スーさんの魔法、の巻。

コレ↓。

f0351853_04355765.jpg

イスラエルのベツレヘムで作られた壁飾りです。

素朴な貝の細工が美しい・・・。

キリストの誕生の様子が描かれています。

あー・・・、壁の色が合わないなー。

紺色の用紙でも貼ろうかな。

シルバーで所々星の絵を描いて。

もしくは正方形の美しい額縁を購入してガラスを外し、紺色の用紙を敷いて、その上にこの壁飾りを飾る。

あー、そっちの方がただ用紙を壁に貼るよりも見た目がスマートだな〜。

うん、そうしよう。

夢が広がりますヽ(´▽`)/



で、本題。

一昨日昨日と、こちらの本を読んでいました。

じゃん。

f0351853_04360007.jpg


と、『ネコノヒー』は最近お気に入りの4コマ漫画。

Twitterでも読めますので『キューライス』さんで検索してみてください。



で、メインは『古代ユダヤで読み解く物部氏と「アーク」の謎』。

この本を手にしたのは『パストライフオラクルカード』の記事を書いてから。

それからちょっと置いて一昨日昨日で読んだのですが、あのカードの結果を解説する様な印象を受けました。

あのカードだけでなく、スーさんが今まで私に見せてくれた事の種明かしの様な。

例えばスーさんの呼び出し神社で見せられた、七支刀を彷彿とさせる木。

f0351853_00153223.jpg

この記事を書いた時も2015年の11月。

島根のお稲荷さんと同じ時期です。



それがきっかけになって石上神宮へ行く事になりました・・・。

そしてその七支刀が、古代のイスラエル人に繋がる事が本に書いてあったり。

呼び出し神社の神紋は「ミツ柏」なのですが、それが生命の樹に繋がる事も書いてありました。

生命の樹、ツリー・オブ・ライフは年始にも出て来て勉強させられました。



それからスーさんの事。

古代イスラエルの10支族のうちの最初の者達は、「スサ」(スサノオ)を隊長とする先遣隊と共に、紀元前610年頃に日本へ到着したという記述がありました。

これは以前ブログでも紹介したアビグドール・シャハンさんの『失われた十部族の足跡 イスラエルの地から日本まで』という本にもありましたので、知識としては持っていましたが、きちんと腑に落ちたのはあのオラクルカードの結果を見たからでしょうか。

f0351853_04360308.jpg

Amazonでこの本を検索したところ、私が注文したのは2015年の12月と表示が出ました。

2年前から準備されていたのですねぇ・・・。



古代イスラエル人の一部は騎馬民族であったそうなので、あのナイトのカードにも一致します。

だから何と言うか、非常に腑に落ちた、という感じです。

先日スーさんが「私が(魔法を)見せてあげよう」って言っていましたけど、ほんとに魔法を見せられたようです。

『古代ユダヤで読み解く~』の本は対談本で非常に読みやすいのでオススメです。

まぁちょっと、ラストは「トンデモ」っぽいですが、面白いのでご興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い1日を〜。


musica 「世界って面白いですね」

スーさん 「この場合は『歴史って面白い』じゃないのかね?」

m 「うーん、やっぱり『世界』かな。一般的な世界の事じゃなくて、私達の世界だったりスーさん達の世界だったり、古代の世界だったり。そういう『世界』全部が面白い」

ス 「それは時間も次元も超えた意識を持ち始めたという事だろう」

m 「そこまで大げさに表現されると困るかも・・・。何となくの感覚だから」

ス 「概要は掴んだという事だよ」

m 「よく分からないです」

ス 「今はそれで良し」

m 「今?」








[PR]
# by garoumusica | 2017-11-23 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica