近場出張の日。

はい、という事で、ご多分に漏れずつれづれ記事です。

まあ稲田姫物語は次回という事で!

次回っていつですっけ?

えーっと、あー・・・月曜日か・・・。

本館と重なってしまう・・・。

お絵描きモードになると文章が書けなくなっちゃうので、早めに取りかかって、それでもだめならまたつれづれ記事にしよう~。

しゃーない!



金曜日の話。

先週の金曜日は大きな病院への通院日でした。

で、大がかりな検査が無く、尚且つ体力が消耗していなかったら、デパートへ行ってお昼を食べようと母と計画をしていました。

デパートというのは全面禁煙ですし、田舎なので平日は人がほんとに少ないんですよ。

なので近所のファミレスやカフェのようにうるさくないですし、化学物質過敏症でも他人の影響を受けなくて済むので、デパートへ行くのは好きです。

ファミレスとかスタバってなんであんなにうるさいんでしょう?

昼間は主婦の方がほとんどなのに、家畜小屋みたいなうるささです。

普通にお話しされたらいいんじゃないかと思いますが。。。



話が飛んじゃったので戻します。

病院へ行った後で身体のダメージが少なかったらデパートで食事、という計画を立てていたのですが、うっかり前日に風邪をひいてしまいまして。

この秋は風邪をよくひいてしまいます。

私がうっかり寝をしてしまったり、就寝中にバンザイ寝をしてしまったりした事が大きな要因ではありますが、私自身のエネルギーの変換が起こっているので、体調を崩しやすくなっているといった事もあるようです。

で、木曜日には正直通院も取りやめようかと思ったほどの風邪っぷりでしたが、金曜日に起床してみるとケロッとしていたのです。

その回復ぶりは、もーうビックリよ!レベルで。

病院での検査も最も体に負担のかからないものだけで済み、お会計もスムーズで、病院の滞在時間は一時間以下。

じゃあデパートで食事とれるね!という事で、そちら方面に母と向かったのです。

その途中にスーさん神社があるので、まずこちらに参拝。

私からするといつも通りのスーさん神社だったのですが、何故か母が楽しそう。。。

実はうちの母はあんまり神社って好きじゃなさそうだったのです。

なんだか怖いらしくって。

ですが不思議な事に、この日の母はとにかく楽しそうで。

これだけ母が嬉しそうだと、神社のスーさん達も嬉しいだろうな~と思ったものです。

f0351853_01194301.jpg

スーさん神社にて。

真ん中のうねうねした雲が龍っぽいです。



さてさて参拝を終えてデパートへ向かっていましたが、今度は私に異変が・・・。

デパートで食事をしたくなくなったのです。

その代わりに行きたくなったのは同じ方面にあるパン屋さん!

ここもお気に入りでよく買い物へ行くのですが、ここへ行った後は教会の側にある公園で購入したパンを食べるという流れになります。

なのでその旨を母に伝え、母も快諾。

そしてパン屋さんでパンを購入したのですが、またここで私の心に異変が・・・!

教会の側の公園には立ち寄るものの、ここでは食事をせず、ちょっと山の方までドライブをしてダムの側でパンを食べたくなったのです。

ここは心霊スポットではあるのですが、昼間はとても明るくて景色のよい場所で。

私は結構好きな場所なんです。

でもあまりにも気分屋過ぎる・・・。

でもそうした方がいい気がするし・・・。

とりあえず母に提案してみると、今回も快諾してもらえまして。

早速ダムへと向かいました。

f0351853_01202184.jpg

良い天気でした~。



さてさて、この後はやっぱりデパートへ向かった訳ですが、デパート近くの曲り道で私達の前を5台くらいの車が曲がって行ったのです。

私達が車でデパートへ行った時はデパートの駐車場に車を停めるのですが、ありがたい事に1階の出入り口付近のベストポジションが毎回空いています。

とは言うものの、いつも「いい場所が空いてるといいね~(チラッ→)」とかやってるんで、おじ様が場所取りをしてくれているのかもしれませんが・・・。

ですがこの度はわたし達の前を5台の車が曲がって行ったのを見た時点で、ちょっとだけ離れた場所にある駐車場に停めようと決断したのです。

で、母に今日はここに停めようねと話しかけ、ちょっと離れた駐車場に車を停めてもらい、てくてくと歩いてデパートへ向かいました。

その途中にお寺があるのですが、いつもは車で通り過ぎるだけでじっくり見た事はありませんでいた。

なので母とちょっと見学。

それからデパートへ行くとやっぱり駐車場は空いていませんでした。



で、用事を終えて再び車の中へと乗り込んだ訳ですが、今度は1年に1度くらいしか行かない神社へ行きたくなりまして・・・。

この日は祖母が老人ホームのデイサービスへ行っていたので、お迎えの時間までには帰らなければならなかったのですが、時間的にはまだ大丈夫。

という事で、ふと思いついたそちらの神社へ寄って帰る事になりました。

なのですが、何故か母が「○〇寺の前を通ってあげる!」と言い始め、何故か再びお寺に行く事に・・・。

このお寺は観光バスが立ち寄る人気スポットなので、この時は車から降りずに徐行で見学。

この時はと言うのは、結局帰りに再び寄る事になり、その時は車から降りて軽く見学をしました。



そして神社!

この神社も母は苦手だったみたいですが、その日は何故か楽しそうで、アクティブに動き回っていました。

で、私はと言うと普通に各お社にご挨拶をして気を流してもらったり、写真を撮って回ったり。

f0351853_02441038.jpg

紅葉が赤いリンゴと青リンゴみたいで美しかったです。



それから近くに流れる川に行って自然を楽しんだり。

f0351853_02423356.jpg

この川も普段の母なら気持ち悪いって言うところですが、今回は私以上に楽しんでいました。

実はうちの母は、私が母にスーさん神社へ連れて行ってもらっても、お詣りはしない事が多かったのです。

車の中でテレビを見る方が良かったようです。

ですが、うちの祖母が癌で入院した時からはご利益目当てではありますが、一緒に参拝をするようになりまして。

私は週2・3ペースでお見舞いに行き、その帰りにスーさん神社へ寄っていましたから、それに合わせて一気にお詣りするようになったのです。

それからは退院後も私と一緒にお詣りするようになったので、もしかしたら参拝をする度に母の穢れが取れていったのかもしれません。

それで以前はマイナスのエネルギーと繋がりやすく、何を見ても気持ちが悪いと感じていたものが、穢れが取れてプラスのエネルギーと繋がりやすくなった為に、今回のような劇的な変化が起きた。

そんな感じかもしれません。



川での探索も終わりさて帰りますか?となった時に、母が再び先程寄ったお寺に寄ってあげるね、と言い始めまして。

え、なんで?と聞くと、musicaちゃんの飲み物が無くなったから必要でしょ?と・・・。

それはお気遣いありがとうございます・・・、使われている気もしないでもないけど。

そして再び人気なお寺に寄り、自動販売機でペットボトルのお茶を購入しようとしたところ、なんと!500のペットボトルのお茶が170円!!!

うっそ!何この観光地価格!!!

近くに合ったお土産屋さんに入ると、なんと!お値段180円!!!

値上がりしとるやんけ!!!

嫌だー!綾鷹に180円払いたくない~~~!!!という事で、この後コンビニに寄って普通のコンビニ価格のペットボトルを購入して帰りましたとさ。

で、再びスーさん神社へ。

と言っても、車の中からご挨拶をしただけですが。



そして翌日は再び風邪がぶり返すという災難に見舞われたmusicaですが、なんだか見事なまでの使われっぷりで。

もうすぐ津和野の太鼓谷稲成神社へ行くので、その為のエネルギー調整だったのでしょうか?

それともただ使われただけでしょうか・・・。

それから今回目を見張ったのは、母の変わりっぷり。

5月に事故に遭った時は母も一緒でしたから、エネルギーの転換期が来ていたのは母も一緒だったのでしょう。

一緒にスーさん神社へお詣りし、落とすべく穢れも落ちた。

なんてったって、スーさんご指定の神社ですもん。

そのパワーは強力なはず。

母の穢れが落ちて一番嬉しいのは私かもしれません。

一緒に神社巡りをして楽しんで貰えているのかどうか、いつも気にしていました。

こんなにも楽しそうにしている姿を見たのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

スーさんも嬉しかったんじゃないでしょうか?



スーさん 「私もだが、母上の守護殿が一番嬉しいだろう。彼女の穢れが落ちているのだから」

musica 「あ、そうですね!」

ス 「これからは二人楽しんで出張に行ってもらえるな」

m 「・・・は?」



本日はこんな感じです。

それでは皆さま良い一日を~。



ス 「この者のようにうっかり寝、万歳寝をせぬよう気を付けたまえ」

m 「起こしてくれてもいいのに・・・。毎日のように熱さまシートよ」

ス 「風邪をひいた方がより早くエネルギー転換が出来る場合がある」

m 「乱暴な・・・」







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2018-11-06 05:55 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica