人気ブログランキング |

奇妙な連鎖、の巻。

お盆玉なるものを貰ってしまった・・・。

先日姪っ子と姉が家に来ていたのでそのついでだとは思いますが、祖母のトイレの手伝いをしに祖母の部屋へ行った時、嬉しそうに手招きをするので何事かと思ったら、枕の下からお盆玉と書いたお年玉袋を手渡されまして。

いやいやいや、さすがに結構ですとお断りをしたのですが、いつも嫌な顔ひとつしないでよくやってくれるからと・・・。

おばあちゃん!あなたの孫は基本的にポーカーフェイスなんで顔色変わらないんですよ。

嬉しかったり驚いたりといった感情はなるべく顔に出すようにしていますが、基本的に涼しそうだねといわれるような表情をしていますし、人と接する仕事をしていたので何か起こっても顔色を変えない事くらいは何て事ないんです。

このお金どうしようかな?と思いましたが、よく考えたら家族の熱中症対策の塩飴を買っているのは私なんで、このお金は塩飴代として使わせてもらう事にしました。

これです↓。

f0351853_03024768.jpeg

酸味料が入っているのがちょっとアレなんですけど、Amazonで評判が良く、原材料がシンプルなので購入してみたところ、祖母や母に大好評で毎日配って歩いています。

皆さまも良かったら残暑対策にどうぞ~。



さてさて、本日は何を書こうかな?と思っていたところ、先日ちょっと不思議な連鎖があった事を思い出しました。

ふと思いついて某フリマアプリで石を見ていたところ、良いお品物がすっごくお安くあったんですよ。

安いと言っても1万越えていましたけど、商品説明に購入価格は30万でした!と書かれているような石で。

その石は特に欲しかった訳ではありませんが、1万ちょいなら買ってもいいか~と思いましたが、やはりお値段の安さが気になる・・・。

その時は購入しなかったのですが、気になって1時間後くらいに見てみたところ、まだ売れずに残っていました。

欲しかった石!とかではないですが、1万ちょいならお買い得!という事で、ついついポチッちゃったのです。

ですが値段の付け間違えじゃないかな?と言う思いも強かったので、出品者様に「値段を付け間違われているようでしたら取引キャンセルされて構いません」とメッセージを送ったのです。

そして数時間後、やはり値段にひとつ0を付け忘れていたと連絡があり、その場で取引キャンセルとなったのです。



そしてその翌日、またしても某フリマアプリで石をぼんやり見ていたところ、ちょっと気になる石を発見。

7千円くらいのお品物でしたが、商品説明を読んでみると8万円が最終価格です!と書いてありまして・・・。

あれっ!?今日も販売価格に0を付け忘れた商品に興味を持っちゃったの?私?

それとも7千円が正しいお値段?

うーん・・・と悩みましたが、2日続けて取引キャンセルになるのもアレだと思い、ちょっと様子を見る事にしたのです。

で、その日はずっとそのお値段だったのですが、翌日には7千円から7万円に値上げがしてありまして・・・。

何と私は2日続けて0を付け忘れた商品に興味を持ってしまっていたのです。



さてさて、この事は何を示唆しているのでしょう?

2回も続けてこの様な場面に接するという事は、それなりの意味があると思うんです。

今までこんな事はありませんでしたし。

いま私が売りに出している物の値段に0が足りないものがあるとか?

いや、そんな事は無い。

逆に0が多いとか?

いや、それも無いはず。

何だろうな?でも何かの気付きとかアドバイスだと思うので、しばらくは0間違いに気を付けていこうと思います。



何か「アレ?」っと思うような事が連続して起きたら、それはもしかしたらガイドさんや守護さんからのメッセージかもしれません。

その事に対して神経質になる事はありませんが、心に留めておくと何かを察知して難を避けられる、かもしれないです。

それにしても、もっと言葉で言ってくれると分かりやすいんですけどねぇ・・・。



おっさん 「フッ」←鼻笑

musica 「何ですか?その笑い方」

お 「ハハハ、君が言っている事はアレだな、『好きって言葉で言ってくれなきゃ分からない』と女子高生が彼氏に駄々をこねるのと同じだ」

m 「おっさんキモいわ~って言ってもいいですか?」

お 「言った後じゃないか・・・」

m 「やだー、思いが溢れちゃったー」←棒読み










名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by garoumusica | 2019-08-22 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica