人気ブログランキング |

翡翠を画像で比べてみた、の巻。

という訳で、うっかり手に入れてしまった翡翠のお蔭で、売り上げを翡翠のお勉強につぎ込んでしまったmusicaですが、そのお勉強の成果を載せていこうと思います。



本翡翠と呼ばれるジェダイト。

の、丸玉がこちら。

f0351853_03552645.jpg

上側は上賀茂のおっちゃんブレスを作った余りの、ミャンマー産のジェダイト。

無着色です。

f0351853_03553317.jpg




下側は産地は分かりませんが、こちらは色や艶出しをしたもの。

f0351853_03553435.jpg


鑑別書付きで売ってました。

f0351853_03553011.jpg

「含浸を認む」のところで、あぁ、この翡翠は樹脂浸透処理をして色艶を出しているんだな~、という事が分かります。

鑑別書があるとやっぱり勉強になりますねぇ・・・。

千円くらいで出来る所もあるみたいなので、あの子も鑑別してもらってみようかな・・・。



あの子↓。

f0351853_03521916.jpg



で、もうひとつの翡翠のネフライト。

f0351853_04211058.jpg

上がジェダイトで下がネフライトです。

翡翠に比べると表面の温度がぬるい感じです。

後はのっぺりした感じ?

f0351853_04215584.jpg

画像には写りませんでしたがキャッツアイ効果ありです。



で、今度は翡翠ではない石をプラス。

f0351853_03555160.jpg

右側の小さい子ですね。

何となく雰囲気も似ています。

なんの石かお分かりになりますか?

その答えは・・・、

f0351853_03554886.jpg

安物のエメラルドです!

安物って言っても宝石質のエメラルドに比べると安いって言うだけで、ミャンマー産のジェダイトの数倍はします。

何となく似ているなと思ったので並べてみました。



で、翡翠ではないけれどもジェイド(翡翠)という名で売られている石。

f0351853_03554407.jpg

こちらはカルセドニーに着色を施したものです。

銀杏っぽい石はオリーブジェイド、薄紫の石はパープルジェイドという名で売られていました。

中国系のサイトでは玉髄という名で見かけます。

カルセドニー以外でも、クォーツァイト、サーペンティン、カルサイトという石も、〇〇ジェイドという名で売られています。

まぁ、安くてカラフルなジェイドという名の付く石は偽物が多いという事です。



で、ガラス製の偽物翡翠。

f0351853_03554254.jpg

これがまたかわいいのです・・・。

あ、土台にしている白い石も翡翠という名で売られている石です。

色々ありますね。



で、翡翠に似せたガラスのアップ。

f0351853_03553826.jpg

これ位アップになるとガラスだなというのが分かります。

気泡もありますしね。

ですが遠目の画像では判断は難しいのではないかな?と思いました。




石の穴のアップ。

f0351853_03554021.jpg

古いガラスなので非常にもろく、すぐに欠けてしまいます。

で、穴の周りが白いのがお分かりになるでしょうか?

白いガラスビーズに翡翠っぽくガラスを重ねて作ったのが分かります。

手が込んでますねぇ。

このビーズはこれはこれで非常にかわいいので、何か作れたらいいな~と思います。



という訳で、翡翠を画像で比べてみたの巻でした。



o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"o(*′▽`)〇))"



それでは本日も良い一日を~。


musica 「はー、かわいい・・・。アイスジェダイトっていうのがかわいい・・・」

スーさん 「コラ、勉強は終わっただろう?不必要な物は買うな」

m 「何言ってるんですか?人生は生涯勉強でしょう?」

ス 「本当に君はああ言えばこう言う・・・」

m 「真理ですもーん」

ス 「そうか、君が望むのならばそのような生涯に導いてあげよう」

m 「あっ・・・」








名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-11-01 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica