5月から6月にかけて色々あったので、ガイド拝見をしてもらった件 その3。

はい、という訳でガイド拝見の続きです。



ところでですね(もう脱線)、この度のガイドさんのお名前をフルネームで書いてしまうと、まじめに検索をしている方の邪魔になってしまうので、呼び名を別に設けようと思います。

パールと付くので「真珠姐さん」とか?

うーん・・・、新宿2丁目のオカマバーの古株って感じの響きですかね・・・?


「アタシ?アタシはあんたがオムツ穿いてハイハイしてた頃からここで働いてんのよぉ~。

えっ!?歳っ!?

あんた失礼ねぇ~、そんなのレディに聞くもんじゃないわよっ!」


とか言ってそうです。

パール姐さんにしておこうかな・・・。

という事で、愛称はパール姐さんに決定!



では、ガイド拝見の中身を見ていきましょう!

まずはパソコンが壊れて石屋の売り上げゼロ事件から。


「流れが変化する時には、自分の穢れが外れる時には破壊がまずあるものです。

世界は破壊の後に創造がやってきて、常に創造の前には破壊があります。

現在の世界ではインターネットの世界はある種ひとつの「自分の世界」です。

そこに繋がるものが壊れる事は、自らが構築してきた世界が「破壊」されたのと同じ意味を持ちます。

そして創造が始まるまでは今までの「穢れ」を外すための動きが出ます。

それはお金という形で外へと流出する為、新しいエネルギーの補充が始まるまでは減っていく流れが加速されるものです。

ですがそれも流れのうちであれば、またエネルギーが再び充実するので問題はありません」


「破壊と創造」、パール姐さんのご主人のキーワードですね!

このキーワード故にパール姐さんという存在として現れてくれたのではないのかな?と思ったりもします。

さてさてパソコンが壊れて一番困った事は、石屋さんの更新が出来なくなった事です。

フォトショが使えなくなったんで石の色の再現が難しくなってしまい、購入された方との間でトラブルが起きてしまう可能性があるので、今もほぼ更新をしていない状態です。

そう言えば石屋さんって自然光と無修正にこだわりのある方が多いですよね。

太陽の光って、時間帯と撮影した地域の位置によって色が全く違うから、実は色の再現が難しいんじゃないかなと思います。

私が地元から東京へ移った時に1番びっくりしたのが、太陽の色の違いでした。

それに気が付いたのは春のとある日だったんですけど、うちの地元だったら夕方の太陽の色が、東京では14時頃の太陽の色だったんです。

東京は日の出が早いから当たり前なんですけど、同じ日本で同じ時刻の太陽の色がこんなに違うのかと、ものすごくびっくりしました。

ほんっとに同じ時間でも色が全然違うんですよ!

個々の人体の機能の差によって見える色の数も聞こえる音の数も違いますから、これが絶対というものは無いと思いますが、私は自分の経験を基に蛍光灯下で石を撮影しています。

あれは衝撃的だったー・・・。

とは言うものの、蛍光灯の光では光量が足りなくて石の写りが悪い時にだけ、ちゃっかり太陽光で撮影しております。



で、カメラの機種によっても色の出方に違いがあるので、フォトショでの修正は必須なのですが、それがパソコンの故障によって出来なくなった為、石屋さんの更新はほとんど止まっています。

ネックレスの販売の画像はなんとかiPadでこなしていますが・・・。

なのでパソコンが壊れて最も破壊されたのは、石屋さんという事になります。

別館ブログに関しては、今年1年のガイド拝見の時に見えない世界との繋がりを減らす目的で、スーさん達との接触を控え、ブログ数も減らしていましたから、特に問題はありません。

・・・あれ?

問題が無かったと言うよりも、パソコンが壊れる前に既に「自らが構築してきた世界を破壊」していたのかもしれません。

という事は、私が構築してきた世界を破壊する作業は、昨年末から始まっていたという事になりますね。

ガイド拝見の続きを見ていきましょう。


「5月の流れはこの破壊と創造の流れの一環であったと認識してください。

それにより病状の流れは緩やかになり、悪化までの期間が延びていく可能性が高まりました。

10年くらいは余裕が出そうです」


おぅ!やりましたね!

昨年末のガイド拝見にはこうありました。


「自らの身体に影響しているのは、見える範囲ではなく見えない範囲の人間との関わりなので、見えていない人間関係を整理し、自分にとって必要な部分だけに関われるように行動し、設定していくべきである」


これを行ったから、身体に関する流れを変える破壊と創造の流れが始まったのかもしれませんねぇ・・・。

いや違うな、これも流れの一環だった、の方が正しいかも。

それから昨年末のガイド拝見はこう続きます。


「次の1年は今までの人間関係の整理整頓がまず行うべき課題で、これから増えるかかわりに関しては、整理など考えずとも必要な人間関係が構築されていくようになっている」


これから増えるかかわりっていうのが、アジアのエネルギーを体現するパール姐さんって事ですかね?

この時のガイドさんもハワイ辺りの巫女さんでしたから、日本っ子から地球っ子に意識が変わったのかもしれません。



さてさて、身体に関して余裕が出て来て一安心といきたいところですが、パール姐さん、なまけものの私の性格をよくご存知です。


「ここで安心して流れを維持しようとすると失敗します」


ハッキリ言い過ぎ!


「常に変化の中に身を置き、流れの中で循環を意識しつつ行動する必要があります。

まだこれから先、ご自分のやるべき事を常に意識し、行動していきましょう」


自分のやるべき事を常に意識って・・・、やるべき事ってなんでしょう?

そういうのをはっきりと言ってくれたら楽なんですけど、それだと自分の人生ではなくなりますしねぇ・・・。

スーさんだったらきっとこう言います。

「君がやるべき事?それを決めるのは君自身だ」



さてさて、お次は事故に関するものです。


「事故は行動を促すもの。

強い力に押されることを表しています。

人生の強い変化の時期にはそのような事がよく起こります。

悪い事と思わずに、流れと思い当て逃げの相手に意識を強く向け過ぎないように。

それは適切なタイミングで相手からの償いを受け取る結果になるでしょう」


「そのような事がよく起こります」って、さらっと言ってますよ。

「よく起こるのよね~、そういうの!」と、新宿2丁目の真珠姐さんボイスで再生されてしまいました。

確かにスピ界では事故が人生の転機となる話はよく聞きますが。

あ、事故に遭ってひとつ理解した事があります。

事故現場に事故に遭われた方の幽霊が出る話をよく聞きますが、その理由としてその事故に遭われた方が亡くなった事に気が付いていないからと言うのがあるそうなんです。

で、実際に高速で走行中に事故に遭った身としまして、あれは本当に理解出来ないと思いました。

大きな振動と音がしてパッと横を見るとトラックが車にぶつかっている。

それを見て、私は

「え?なんで?」

という感じで、状況を理解出来ませんでしたから。

これであのままガードレールにぶつかって即死してたら、自分の死に関して理解していなかったと思います。

なので、「あれは自分の死を理解出来ないわ~」と事故現場に居続ける幽霊の意識を理解してしまいました。

あれは分かんないわー、ほんと。



次回は祖母の病に関しての解説です。

それでは本日も良い1日を~。






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2018-08-31 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica