人気ブログランキング |

中古の翡翠、合う合わない?の巻。

ついつい調べてしまう、次のワード。

『翡翠 中古 心霊』

なんかですねぇ、翡翠って人の気を司るらしく、持ち主の悪い気を身代わりみたいに吸い取ってくれる働きがあるそうなんです。

で、あまり悪い気を石自体が吸いすぎると石が疲れてしまうそうで、石が疲れると元々の色よりくすんだり黒くなったり薄くなったりするらしいです 。←ネット情報

なるほどねぇ、それでスーさんがあれだけきちんと浄化や調整したのにも訳があるのですね。



さてさて、お勉強という大義名分の為に色々と翡翠を購入しましたが、気になったにもかかわらず購入しなかった翡翠もあります。

安かったですし購入しても全然問題は無かったのですが、なんとなく踏み切れませんでした。

それは美しいパステルグリーンの翡翠。

羽織紐という羽織の前が開かない様にする為のものです。

ちょっと石の表面のヒビとか穴に黒い汚れがついているけれども、洗浄すれば問題無いと思う。

商品説明にはお祖母さんの箪笥の中から出て来たとの事。

お祖母さんに直接由来を聞けないという状況からすると、遺品整理かな?

買おうかなと思うのだけど、どうしても踏み切れない・・・。

そんな感じで現在に至ります。



musica 「スーさんはこの石どう思います?」

スーさん 「君が購入に踏み切れないのなら、君には必要の無い石だ」

m 「そういう解説ではなくて、この石に関して聞きたいです。ちょっと念が籠ってるとか」

ス 「教えない。君に必要の無い情報だからね」

m 「・・・」

ス 「石の情報を読むなよ?」

m 「バレた?」

ス 「いいかい?そういった情報を興味本位で読み取ろうとするな。無意識であれこの石と縁を結ぶ事になるからな。その縁を伝って余計な物を背負い込んでしまったらどうする」

m 「あ、それはイヤです」

ス 「嫌だろう。それならば何でもかんでも興味を持つんじゃない。そういう事はそれ相応の対応が出来る様になってからだ」

m 「はい。で、もしもですけど、私がこの石を無理矢理購入したらどうなります?」

ス 「無理矢理購入とはどういう事だ?」

m 「うーん、必要はないけれども良い石っぽいから、取りあえず手に入れておこうかなって感じ」

ス 「それはただの欲だね。その欲の波動に釣り合う様な石という事だ」

m 「なるほど」

ス 「だが、言っておくがこの翡翠が悪い石という訳ではない。悪い念が籠っているという事も無い。ただ君には必要が無いと言うだけだ。それだけは勘違いしないでくれよ」

m 「はい」



(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)゚+.゚。゚+.(・∀・)



それでは本日も良い一日を~。


先日の空。

f0351853_02575288.jpg

秋になって、すっかり雲も高くなりました。



m 「こういうのを見ると旅に出たくなっちゃう」

ス 「♪ず~っと~遠くまで~見渡せる~丘に~登ろう~♪」

m 「あ、山!ちょっと行ったところの山に連れて行ってもらおうかな」

ス 「丘と歌ったのに山かねw」

m 「あ、間違えました」








名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2017-11-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica