緑茶大好き画廊musicaですが、実は宇治茶だけはあまり好きではなくて。

以前ギフト解体セールで購入していた、観音開きの桐箱に入った知覧茶と宇治茶の元値5千円のセットがあり、あまり好きではない宇治茶から手を付けたのですが、やはりいまいちで。

元値はお高い宇治茶だから無下にも扱えず、しぶしぶ飲む毎日が続いていました。

がっ!

ある日しぶしぶ飲む毎日に我慢の限界が来て、自分の考えを改める事にしました。

「おいしい食べ物の多い京都で加工されている緑茶が不味い訳ないじゃん!

私の淹れ方が悪いからおいしく感じないんだ!」

と。

早速おいしく入れる研究だ!という事で、とりあえず今まで使っていた茶葉の2倍くらいの量を使って淹れてみたところ、今までと違った風味になりまして。

これ、なんだろう・・・???

あ!分かった!!

お香の香りの残る部屋の中で飲む緑茶の味だ!!!

そうなんですよ、まさしくそんな感じのお味、残り香のお茶を淹れることに成功しまして。

こ・れ・は!京都!!!

まさしく京・都!!!

それから宇治茶が大好きになり、今では残り少なくなった宇治茶をさみしく思う画廊musicaです。

何が言いたいかと言うと、「自分に原因があるのではないか」と考えられるかどうかで世の中が変わって来るという事です。

自分自身も学ぶ事が出来ますしね、一石二鳥です。



さてさて、前回の記事で長年の夢を身体的な理由で諦めた事を書きましたが、それをどの様に乗り越えたのか書いていきたいと思います。

やっぱりかなり落ち込みました。

ですが人前では顔に出さないで普通に暮らしていたと思います。

悲劇のヒロインのように振る舞われても正直ウザいですよね。

今でも正直、職場で自分の不機嫌さを隠そうとしない「私、今日不機嫌なのアピール」をする人と接すると、内面が幼いなと思います。

自分の機嫌を他人に取って貰おうとしないで、自分の機嫌くらい自分で取れよって思っちゃいますから。

とは言うものの当時は16歳でしたから、夜、布団の中で号泣していました。

しかも逆恨み付き。

練習もろくにしない下手くそな人がのうのうと音楽を続けられるのに、なんで私が音楽をやめなければいけないのかって。

そしてそのろくに練習しない人達を脳内でマシンガンで斬殺していました。

結局、夜中に泣かなくなったのは20歳くらいになってからでした。

かなり長い事引きずりました。



で、吹っ切れはしないけれども心が前向きになったきっかけというものがあります。

ある日、2階の窓の側に置いてあったカウチに座ってぼんやり空を眺めながら歌を歌っていた時に、ふと気がついたのです。

「あれ?今の私、嫌いじゃない」

と・・・。

確かに夢を断たれて適当に働いて、目標も何もないつまらない日々を送っていた訳ですが、今の自分が嫌いじゃない・・・。

どちらかと言うと好きだ!

ドクターストップが掛かって夢破れた過去があって、逆恨みをして脳内で人々をマシンガンで斬殺する日々を送り、その後も適当に生きて来たからこそ今の自分がある。

五体満足であのまま音楽街道を突き進んでいたら、今の自分はいない。

て言うか、多分調子に乗って相当高飛車なイヤな女になっていたはず!

今、私が好きな自分になるには今までの出来事が無ければ駄目だったはず!

と、自分大好きナルシスト思考に辿り着いた事によって、私は自分の過去を肯定する事が出来るようになったのです。



画廊musica流の「心を前に向かせる方法」とは「今の自分が好きだと気がつく事」、つまり「自分を肯定する事」でした。

と言うと「今の自分が好きじゃないんです」と訴える人もいそうですが、まぁ、「ひとりよしよし」してくださいとしか言えないですね。

「ひとりよしよし」って言うのは確か日木流奈さんという脳性麻痺の男性の言葉だったと思うのですが、自分で自分を慰めてあげなよ、自分で自分を褒めてあげなよ、他人は褒めてくれないから、という感じの意味だったと思います。

人に自分の機嫌を取って貰おうとするんじゃなくて、自分で自分の機嫌を取ってあげるといいですよ。

人生がちょっと良い方向に変わると思います。

あ、でもおひとり様でも平気になるという弊害が生まれるかもしれませんが。



今回はこんな感じです。

あっ!おーくにさん、すっかり忘れてたーーー・・・。。。

昨日から突然、ターコイズメインのインディアンジュエリーに目覚めてしまって、ずっとインディアンジュエリーのモチーフの意味とかターコイズの産地別特徴について学んでいたんですよ!

おーくにさんの絵は昨日で完成の予定だったのに、すっかり忘れていました・・・。

火曜日に古墳時代か何かの自分の後ろ姿を一瞬夢で見たのですが、それからだな、ターコイズとインディアンジュエリーに目覚めたのは・・・。

チャイニーズターコイズは3.000年前からあるという事なので、日本にも入っていたのでしょうか?

昨日既に2つインディアンジュエリーを購入してしまいました。

臨時収入というか、出来心でヤフオクの別アカでオークション出品したら、うっかり元値の10倍以上の値段がついてしまい、いかにもインディアンジュエリー買えよ?みたいなあぶく銭が手に入ったもので・・・。

これはきっとアレじゃないですかね?

ガイド拝見でジャッハーラさんが言っていた、

「新しい年になれば新しい欲するものが生まれ、それを手に入れていくだけ」

というアドバイス。

確かに今まで興味の無かったインディアンジュエリーとターコイズを欲してしまっています。

何でなのかさっぱりですが、今はターコイズが必要だと感じています。

人生色々ですね。

インディアンと言えば「antonio's song」かな。


本日はこんな感じです。

それでは良い一日を~。








# by garoumusica | 2019-01-24 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica