先日フリマサイトを見ていたら、色の組み合わせのかわいいアクセサリーがありまして。

思わずそのページを見てみると、どうやら出品者さんが自分で選んだ石を工房に頼んでアクセサリーに仕立てた物のようです。

私自身が扱った事の無かった色の組み合わせだったので、勉強の為にポチッ!

そして到着。

うん、可愛い色合いです。

出品者さん、色合わせ上手いな~などと思いながら眺めていたところ、ひとつだけ記載されていたものと石が違う事に気が付きました。



記載されていたのと違った石はブルームーンストーン、もしくはペリステライト。

アクアマリンのはずだったのですが、ブルームーンストーンかペリステライトのどちらかの様です。

沢山石が付いていたのですが、その中には既にブルームーンストーン(もしくはペリステライト、以下略)はあるので、この石だけ2つある事になります。

凄い小さな石なので工房の人が間違えてこの石を付けたのか、それとも出品者さんの記憶間違えかどちらか。

このデザインでブルームーンストーンふたつと言うのは、ちょっと違う気がします。

色の組み合わせとか石の質など、出品者さんはとても気を配られているので、工房の人がセッティングの時に間違えたような気がします。

普通なら美しい青いシラーがアクセサリーを身に着けた時に目立つように設置するはずですが、このアクセサリーに関しては石の向きを間違えていますし。

なのでパッと見は光り方の鈍いホワイトトパーズの様に見えます。

ブルームーンストーンには到底見えないので、出品者さんも色の無いアクアマリンと勘違いされていたのかもしれません。

不思議な物を買ってしまったもんです・・・。

それでも他の石の組み合わせはとても勉強になる物でした。



さてさて、ブルームーンストーンの意味は何だったっけ?

ふたつも付いたアクセサリーを購入したという事は、多分そういう事なのでしょう。

きっとおっさんからのメッセージのはず。

検索してみましょう!

えーっと、「永遠の若さ」・「永遠の愛」の象徴・・・。



スーさん 「誰からのメッセージだと君は言ったかね?」

musica 「おっさんです・・・」

ス 「この石が二重に付いているという事は、その強調と言えよう」

m 「永遠の若さの強調?おじいちゃん扱いをしたから?」

ス 「このアクセサリーに付いている他の石の意味を調べてみよ」

m 「えー・・・、『幸せな結婚の象徴』『幸せな結婚の象徴』『幸せな結婚の象徴』・・・」

ス 「似た意味を込められた石ばかりだね。という事は私からのメッセージは自ずと分かろう?」

m 「若さアピール」

ス 「照れ隠しならそれで良い」

m 「まさかこんな展開になるとは・・・」

ス 「守護・ガイドという者は、その対象をこよなく愛している」

m 「あ、一般的には~みたいな言い方をしたw」



◎・v・●・v・○・v・◎・v・●・v・○・v・◎



それでは本日も良い一日を~。

ス 「君だったらブルームーンストーンの代わりに何を選ぶかね?」

m 「位置的にちょっと影になるので、輝きの美しいダイヤにします。初めに、あれ?ここはダイヤでしょ?っていう印象を持ったし。安物のでもいいから、強めに輝く石がいいな」

ス 「ダイヤの意味は知っているかね?」

m 「いいえ。調べてみましょう。えーっと・・・、・・・」

ス 「今君が調べた中で言えば『永遠の絆』だろうね」

m 「・・・」

ス 「つまり、私の『永遠の愛』に対し、君は『永遠の絆』で応えたのだ」

m 「ホワイトトパーズでもいいんじゃないかな」

ス 「本心はファーストインプレッションに現れるものだ」









[PR]
# by garoumusica | 2017-09-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica