌日に地震があったりとかは、ありませんでした。



○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

musica 「おっさんsの世界は境界がありませんねぇ」

スーさん 「境界を作るのは人だからね」

m 「国とか?」

ス 「一昔前の豪族によるクニ支配もそうだろう?」

m 「待って!豪族は一昔前じゃないから!古代レベルでしょ!」

ス 「あー、そうだな」

m 「しっかりして!おじいちゃん!」

ス 「遂におじいちゃん呼ばわりか・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-09-15 05:00 | つれづれ | Comments(0)
という事で、昨日の続きです。




夢の中でワックスペンの設計図を渡されて、定価で買おうとせずにオクとかフリマアプリを検索したところからです。

で、とあるサイトを開いてみたところ、私宛に連絡が来ていました。

早速開いてみると先日取引をした会社からで、自分達に非があったから商品代金をお返しする、という内容でした。



以前私が台湾のガラス工芸品に突然はまり、一気買いをしたという話を記事にしましたが、その中のひとつが難がある状態で届いたのです。

商品説明には破損等の大きなダメージはお見受けできませんとあったのですが、片面にいかにも落とした!という感じの圧迫痕だとか欠けがありまして・・・。

わー、これは問題があるな~という事で、とりあえず受取評価欄と個人メッセージで連絡しようと思い、まずは評価欄を見てみたところ、悪い評価が結構な数なのです!

えっ!?なんでこんなに悪い評価がある事に気が付かなかったの!?私!



私がネットで物を購入する時は、業者であろうと個人であろうと、まず評価を見ます。

で、悪い評価があるかどうか、そしてその理由を見て購入を判断するのですが、今回は見た覚えが無い!

まったく無い!

私の性格からしてそれはあり得ない言なので、評価を見ていなかった事に非常に驚いてしまいました。

で、悪い評価の内容を確認すると、商品説明とは違い粗悪品が多く、返金をする為に商品を着払いで業者に送り返したものの、商品説明に問題は無いという結論をくだされ、返送した際の送料と更に送り返す為の送料を取られた!みたいな内容がほとんど・・・。

普段の私だったら絶対買ってないわ、こんな業者から・・・。



私の中の何が原因でこの様な業者から購入したのか考えたところ、欲かなって思いました。

良い物を見つけたからバーッと手に入れたくなった欲、それからお買い得欲・・・。

すっごくきれいなガラスの置物だった上、定価が560ドルのものが5.000円以下だったから・・・。

だって560ドルって言ったら現在のレートで約62.222円ですよ!?

その上関税がかかりますから、もーすっごいお得!!!

こうゆう欲が目をくらませてしまったとしか思えない・・・。

はー・・・っと溜息をつきながら、業者さんに連絡をしたのです。



で、一旦返却をして商品状態の確認をしてもらい、返金をするか判断待ちの状態だったのですが、ワックスペンを検索しにこのサイトを訪れた時に、ちょうどその返答が届いていたのです。

半ばワクワクしながらメッセージを読むと、やった!当社の商品管理に問題があったとの事。

そしてスムースに返金という流れになったのです。

それからついでにワックスペンについて調べると、その返却される金額と似た様な値段でワックスペンが売りに出されていまして・・・。

あの設計図の通りの物かは分かりませんが、昨年発売されたばかりの物のようです。

こんなに早く売りに出されるって事はそれなりの品なのか?って感じですが、流れが流れ、これも縁だという事で買っちゃう事にしたのです。



その後で聞いた話。

この一連の流れは、私に高級品を見せて勉強させるという意図もあったそうです。

それからイメージトレーニング。

高級品が身近に飾ってある生活とはどの様な感じか?とか、その波動に慣れさせるとか。

そんな事が裏であったようです。

確かに高級ガラス置物は裏表が同じ模様だったので、欠けていない面を表にすれば難ありとは思えないようなお品物で。

彫刻が素晴らしく、色合いも私好み。

勉強の為にすっごく写真を撮らせてもらいましたw



でもそれでは業者さんは、私の勉強の為に返送料金分損している事になりますよね?と疑問に思ったところ、ほていさんからの返事はこうでした。

評価欄から分かる様に、この業者は一部の者を悲しませる、損をさせる様な商売をしている。

まぁ、相手からの恨みつらみのエネルギーが蓄積している状態だ。

それを消化する為には定期的にエネルギーを回さねばならない。

それが今回君との関わりの中で起こったのだ。

君だって一時は金を失っている訳だし、気に入って購入した物を手放さなければならないという状態になったし、送り返す為の労力を払ったが、その代わりに勉強になった。

普段の自分では買えない高級な美しい品物を手にし、その波動を味わう事が出来た。

まぁ今回、君は相手のガス抜きを手伝う代わりに勉強をさせてもらった、という感じだね。

という事でした。



*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*



それでは本日も良い一日を~。

musica 「なんかちょっと、私に都合が良すぎて怖い」

スーさん 「そんな事はない。君だって労力を払った」

m 「でも相手も損してるじゃないですか」

ス 「今回は損したように見えたかもしれないが、そういう行為を普段からしている業者だ」

m 「でも私が損した訳じゃないです」

ス 「誰かに損させたものが、他の誰かから戻って来ただけの事。出した波動が返る。返って来る時に同じ者から返って来るとは限らない」

m 「出したものが形を変えて返って来たと」

ス 「そういう言う事だ。今回はその波に君が乗ったという事だね」

m 「それはどういう風に決まるんですか?」

ス 「ガイド同士の話し合いによる」

m 「うーん・・・。私の勉強の為に業者が損したように思ってしまう」

ス 「簡単に言えばタイミングが合ったという事だよ」








[PR]
by garoumusica | 2017-09-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日はネックレスを作成していました。

ものすごくかわいい石の組み合わせを発見したような気がして、

「あ~もう、才能が爆発しちゃう~~~♡♡♡

などと思いながら石を留め、持ち上げて正面から見ると大した事なくって・・・( ˙-˙ )。

センス悪って思っちゃう。

作製中に真顔になる瞬間です。



で、本題。

近頃おーくにさんを中心に七福神組が集まられ・・・。

つっても習合されてるんで、ほとんど今までもいらっしゃいましたが。

おーくにさんは大黒さんだし、ひるこにーちゃんはえべっさんですし、スーさんの娘さんは弁天さんですし。

最近になっていらっしゃったのは、ほていさんくらい。

で、本日はほていさんの話。



昨日、夕方に30分ぐらいウトウトしてしまったのですが、その時に見た夢。

私は見知らぬ街を歩いています。

ものすごく日本情緒にあふれた街です。

白壁の日本家屋が並び、道の端には美しい水の流れる溝があります。

錦鯉が泳いでいてもおかしくない感じです。

多いって程ではありませんが、行き交う人々で賑わっています。

で、私はそういう景色の中をにこにこしながら歩いていたのですが、とある小学生の女の子に話し掛けられ、ちょっと雑に折りたたんだ何枚かの紙を渡されます。

私はちょっと狼狽えながら女の子に話し掛けます。



musica 「えっ?私?」

女の子 「いずれ必要となる日が来るから」



思いがけず大人びた言葉をかけられ、私はちょっと驚きました。

女の子はそれだけ言うと去って行きます。

で、私はその場で渡された紙を開いてみました。

するとそこには何かの設計図が書かれていました。

そこで覚醒。

そして何故だか分かる、あの設計図の内容。

あれはワックスペンの設計図だ、と寝起きの頭にはっきりと理解出来たのです。



ワックスペンって言うのは、最近練習を始めた彫金のワックスモデリングの時に使用する物です。

このワックスと言うのは蝋に似た様な素材で、当然熱で溶けます。

ワックスペンは電気で熱を持つスパチュラで、ワックスを加工する時に使うととても便利な道具なのです。

ですが、私の頭にはワックスペンを購入するという考えはありませんで。

買うならリューター、リューターリューター。

そんな感じでした。

なのでワックスペンの設計図を渡されるとは、まさしく夢にも思っていなかったのです。

普通に考えて「買えよ」って事だよなと考え、まぁ定価で購入するつもりはなかったのでオクやフリマサイトを開いてみたのです。

ほていさんの奇跡は明日へと続きます。



○・v・◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

最近はおっさんが増えすぎて誰が誰だかイマイチ分かりにくいですが、総合窓口として・・・、

m 「スーさん!」

スーさん 「本当に君は私の事が好きだなぁ」

m 「一番慣れてるっていうか」

ス 「まぁそうだろう。それは事実だから」







[PR]
by garoumusica | 2017-09-13 05:05 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica