はい、本日は宇宙人・バシャールさんの話題の続きです。




バシャール2006』という本に出て来た次のセリフ。



「自分が意味を与えなければ、何の感情も湧いてこないという事です。

意味が感情を引き起こします。

意味を与えなければ、何の感情も湧かないのです」



このセリフに対してものすごく納得したと言うか、腑に落ちたと言うか。

そして更にこう続きます。

・身の回りで起こる事は中立・ニュートラルである事。

・どんな状況、どんな出来事が起きたとしても、そこには何か意味がある訳ではない。

・そこに意味を与えているのは自分自身である事。

・・・確かに!Σ(゚Д゚ υ)



黒猫で考えると分かりやすいかもしれません。

私のようなただの猫好き(でも猫アレルギー)が道端で黒猫を見掛けると、それはそれは幸せな気分になります。

が、黒猫を不吉の象徴として捉えている人にとって道端で黒猫を見掛けると、これから起こるであろう不吉な出来事を思い浮かべ、憂鬱な気持ちに苛まれてしまう事でしょう。

私達が意味を与えなければ、黒猫はただのカワイイ生き物です。

黒猫という存在は中立な存在。

が、自分が幸せの象徴としての意味を与えるか、不吉の象徴としての意味を与えるかで、黒猫に遭遇した時に湧き起こる感情が変わって来る、という事です。



この本ではこの後に、癌の診断を受けた場合通常の反応として落ち込んだり悲しんだりするが、それも中立である状況に対して自分で否定的な意味づけをしているという事なのか?という質問がされています。

最もな質問ですよね・・・。

自分が癌と診断され落ち込んでいるところに、

「身の回りで起こる事ゎ中立だょ☆自分で否定的な意味づけをしているだけだょ☆(ゝω・)v」

と、わくわく☆スピリチュアルな人に言われたら、かなりイラッとしそうです。

で、それに対してのバシャールさんの答えは、その通りだが、色々な出来事に意味を与える事は別に構わないとの事でした。

そして、ただ自分が意味を与えているという事は理解するように続けます。

更に何かに意味づけをする事にすら意味は無く、意味づけをする事さえ中立的な行為なのだと言っていました。



身の回りで起こる事は中立・ニュートラルであるという内容を読んで、バシャールさんのイメージが変わりました。

それまでは「ニューエイジ」「ワクワクする事をしよう」「セミナー」というキーワードから、白いテロテロとした素材で出来た襟の無いシャツ・ズボンを着た中途半端なハンサム(イケメンの時代ではない)なおじさんが、中年女性信者に囲まれながら、


「ワクワクしてますか?」


と言って胡散臭い笑みを浮かべる・・・といった、ちょっと敬遠したくなるイメージ(酷い偏見)で、なんと言うか実生活からは浮いた感じだったのです。

が、この内容に関しては実用的で普段の生活に活かすスピリチュアル、という印象に変わりました。

自分の周りで起こる出来事は中立であり、意味は無い。

良い悪いという意味を与えているのは自分自身。

そういう事を意識し始めると、日常生活の中での自分の感情の動きに注目するようになりました。

あ、今イラッとしたとか、ムカっとしたとか。

そうすると、どういう理由で私はその出来事に対してイラついたのだろう?とか、ムカッとしたのだろう?などと考え始めると、自分の中で納得出来るモノが生まれまして。

相手の行動の理由もなんとなく出来る様になった気もする・・・。

そうなってくると、今までだとイラッとしていたところが「ん?」って思うだけになり、そこまで感情が動く事がなくなっていきました。

バシャールさん効果ですねぇ・・・。



明日も続きます。



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

スーさん 「身体があろうと無かろうと、星が違おうと、良い事を言っていれば素直に受け入れる。バシャール殿はそのきっかけを君にくれたね」

musica 「あー、そうかも。はじめは胡散臭かったですけど」

ス 「その胡散臭いと感じた事も、君が意味を与えた結果なのだぞ?」

m 「あ!ほんとだ!」

ス 「宇宙人であれ、その存在は中立。君が胡散臭いと感じたのは、今まで生きて来た中で増え続けた思い込みによるものだ」

m 「うーん・・・」






[PR]
# by garoumusica | 2017-04-21 05:06 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica