稲田姫物語 妖しき剣編 その16-1・2。

お久し振りの稲田姫物語です。

前回ちょっとだけ載せていた分も今回一緒に載せました。

ので、前半はデジャヴを覚える方もいらっしゃるかと思いますが、まぁどんまいです。





天の叢雲。

その名を聞いたスサノオの眉がピクリと動く。

スサノオは剣を降ろし、訝しげな表情を浮かべながらゆっくりと視線を男へと移すと、

「天の?」

と、問うた。

『叢雲。この剣が舞い降りた際にその熱で雨が雲と化し、その雲が地に群がった様子を表したものだ』

男はスサノオの「天の」という呟きを受け、その剣の名の由来を伝える。

だが、スサノオは足元に置いた愛用の剣に視線を移すと、男の言葉を遮るように言葉を発した。

「いや、そちらではない」

『は…?』

スサノオは足元の剣から視線を男へと戻すと、怪訝な表情を浮かべた男を見つめ言葉を続けた。

「『天の』。天の叢雲の『天の』とはどういう意味だ?」

『天の?』

男はスサノオが何故「天の」という部分を気にするのか、全くもって分からぬといった様子だ。

スサノオは男の表情の変化を気にする事なく、己の疑問を投げつけた。

「何故ここで『天』の名が出てくるのだ?」



「天」という言葉には、少なくともスサノオの知る限りでは三つの意がある。

一つ目は天、天空の意だ。

天の叢雲の「天」という名が、天空から落ちて来たという意味で使われているならば、成る程、流星から作られた剣だけあると言うものだ。

何の問題も無い。

二つ目は森羅万象を示す「天」だ。

こちらは此度の意味には当てはまらないだろう。

だが、最後の一つの意味で使われているならば、スサノオは違和感を覚えずにはいられない。

それは「高天原」を意味する「天」だ。

高天原の者達は高天原を「天」、葦原中国を「地」と呼ぶ事がある。

そして高天原の者達は何かにつけ、高天原で作られたものに「天の」と名付けたがる節がある。

スサノオの愛用の剣を取ってみてもそうだ。

ただの十拳の剣であるのに対し「天の」とわざわざ名付け、なにやら大層な代物のように見せたがる。

もしこの天の叢雲の剣の「天」が「高天原」という意味だとしたら、スサノオは疑問を抱かずにはいられない。



何ゆえ高天原と名のつく剣が今、己の手の中にあるのか。

何ゆえアマテラスが高天原という名を持つこの剣を所望したのか。

それも、高天原のものであるという事をスサノオに隠した上で…。

恐らくアマテラスはこの剣の名を、この剣の由来を知った上で、スサノオに所望したはずだ。

スサノオは思わず己の手の中にある天の叢雲を強く握り締める。

夕べ、クシナダに手当てをしてもらった傷が痛む。

それでもスサノオは剣を握る力を緩める事はなかった。

何ゆえ高天原の叢雲の剣を持った男がオロチに喰われたのか。

何ゆえ高天原の叢雲の剣を喰らったオロチに、クシナダの姉達が喰われたのか。

果たしてこれらの一致は偶然に過ぎないのか?

それとも…。

この妖しき剣に付けられた「天」という名に、スサノオの与り知らぬ何か重大な事が隠されているように思えてならず、スサノオは眉間の皺を深めずにはいられない。



一方、亡者達の間では困惑の色が広がっていた。

オロチから解放してくれたスサノオに対し出来る限りの感謝の気持ちを示したつもりだったが、当のスサノオは受け取った剣の名を聞いた途端、何故か険しい顔をして黙り込んでしまった。

勿論、亡者達はスサノオに何らかの反応を求めていた訳ではない。

ただ自分達が礼を言いたいが為に再びスサノオの元に自ら集ったのだ。

だが、まさか難しい顔をして黙り込まれるとは思いもよらず、亡者達はただただ困惑するのみだった。

そして彼らの中で最も複雑な思いでスサノオを見つめていたのは、天の叢雲の剣をスサノオに贈った男、本人だろう。

代々受け継いで来た一族の誇りでもある剣を贈ったにもかかわらず、喜ばれるどころか険しい表情をされた上に黙り込まれてしまったのだから。

しかもその理由というのがよく分からない。

どうも天の叢雲という名の「天の」という部分が気になるらしい。

この男にとって「天」は「天」に過ぎない。

男はこの剣の所有者であったにもかかわらず、スサノオの様にその名にもその由来にも疑問を抱いた事が無かった。

だがこの目の前の大男には、所有者であった自分達には見えていなかったものが見えているようだ。

その事実はスサノオよりも自分達の方が劣っていると伝えているようで、少々面白くない。

『今まで何の疑問も抱いた事はなかったが、この剣が流星と共に舞い降りた事から考えると、「天」は「天空」の「天」であろう』

男は剣を与えたという優位な立場を保とうと、半ば思い付きでスサノオに助言した。

その思い付きで行動をするというその短慮さが、自らをオロチの餌食にしてしまったという事実を、この男はこれから先も気付く事はないだろう。

その言葉を聞いたスサノオは男をギロリと睨みつけた。

矢のように鋭く放たれたその視線は、男のみならず事の成り行きを見守っていた亡者達の身をも竦ませる。

「で、あろう?」

スサノオは男の発した言葉の語尾を唸るように繰り返した。

(推測か…、つまり分からぬと言うのだな。推測では意味が無い)

スサノオは男を睨みつけたまま、チッと舌打ちをする。

男はスサノオの射抜くような視線を受け、思わず取り繕う様に言葉を発した。

『何しろ古い伝えであるから…』

スサノオは男の言葉を遮り、苛ついた様子で男に問う。

「では聞く。この剣は初めからこの剣の姿でそなたの祖先の前に現れたのか?」

スサノオは一旦言葉を切ると天の叢雲の剣を横向きに構え、男に向かって差し出し言葉を繋いだ。

「それとも、そなたのクニの祖先が流星から作ったものか?」

『は…?』

男はスサノオの言葉の意味を図りかねていた。

と言うよりも、そもそもスサノオが何に対して苛立っているのかすら分からない。

男が言い淀んでいるとスサノオが再び口を開いた。

「ではこう聞こう」

その瞬間、スサノオの身体から激しい炎が噴き出し、亡者達は思わず身を竦めた。

実際にはオロチを燃やす炎と犠牲者達の亡骸を包む炎の揺らぎによって、そのように見えただけかもしれないが、男には、スサノオと男のやり取りを見守っていた者達には、スサノオの内から激しい炎が噴き出したかの様に見えた。

今はただ、そのふたつの炎に照らされているだけだが、炎に照らされ浮かび上がるスサノオの姿は、見る者にある種の畏怖の念を抱かせずにはいられない。

「そなたのクニには流星から剣を作り出す法が残っているか?」

(これ程の剣だ、秘密裏であれその製造法が何らかの形で残っているはずだ)

この男の一族に代々伝わってきたと言うのなら、当然その所有者に大まかであれ何らかの製造法が残っているものだ。

例え残っていなかったとしても、古代にはその様な技術があったという伝えが少なからず残っているはずだ。

だが、その程度の伝えすら残っていないとするならば、それはかつてこの剣を誰かから与えられたからに過ぎない。

この男の言う流星と共に空から落ちて来たなどという話は、到底有り得る話ではない。

あるとするならば、天を支配する力を持つ者が何らかの意図を持って仕組んだはずだ。

それは誰か?

それはこの剣に「天の」と名付けずにはいられなかった人物であろう。

それは誰か?

…それは天津神、すなわち高天原の最高神である人物だ。

男はスサノオの剣幕に圧倒されつつも、辛うじてその問いに答えた。

『…いえ、残っておりません』

その答えを聞いた瞬間、今度はスサノオの身体から激しい炎が噴き出した。

(姉上!)

スサノオが天を、姉の居る高天原を睨みつけると、スサノオを取り巻いていた炎は目にも留まらぬ速さで天へと向かって駆け昇って行く。

オロチの餌食となった者達も、その炎の勢いに身を竦ませながらも炎の行方を目で追う。

その炎はさながら激しく燃え盛るオロチの様であった。

自分達を喰らった、あの憎きオロチだ。

だが、天を駆け昇るその姿は目を離せぬ程に美しい…。

オロチの姿をした炎は天のある高さまで到達すると、まるで見えない壁に遮られたかの様に横へと広がり、そして瞬く間に消えていった。

f0351853_01431011.jpg

スサノオから噴き出た炎が消え去った今、天に残るのは美しく輝く月と星、そして恐ろしいまでの静寂だけだ。




という訳で、ようやく書く事が出来ました。

今までは古臭い雰囲気の日本語にこだわってきましたが、今回は日本語に直すのが大変で、そんな事にこだわっていられませんでした。

挿絵を描くのは一瞬(嘘)、日本語に直すのは数か月。

あ”ーーー!!!日本語って難しい!!!

でも!気になるところだらけなので、ちょこちょこ訂正していきます。

そしてこのビッグウェーブに乗るしかありません!

ちょっと短いですが、次回も稲田姫物語の予定です!(`・ω・´)

すごいじゃん!私!!!

やっぱり次々回くらいになるかもです。



という訳で、本日も良い一日を~。



スーさん 「我が裸身の賜物か」

musica 「コメント欄で応援していただいたお陰です!ありがとうございました」








[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2018-10-31 05:55 | 稲田姫物語 | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica