旅つれづれ その2。

はい、前回に引き続き島根県は津和野町の弾丸日帰り旅行記です。

ところでですね(もう脱線)、私の好きなシンガーにジェームス・アーサーというハリポタに出て来そうな名前の人がいるのですが、先日イギリスのオーディション番組「The X Factor uk」のファイナルにゲストとしてデュエットで登場したのです。

彼も「The X Factor uk」出身なので。

もちろん主役は出場者であるジャマイカンシンガーのダルトンという方なのですが、ジェームスの歌唱が素晴らしい・・・。

彼の声は艶やかなラフタンブルカットのブランデーシトリンのような色合いで、物凄く渋いんですがきらめきが素晴らしい。

アンダリューサイトでもいいかな?

本当に素晴らしいデュエットなので是非!一度聞いてみてください。


初めに歌うのがダルトンでポール・マッカートニーみたいなのがジェームスです。

ジェームスが歌い始めてからの空気の変わりっぷりがすんごいですよね。

タイプの違うシンガーが共に歌う事によって生まれる化学反応の良い例って感じです。

で、ダルトンの優勝が決まった後でもう一度同じ曲を歌ったのですが、その時のジェームスの歌い方が容赦なくて良いです↓。



あ〜〜〜、ダルトンが歌いながらシャツのボタンを外そうとするのがいいですね〜〜〜(*´Д`*)

シャツのボタンを外す時の手って、なんであんなにセクシーなのですかね?

思わずお手伝いしたくなります。



ちなみにジェームスが出場した時の演奏がこちら↓。



この時の歌声のセクシーさに惚れました。



はい、ここからようやくつれづれ旅の続きです。

まず目指したのは鷲原八幡宮!

なんかですね、うちの母があんまり好きじゃないみたいで気持ち悪い的な事を言っていたんです、去年。

私からすれば紅葉の美しいとても良い神社なんです。

なのでその良さが引き立つであろう朝イチに行く事にしたのです。

・・・がっ!!!

向かっている最中に先に太鼓谷稲成神社を先にした方が良い気がしてきた為、鷲原八幡宮は後ほど行く事にしました。

こういうところがTHE☆スピリチュアル住人って感じですけど、まあしゃーない。

おっさん達の意向というものもありますので、直感には従うのがよろしいです。



さてさて、太鼓谷稲成神社へ到着したのはなんだかんだで9時50分くらい。

雨上がりだったのでやっぱり太鼓谷稲成神社の印象は『キラキラ』。

美しい青空が広がっていました。

f0351853_23014440.jpg

駐車場からの景色。

f0351853_23023195.jpg

スマホで撮ったので画像はいまいち。

母が車からなかなか降りてこないので写真を撮って時間を潰していたのですが、話し掛けても降りてくる気配が無いので先に参拝をする事にしました。



まずは元宮から。

f0351853_23044474.jpg

おはようございまーす。

元宮なので神様は新しいお宮に移してありますが、バシャーと気が流れて来ます。

どういうシステムなんでしょうね?こういうのって。

お札みたいに神様のエネルギーをコピー?したものが置いてあって、それが自動的に反応してるとか?

眷属が対応してるとか?

その土地のエネルギーとか?

こういうのが判別出来るようになれたらいいですねぇ。。。



元宮の裏に鎮座されてる命婦さん。

f0351853_01442856.jpg

こちらも日が当たっていて明るくていい感じでした。

こちらでもご挨拶をしたらバシャーと気を流してもらえました。

そうそう、太鼓谷稲成神社ではお浄めをした塩を売っているのですが、結構強力で便利です。

「あ、なんかヤバ」と思った時にペロッと舐めたり、お風呂に半分くらい入れて入浴したりすると、簡単にお浄めが出来ます。

一袋300円でたっぷり入っているのでおススメです。



さてさて命婦さんへのご挨拶も済み、新宮の方に向かっていたところで太鼓の音が聴こえ始めました。

どうやら朝の祈祷が始まるようです。

ナイスタイミング!

f0351853_01535971.jpg

この時間は参拝客が少なく今日は祝詞が聴けないかもと思っていたので、ヨッシャ!という感じでした。

て言うか、鷲原八幡宮よりこちらを先に行きたくなったのは、この為だったのかもしれません。

直感万歳です。



で、神主さんに祓って貰ったあたりで母登場。

こちらもなんだかんだで、独りで参拝させたいというおっさんsの意向があったのかもしれませんね。

いつの間にか母も元宮などのご挨拶を終えていたようなので、最後は二人で本殿の裏に廻ってご挨拶。

それから塩を買い物したのですが、ふと前回の参拝の帰りに『宝物殿』と書いた看板のようなものを目にしていた事を思い出し、良い機会なので宝物殿を見学する事にしたのです。

がっ!

社務所でお伺いすると予約制との事で。

しまったーーー・・・。

それはしゃあないと今回は諦めようとしたところ、たまたま参拝客がいないタイミングだった事もあり、神主さんのご厚意で特別に見学させていただけました。

ありがたい事です。。。

その気になる内容はホームページによりますと、

「神狐彫刻・神狐子連彫刻や、津和野藩の天文・算術の大家であった堀田仁助が作り、城主に献納したものを亀井家より御奉納いただいた天球儀・地球儀、また同じく亀井家よリ奉納された、本社勧請の亀井家八代の城主矩貞公が御着用になった甲胃をはじめ、特別社宝88点、書画77点、美術工芸品58点、その他16点を収蔵」

との事です。

神主さんが詳しく解説してくださったんですよ~。

すっごい贅沢!

天球儀は星座の名前が中国由来でとても興味深く、ずーっと眺めていられる自信があります(`・ω・´)

地球儀もなかなか正確でした。

古い津和野町の地図には家が絵で描いてあって、昔の生活が容易に想像出来ましたし、昔のお殿様が被っていた冠も実物を見たのは初めてだったので感動しました。(絵に描いた事はあっても見た事は無かったので)

で、私が一番心を奪われたのは祭神の宇迦之御魂神(うがのみたまのかみ)の神像。

白狐の上に立った神像だったのですが、その表情の優しい事。

日本の神様像よりも西洋寄りで、こう言うのも厚かましいですが私が描きそうな顔だったのですよ!

色もきれいに残っていて、薄紫と桜色の美しい事・・・。

白狐の表情もとてもいい・・・。

こういう陶器の人形があったら絶対買ってる!と思うくらい、私の好みの神像でしばらく見続けてしまいました。

太鼓谷稲成神社へ参拝される時は、是非是非!!!宝物殿も見学されてみてください!!!

あ!!!

要予約です・・・。



さてさて、太鼓谷稲成神社の参拝が終わった時には11時ちょっと前。

お昼にはちょっと早い時間帯ではありますが、早起きした私のお腹はもう限界!

本来ならばちょっといい日本料理でも食べようかと思っていましたが、見て回るのが面倒なのでサクッと道の駅のレストランへGO!!!

私はたばこの煙でアレルギー反応が出るので禁煙のお店しか入れませんが、道の駅の中は禁煙なのでいちいち確認してなくて済むのがポイント。

母と旅行へ行った時は大抵道の駅で食事をします。

特産物のレストランも多いですしね。



さてさて津和野町のレストランでは気になるものを発見!

それは「わさびうどん」。

わさびうどんって想像できますか?

私はざるそばみたいにすりおろしたわさびが付いてくるのだろうと想像したのです。

が・・・、ちょっと違いました。

刻んで軽く味付けのしてあるわさびの葉っぱとか茎とかつぼみが、わかめうどんみたいな雰囲気でうどんの上に置いてあるものが出てきたのです・・・。

わー、予想と違った~などと思いながら普通に食べてみたところ、来るのよ、これが・・・。

後からツイーンと来ちゃったんですよ、これが・・・。

想像してみてください。

うどんの上に乗せられたわざび漬け。

それを何も考えずにパクッと食べちゃったのです。

来ますよね、ツイーンと・・・。

慌てて一緒に頼んだおにぎりを口に入れました。

そして後半になればなるほどツイーンと来るんですよ、なんででしょう?

終わりは涙目で食べました。

当分は食べたくないですけど、ふとした瞬間にきっと食べたくなる。

そんなうどんでした・・・。

そしてこの後、お土産屋さんの方で甘い醤油だれのお餅を買ってお口直ししました!

このお餅は必ず買って食べているのですが、外は海苔を巻いた上で甘い醤油だれが描けてあり、更にお餅の中にも醤油だれが入っているという最高傑作!

ほんっとおススメ!

そしてすぐ売り切れるのでなるべく午前中に道の駅に行ってみてください。

津和野町は和菓子が最高です。

城下町だからかな?



今日で津和野旅の記事は終わりのつもりでしたが、ジェームス・アーサーとわさびうどんに思いのほか時間を取られてしまい、また次回へと続きます。

なんかこれから寒くなるみたいですね!

体調を崩さないよう着る物調節をお互い頑張りましょう~。

それでは良い一日を~。








[PR]
# by garoumusica | 2018-12-06 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica