人気ブログランキング |

カテゴリ:つれづれ( 555 )

暑いですねぇ・・・。

先月末こちらはものすごく涼しかったのですが、今月に入ってからずっと暑い日々が続いております。

祖母の体調が急変するまでは涼しい日々が続いていたので良かったな〜とつくづく思います。

昨年祖母が自宅療養を始めてから母が寝ている深夜とか外出している間の祖母の様子を2階から感じ取る様にしていたのですが、知らず知らずものすごく気が張っていたのでしょうね。

それをしなくてよくなったのに今だに寝ても1時間から3時間で目が覚めてしまって。

それでもちょっとずつ寝る時間が早くなってきているので、のんびり調子を戻せばいいか〜などと思っています。



さてさて、このブログでは最近よく私が「はっきり言ってくれなきゃ分からない」とおっさんにケチを付けていましたが、実は今回に関してもその様に言いたくなる様な事が起きていました。

その道のプロの方ならばもっと早い段階で気がついて注意をする事が出来たのかもしれませんが、まあ気がつけなかったものは仕方ありません。

て言うかただの偶然で他人からすると「ただの電波じゃん」と思われるかもしれませんが、誰かの参考になるかもしれないのでちょっと書いていきます。



以前このブログでも書きましたが、祖母が患っていたのは癌でした。

ですが直接の死因は脳梗塞で、左側に麻痺が出ていたので脳の右側で起こったものでした。

で、私自身が体験した予兆という様なものは、まずは左腕の麻痺で、まあ麻痺と言っても軽いものですが、左腕にブレスレットをしたまま寝た時に起こったものでした。

起床した時はなんともなかったですが、一度身体を起こした後、睡魔に襲われてそのまま身体を前側に倒して30分くらい二度寝をしてしまったのです。

その時うつ伏せで寝てしまったので、腕の内側にある正中神経をブレスレットで圧迫してしまったらしく、次に目が覚めた時に左手の中指と薬指が麻痺して動かなくなっていたのです。

麻痺して指が動かないと言っても原因は分かっていますし、圧迫していた時間からしてすぐに回復するのも分かっていたので、そのままウトウトし続け、じわ〜っと回復したところで起床しました。

これがまず一件。



二件目は祖母が脳梗塞を起こす1週間くらい前の話。

突然後頭部の首に近い部分の表面がピリピリと痛みまして。

その時は肩も首も凝っていないし、普段そんな場所は痛まないので珍しいな〜と思っただけで終了。

長時間痛みが続いた訳ではなかったのでその時は特に気にせずにいたのですが、その後も何度か痛みが繰り返したのです。

それが連日続いたので、もしかしたら私自身に脳梗塞だとか脳出血が起こっているかもしれないと思い、悪化した時の為にスマホを身近に置く様にしたり(救急車を呼ぶ為)していたのです。

が、祖母が入院し気がつけば痛みは治まっていました。

これが二件目。



三件目はちょっと違うかもしれませんが、今年の夏が来てから次の夏は祖母には無いだろうなと思っていた事です。

そう思っていたので祖母をトイレに連れていく時には今まで以上に手をしっかりと握る様にしていましたし、明け方トイレに行った時に朝焼けが美しかった時には、祖母の部屋のカーテンを開けて一緒に楽しみました。

次は無いかもしれないという予感を否定せずに一回一回祖母ときちんと接してこれたのは、とても良い予感の活用の仕方でした。

ですが脳梗塞に関してはそこまで気が回りませんでした。

自分に対してだけではなく祖母に対しても注意の範囲を広げていたら、初期の段階で気がつく事が出来、違う結果になっていたかもしれません。

この「気がつく」という事は何事においても大切で、気がつくまで行かなくても何か「ん?」と感じ、それを見逃さない能力が非常に大切だなとしみじみ思います。



今回の出来事って常識的な人からすれば「ただの偶然でしょ」で終わる話だと思います。

が、このブログを続けて見ていてくださっている方は気づかれると思うんです。

ここ最近の記事が「奇妙な連鎖」に関して書いたものだったという事に…。

その時は「おっさんもっとはっきり言ってよ!」で終わっていましたが、多分はっきり言ってはいけないんだろうなと思う様になりました。

自分で気づきを得られなくなる、自分の頭で考えられなくなるという事はもちろんですが、予言を与える事になってしまうからです。

「次の夏は無いだろう」という意識があったのは、予言を与えられたからではなく私の経験を基にした推測。

ですがおっさんから「次の夏は無いだろう」と予言を与えられていたらどうでしょう?

今とはまったく違う現実を生きている気がします。

うまく言えませんが自律と依存の違いでしょうか?うーん、言葉にするのは難しいものですね。

学習で言えば参考書は読んでもいいけど答えは自分で問題を解くまで見るな、という感じでしょうか。

まあ今回はこんなところで終了です!

それでは良い祝日を〜。












by garoumusica | 2019-09-16 05:00 | つれづれ | Comments(0)

本日はお休みします!

先日祖母がこの世界からの卒業を迎えた為、本日のブログお休みしますm(._.)m

f0351853_06504186.jpeg








by garoumusica | 2019-09-03 06:51 | つれづれ | Comments(2)

奇妙な連鎖、続報。

貔貅(ヒキュウ)。

f0351853_06323257.jpeg

貔貅は中国の伝説上の生き物で、古くは破邪の守りとして扱われてきましたが、近年では財神として扱われるようになっています。

その理由はお金を食べるのが大好きな癖に肛門が無い為、お金を溜め込むからと言われています。

で、上の画像のように翡翠や和田と言った石で作られたお守りが沢山あるのですが、最近は貔貅のビーズまで作られるようになりました。

某フリマアプリでも1.5センチくらいの可愛らしい貔貅のビーズを使ったブレスレットが沢山売られていまして、これがまた造形が本当に可愛いんです。

石もカラフルなトルマリンやラブラドライトやアクアマリン、サンストーン、ルチルクォーツと言ったラインナップで、特にカラフルなトルマリンのものは本当にかわいい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ですが私自身は欲しい欲しいと思いながらも触手が動かないでいました。

勉強の為っ!(`・ω・´) とか言い訳をして石を買いまくるこの私がです。



そして昨日の話。

インスタグラムでフォローしている、ご自分で石を加工して販売されている石屋さんの画像を見ていたのですが、その中に石で出来た貔貅のものがありまして。

で、その貔貅に穴を開けてビーズに加工しブレスレットにしたよ!と続いていたのです。

画像の中にどの様な穴を開けたのか分かる画像があったのですが、それを見て私は「あっ!」と思いました。

なんと!貔貅の口からお尻にかけて穴が開けてあったのです!

ちょっと待って!?

貔貅ってお尻に穴が無くてお金を溜め込むという伝説から財神になったのですよね?

でもこの画像の貔貅、お尻に穴が開いちゃってますよ?

お尻に穴が開いちゃったら、いくら財神と言えどもお金は出て行っちゃいませんか?

うちの貔貅。

f0351853_06324318.jpeg

うん、お尻に穴は開いていません。

そしてふと思ったのですが、ブレスレットに組まれて小さなビーズとして売られていた某フリマアプリで人気な貔貅、あれらの貔貅の穴はどの様な感じに開けられているのでしょう?

口からお尻にかけて穴が開けられているのだとしたら、うーん、ちょっと気になってしまいますね。

「わ〜、かわいい〜」といった感じで購入するのなら問題は無さそうですが、財神の効力がちらりと脳裏をかすめてしまった私の様なタイプは手を出さないほうが無難かもです。

でも可愛いんですよね、貔貅のビーズ!

気になる方は某フリマアプリでチェック!です。



以上が前置きなんですが、前置きが長くなってしまった・・・。

前回の記事でゼロをひとつ付け忘れた商品を購入した、購入しようとしたけれども価格間違えっぽいから購入しなかったという出来事を書き、値段の付け間違えなど気をつけよう〜と締めたのですが、その続きの様な事が起こりました。

これ↓。

f0351853_04494626.jpeg

こちらはノルウェー王室御用達ブランド、デヴィッド・アンデルセンのヴィンテージのメダリオンなのですが、某フリマアプリを開いた時におすすめされ購入したものです。

アプリを開いた時に表示されているのが「おすすめ商品」なのですが、そのページの右上にこのメダリオンが表示され、梵字の様なデザインなのにノルウェーと書いてあるのに惹かれ?、素材もスターリングシルバーで何より千円ちょいと安かったので、貯まっていたポイントでついつい購入してしまったのです。

で、裏面に書いてある文字を頼りに画像を検索をしてみたところ、上記のブランドのお品物である事、1960年代に西暦500年ごろに使用されていたバイキングのアクセサリーを元に作られたメダリオンである事、そしてアメリカのオークションサイトで二人の人物が99ドルと200ドルでこの品物を売りに出している事がわかりました。

つまり、このメダリオンを私は海外での価格よりもゼロがひとつ少ない値段で買ってしまったのです。

またもやゼロ違い・・・。

しかも今回は買ってしまいましたし。

何なのでしょうね?この連鎖。

今までは出品者さんがうっかりゼロを付け忘れた状態でしたが、今回は出品者さんが商品の価値を知らずに売った状態でしたから(お祖母様に貰ったけれどもいらないから出品したとの事でした)。

私もこのブランドについて知らなかったですし。

結果的にはお互いにこの商品に関して無知であるが故に、損した側と得した側に分かれてしまいました。

うーん、何だかちょっと意味深な感じになってきましたね。



私自身は無知である事に罪はないと思っています。

無知とは知らないというだけで、知らなければ知れば良いだけだからです。

ですが無知であるが故に人を傷つける事がある事は否めません。

なので人は生涯学び続ける必要があると私は思っています。

うーん、上記の事を考えると「お前最近勉強不足じゃね?」という、おっさんからのありがたい思し召しなのでしょうか。

もしそうなのだとしたら、「おっさんちょっとまどろこしいな」と思わなくもない画廊musicaです。



まだ8月だというのにうちの辺りでは先週から一気に秋になりました。

雨もよく降っていますが、昨日なんか最高気温が25度程度で過ごしやすくてありがたいのです。

ですが長雨による被害も出ている模様ですので、該当地域の皆様はどうぞお気をつけください。

それでは良いラストサマーを〜。










by garoumusica | 2019-08-28 05:00 | つれづれ | Comments(0)

奇妙な連鎖、の巻。

お盆玉なるものを貰ってしまった・・・。

先日姪っ子と姉が家に来ていたのでそのついでだとは思いますが、祖母のトイレの手伝いをしに祖母の部屋へ行った時、嬉しそうに手招きをするので何事かと思ったら、枕の下からお盆玉と書いたお年玉袋を手渡されまして。

いやいやいや、さすがに結構ですとお断りをしたのですが、いつも嫌な顔ひとつしないでよくやってくれるからと・・・。

おばあちゃん!あなたの孫は基本的にポーカーフェイスなんで顔色変わらないんですよ。

嬉しかったり驚いたりといった感情はなるべく顔に出すようにしていますが、基本的に涼しそうだねといわれるような表情をしていますし、人と接する仕事をしていたので何か起こっても顔色を変えない事くらいは何て事ないんです。

このお金どうしようかな?と思いましたが、よく考えたら家族の熱中症対策の塩飴を買っているのは私なんで、このお金は塩飴代として使わせてもらう事にしました。

これです↓。

f0351853_03024768.jpeg

酸味料が入っているのがちょっとアレなんですけど、Amazonで評判が良く、原材料がシンプルなので購入してみたところ、祖母や母に大好評で毎日配って歩いています。

皆さまも良かったら残暑対策にどうぞ~。



さてさて、本日は何を書こうかな?と思っていたところ、先日ちょっと不思議な連鎖があった事を思い出しました。

ふと思いついて某フリマアプリで石を見ていたところ、良いお品物がすっごくお安くあったんですよ。

安いと言っても1万越えていましたけど、商品説明に購入価格は30万でした!と書かれているような石で。

その石は特に欲しかった訳ではありませんが、1万ちょいなら買ってもいいか~と思いましたが、やはりお値段の安さが気になる・・・。

その時は購入しなかったのですが、気になって1時間後くらいに見てみたところ、まだ売れずに残っていました。

欲しかった石!とかではないですが、1万ちょいならお買い得!という事で、ついついポチッちゃったのです。

ですが値段の付け間違えじゃないかな?と言う思いも強かったので、出品者様に「値段を付け間違われているようでしたら取引キャンセルされて構いません」とメッセージを送ったのです。

そして数時間後、やはり値段にひとつ0を付け忘れていたと連絡があり、その場で取引キャンセルとなったのです。



そしてその翌日、またしても某フリマアプリで石をぼんやり見ていたところ、ちょっと気になる石を発見。

7千円くらいのお品物でしたが、商品説明を読んでみると8万円が最終価格です!と書いてありまして・・・。

あれっ!?今日も販売価格に0を付け忘れた商品に興味を持っちゃったの?私?

それとも7千円が正しいお値段?

うーん・・・と悩みましたが、2日続けて取引キャンセルになるのもアレだと思い、ちょっと様子を見る事にしたのです。

で、その日はずっとそのお値段だったのですが、翌日には7千円から7万円に値上げがしてありまして・・・。

何と私は2日続けて0を付け忘れた商品に興味を持ってしまっていたのです。



さてさて、この事は何を示唆しているのでしょう?

2回も続けてこの様な場面に接するという事は、それなりの意味があると思うんです。

今までこんな事はありませんでしたし。

いま私が売りに出している物の値段に0が足りないものがあるとか?

いや、そんな事は無い。

逆に0が多いとか?

いや、それも無いはず。

何だろうな?でも何かの気付きとかアドバイスだと思うので、しばらくは0間違いに気を付けていこうと思います。



何か「アレ?」っと思うような事が連続して起きたら、それはもしかしたらガイドさんや守護さんからのメッセージかもしれません。

その事に対して神経質になる事はありませんが、心に留めておくと何かを察知して難を避けられる、かもしれないです。

それにしても、もっと言葉で言ってくれると分かりやすいんですけどねぇ・・・。



おっさん 「フッ」←鼻笑

musica 「何ですか?その笑い方」

お 「ハハハ、君が言っている事はアレだな、『好きって言葉で言ってくれなきゃ分からない』と女子高生が彼氏に駄々をこねるのと同じだ」

m 「おっさんキモいわ~って言ってもいいですか?」

お 「言った後じゃないか・・・」

m 「やだー、思いが溢れちゃったー」←棒読み










by garoumusica | 2019-08-22 05:00 | つれづれ | Comments(0)
台風ですねぇ・・・。

ただ今15日の朝6時なので台風は今、四国冲に接近中でしょうか?

なのでまだまだうちの辺りは大人しいものです。

今回の台風はなかなか強いようですが、おっさんからの出張命令も無く、私自身とても落ち着いているのでそれほど心配していません。

ですが停電にでもなったら困るので、今のうちにポチポチブログを書いておきます。



さてさて、お盆真っ只中の13日深夜の話。

この日13日はとても暑い一日で、私がお風呂に入った20時半頃でも温度が下がる気配もありませんで、お風呂場や脱衣所もそれはそれは生死に係わるくらいの暑さのままでした。

なので私は熱中症対策で梅干しを食べ、水をあらかじめ飲んで入浴に臨みましたが、それでも命の危険を感じたので脱衣所の窓を開け扇風機を回し、換気扇を付けた上でお風呂の入口を空けたまま空気の通りをよくして入浴しました。

お湯に浸かるのも無理。

なのでササーッと洗ってシャワーで流す、超簡単入浴となったのです。

とは言ってもそれでも女ですから30分はかかりますので、お風呂上りには暑くて汗がダラダラ出てしまい、何の為にお風呂に入ったかよく分からないほどでした。



さてさて、お風呂上りに母に注意喚起のつもりでいかにお風呂がヤバかったかという話をし、梅干し食べろ~水分摂れ~と指示し、母が入浴する前にも熱中症対策をするよう言い、更に今日は命の危険が伴うので浴槽に浸からない方がいいと言っておいたのです。

が、夜中に窓を開けるのが嫌いな母は、窓を閉め切ってお風呂場の入口も締め切ったまま入浴し、更に締め切った脱衣所の中で髪を乾かし、お風呂の湯が抜けるのを監視し、更にはここ数日便秘が続いていたようで熱湯でヘンナ茶を淹れて飲む始末。

気が付けば立派な熱中症に陥っていました。

初めは便秘のせいか腰が痛い腰が痛いと呟くように繰り返し、何故か脱衣所で横になりまして。

こんな暑い場所の床に寝込むのは絶対おかしいと私がしつこく繰り返し、更には動けないなら救急車を呼ぶよと脅し、冷房の効いたリビングになんとか移動させソファーに横になるように言うと、エアコンの風が当たるのが嫌だと何故かダイニングテーブルの椅子に着席。

その時点で母が着ていた7分袖のシャツが汗でぐっしょり。

※7分袖のシャツというのもおかしな話ですが、腕に湿疹が出やすい母はワセリンを塗っているので、布団のシーツが汚れるのが嫌だと真夏でも長袖で寝ています。

で、テーブルに伏せて動かなくなったので、私はスポーツドリンクや水をお好みで飲めるように用意。

更に塩分を摂らせようと塩を用意しようとしたのですが、念の為塩を太鼓谷稲成神社で購入した清め塩にする事に。

それらを飲むように言ったのですが、この時すでに身体が思うように動かなくなっていました。

んが!飲まないと舐めないとどうしようもないので、身体を冷やしながら半ば脅すように無理矢理飲ませる事に成功しました。

ですが残念ながら熱中症の症状が進んでおり、飲んだものをすべて嘔吐してしまう有様。

んが!それでも幾らかは水分補給になりますので、吐く合間に水分を摂らせ塩分を摂らせ・・・。



母が吐いている間、私は母の背中を左手でさすっていたのですが、左手だと母のエネルギーを吸収してしまうとハッと気が付き、さする手を慌てて右手に変更。

それから今日は盆の入りだと思い出し、更に母がその日お墓参りに行っていた事も思い出し、なんとなく清め塩を吐いている母の頭と首元にぱらぱら撒きました。

それからいつもの呼び出し神社のスーさんに、

「母の体調不良を治してください」

とお願いすると、いつものように私にザバーッと気が流れて来たので、イメージでその気を母をさする右腕に移動させ、母に注入。

更にすぐ近くに設置してある神棚と母の父・祖父母の仏壇にもお願いし、それぞれから気を流して貰って母に注入。

着ていた服が汗でびしょびしょになっていたので、無理矢理お着替え。

すると気が効いたのか水分・塩分補給が効いたのかは分かりませんが、

「あ、身体が動くようになった」

という呟きと共に一気に母の体調が回復したのです。

いきなりの回復に驚きつつも、甘いはちみつ梅干を食べさせ水分補給もさせると、突然トイレに駆け込み一気に便秘も解消。

それからはべらべら喋る喋る・・・。

もー!いいから良くなったのなら早く寝なよ!と、寝室に押し込んでこの騒動は一件落着。

そして私はお世話になった方々にお礼を言ってまわったのでした。



今回初めてこの様な力の借り方をしました。

それは良い事だったのか悪い事だったのかよく分かりません。

まあ実際には熱中症に対する処置が効いたのか、おっさんsに分けてもらった気が効いたのか分かりません。

確かなのは母が割とすぐに元気になった事だけです。

自分で気を流そうと思えば出来たのですが、私はあまりそれを好みません。

何故なら私は体感は出来るけど可視化出来ないからです。

体感というのはザバーッと気が流れて来ると分かるといういつものアレですが、「あ、流れて来た」という体感は出来ます。

ですが人の身体を見て「ここの気が滞っている」とかそういうのは分かりません。

なので私が治療するとなると実際にその人の身体に触れ、筋肉の状態や身体の状態を把握したうえで気を流し、変化があったら「あ、効いたな」と分かる程度です。

人の身体に触れて治療するというのは、私は国家資格を持っており法律で認められた上での事なので、(気を流さなければ)何の問題もありません。

ですがまあ実際には悪いものは貰っちゃうし、自分の気をあげちゃうタイプの治療を無意識にしてしまうし、性格にも問題があるのでしたくない…。

性格に問題というのは、肥満が悩みの人に治療で痩せさせろとか言われると、心の中で「病気以外の肥満は食い過ぎだろ」とか平気で思っちゃうんで、性格的にも治療家には向いていないと思っています。



家族に対してもそうです。

うちの家族は自分の努力なしで改善を求めて来る性格なのでイラッとしてしまうし、一度手を出してしまうとなんでもかんでも頼って来ると思われるので、治療をしてほしい空気を醸し出されても一切スルーしています。

が、実際に本気で苦しまれるとなんとか出来ないかと思うのが人情。

ですが自分の気を分けてしまうと私自身がその反動でダメージを受けてしまうので、ごめん!気を分けてください、という感じでいつもお世話になっている呼び出し神社のスーさんや神棚のお三方、お盆で帰ってきている母方のおじいちゃん達にお願いして気を流してもらい、それを母に流すという事をしてしまったのです。

もちろんこの気も私の能力では可視化出来ませんから、母に流す部分はイメージのみになります。

なので結果からするとうまく流れ、憑いていたとすれば祓われたのではないかと思います。

見えないから確証はない訳ですけど。



なにを書いているのか自分でも分からなくなってきたので適当にまとめますと、こういう力の借り方をして良かったのかどうかは正直分かりません。

余りにも苦しそうだったので思わず頼っちゃた、そんな感じです。

自分自身の病気の時はどうかというと、自分のガイドにまず甘えます。

それからやっぱり呼び出し神社の方達には甘えると思う。

いつも挨拶をすると気が流れて来るので、その感覚で流してもらうと思います。

あと、おーくにさんにもいつもの延長で。

こう振り返ると既に日常になってるみたいです。

ですが、可視化出来ずどのように作用するのかが分からない状態で、他人に対し気を流すのは無責任なのでこれからも控える。




あ、違うわ、思い出した。

先日Twitterでペンダントトップを販売したのですが、購入してくださった方に言われたのでした。

musicaさんのブログにコメントしたり物を購入するとエネルギーが来て浄化が始まると。

私が可視化して意図的にしている事であれば問題あるけど問題ないのですが、これ先日言われるまで全く気が付いていませんでした。

見えない世界の話って本当に難しいものですね。

結論の出ないまま今回の出来事は終わりになりそうです。



という事でそろそろお盆休みも終盤でしょうか?

台風も過ぎ去った事ですし、みんなそれぞれ良い一日を~。
















by garoumusica | 2019-08-16 05:00 | つれづれ | Comments(2)

石に怒られた話。

ところでですね(もう脱線)、前回の記事で最近洗濯物をきちんと畳みパンパンして干すのがマイブームと書きましたが、その行動に思わぬ危険が伴っていたのです。

これ↓・・・!

f0351853_04205312.jpeg

糸魚川翡翠のブレスレットでよく見られるビーズの形ですが、先日このブレスレットを身に着けたまま洗濯物をパンパンしたところ、なんと!

腕の肉を挟んでしまいました・・・。

ぃいった~~~!!!と思って腕を見ると、なんと小さな赤い内出血が点々と!

パンパンのパの時にこうなり↓、

f0351853_04210568.jpeg

ンで元に戻った↓時に肉を挟んでしまったようで・・・。

f0351853_04211626.jpeg

私の快適洗濯物ライフに思わぬ伏兵が現れたものよ・・・。



で、本題の石に怒られた話。

前回までのフリマアプリでやらかしそうになった時の話とリンクするお話です。

実はあの時、新しく手に入れた石のバングルを身に着けていたのです。

それはやはり某フリマアプリで手に入れたもので、出品者さん曰くその美しさに惚れこんで購入したもののサイズが小さくて眺めているだけだった、というもので。

購入されたお店は私も良く見ているお店で、お値段がまあ高くて手が出せないでいた、あこがれのお店。

で、出品されていたお品は石の質が大変良くて一生ものになるでしょう、と解説がしているような品質。

販売価格は手が出せる範囲のもので、何と言ってもサイズがジャスト!

なにより商品画像が美しい・・・。

そして未着用だから念は籠っていないはず。

という感じで購入に到ったバングルだったのです。



で、いつものようにがっつり浄化し、身体に慣らそうと寝る時も腕にはめていたのですが、あの日も腕に着けていました。

そう、やらかしそうになった出来事があった、あの日もです。

そして「欲で行動して失敗してしまった」と気が付いた瞬間、私は一瞬原因をこのブレスレットのせいにしそうになったのです。

出品者さんが身に着けた事が無いから念が籠っていない、そう思って購入したものの、普通に手に取って念を込めていたのかもしれない。

て言うか、腕に入らなくて手放さなければならなかった出品者さんの無念が、もしかしてこの石に・・・!?

という内容が瞬時に脳裏に廻りバングルを外しましたが、次の瞬間に己の失敗の責任を石のせいにする己の愚かさに気が付き、即座に石に謝りました。

自分の欲で失敗したのに、その欲が出たのはまさかこの石のせい!?などと責任転嫁をしてしまったのですから。

そして何より私自身がこの石を呪いの石にしてはいけないと思い、すぐにバングルを腕にはめ直し、石にこの様にお願いしました。

「今回の事でメッセージがあったら夢で教えてください」

そして見た夢はこんな感じでした。



人が割と行き来している場所で、目の前には金髪ふわゆるロング、青い瞳、古き良き時代のふんわりワンピースを着た、それはそれはお人形さんの様な可愛らしい女の子が私を見つめています。

何だろうな?と思って見つめていると、その子からか周囲からかは分かりませんが次のような声が聞こえてきました。


「石を(中古であれ新品であれ)手に入れるという事は、その石のそれまでのすべての過去を負うという事だ。

その覚悟無きまま石を手に入れる奴があるか」


ここでハッと目が覚めたのですが、

何でしょう?この隠し切れないおっさん感は!

おっさんが溢れちゃってます。

でも、確かになにかを購入するという事は、そういう事かもしれません。

その石が地球に誕生し、誰かの手によって掘り出され、加工され、日本に辿り着き、最終的に私の元へと辿り着いた。

石にとっては地球の中に埋もれている方が幸せだったかもしれません。

ですが人の欲によってその石は掘り出され、私の欲の下に今あるのですから。

加工されたものであれされていないものであれ、私が欲して手に入れる以上、その石の過去をすべて受け入れる覚悟が必要。



それは石ではなくすべてのものに対しても同じかもしれません。

以前私はやはりフリマアプリで宮城県の方から仙台箪笥を譲っていただきましたが、その時、私には相当な覚悟が必要でした。

誰かの生活の一部として大切にされた仙台箪笥。

東日本大震災を身近で経験し、凄まじいほどのエネルギーを記憶した箪笥ですから、私がその過去を負う事が出来るのかと本当に悩みました。

まあ届いたら普通に馴染みましたけど。



そんな感じで、おっさん丸出しの金髪美少女に怒られた話でした。

また台風がやって来るようですので、該当地域の皆さま(主に私)はお気を付けください。

それでは良い連休を~。

あっ!今日の本館休みます(`・ω・´)

だらだら別館記事を書いていたら本館の更新時刻を過ぎてしまった・・・。

振替休日は頑張っていい画像撮ります!







by garoumusica | 2019-08-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)
という訳で、長々と書いてまいりましたフリマでやらかしそうになった話は本日でラストです。



ところでですね(もう脱線)、最近洗濯物を干す前に綺麗に畳んでからパンパンと叩いてしわを伸ばす事にはまっていまして。

今まで洗濯物を干す時はバサッと振って空気を含ませて軽くしわを伸ばす程度で、アイロンを掛けるのは外で着る服のみ。

家の中出来る服は手伸ばしで十分と思っていたのです。

が、ふと思いついて母や祖母がしているように濡れた服をきちんと畳んで、手でパンパンと叩いてしわを伸ばしてから干すようにしたところ、乾き上がりがパリッパリ!

近頃の暑さも相成ってか糊でも使ったのか!というぐらいのパリッパリ具合。

特に枕カバーやシーツがパリッパリで寝心地最高!

夏になるとタオルケット代わりに掛布団のシーツを掛けて寝ているのですが、もうシーツの肌触りが気持ちいいのなんの。

先人の知恵って大切だな~と思いました。



はい、という事で本題です。

フリマアプリにてグレーゾーン販売の商品に引っ掛かりかけたのは、偏に私の責任。

持っているルースの枠を18金素材で作りたいな~とずっと思ってまして、安く仕上げる為に中古の売られているのを時々チェックしていたんです。

と言うのも、石の種類によっては銀色よりも金色の方が似合うものがあり、なので金メッキが施されているワイヤーで石枠を作ってはみるのですが、やっぱり色がテカテカしてなんだか貧相・・・。

かと言って金で石枠を注文するとかなりお高い。

なのでフリマアプリで安いのは無いかな~と探すようになったのです。

が、大抵の出品者さんはその日の金相場を基に値段を決められていて、そんなにお安い感じはしないのですが、中には老眼で刻印が見えないと格安で売られている方も少なからずいらっしゃるのです。

まぁ、そのように書かれている出品者さんのほとんどが素人ではなく、そのように書いて人の下心とか欲をあおって購入させる為に書いてある場合がほとんどなのですが、中には本当に老眼の方が出品されていて、しかも商品ページの画像を拡大してみるときちんと金ですよの刻印が映ってる場合もあります。

その様な商品は大抵の場合はプロの方が買われているようで、あっという間に売れていますが・・・。

そういう感じで今回の件は私の中にあった、石枠作りの材料を安く調達したいという欲がグレーゾーン販売者さんと引き合ったのだと思っています。

はー・・・、もう本当にあほだわ。

結局キャンセル申請をして出品者さんに不快な思いをさせてしまったのですから。

不要な欲は他人に迷惑を掛ける、それを今回痛感しました。

もちろん出品者さんの方にも売り方に非があるとは思いますよ。

でも出品者さんが悪い!相手が悪い!私は悪くない!だと何も進展しません。

それに何事も波動が引き合わなければ起こりませんから、自分がそのような波動を出していたという点は要反省です。

お金を必要としている出品者さんとお金を出し渋った私が引き合った、そんな感じでしょうねぇ・・・。



さてさて、前回某オークションで送料詐欺に遭った時、最終的には余分に取られて送料は返ってきましたが、それは低い評価を嫌がった出品者さんが逆キレ気味で返してきたという感じでしたが、今回は最終的に出品者さんが穏やかに対応してくれたように思いました。

ひと言だけ言い返したいと痛恨の一撃を食らわせたにもかかわらずです。

何でだったんでしょうね?



おーくにさん 「それは君が相手から語気の荒いメッセージを貰った後でも、相手の役に立とうとしたからだろうね」

muica 「相手の役?あー、アレかな?出品者さんは一度取引キャンセルした商品は再出品出来ないと思い込んでそうだったから、再出品出来ますよと教えてあげたんです。評価の件数が少なかったので経験が少なくてご存知ないのかなと思って」

お 「出品者は自分の送ったメッセージの内容を熟知しており、同じような内容の返信が来ると思っていた。だが君はそれとは相反し短文のメッセージを送った」

m 「痛恨の一撃でしたが」

お 「だが相手は自分を振り返る事が出来た。更に君は相手を思いやる内容の返信もした。下心はあったけどね」

m 「再出品出来る事を知ったらキャンセルに応じてくれるかな~って☆」

お 「それでも親切心の方が強かったのだよ。それで相手の反応も穏やかなものへと変化していった。君の持つエネルギーと相手のエネルギーが同調したのだ」

m 「嫌味を放った時はどっちに転ぶか分からなかったですけどね。更に怒らすかもと思いましたがひと言言わずにはいられなかった。よく怒りませんでしたね?あの人」

お 「自分の行動を振り返る事の出来る相手であったという事だ」

m 「根が悪い人ではなかったのですね」

お 「君が引き寄せられた相手がそのような相手であったという事が大切だ。前回と比べ、それだけ君も成長したという事だよ」

m 「グレーゾーン販売なんかしなければいいのにね」

お 「君が欲で行動したのと同じ事、相手にも何らかの理由がある」

m 「ただ同じような波動を発していて私が引き寄せられたと」

お 「学びもあるがね。君は団塊世代やバブル世代の男性に苦手意識があるから」

m 「年商を持ち出されるとは思いもよらなかったですよ。持ち出すなら純利益出せっての」

お 「そういうところだね」

m 「あー・・・。またやり直しか・・・」

お 「詰めが甘い」



という感じで今回もたいして学べなかった画廊musicaでした。

そう言えばタイフーンどうなったんでしょうね。

週明けに西日本に来るとか言ってましたけど、備えあれば憂いなしです。

それでは良い一週間になるようお互い頑張って生きましょう~。










by garoumusica | 2019-08-05 00:07 | つれづれ | Comments(0)

仕事モードなので。

明日更新します!(`・ω・´)

画像撮って編集して〜売り出して〜などしていると、脳が字を書きたがらなくなってしまいました。

ていうかたったこれだけの文章で何度タイプミスしたか…。

なので画像中心の本館は更新します。

f0351853_04000162.jpeg

今年は特にホワイトラブラドライト推しです。

つっくんぽくないですか?この石のシラーが。

今年は密かにつっくん推しな画廊musicaなのです。










by garoumusica | 2019-08-03 05:00 | つれづれ | Comments(0)
はい、という訳でフリマアプリでやらかしそうになった話の続きです。



ところでですね(もう脱線)、私は毎日緑茶を3杯ほどまとめて淹れるのですが、3杯分の水をやかんに入れて火にかけていると、沸き始めのお湯が目覚めるか目覚めないかくらいの頃にやかんが微かな音を奏で始めます。

その第一声?の音の高さと音質がアリアナ・グランデの『プロブレム』という曲の出だしと同じで。

これです↓。


冒頭の「♪テーテッテ テッテ テーレテレテテ」の「♪テー」のサックスの音そっくり!

このやかんの音を聴いた瞬間、アリアナちゃんのこの曲が前奏から脳裏に流れ出し、その音楽に合わせて歌って踊ってしてしまうという悪循環・・・!!!

毎日すっごい陽気にお茶淹れてます。



で、やらかしそうになった話の続きです。

前回は取引キャンセルに向けて動き出したところで終わりました。

「商品説明にも書きましたが、ペンダントトップの素材は不明ですが大丈夫ですか?」というメッセージを送って来た出品者さんの意図を確認し、その返信が「商品説明に素材不明と書いていたのに、商品到着後に偽物だったと悪い評価を付けられちゃったんデスヨ」というものでしたが、この返信が取引キャンセルをお願いする決め手となりました。

「デスヨ」という書き方に物凄く違和感を覚えたのです。

気持ち悪いと言ってもいいくらいの違和感。

いい歳こいていると思われる経営者が初対面の人に使う言葉か?これは。

微かに残っていた出品者さんへの信頼のようなものがすべて消えてしまいました。



それで次はどの様に取引キャンセルを持ちかけるか、です。

商品ページ上に出品者さんの非はありません。

いや、大アリなんですけどきちんと免責事項が記載されているので、今更商品の価格と価値が合っていないというのは理由になりません。

それを理由にしたら承諾してもらえないと思います、この出品者さんは。

なので私の心の問題、

「メッセージを読んで取引に不安を覚えてしまった」

というのを理由にする事にしました。

だって実際、出品者さんのメッセージによって詐欺?商品に気が付いて不安になったので嘘じゃないし・・・。

今思えば「販売価格のゼロをひとつ間違えていてお金が払えない(>_<)」とかにしておいた方が、まだ可愛げがあったかもしれません。

が、この時はこれがベストだと思い、

「先程いただいたメッセージを読んで取引に不安を覚えてしまった為、大変申し訳ありませんがお取引をキャンセルさせていただけないでしょうか?ご迷惑をおかけしますがご検討の程よろしくお願いいたします」

というメッセージを送ったのです。

それからこの後何時間かアプリを見られない環境に行く予定だったので、「この後数時間は返信が出来ない」という記述も添えて。



それから4時間後くらいにiPadを起動すると、なんと!発送連絡が・・・。

わーお発送しちゃったか~と思いながら、ふたつほど残っていた発送後でも使える「取引キャンセルプラン」をおさらい。

そしてフリマアプリを開くと、字数制限いっぱいの長文メッセージが3つも・・・。

読む気が失せるほどの長文具合でしたが読まないと対策が取れないので読んでいきますと、ひとつ目は発送前のもので残りふたつは発送後に書かれたもので。

ひとつ目のメッセージは「不安な取引をするような人間が年商1億の会社を経営出来ますかね?」という内容を強い語気で長々と。

ふたつ目は「取引キャンセルは許さない、発送してやったぜ」という内容を強い語気で長々と。

みっつ目は「評価を『良い』にするか『悪い』にするかお前が選べ。同じ評価をくれてやるぜ」という内容を強い語気で長々と。

そんなの「良い評価にします」と伝えて悪い評価を付けるに決まってるじゃない・・・!(←せこい)というツッコミは置いておいて、みっつ目のメッセージは微妙に脅迫入っているので、よっしゃ言質?いただきましたとフリマアプリの運営にご相談という形で通報。

ついでに詐欺っぽい売り方をしている事を伝えておいたので、後々別の方にグレー販売をしてトラブルになった時には素早い対応をしてもらえると思います。

で、運営に相談したので後は返信を待つだけで、出品者さんへの返信はしなくて良かったのですが、ここでブラックmusicaが顔を出してしまして・・・。

運営の方に間に入ってもらう訳ですから印象が悪くなるような事は言わない方がいい。

なにより私の欲が顔を出した結果つまらない詐欺商品に引っかかりキャンセルをお願いした訳ですから、その点では出品者さんには迷惑を掛けていますよね、私は。

んがっ!それでもひと言だけ、ひと言だけ出品者さんに返信したい。

ひと言だけで出品者さんの牙城を崩すメッセージはこれしかありませんでした。

「私が出品者様のメッセージに返信する前に発送されるような方だからこそ、お取引に不安を覚えました」

この方は経営者である事、年商1億ある事で自分という人間が社会的に信頼出来る事を、商品ページやメッセージで述べていました。

この方が他者に対してマウンティング出来る要素でもあり、何より自分自身の誇りであるはずです。

が、それらの社会的信頼度を自らの行動で否定されたとなると、相当なダメージを食らうはず。

更に言えば、かなり語気の荒い煽ってくるような内容のメッセージを出品者さんは書かれていたので、私から相応のメッセージが返って来ると身構えていたはずですから、返信がひと言だけというのもインパクトがあったはずです。

その事を考えてのあの内容だったので、相当ブラックな部分が出て来ていました、あの時の私。



そして数分後に返信が。

その内容を見て私は「アレッ?」と思いました。

どんな内容だったのかと言うと、

「それではどの様な対応をすれば良かったのでしょうか?取引キャンセルをするともう販売出来ませんし」

と、なんだか随分とトーンダウン。

そして疑問に思ったのが「取引キャンセルをするともう販売は出来ない」と言う部分。

何故なら取引キャンセルしてもその商品を再出品する事は出来ますので。

もしかして出品者さんは取引キャンセルをした商品はもう出品出来ないと勘違いしているのでしょうか?

なのでその事を取引メッセージで出品者さんに教えてあげたところ、

「一度取引キャンセルに合った商品は何か問題があったと思われてしまうから、再出品しても購入してもらえないかもしれない」

と返信が・・・。

えー、そんなの「変な購入者さんに当たって一方的にキャンセルされた、商品には問題が無いとかなんとか書けばいいじゃないですか」と返信しようかと思いましたが、それだと詐欺の片棒を担ぐようなもんですからその言葉は飲み込みました。

それよりも!

特筆すべきは出品者さんのエネルギーの変わり様!

あの3つのメッセージの時にはどこのヤクザだよ!と思うほどの荒々しい語気とエネルギーだったのが、なんだか身体をくねくねさせながら上目使いでいじけている草食系男子のような語気とエネルギーに・・・。

そんなに効いたのか?あのひと言嫌味メッセージが!

凄い穏やかな流れになったので、ここで私は「イケる!」と確信。

改めて出品者さんにこの様にお願いしました。

「届いたお品物は一切開封せずにこちら負担で返送いたしますので、取引キャンセルをお願い出来ないでしょうか?」

するとすぐにこのような返信が来ました。

「分かりました!フリマアプリでの取引は本来楽しむものですからキャンセルに応じます。品物も営業所で止めるよう手配したので、すぐにキャンセル申請をしていただけます」

やった!

突っ込みどころはあるけれどもミッションは完遂出来たので、余計な事は言わずにお礼を言ってキャンセル申請をさせていただきました。

その後途中でご相談をしていた運営から「取引キャンセルが無事に出来たようで良かったです」とメールが。

運営の方は取引ページのメッセージの内容も確認されており、グレーな出品者という事も伝わったと思うので、次回他の方と詐欺っぽい取引で揉めた際の対応の参考になるはずです。



という感じで、フリマアプリでやらかしそうになった出来事は終了です。

次回はおっさんを交えてこの一件を振り返りたいと思います。

それでは皆さま、良い日曜日を~。










by garoumusica | 2019-07-28 05:00 | つれづれ | Comments(0)

ちょっと思った事。

最近よく思い出していた同じ職場で働いていた既婚女性がいるのですが、その方は非常におしゃべりな方で。

自分のプライベートな事、旦那さんとの出会い、旦那さんが不倫した事、自分自身の心の浮気の事、お子さんがグレて問題児扱いをされている事など、普通でしたら他人には悟られたくないんじゃないかな?と思う内容をペラペラペラペラ。

更には職場の上司のプライベートの事を偶然知り、上司に口止めされていたにもかかわらずあっさり私に教えてきたり。

挙句の果てには、内容ははっきりとは覚えていないのですが、確か私が結婚をしていない事に関して彼女が勝手にその理由を面白おかしく想像し、その妄想が事実であると認めるよう迫って来た事もありました。

そしてその妄想を職場の人に事実として喋っていいかとしつこく聞いて来たので、

「『私が勝手に妄想した事でmusicaさんは違うと言っているんですけど』と前置きしたうえで話すのだったらいいですよ」

と伝えたところ、彼女はものすごく恨めしそうな?表情をし黙ったのです。



で、なぜ彼女の事を最近よく思い出していたのかと言うと、精神疾患や脳の病によって何でもかんでも、例えば自分のプライベートの事や他人の噂話、勝手な妄想をペラペラと喋ってしまうという症状があるという事を知ったからです。

その疾患の患者さんである女性が過去を思い出す形で語られていましたが、自分でも嘘の内容をペラペラと喋っているのを理解しているそうなのですが、それでもおしゃべりが止まらなかったそうです。

現在は服薬中で症状は抑えられているとの事で、冷静に過去の事を思い出されていました。



さてさて、妄想を事実として話をする人の中にはその様な脳の疾患があるという事が分かりましたが、同じ職場だった女性は普通に仕事をしていました。

問題が生じているとは言え結婚もされていますし、お子さんもいらっしゃいます。

PTAの活動も積極的にされたそうですし、会長さんと心の通じ合いもあったそうです。

が、何でも喋っちゃう。

上司に口止めされた内容も喋っちゃう。

挙句の果てに私に関して妄想力を発揮し、全く事実ではないただの妄想を事実だと思い込み、私に認めるよう迫る。

お喋りで口が軽く、嘘をまき散らかそうとする以外は普通に仕事をしていらっしゃいました。

お喋りなのは迷惑なんですけど、それ以外は普通なんです。

妄想を事実として話をされるのは困りますけど、周りの人は彼女のお喋り具合を知っていますから、彼女の話を信じる人はいなかったと思いますので、まあ害はないんです。

ですが世の中には精神疾患を患っている為に起こる妄想で大きな罪を犯してしまう人もいます。

その人物と世の中はどの様に接すればよいのでしょうか?



私自身は例の既婚女性とはプライベートで接したくはありません。

接した際に話した内容をペラペラと周囲にばら撒くからです。

その職場を離れた後で一緒にカラオケをしたことがあるのですが、その時に話した内容はすべて職場の人に漏れていましたし。

実はこのブログを始めてから当時の職場の人からメールを貰い、既婚女性が私のメールアドを知りたがっているから教えてもいいか?と聞かれたのですが、関わりを持ったとしても噂話のネタにされるだけですのでお断りしました。

訂正できない距離で妄想話を広げられても困りますので。

ですが、今はその症状が精神疾患や脳の障害によるものだと分かりましたので、もし今後メルアドを聞かれた場合にそれを拒否すると差別と言われてしまうのでしょうか。

クズ発言で申し訳ありませんが、正直に言うと陰でネタにされると分かってるので接したくないんですよ・・・。

まぁあんまり考えるとこれまでの経験から『引き寄せ』が始まってしまうので、この記事以降は考えるのをやめますが、人に害を与える妄想系の障害をお持ちの方への理解は出来ますが、サポートは非常に難しいです。

多かれ少なかれサポートをする人がダメージを受けてしまいます。

先日起きました世界中に衝撃を与えた事件の犯人も、精神疾患の障害者手帳をお持ちだとネットで読みました。

妄想による逆恨みの可能性もあるとも聞きます。

過去の近隣の方達とのトラブルに関しても読みました。

この様な方にはどの様に接するのが正解なのでしょう。

昔あったような座敷牢に閉じ込めておくのが良いのか、自由に行動させて周りが我慢すれば良いのか。

私のように接するのを拒否すれば良いのか?

それぞれの人々の持つ人権とは何なのか。

人はどう生きれば良いのか。

簡単に答えの出る様な問題ではありませんが、個人的にはそれぞれの人がそれぞれの場所でその人にとってもっとも相応しい生き方が出来たらいいなと思います。


f0351853_23113686.jpg










by garoumusica | 2019-07-22 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica