スーさんの講義。

スーさん 「ご神体の鏡を覗き込んで見えるのは自分、我の姿だね?」

musica 「はい」

ス 「では、鏡から我を取ると残るのは・・・」

m 「神。おぉ~さすがダジャレ大国日本!」パチパチ~。

ス 「(ドヤ顔)」

m 「でも我を抜いてしまうと、人間界にわざわざ生まれた意味ってありますか?せっかく地球にいるのだから我があった方が良いんじゃないですか?」

ス 「それはワレとガを混同しているね。辞書を引いて違いを調べてみなさい」

m 「・・・」

ス 「ミカエル殿やアマテラスは個性が強いね?」

m 「はい」

ス 「しかし個性が強くとも彼らにガはあるだろうか?己の性別すら何でもいいと言い放つ存在にガがあるだろうか?」

m 「無いと思います」

ス 「それでも個性が強い。それはガは無くともワレがあるから」

m 「・・・」

ス 「君は、君が描いた天使や我々の絵を、自分が描いた絵だと思えないようだね?」

m 「はい」

ス 「ではその絵にはガが無い。それでは君の絵が100枚の絵の中に紛れ込んでいるとする。しかし君はその100枚の中から自分の絵を見つける事が出来るね?」

m 「はい」

ス 「それが、ガは無くともワレがある状態だよ」

m 「なるほど・・・。あ~、でも、鉛筆画の方は自分が描いた絵って思っちゃうかもw」

ス 「まだまだだね~(笑)」

m 「あはは、残念~」







[PR]
# by garoumusica | 2014-06-08 05:32 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica