人気ブログランキング |

ほていさん、現る。そして早速・・・ その2。

という事で、昨日の続きです。




夢の中でワックスペンの設計図を渡されて、定価で買おうとせずにオクとかフリマアプリを検索したところからです。

で、とあるサイトを開いてみたところ、私宛に連絡が来ていました。

早速開いてみると先日取引をした会社からで、自分達に非があったから商品代金をお返しする、という内容でした。



以前私が台湾のガラス工芸品に突然はまり、一気買いをしたという話を記事にしましたが、その中のひとつが難がある状態で届いたのです。

商品説明には破損等の大きなダメージはお見受けできませんとあったのですが、片面にいかにも落とした!という感じの圧迫痕だとか欠けがありまして・・・。

わー、これは問題があるな~という事で、とりあえず受取評価欄と個人メッセージで連絡しようと思い、まずは評価欄を見てみたところ、悪い評価が結構な数なのです!

えっ!?なんでこんなに悪い評価がある事に気が付かなかったの!?私!



私がネットで物を購入する時は、業者であろうと個人であろうと、まず評価を見ます。

で、悪い評価があるかどうか、そしてその理由を見て購入を判断するのですが、今回は見た覚えが無い!

まったく無い!

私の性格からしてそれはあり得ない言なので、評価を見ていなかった事に非常に驚いてしまいました。

で、悪い評価の内容を確認すると、商品説明とは違い粗悪品が多く、返金をする為に商品を着払いで業者に送り返したものの、商品説明に問題は無いという結論をくだされ、返送した際の送料と更に送り返す為の送料を取られた!みたいな内容がほとんど・・・。

普段の私だったら絶対買ってないわ、こんな業者から・・・。



私の中の何が原因でこの様な業者から購入したのか考えたところ、欲かなって思いました。

良い物を見つけたからバーッと手に入れたくなった欲、それからお買い得欲・・・。

すっごくきれいなガラスの置物だった上、定価が560ドルのものが5.000円以下だったから・・・。

だって560ドルって言ったら現在のレートで約62.222円ですよ!?

その上関税がかかりますから、もーすっごいお得!!!

こうゆう欲が目をくらませてしまったとしか思えない・・・。

はー・・・っと溜息をつきながら、業者さんに連絡をしたのです。



で、一旦返却をして商品状態の確認をしてもらい、返金をするか判断待ちの状態だったのですが、ワックスペンを検索しにこのサイトを訪れた時に、ちょうどその返答が届いていたのです。

半ばワクワクしながらメッセージを読むと、やった!当社の商品管理に問題があったとの事。

そしてスムースに返金という流れになったのです。

それからついでにワックスペンについて調べると、その返却される金額と似た様な値段でワックスペンが売りに出されていまして・・・。

あの設計図の通りの物かは分かりませんが、昨年発売されたばかりの物のようです。

こんなに早く売りに出されるって事はそれなりの品なのか?って感じですが、流れが流れ、これも縁だという事で買っちゃう事にしたのです。



その後で聞いた話。

この一連の流れは、私に高級品を見せて勉強させるという意図もあったそうです。

それからイメージトレーニング。

高級品が身近に飾ってある生活とはどの様な感じか?とか、その波動に慣れさせるとか。

そんな事が裏であったようです。

確かに高級ガラス置物は裏表が同じ模様だったので、欠けていない面を表にすれば難ありとは思えないようなお品物で。

彫刻が素晴らしく、色合いも私好み。

勉強の為にすっごく写真を撮らせてもらいましたw



でもそれでは業者さんは、私の勉強の為に返送料金分損している事になりますよね?と疑問に思ったところ、ほていさんからの返事はこうでした。

評価欄から分かる様に、この業者は一部の者を悲しませる、損をさせる様な商売をしている。

まぁ、相手からの恨みつらみのエネルギーが蓄積している状態だ。

それを消化する為には定期的にエネルギーを回さねばならない。

それが今回君との関わりの中で起こったのだ。

君だって一時は金を失っている訳だし、気に入って購入した物を手放さなければならないという状態になったし、送り返す為の労力を払ったが、その代わりに勉強になった。

普段の自分では買えない高級な美しい品物を手にし、その波動を味わう事が出来た。

まぁ今回、君は相手のガス抜きを手伝う代わりに勉強をさせてもらった、という感じだね。

という事でした。



*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*



それでは本日も良い一日を~。

musica 「なんかちょっと、私に都合が良すぎて怖い」

スーさん 「そんな事はない。君だって労力を払った」

m 「でも相手も損してるじゃないですか」

ス 「今回は損したように見えたかもしれないが、そういう行為を普段からしている業者だ」

m 「でも私が損した訳じゃないです」

ス 「誰かに損させたものが、他の誰かから戻って来ただけの事。出した波動が返る。返って来る時に同じ者から返って来るとは限らない」

m 「出したものが形を変えて返って来たと」

ス 「そういう言う事だ。今回はその波に君が乗ったという事だね」

m 「それはどういう風に決まるんですか?」

ス 「ガイド同士の話し合いによる」

m 「うーん・・・。私の勉強の為に業者が損したように思ってしまう」

ス 「簡単に言えばタイミングが合ったという事だよ」








名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-09-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica