人気ブログランキング |

カテゴリ:つれづれ( 534 )

先日は記事の冒頭でアメリカのオーディション番組の話題を書きましたが、本日はフランスの歌のオーディション番組の話題から。

フランスにとにかく歌声がすごい人(←語彙力不足)が現れました!

この方です!



ハリポタのハリーとネビルを足して2で割ったような容貌の方ですが、とにかくすごい!

沢山の方がカバーをしているシーアの「シャンデリア」という歌ですが、この方は別格!

特に終盤が圧巻なので是非最後まで聴いてみてください!(`・ω・´)

この様な声もカウンターテナーと呼ぶのでしょうか。

カウンターテナーと言えばもののけ姫の米良さん。

この方、マルーアンさんと読むのでしょうか?マルーアンさんと米良さんが邂逅したらすごい事になりそうです。


美輪 「黙れポッター!お前にサンが救えるか!グリフィンドール減点!」

ー罵倒ー

クリリンの声 「親方!空から男の子が!」

ー逃避ー

迷惑な子供 「あなたハリーって言うの?」

ー新たな出会いー

↑の母の声 「ほら、怖くない・・・」

ー初めての母性、そしてー

飛行機のひと 「特撮撮りたい」

ー新たなる敵ー

『ハリー・ポッターと巨大不明生物特設災害対策本部

ー名前を言ってはいけない例の巨大不明生物に両親が殺され名付け親が死にその他友人や教師も沢山死んで更に学校が壊滅したりしたけれど、僕はげんきですー』


ハリポタともののけの邂逅で新しい物語が生まれました。



そうそう、フランスと言えば驚きました、ノートルダム大聖堂。

心が痛む火災でした。

テロだろうなと思っていたところ、失火(過失から起こした火災)との報道が。

改修中だったとの事で「あっそうなんだ~」と納得をしたのですが、『In Deep』さんというブログによりますと、昨年1年間にフランスで発生した教会への攻撃と冒涜は1062回にも及ぶそうで。

何でまた!

フランスのテロと言えば、お店を襲撃して略奪をするといったイメージでしたが、宗教施設にも1日2回のペースで攻撃を加えていたのですねぇ・・・。

それに加えてアレですよ。

富豪の人達によるノートルダム寺院の修復の為の寄付が1000億ほど集まったそうなんですけど、それに対しても市民の方達が「まずは人からだろう」と政権に対して不満を抱いてデモを行われたそうなんですけど、それもどうなんでしょう。

言い分は分からなくもないけど、どこに寄付しようが富豪の勝手でしょ?富豪の人のお金なんだから、という気になってしまうんです。

他人の信仰する宗教施設に攻撃を加えるのも、富豪の寄付金にデモを起こすのも、なんだかちょっとお門違いじゃない?と思わずにはいられませんでした。



ノートルダム寺院関係で今度は感心した話題。

色んな方がリツイートされているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、鎮火後に焼け残った祭壇と十字架の画像を見た方のツイートにこんなのがありました。

「延焼と破壊を尽くしたノートルダム大聖堂の火災ですが、祭壇と十字架は無傷で残りました。これを見てもなお神を信じない理由を説明してみてください」

話題の画像は焼き尽くされた聖堂内部で黄金で作成された十字架が神々しく輝いているものでした。

私自身もそれを見て単純に「神々しい」と思いました。

ですがとある男性の反論は冷静で的確でした。

「それは金の融点が1062度であるのに対し、木が燃える時の温度は600度程度だから」

この回答を読んで、神々しいと思った私の思考は教会の思う壺だわ~と思いました。

一昔前、化学が発展する以前の人達もきっと教会側の思う壺だったと思うんです。

あんな神々しい場面を見せられたら神の御業としか思えず、信仰心を抱いたはずですから。

ですが、この発言の男性のように冷静に判断を下す人もいる。

一昔前だったら彼のような人は不正な弾劾を受けたと思います。

ですが今は時代が変わり、一人の意見があっという間に世界に広がり、私の様な思考の人間でも「その通りだわw」と思い直す事が出来ます。

今という時代は宗教によるマインドコントロールが効かない時代となったのだな、と思ったツイートでした。

↑勝手に大きく・・・。

それにしてもあんなデカい十字架が金製とは驚きました。

驚きの資金力です。

大仏だって金メッキなのに・・・。



で、ようやく本題。

先日、不用品を売っているフリマアプリで「仕事運はどうですか?」と聞かれたんですよ。

昨年末のガイド拝見で必要でない物は思うように処分するようにアドバイスがあったので、不要になった物をフリマアプリやオクで売っている訳ですが、ブランド品はこっちのフリマアプリで、スピ系の人が好きそうなのはこっちのフリマアプリで、マニアが好きそうなものはオクでといったように、売り分けをして販売しています。

仕事運に関して聞かれたのはスピ系の物を売っているフリマアプリででした。

聞かれたのはパワーストーン系の商品に対してでしたが、まずはこれを持って効果はあったか?と聞かれたのです。

私自身はコレクター気質の為、手に入れてもあんまり身に着けないで棚に飾ったりするだけなので、効果は?と聞かれるとちょっと困るところはあるのですが、まぁ金運とガイド・守護さん運は良いよなと思いそのように伝えたところ、仕事運はどうかと更に聞かれました。

仕事運・・・。

私はその時、仕事運ってどういうものを言うのかよく分からなかったんですよ。

ビジネス運と書くとスーツ着た証券マンがバリバリ働いているイメージで、仕事がじゃんじゃん舞い込んだ方がビジネス運が良さそうな感じがします。

ですが私自身は仕事量は少なく効率よくお金が稼げた方が幸せなので、仕事がじゃんじゃん舞い込むと仕事運が悪いという事になりますし、お金があれば仕事はしたくないので金運が良ければ仕事運は悪くても構わない訳です。

また、人によっては給料が少なくても人間関係が良い事が、仕事運が良いという人もいるかと思いますが、それは私からすれば対人運だし・・・。

一概に仕事運と聞かれても、相手が仕事運に何を求めているのか分からないと、答え様がない訳です。

そしてこの事に気が付いたのも今回が初めてでした。

一般的に効果を謳って販売されているスピ系グッズを売るのは難しいな~と思った出来事でした。

結局なんて答えたのか?と言うと、面倒なので「金運≧仕事運」と答えたところ、購入して貰えませんでした・・・。



ところで、フリマアプリのスピ系グッズと言えば、天然石系が充実していますよね。

中古のお品は今は論外として、新品の天然石のビーズなんかも所狭しと売られています。

格安の物はその程度の品質なんですけど、万を超えるとものすごく質の良い石がわんさか売られています。

卸のお店と同等のお値段かちょっと高いくらい。

普通にネットで販売している業者さんがフリマアプリで販売している場合もありますが、一般の方も個人輸入で安く販売していらっしゃるようです。

中には「安くし過ぎてちょっぴり赤字です」などと書かれている販売者さんもいらっしゃいますが・・・。

こういうのを見ているとネットの天然石卸のお店の最近の入荷量が、以前の3分の1程度に減っている理由が分かります。

まぁまぁ安くて良いものがフリマアプリで手に入るんですから。

支払いも不用品を売った売上で出来ますから、購入しやすいですしね。



パワーストーンのブレスレットもフリマアプリでよく見かけます。

もちろん品質もデザインもピンキリですが、中には本当に素敵なブレスレットを作って販売していらっしゃる方がおられます。

そして物凄く質の良い石を使った数万円するようなブレスレットでも、バンバン売れてる。

私も欲しいと思っていますがいつも売り切れ。

フリマアプリで売れて実店舗を持つようになったという方もいらっしゃいます。

その反面、皆さんに幸せになって欲しくて赤字経営でやってます、と公表している方もいらっしゃる。

よくチェックしていたお店の方も赤字で閉店しました。

ネットショップって弱肉強食のすごい世界ですね。



私の石屋さんもパソコン壊してぼちぼち1年、天然石やルースの新入荷情報を更新していないんでエネルギーの滞りが気になるところ。

ひとり売り上げ互助会制度などと言って販売価格を設定し、早い段階で仕入額は回収しているので資金的には問題ありませんが、商品が動かない事によるエネルギーが滞りがちょっと気になるところです。

天然石も販売開始時にエネルギーの漏洩対策はしていますが(主におっさんが)、ずーっと売れ残っている画面を表示していると、見ている人側のエネルギーが溜まっていそうですよね。

なにより見世物としてネットで晒されている石がかわいそう・・・。

本当に石に対して申し訳ない。

そういう事を考えると、ここらで一旦石屋を閉めた方が良さそうな気がします。

で、思い立ったが吉日という事で、ルースだけとりあえず半額セールをしよう!などと昨日から考えているのですが、おっさんが「行動するのは君に任せるが、調整するからちょっと待て」と。

平成中に行動に移せたら嬉しいです。

あ!これも令和リセットになるんでしょうかね?

て言うか、区切りが良い所で一旦リセットしたくなるのは人の性のような気がする。

musicaリセットです。



今週はこんな感じです。

現在の令和開始イメージイラスト。

f0351853_04534425.png


アプリで色遊び中。

初めは稲ちゃん的可愛いらしい女性を描くつもりでしたが、気が付けば女性とも男性ともつかない人物になっていました。

でもまぁ、令和は男性性でも女性性でもない感じでいいのかもしれませんね。












by garoumusica | 2019-04-22 05:00 | つれづれ | Comments(0)

雲に姿を。

アメリカの歌のオーディション番組『The Voice』に素敵な歌声の方が現れました。

フィリピン出身のジェイ君。

パッと見は私の人生の中で5人くらいそっくりな人を見た事がある、ごく普通のアジア人。

ですが歌声は類をみないほどの美声。

あまりにも素晴らしい歌声なので繰り返し聴いています。

是非皆さまも聴いてみてください!!!


ラストの裏声が本当に素敵で聴くたびに鳥肌が立ちます。



↓の動画は歌の上手さをバトル形式で競っているのですが、これ、バトルじゃないです。

バトルでは、通常は歌の上手さを競い合うように歌うものですが、このバトルでは調和しかありません。

歌の上手さを競うというよりもひとつの曲を素晴らしいものにする為に、お互いが協調し合っています。

素晴らしいデュエットです。


このバトルではジェイ君が勝ち残っていますが、女性もとても素晴らしい歌声を持っているので敗者復活戦でカムバックして欲しいものです。



という事で本題。

先日スーさん神社でお花見をした事を書きましたが、その時撮った画像に面白い雲が沢山映っていたので、本日はそれを載せていきます。



まずはこれ。

f0351853_03180047.jpeg

スーさん神社の本殿の上にぽっかりと浮かんだ白い雲。

これが私にはこう見えました!

じゃん!

f0351853_03174809.jpeg

白いワンコ!しかも2匹!

しっぽがクリンとなっているのが可愛い・・・。

口を開けているのと閉じているのだから狛犬ですかね?



お次!

f0351853_03412214.jpeg

美しい桜と空ですが、雲に注目!

じゃん!

f0351853_03184040.jpeg

何かいる!

じゃん!

f0351853_03415356.jpeg

腕を広げた龍?

なんか眉毛と目が有ったので顔に見えてしまいました。



これ!

f0351853_03433426.jpeg

パッカーと口を広げた何か。

f0351853_03182211.jpeg

翼竜?朱雀?

くちばしが見事ですね。



小さな雲が沢山映ったこの画像。

f0351853_04302317.jpeg

これはこうです!

f0351853_03191388.jpeg

小さな龍や龍みたいなのや、真ん中の馬っぽいのは麒麟ですかね?

この子もしっぽがクリンとなっていて可愛いです。



まだまだありますがあんまり画像を載せてもアレなんで、とりあえず今回のラストはこちら!

じゃん!

f0351853_03410654.jpeg

この画像はすごいな~と思いました。

線を引くとこんな感じです。

f0351853_03185701.jpeg

向かい合う龍。

しかも黒目まできちんとあるので迫力が違います!

更に!

右側の龍にはミニサイズの龍が居ました!

アップ!

f0351853_03252986.jpeg

よく見たら音符まであります!

パッと見恐ろしい表情の龍達画像なのですが、ひっそりと愛らしさが隠されていました・・・。

この日は午前中は雨が降り、直前まで曇天でしたので、目に見えない方達が雲を消してくださったのかもしれませんね。

それにしても大盤振る舞いな感じです。

まぁブログをご覧の皆さまにも見て貰えるから、呼び出し神社の皆さんが張り切ってくれたのかも!

良いお花見の一日でした。



スーさん神社のお供え物。

f0351853_03173363.jpeg

神様にお花をプレゼントする気持ちが可愛いです。



今週はこんな感じです。

皆さまも空に何かを見つけてみてください。

それでは良い一週間を~。







by garoumusica | 2019-04-16 05:00 | つれづれ | Comments(0)
ただ今春の嵐真っ最中。

この分だと桜の花がすべて散ってしまうでしょう。

今年の桜はちょっと遅くて、入学式に間に合いました。

うちの地方では卒業式にも入学式にも桜は被らないので、今年はちょっと特別でした。

よかったよかったです。

先週は体調も回復しており、スーさん神社へ2回花見へ行ってきました。

そして昨日は通院の日だったので最後の花見へ。

ですが残念な事に昨日は朝から曇天で、空一面を雲が覆っていました。

私は桜は青空が似合うと思っているのでちょっと残念に思うと同時に、スーさんに晴れるようにお願いしようかと言う思いが脳裏を横切ります。

ですが、自分の欲の為に天気をいじって欲しいと思うのは、ちょっと違う気がする。

なのでまぁ花曇りの桜もまた一興などと思い直しました。

で、診察も終わり、ミスドで抹茶ポンデリングを購入しスーさん神社へ向かったところ、もうすぐ神社へ着くよ!という所でスーさん神社の上空の雲が薄くなり初めまして。。。

そしてスーさん神社の境内に足を踏み入れた頃には、なんと!

スーさん神社上空に青空が見えて来たではありませんか・・・。

f0351853_02340479.jpeg

何でしょう?

私の本当の願望を察知して気を使ってくれたのでしょうか?

f0351853_02342531.jpeg

上の画像で雲がどんどん小さくなっていっている様子が伝わるでしょうか?

これが日本人の「お・も・て・な・し」なんでしょうね!

桜はすっかり葉桜となっていましたが、新緑が美しい。

f0351853_02334614.jpeg

桜の花は今日の嵐でおしまいですが、これからは新緑のまぶしい季節ですね!

スーさんも、スーさん神社の皆さんもありがとうございました!



はい、という訳で本題です。

何ゆえ元号が変わる流れ体験をさせられたのか、もうちょっと考えてみたいと思います。

だってきちんと理解していないと、またしんどい思いをさせられそうじゃないですか?私。

本当に「どうして私がこんな目に?」という思いでいっぱいな訳ですが、もはやそんな事言ってても仕方ないですよね。

体験しちゃった訳ですから。

今やるべき事は今回学べなかった事で起こるであろう次の学びを防ぐ事!

張り切って参りましょうー。



まず、なぜ私がこんな目に!の部分ですが、よく考えてみたところ理由は恐らくこうです!

「私がブログでペラペラしゃべるから」

つまりスピーカーに最適?

上の人達にとって都合が良いのでしょうねぇ、いいように使われております。

その他ではそれによって起こるエネルギーの変化を私が必要としているとか、利害の一致とか?

確かに今の私はお金を使う事ぐらいでしかエネルギーの循環に参加していないかもしれません。

パソコン壊れちゃってから石屋さんもたいして更新していませんし、お金を得る行為と言えば不要になった物をちょっとフリマアプリやオクでさばくくらい。

きちんとエネルギーの循環が出来ているのか疑問です。

なので時々はこういった大きなイベントを起こさずにはいられないとか、そんなのがあるかもですねぇ・・・。

ところでオークションて不思議なんですよ。

フリマ出品で安く売りだして売れなかった物を、同じ値段でオークション出品すると倍以上の値段で売れてしまうんです。

何でしょうね?闘争本能が刺激されるんでしょうか?

不思議です。

私自身は競るのが苦手なのでオークションは出来るだけ利用したくないですが。



話を戻して、もう一度令和体験を振り返ります。

めちゃくちゃしんどい思いをした後、元号が発表される日に近づくにつれて身をもって身体がクリアになっていく様子を体験しました。

そして日が変わる頃には本当に身体が軽くなった。

これは一体何だったのでしょうか?

簡単な言葉で表現すると、それは「リセットされた」と言う感じでした。

という事は、元号を変えるという事はそれまでのエネルギー状態をリセットする事が出来る、という事でしょうか?

確かに昔の元号の変えられた理由を調べると、

「亀を献上されたから」

「きれいな雲が出たから」

というとぼけた理由の他に、

「凶事を断ち切る為」

というまとも?な理由もあります。

この凶事を断ち切るという理由の元号変更ですと、それまでのエネルギーの流れを変える、リセットするという役目があるような気がします。

アレですね、日本人はリセット症候群ですねぇ。

ですが今回の私の体調不良からの回復をみても、エネルギーの悪循環を断ち切るという言う意味では改元をしたくなる理由がよく理解出来ます。



そう言えば、そもそも元号って何でしょう?

何で元号なんてものを作ったのでしょうね?

ちょっと調べてみましょう。

えーっと、ウィキによりますと、

『君主が特定の時代に名前を付ける行為は、君主が空間だけでなく時間まで支配するという思想に基づく』

わーお、なんかすごいですね。

『君主が空間だけでなく時間まで支配する(笑)ですって!!!

あー、でも、だからこそ改元する事によって運気を変える事が出来ると考えた訳ですね。

元号を考え出した人は心理学にも霊術?にも精通していたんでしょうね、きっと。

それから『「正朔を奉ずる」(天子の定めた元号と暦法を用いる)ことがその王権への服従の要件』

わーお、『その王権への服従の要件(笑)』!

という事は、元号を支持する我々日本人は天皇を中心とする王権へ「服従」しているという事なんですねぇ、あはーん

少なくとも王権に属する人達は今でもそのように考えている人もいるかもしれません。

ふう~ん、なんか面白~い

「日本という国で存在している」という意味で「日本に属している」とは思っていますが、服従しているとは思っていなかったな~。

陰謀論とか政治ジャーナリストの人達が「令和」に対して否定的な主張をしているのは、この様な理由からなのかもしれません。

うーん、でも私自身は日本に存在する上でのルール?として元号を認識していますが、王権へ服従しているつもりも何も無いですからねぇ・・・。



スピ的にはどうなんでしょう?

エネルギーをリセット出来る訳ですから、そういう王権支配うんぬんよりもそのビッグウェーブを利用した方がお得なような気がします。

何かエネルギー的にリセットしたい人なんかは、思い切って令和リセットを利用してみてもいいんじゃないですかね。

あーでもそうしたら、令和というエネルギー団体の一員として、その時々の令和エネルギーに利用されたり影響を受けたりという弊害が出そうな感じですね。

ご利用は計画的に、という感じでしょうか。



今回のブログの内容で令和問題についてきちんと考える事が出来たか分かりませんが、まぁもうめんどいんでこの話題はここまで!

という事で、春の嵐まっただ中での更新でした。

それでは皆さま、良い一日を~。






by garoumusica | 2019-04-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)
令和。

和しか当たらなかったですねぇ・・・。

令という字を用いるとは思いもよりませんでした。

て言うか出典ですね、万葉集か~。

万葉集は好きなので時々本を買ったりしていましたが、膨大な数が収録されているので読んだ気がしません。

それに万葉集には失われた本来の日本の歴史がちらちらと見えて来るから面白いですよね。

令和、美しい由来が好きです。

ネット上では裏に隠された本当の意味はこんなのだ!みたいなのが沢山出て来ていますが、私の新しい時代をマイナスなエネルギーで始めたくありません。

もしかしたら本当に裏の意味を込められているかもしれません。

ですが、そんなの私には関係ありません。

私は私で美しい令和を始めたいと思います。



さてさて、本館ブログと私のTwitterをご覧の方はご存知かと思いますが、先週私はまたもや体調を崩していました。

結構な量の鼻水がツツーッと出続けるので、今更ながら花粉症来ちゃった?などと思っていたところ、段々と頭痛・全身の倦怠感が出始め、更に高熱が出て全身の筋肉が痛み出し、挙句の果てにはその痛みで眠れないし起き上がれないし、動けないから食べれないというフルコンボ!

本当にきつかったです。

鼻水が出始めたのが先週の火曜日くらいで、熱が出て最もきつかったのが前回のブログの更新日あたり。

そして身体がどんどんクリアになっていく感じを感じ始めたのが31日の23時半過ぎ。

それから4月1日に入って本当に身体が楽になり、完全復活したのが今週の火曜日なので、まあ大体1週間病んでいました。



今回の病みを振り返ると、驚くほど用意周到にあらゆる事が準備されていました。

例えばこんな感じ。


・病み始める1週間前に下着をすべて買い替えたが、何故か通常よりも1枚多く新調した

・1枚しか持っていなかったパジャマを何故か購入する気になり、ローテーションを組めるようにした

・寝る時に着るTシャツを何故か2枚ほど余分に用意した

・部屋で使用している箱ティッシュを何故かいつもより高価で柔らかいネピアへと変更した

・前回のブログの記事を何故か早めに書き上げた

・国一番の騎士のスギライトを何故か身に着けるようになっていた


どれも病む1週間くらい前に思いついて行動したものです。

その他には熱さまシートが1枚だけ残っていたので、母に新しく買って来て貰うまでの間もおデコ快適で過ごせたり。

病んでる最中は本当に上記の内容に助けられました。

洗濯が出来なかったので(私はワセリンを身体に塗っているので家族とは洗濯を別にしています)、下着やパジャマの替えが沢山あったのが本当に助かりましたし、高熱で汗が沢山出たのでTシャツをすぐに着れるようにしていた(タンスの中にしまっていると防虫剤の臭いが付くので、1度洗濯をしないと着れない)のが助かりました。

鼻水も常に出て鼻をかんでいたので、いつものエ〇モアだと鼻の周りの皮がすぐに剥けてしまっていたはずですが、ネピアだったので5箱分も鼻をかんだにもかかわらず荒れずに済みました。

あ、こんな事もありました。

最も熱で朦朧としていた時、何故かとあるパン屋さんのクリームパンを食べた方が良い気がしまして。

普段は甘過ぎて食べたいとは思いもしないクリームパンだったにもかかわらず、です。

数量も2個必要だと感じたり。

そんな思いが止まらなくなり、仕方なく母に頼んで購入して来て貰って食べたところ、なんと!そのパンの後は胃が食べ物を受け付けなくなったのです。

つまり、思いつきに従ったら最も適したタイミングで、その時に胃が受け付けられたカロリーの高い食べ物で栄養補給をする事が出来たのです。



こんな感じで振り返ってみれば今回の体調不良は物凄く用意周到に計画されていた事に気が付きます。

という事は、おっさんsが計画した私にとって必要な出来事だった、という事なのでしょう。

何がどう必要な出来事だったのか?

この疑問に答えてくれるメールが昨日届きました。

どなたからかと言うと、毎月2回のヒーリングをお願いしているガイド拝見でおなじみのまるの日さんです。

次回のヒーリングに関してまるの日さんにメールを送るタイミングと体調不良の回復時が重なったので、今回の事をメールに書いて送ったところ、

「(元号が変わる時期の)流れを体感されたのかもしれませんね」

かなり端折りましたが、元号が変わって起こるであろう世の中の変化を、私の身体を通して体感したのかもしれないね、という事でした。

まあ、一言で感想を言うと、

何の為に!?!

マジで何の為に体感させられたのかさっぱりなんすけど。

えーっと?つまり物凄く苦しい時期を体験するけれども(したけれども?)、元号が発表される日に近づくにつれてどんどん体がクリアになっていくのを感じ、日が変わって本当に身体が楽になったので、元号が変わるとエネルギー的なものがクリアになる、または好転する、と言う暗示なのでしょうか?

だとしたら、令和はクリアになりますね、色々なものが今までとは逆転して。

私的には日が変わって身体が本当に楽になったので、令和の流れを体感させられたのだとしたら、令和は良い時代になります。

元々令和に対しては良いイメージを抱きましたが、体感させられた今ではもっと良い時代になるなとわくわくしています。

これは新しい元号を迎える、新しい時代の元旦を迎えるにあたって良い傾向なんじゃないかな?と思います。



うちのガイドのジャッハーラさんが昨年末のガイド拝見でこの様に言っていました。

「足るを知り、現実の生活を過ごしで行く中で、充足した時間と充実した感覚を得られているなら、特に一年の過ごし方に問題は無い。

だが、不足した気分と全くやりきった感じの無い生き方をしてきたと思うなら、それは来年の流れに悪影響を及ぼす。

今不足を感じるものは手放し、軽くしてから新しい一年に臨む事だ」

これは新しい年号を迎えるにあたっても言える事だと思います。

て言うか新しい一年だけならまだいいかもしれません。

新しい元号を迎える今と言う時だと、その影響はその元号中に影響を及ぼす事になるかもしれません。

そう考えると、やはり令和の捉え方、気持ちの持ちようは選んだ方が良さそうです。

f0351853_04310422.jpeg

美しい時代を過ごしたいものですね。



本日はこんな感じです。

それでは良い一日を~。



musica 「きつかったでっす」

スーさん 「でも万全を期しただろう?」

m 「そうなんだろうとは思いますけど!そうなんだろうとは思いますけど!」

ス 「ハハハ、2度繰り返したな」








by garoumusica | 2019-04-04 05:00 | つれづれ | Comments(0)

マメな人達。

新しい元号の発表、もうすぐですねぇ。

新しい時代に何を求めるか?

私は平和、安心安全、調和、平穏、進化、成長。

これらの言葉の漢字を基に組み合わせを考えると、なんだろう?


『長和(ちょうわ)』調和に成長を掛けた。

『永和(えいわ)』永遠に平和。

『安化(あんか)』安心安全の中で人としての進化。

『進和(しんわ)』平和の中で進化。

『安成(あんせい)』安心安全の中で成長。


という感じですかねぇ・・・。

一番良いのは『平安』なんですけど、先にやっちゃいましたし。

いずれにせよ4月1日が楽しみです。



さてさて、前回のブログでチベット仏教のタンカ(宗教画)を某フリマアプリで購入した事を書きました。

夢の中に千手観音さんが出て来て、目が覚めた時に某フリマアプリで「美術品」で検索しなきゃという衝動に駆られ、その通りに行動したら手のたくさんある神様のタンカが格安で売りに出されていたので、思わず購入したというアレです。

で、その時にそのアプリ内で2.000円以上のお買い物を2回したら、もれなく500円分のポイントをプレゼント!、さらに抽選で2.000名様に2.000円分のポイントプレゼントというキャンペーンをしていたのです。

私は少額の物を購入する事が多いので2.000円以上のお買い物はなかなかしないのですが、このキャンペーン中にこのタンカと自分の誕生日プレゼント用にピンク色のミャンマー翡翠の原石を購入したのです。

その結果、もれなく貰える500円分のポイントの他に、なんと!

f0351853_22420737.jpg


2.000円分のポイントまで当たってしまった・・・。

合計で2.500円。

これはほぼタンカの購入価格と一緒・・・。

なんかこれってこういう感じですよね。

「業務上必要な物資の購入資金は会社の経費で落ちる」

以前もこういう風にお金が返って来た事があります。

それはこのブログを始める以前に購入した、私の誕生日の石であるシルバーパールの代金。

夢現の時に今で言うところのスーさん色の光が現れたと思ったら、その中からシルバーパールのネックレスが現れ、それを手に取ったところで覚醒したのですが、後日ネットでよく似たあこや真珠のビーズを発見しそれを購入。

その時の代金と全く同じ金額が後日戻って来たのですが、それからこのブログで書いているような付き合いが開始したのです。

うーん、購入金額がキッチリ返って来たという事は、これからいったい何が始まろうとしているんです?

思えば、あのシルバーパールを渡された時からずいぶん遠くまで来てしまいました。

ですが楽しかった。

また新しい楽しい事が待っているのでしょうか?

↑勝手に字が大きく・・・。

あ、そう言えばネイティブアメリカンジュエリー、トゥアレグジュエリーの代金ももらったんでした。

そしてあのスーさんとなった。

まあお絵描き楽しかったかな。

て言うかこの返って来たポイントは期限付きなんですけど欲しいものが無い・・・。

なに買おう。

またなにかこれ買わなくちゃ!みたいな出来事が待っているんでしょうか?

まあ何と言うか、お金を返してくるあたりマメな人達だな~と思いました。



そう言えば、これ欲しいな~と思った出来事がありました。

なにが欲しかったのかと言うとスギライト!

黒い色をしたマンガンスギライトのブレスレットは持っていたのですが、美しい紫か青い色をしたスギライトがなんとなく欲しくなりまして。

早速天然石ビーズの卸屋さんを覗いてみたところ、

えっ!?ただの丸玉のブレスレットが、

24万円もするんですか!?!

あほらしい!!!

ですが卸屋さんでそのお値段となると、これよりもお安い値段で売られている同等の色合いのスギライトは着色の可能性が高いという事。

いくら美しい色合いの石が欲しいと言っても、着色したものだとちょっと・・・。

着色料の化学物質で肌がかぶれそうですし、何より石のエネルギーが変化してそう。

海外の原石屋さんで原石を購入して自分で加工するとか?

スギライトは硬度が低いの翡翠よりは加工しやすいとは思いますがちょっと不安。

そんなことを考えながら部屋の日の当たる場所へ移動し、ふと腕にはめていた黒いスギライトのブレスレットに目をやると、

なんと!!!

色が紫色に変化してる・・・。

えっ!?何がこの子に起こったの!?

数年前に黒いスギライトとして購入し、今の今まで黒かったのに。

ただ黒いだけではなく、紫を秘めた黒色だったとは・・・。

多分初めて太陽光の元でこのスギライトを見たんだと思いますが、初めて紫のスギライトが欲しいと思ったその日が、初めて太陽光の下で既に手にしていたスギライトを見た日となるとは。

なんだか魔法にかかったような心地でした。



と、ここまで書いて思い出しましたが、まるの日さんによる今年のガイド拝見。

インドのジャッハーラさん曰く、

「必要なものは手に入っている」

との事でしたが、ほんとだ!

欲しいと思った紫色をしたスギライトは既に私の腕にはまっていました。



ところでスギライトと言えば3大ヒーリングストーンとして有名ですが、具体的な意味合いは何なのでしょう?

ちょっと調べてみましょう。

えーっとスギライトは色によってエネルギーが大きく違うそうで、色が濃く黒っぽいものほど外部のマイナスエネルギー( 霊、人の想念、環境等) から持ち主を保護する力が強い傾向があるそうです。

その点においては数ある石の中でも最高レベルと言って良いとの事。

ほ~、国一番の騎士って感じですね!

それにしてもスギライトは色の濃いものほどクセが強い傾向があるとの事ですが、私全然平気なんですけど。

↑また勝手に字が大きく・・・。

まぁおっさんsが相当癖の強い人達なんで慣れてるのかもしれません。



スーさん 「君は気が付いておらぬだろうが、癖の強い者達といて平気であるという事は、君自身も相当癖が強いという事だ」

musica 「癖の強い最たるお方が何をおっしゃいますw」

ス 「まあ、そういうところだね」

m 「・・・」



今週はこんな感じです。

それでは皆さま、良い週末を~。










by garoumusica | 2019-03-29 05:00 | つれづれ | Comments(0)

チベット仏教色々。

今週とってもびっくりした話題。

それは「破産者マップ」。

既に閉鎖されましたが、破産者マップとは自己破産した人の氏名や住所・破産手続き日をグーグルマップ上に表示し、地図上で確認できるようにしたものでした。

もともと自己破産した人の情報は官報で公開されていたそうなんですけど、この破産者マップはその官報を利用した物のようでした。

この破産者マップは運営者の方なりの正義に基づいて作成された物のようですし、既に公の場に公開されている自己破産者の情報を利用した物ではありましたが、倫理的にどうなのかなぁ・・・と考えさせられました。

自己破産した人のマップを作っていいのなら、性犯罪を犯した人の現在地マップがあった方が防犯に役立ちそうだなと思ったり。

そうすると人権団体が騒ぎ出しそうですけど。

いずれにせよ、こういう時代になったんだな~としみじみしてしまいました。

今回の破産者マップによって自殺する人とか差別を受ける人が出なければいいですが・・・。

運営者はもっと想像力を使わなければなりませんでした。

大勢の人を傷付けただけでなく、運営者自身も集団訴訟で間違いなく破産者マップ入りだわ。



で、ここからは先日の話。

夢の中に可愛らしいゆるキャラみたいな千手観音が現れまして。

その側には同じくゆるキャラみたいなおーくにさん像が。

千手観音さんに夢の中でお会いするのは初めてです。

と言うか、そもそも仏教関連の人が私の夢に出て来るのは本当に珍しい。

あまりにも珍しいので二人を眺めながら、夢の中でも「珍しいなぁ~」と考えていた程でした。

そしてすぐに覚醒したのですが、某フリマアプリで「美術品」で検索しなきゃ!と突然思い付いてiPadで検索したところ、丁度チベットの曼荼羅が数点ほど出品されたところで。

しかも破格!

見る間に曼荼羅が売れていったのですが、最後に残った曼荼羅を見ると手が沢山ある神様の曼荼羅で。

千手観音さんが夢に出て来た後だったので、これを買えって事か!と思い丁度良いタイミングであった売上金で購入。

出品者さんもビックリするくらいいい人で、とても良いお取引が出来たのです。



そして曼荼羅が届く当日。

またしても仏教系の夢を見ました。

それは僧侶さんが私の家で声明を唱えている姿、を私は幽体離脱して空中で見ているというものでした。

実は声明を夢現で聴くのは今回が初めてではありません。

同じチベット由来の天珠を手に入れた時も、部屋中に声明が鳴り響くという心霊現象が起きました。

天珠と言っても現代の中国の方が作った現代図案の龍のシンボル?が描かれた古くない天珠でしたが、それでもこの様な現象が起きるくらいのエネルギーは秘めているようです。

天珠と言うのはこちら↓。

f0351853_04353425.jpeg

真ん中と左側が現代の天珠で、右側はちょっと年月が過ぎているものです。

左側の物は弁天さんを描いた現代絵柄の天珠で、たまたま染料が顔に散ったのか職人さんがわざと描いたのかは分かりませんが、弁天さんがウインクをしているように見えますよねw

f0351853_04354736.jpeg

バチン!と音が聴こえて来そうな見事なウインクです。

真ん中の天珠は緑度母・グリーンターラさんのシンボルを描いた天珠ですが、瑪瑙の天然の模様によって目があるみたいに見えます。

この様な天珠を私は好んで購入していますが、中国では一山数百円で売られている程の不良品なのだとか。

色が薄くて透明感がある天珠も日本では高額で見掛けますが、日本に入る前は一山いくらです。

何十万と言う値で販売している天珠屋さんもありますが、知ってて購入するのと何も知らずに購入するのでは意味合いがだいぶ違います。



さてさて話を戻しますが、今回の声明で気が付いた事と言えば、声明を唱えている僧侶の方が日本の人だったという事です。

何故日本の僧侶の方と思ったかと言うと、外側の衣の色が淡い灰色だったからです。

チベットの方だったらダライラマの様なオレンジ・小豆色だと思うのです。

チベットで購入されたという曼荼羅だったので、日本の僧侶が迎え入れたという感じでしょうか?

とは言え、上品ではありましたが淡い灰色の法衣なんてそもそもあるのか?と言う感じではありますが・・・。



そして開封!

じゃじゃん!

f0351853_04352245.jpeg

・・・?

んん??

千手観音さん???

ごめんなさい、腕が何本かあったんで千手観音さんかと思って購入しましたが、ちょっと神様違いしたでしょうか。

ちょっと調べてみたところ、詳しくないんでちょっと違うかもしれませんが、仏頂尊勝母・ナムジャルマという方のような気がします。

長寿の主要な仏教女神の一尊で、これまでの罪を消し去り福と長寿をもたらすとされ、ネパール、チベットを通じて広く信仰されているそうです。

なるほど、私の健康の為にいらっしゃったという事でしょうか?

有難いお気遣いです。



その後、ちょっとまたチベット由来の天珠に興味を持った私は、海外の天珠屋さんを見て回っていたのですが、そこでちょっと気になる天珠を発見。

マレーシアのお店のお品物で、ちょっと平べったい形の亀甲12眼天珠。

ちょっと年季が入っている気がします。

穴の画像を見るとかなり摩耗しており、これが加工物ではなくて本物だとするとかなり長い間、誰かがネックレスの中央部分として使っていたもののようです。

この様な天珠は本来はかなり高額になるのですが、こちらはかなり破格。

ふう~ん、良い天珠だね~と思いながら他のお店も見て回っていたところ、突然ハートのチャクラ辺りがポカポカしてきまして。

理由はすぐに気が付きました。

あの天珠ですね。

模様の意味を調べてみたところ、12眼天珠は八方位に天地日月を加えた天の十二守護神、薬師如来の十二紳将の加護を表し、豊作、事業の成功、名声、名誉、金銭、健康運など大満足をもたらす、との事です。

薬師如来さん、こちらも健康に関するお気遣いでしょうか?

で、今回の天珠はこの12眼天珠の模様に亀甲天珠の模様がプラスされているので、亀甲天珠の意味も調べてみます。

亀甲天珠は正しくは亀甲長寿天珠と言い、健康運のご利益が高く災いからも救われると言う意味があるそうです。

おぉ、これは健康に関してのアドバイスを守護さんが送ってきているのかもしれませんねぇ・・・。

悪いようにはならないよ、そんな感じだと嬉しいです。

ですが!この天珠で気になるのはあの価格の理由。

あの古さであの価格なので、お墓からの盗品とかありそう・・・。

そんな天珠だったらいやだ!



スーさん 「そんな天珠だったら勧めはしまい」

musica 「まぁその通りですね。こんなにもハートのチャクラがポカポカする盗品は嫌です」

ス 「ハハハ。だが盗品であった場合でも君がその元の持ち主と縁があった場合は、そのような反応も起きるやもしれぬ」

m 「あー、なるほど。うーん、それでもやっぱり盗品と縁があるっていやだなぁ」

ス 「まぁ、君の場合は盗品であると疑ってかかるのをやめよ。誠実な価格とは考えぬのかね?」

m 「あー・・・、私の心が真っ黒だからついこんな思考を」

ス 「時輪曼荼羅を見つめ己を見つめ直せよ」

m 「・・・」

以前購入していた時輪曼荼羅(ただの部屋のインテリアとなっている)↓。

f0351853_04350739.jpeg

シルバーがメインなのでとっても素敵なんです。



今日はこんな感じです。

それでは良い週末を~。








by garoumusica | 2019-03-23 05:00 | つれづれ | Comments(0)
次回のブログの更新日変更のお知らせです。

次回のブログの更新は3月11日に変更いたします。

どうぞよろしくお願いしますm(._.)m



今年もそんな時期なのですねぇ。。。

自分も被災したにも関わらず今年はすっかり忘れていました。

311イラストも無くなりましたし、などと考えてたところ、スーさんがいらっしゃいました。

ていうか最近出て来ていたのはこの為だったんじゃないかと疑っております。

ラブラブな曲を聴かせてくるので、私にそういうエネルギーとか男性性エネルギーが必要な時期なのかな〜と思っていましたら、ちょっと違ったようです。

「俺様を描け」

でした!

とは言うものの、描き始めたのが昨日なので単色のやや手抜きなものになりますが。

まぁしゃーないです。

ですが色鉛筆で下描き無しで描いているので、緊張感がいつもよりあります。

色鉛筆はある程度は消えますが鉛筆のようには消せないので。。。

腕を試されてる感があってプレッシャーがかかりますが、スリリングで楽しい感じもするから不思議です。



さてさて、今回はいつものスーさんとはちょっと違います。

なんと、初めての髭面です。

f0351853_03494367.jpeg

しかもごっつい剣のおまけ付き。

トゥアレグジュエリーを渡したからでしょうか?

初めて武神スーさんが出て来られました。

熊野のスーさんも武神っぽい雰囲気でしたが、あれはあくまでも熊野のスーさんだったので、今回の絵とはかなり違います。

稲田姫物語のスサノオくんが歳を取って武神になった感じと言った方が近いです。

あー、そう言えば稲田姫物語の更新を忘れていましたー。。。

色々あったからな〜、ドンマイ私!

そのうちこっちも更新します!



話を戻しますが、今まで私の前に現れていたスーさんは割ときちんとしていた気がします。

神職っぽい格好をしていたり、着物を着ていたり。

ですが今回は髭面だし髪の毛ボサボサだし、古代の大剣も携え、服装も古代のものです。

今描いているのは2度目に現れた画像を描いていますが、1度目の画像は鬼気迫る顔をして大声を上げているかのような、初めて見るスーさんの表情でした。

1度目の画像は奥歯まで見える程の口の開きだったので、短期間で描くのが大変と判断し、今描いている画像に変更してもらいましたがw

そうしたら大剣が追加されたので、まぁ労力は変わらないかもです(´・ω・`)



という事で、次回のブログ更新は3月11日です。

よろしくお願いいたします。

お絵描きがんばろう〜٩( 'ω' )و









by garoumusica | 2019-03-07 05:00 | つれづれ | Comments(0)
前回の記事で、風邪を引いたら何故か篠原涼子 with t.komuroの「恋しさとせつなさと心強さと」をモノマネをしたくなったと書きました。

とは言うものの、実はこの曲はサビの部分しか知りませんでした。

更に脳裏に浮かぶのは篠原涼子さんが歌っている姿ではなくて、ポケビの千秋がモノマネをしている姿。

ついでに言うと「いとしさ」に「恋しさ」という文字を充てられていた事さえ知りませんでした。

風邪を引いてしまったら、何故か分からないけれどもとにかくサビの部分だけが歌いたくてしょうがなくなった、そんな感じです。



で、前回の記事で冒頭のネタとしてこの事を書いて一件落着(?)、以上です、ふ~~~という感じで終了しようとしましたら、

「何故この曲を突然歌いたくなったのか考えないのかね?」

と、おっさんが・・・。

あの記事を書いた時になんとなく歌詞を調べてみようかな?とは思ったものの、いつも通りめんどいからいっかな☆って。

は~~~・・・、なんとなくモノマネしたくなった曲でさえおっさんsからのメッセージなのか・・・。

なんかアレですよね、本当にどこまでが自分の意志でどこからがおっさんsからのメッセージなのか分からない。

例えば「何故この曲を突然歌いたくなったのか考えないのかね?」というおっさんからの小言は、唐突に脳裏に浮かんできたので「あっ、おっさんだ」と分かる訳です。

他にも何か疑問を抱いた次の瞬間に答えが脳裏に浮かんだ場合は、すぐにおっさんだと分かります。

ですが歌いたいという欲求は分かりにくい。

神社に行きたい!とか、あの場所に行かないと!みたいな欲求だとおっさんの用事だなと分かりますが。



さてさて、しゃーないのでさっそく歌詞を検証してみましょう~。


『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さと

いつも感じている あなたへと向かって

あやまちはおそれずに進むあなたを

涙は見せないで見つめていたいよ』


ここまでは良く知っています。

この歌詞を自分に当てはめてみると、いつも感じているのはおっさんsなのは隠しようもありません。

まぁ、心強さはありますが恋しさ(いとしさ)とせつなさはどうでしょうね( ´_ゝ`)

あやまちはおそれずに進むあなた、は、まぁおっさんsは恐れないでしょうね。

見つめていたいというのはあるかもです。

私のイケメンフィルターは優秀なので見ていたいです、おーくにさんのチェスターコート姿は本当にカッコ良かった・・・。

という事で、ここまでは特に問題は無いようです。



お次。


『遠い空を あの日眺めていた

やりかけの青春も 経験も そのままで』


ふーん、と一度通り過ぎようとしたのですが、・・・ん?

なんか身に覚えがあります。

先日カミングアウトしたアレです。

幼稚園の頃から嗜んでいた音楽をドクターストップで辞めざるを得なくなり、音楽をしている人すべてを逆恨みしてぼんやりと暮らしていたけれども、空を眺めながら歌を歌っていた時に今の自分が好きだと気が付いて過去を肯定出来た、コレの事です。

もうこの歌詞そのままです。

やりかけの青春に経験そのままで、ぼんやり空を眺めながら歌を歌っていましたから。

そう言えば以前、「続けてても本物になれたか分からないじゃない」みたいな事をスピ系の人に言われた事がありますが、違うんですよ。

音楽を続けて自分の限界を悟って音楽をやめるのと、突然不慮の事故で辞めざるを得ないとでは、自分の中の納得具合が違う。

自分で出来るだけ挑戦して自分の限界を悟って辞めたかった。

同じ辞めるでも全然違うんです。


『永遠を夢見てたあの日を今』


ここは分からないかも。

いいや、お次。


『もう2度とくりかえさずに もどらずに生きること

出来なくて あこがれて

でも少しずつ理解ってきた 戦うこと!!』


あー、『もう2度とくりかえさずに もどらずに生きること』というところは、おっさんsからのメッセージっぽいですね。

「今を生きよ」

言いそうなセリフです。

唐突に『戦うこと!!』ってなんだ?と思ったら、この曲はゲーム「ストリートファイター」の映画版の挿入歌なんですね。

「ショーリューケンッ!」

のやつです。

で、戦うこと!!の続きがこのサビ。


『悲しくて 泣きたくて 叫びたくても

あなたを信じてる 言葉にできない

あやまちは恐れずに進むあなたを

なみだは見せないで信じていたいよ』


なんでしょう?ストリートファイターのストーリー的な何かでしょうか?

彼氏がストリートファイターで、独り戦いに行く彼を信じて待ってる、みたいな。

まぁここは関係なさそうです。

それから2番の歌詞も読みましたが特にピンと来るものもなく、用があったのは1番だけじゃないのかな?と思ったので、あとは省略です。



さてさて、なぜあの風邪引きのタイミングでこの曲だったんでしょう?


スーさん 「それは君がこのブログ上で音楽の事に触れたからだろう」

musica 「おーくにさんが来るかと思ったらスーさん」

ス 「当たり前だろう、君の転機に関わる事なのだから」

m 「転機?そんな大げさな事ですか?」

ス 「音楽を辞めざるを得なくなった、君が最も大切にしていたものを手放さなければならなかった時の話だ。これを転機と言わずに何を転機と呼ぶ」

m 「まぁそうですけど、とっくの昔に終わった事です」

ス 「だが君がこのブログで何年もこの事に触れなかったのは何故かね?」

m 「言っても仕方がないからですかね?」

ス 「ハハハ、ほら、この期に及んでまだそのような言い方をする。そうではないだろう?ほら、君がドクターストップを受けた帰りに母上に言われた言葉が原因だ」

m 「あー、帰りの車の助手席で悔しくて静かに泣いていたんですけど、それを見た母に『泣いても仕方ないでしょう』と言われ、当時は憎しみを覚えたものです」

ス 「そう、それで君は母上に憎しみを抱いたが、他方で納得もした。他者からすれば君が受けたドクターストップの事実は負担でしかないと」

m 「誰か友達に打ち明けたり相談しても良かったんですけど、親でさえこの対応なのだから普通の高校生には負担がかかるだろうなって。だから相談とか愚痴は言わなかったですね。どうしようもない話ですから」

ス 「乗り越えるまで時間はかかったがね」

m 「4年くらいかかりましたね。あの頃の自分にひと言だけアドバイス出来るなら、『凄腕の守護さんがあなたにはいるよ』と言いたいです。ちょっとは楽になれたんじゃないかなと思う。あ、でもそういう勘違いしそうな言い方はダメだな。一般論としての守護霊について教えてあげたい。『誰にでも守護さんがいるよ』くらいならいいかな」

ス 「凄腕の守護とは?」

m 「おっさん”s”の事です」

ス 「元締めがいいからね」

m 「ヤクザですか?」

ス 「ある意味似ているかもしれぬなwさて、まとめると今回の事の発端は君が夢で自分の過去生の姿を見た事だった。それからネイティブアメリカンの作品に興味を持ち、更にトゥアレグ族の作品に興味を持ちそれらを手に入れた」

m 「はい。日本を中心とした地図では逆の位置にある地域の作品でした」

ス 「うむ。そして君はそれぞれを私と大国殿に渡し、それによって起きたエネルギーの変換の影響を受け、君達一家は体調を崩し、君は『恋しさと せつなさと 心強さと』を歌う事となった」

m 「なんか、割と壮大な話なのにラストが『恋しさと せつなさと 心強さと』って、すんごく微妙なんですけど・・・」

ス 「仕方あるまい?この曲がこの度の出来事に最も適していたのだから」

m 「サビはいまいちピンときませんけどね」

ス 「あぁ、それは当たり前だ。サビは我々側の心情を歌っているのだから」

m 「えっ?」

ス 「いいかい?

『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さと

いつも感じている あなたへと向かって

あやまちはおそれずに進むあなたを

涙は見せないで見つめていたいよ』

だろう?」

m 「はい」

ス 「君に対して私はいつも『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さ』を感じている。君はいつも猪突猛進、『あやまちはおそれずに進むあなたを』私はいつでも『涙は見せないで見つめていたいよ』」

m 「いや、そう言うの間に合ってますんで大丈夫です」

脳内にサビが流れる。

m 「いま私カーペンターズ聴きながら記事を書いているのに、別の曲を流さないでください」

ス 「曲名は?」

m 「『Top Of The World』、次の母とのカラオケで歌おうと思って」

ス 「歌詞を探してみてはどうかね?」

m 「もうそういうのマジでやめて欲しい・・・」

ス 「ハハハ、昔の君に守護について教えてやれw一般論としての」

m 「とってもクドイおじさんよって」

ス 「そこは愛情にあふれた紳士よ、だろう。前回の転機は君が空を眺めながら歌を歌っていた時に、過去を肯定出来た事。今回の転機は例の『ヤバイ手紙』を貰った事により君の過去を振り返らざるを得なくなり、更には表に出さざるを得なかった事。そしてそれがきっかけにより、新しいエネルギー域へと移行出来た」

m 「新しいエネルギー域?へえ~」

ス 「ターコイズやネイティブアメリカン・トゥアレグジュエリーに関してもそれぞれ君にとって新しいエネルギーだっただろう?ひとつずつ着実に新しいエネルギーを経験しているのだぞ」

m 「なるほど、いつもありがとうございます」

ス 「ドクターストップまでが第一楽章だとすると、初めの転機までが第二楽章、それから上京して震災までが第三楽章、そして今回の転機までが第四楽章、そしてこれからが第五楽章だ」

m 「なんだかもう余生な気分です」

ス 「君は十代を終えるまでの間に一通りの経験を済ましたからね。言いたい事は分かるが新しい人生を歩んでると言って欲しいものだ。そしてこれらの経験があったからこそ我らを『おっさん』扱い出来るのだ、君は」



という感じで、今度こそこのシリーズを終了にしたいものです。



ス 「何故だね?」

m 「リアルタイムで手のひらコロコロっぷりをさらしちゃったからですよ!なんだか恥ずかしいじゃないですか」

ス 「良い例じゃないか。このブログを読んでくれている者には、守護というものがどの様に導いているのかが良く分かろう」

m 「人をサンプル扱いして・・・」

ス 「良いではないか。己の守護の導きに対して猜疑心を抱いている者にとっては、己を振り返り、もしかしたらあの時の出来事は守護者が導いてくれたのかもしれぬ、という気付きのきっかけにもなるかもしれぬ」

                                                          








by garoumusica | 2019-02-26 05:00 | つれづれ | Comments(0)
最後まで残っていたのどの痛みがようやく消え、風邪完治です。

アレですね、風邪を引いてのどが痛くなると声が低くなる為、大抵は五木ひろしとか森進一を歌いたくなるものですが、今回は何故か篠原涼子 with t.komuroの、

「恋しさとせつなさと心強さと」

をモノマネしたくなりまして・・・。

さすがに声は出ないわむせるわで大変な思いをしました。

やっぱり風邪を引いた時は演歌ですよね。



さてさて今回の風邪は「端から端へ、手のひらコロコロの巻。」の記事を更新した後、エネルギーの急激な変化によって症状が出始めた訳ですが、被害が母と祖母にも及んでしまいました・・・。

母は突然顔が腫れ、病院で処方してもらった薬にアレルギーを起こし、更に顔が蕁麻疹でパンパンになるという被害が。

ですがアレルギー対策で飲んだ薬が思わぬ効果を発揮しました。

母は涙が出やすく涙管に流れにくい体質で、常にティッシュを携帯し涙を拭く生活を何十年と続けていたのに、その涙が出にくくなったそうです。

それから毎晩かいていたいびきが無くなりました。

つまりそれらの症状はアレルギーによって引き起こされていたようなんです。

顔が腫れ、薬の副作用で顔面に蕁麻疹が出るという災難に襲われたものの、長年患っていた症状の原因が分かり改善しました。

一方、祖母はガスが腸に溜まって体調不良。

病院に行き検査し、適切な薬を貰って症状は改善しましたが、残念ながら祖母はまだいまいち本調子ではありません。。。



二人の今回の体調不良は私の体調不良と全く同じタイミングで起きたので、おっさんsのバングルエネルギー交換のとばっちりを受けたのではないかと思うのです。

私は記事の更新で本格的にエネルギーの変化が起きる前に、ターコイズのネックレスを胸骨の上に置いてそのエネルギーに慣れるという事を毎日させられていたので、メインの体調不良は1日で済みましたが、母と祖母はそれをしていません。

私一人がエネルギーの変化に影響を受けるのだったらいいんですけど、周りを巻き込むのはちょっとうーん・・・と思うところがあります。



と、おっさんに要望したところで本題。

トゥアレグ族について調べてみると、非常に魅惑的な画像がたくさん出て来ます。

トゥアレグ族の男性は藍で染めたスカーフで顔を巻いているんですよ!

こんな感じ!

f0351853_22284112.jpeg

顔つきも我々(私だけかも)がイメージするアフリカ人ではなく、エキゾチックな顔立ちをしています。

元々リビア周辺に居た民族との事で、この様な顔立ちのようです。

そして何より、藍色のスカーフを身にまとった姿が美しい・・・。

日本では「青の民族」として知られているようですが、実は皆が皆藍色のスカーフを身に纏える訳ではないのだとか。

身分制度が厳しいそうで、その身分によって纏える色が決まっているのだそうです。

濃い藍色の身分もあれば白い色しか纏えない身分もある。

更にはスカーフも巻けない身分もある・・・。

色々ありますね。

ちなみにトゥアレグの女性はアリシア・キーズに似ています。





さてさて、以前記事に載せたトゥアレグシルバーのバングル。

f0351853_03454284.jpg

左のやつですね。

こちらは純銀に近い銀で出来ているとの事でしたが、ちょっと気になる事が。

臭いがですね、なんか気になったんです。

私が知っている純銀の臭いと違ったんです。

私が知っている純銀というのはこちら。

f0351853_03105589.jpeg

以前アートクレイシルバーで作ったペンダントトップ。

銀粘土というのは焼却すると純銀になるんですよ。

これと臭いが違ったんです。

て言うか色も違う。

f0351853_03113876.jpeg

明らかに金色がかっていますよね。

これはニッケルが含まれている銀なんだと思います。

海外のお店を見ても、同じ店舗内でも素材が「High grade silver(tested)」となっている場合と、「Silver tone metal」となっている場合があり、安価で作品に署名がない物は「銀調の金属」という表現になっているようです。

署名はこんな感じに入っています。

f0351853_03121074.jpeg

おや・・・?

この署名はもしかして・・・、

毛利家家紋!?

f0351853_03122103.jpeg

バァーン!!!

残念!横棒の位置が違いました~!

まぁそれは良いとしてこんな感じの署名が入っていれば、大体は「High grade silver(tested)」を使っているようです。

トゥアレグジュエリーに興味をお持ちの方は、銀の色と署名具合をお確かめの上ご購入されると良いかと思います。

ちなみに署名入りの物の表はこんな感じになっています。

f0351853_03115237.jpeg

なかなか繊細な彫りです。

骨董市で購入したというものが安価で売られていたので、思わず購入してしまいました。



さてさて、臭いの違ったバングルは「Silver tone metal」と見て間違いないと思います。

それでもまぁエネルギーの交換は出来たみたいですから、それはそれで良いのでしょう。

私自身メンズな感じが気に入っているので、シャツの上から着用するなどアレルギー対策をして身に着けたいと思います。

という事で、トゥアレグシルバーを科学するの巻でした。

全然科学関係無かったですが。



それでは本日はこの辺で。

皆さま良い一日を~。

※追伸※

12月にコメントをくださっていたわさびさん!

わさびさん!!!

コメントに返信をしたと思っていましたが書いておりませんでした・・・。

お気を悪くされていたらすみません。

今さらですが返信を書いたので良かったらご覧ください。










by garoumusica | 2019-02-20 05:00 | つれづれ | Comments(2)
前回の記事で「昨日から突然インディアンジュエリ―に目覚めた」と書きました。

あ!

そう言えばアメリカの原住民族を差す場合、インディアンという呼称は差別に当たるそうです。

なのでこれからはネイティブアメリカンジュエリーと改めます。

ちなみに海外のサイトに「インディアンジュエリー」で検索を掛けると、ジュエリーを付けたド迫力の目力インド美女が出て来てびっくりします。



話を戻しますが、前回の記事で既に2個購入したと書いたのですが、それが届きました!

やったね!じゃん!

f0351853_03260015.jpg

3つに増えました☆

左端からネイティブアメリカンジュエリーらしいモチーフのあるもの、最終値引き価格でありながらも売れ残っていたもの、ターコイズの淡い色合いに惹かれたものです。

初めてのネイティブアメリカンジュエリーの購入という事で、基本に忠実に作者のホールマークがあり、実際に作者の確認出来たものだけを購入してみました。

こんな感じです。

f0351853_03265416.jpg

作者さんの活動時期を調べると、どれもヴィンテージのお品物のようです。

フランスにネイティブアメリカンジュエリーのホールマークが確認出来るサイトがあって、そこで調べたお名前で検索をかけて活躍された時代や作風などを確認したうえで購入しました。

しょっぱなでパクリ商品に当たりたくなかったんで、リサ―チだけはしっかりとしなければ、です。



それではひとつひとつ。

一番初めに購入したものです。

f0351853_03264239.jpg

鷹のモチーフです。

ネイティブアメリカンジュエリーにはモチーフ毎に意味があって、鷹は空高く飛ぶ事から最も神様に近い存在とされてきたそうで、名声やリーダーシップ、将来性の象徴なのだそうです。

鷹のモチーフは模様の刻印された2枚の銀の板で表現されているようですよ。

可愛くもカッコ良くもない鷹の表情に惹かれて購入してしまいましたw



次はフリマアプリで最終価格、3千円台で売られていたにもかかわらず売れずに残っていた子を購入しました。

実際、届いた時は枠は黒ずみターコイズも輝きを失っていましたが、ターコイズが外れたのをきっかけに石も枠も綺麗に磨き上げたところ、ビックリするくらい美しい色合いが出て来ました!

じゃん!

f0351853_03261730.jpg

画像ではいまいち分かり辛いかもしれませんが、濃淡の美しいターコイズで。

自分で磨きながら現れた美しい色合いに目を疑ってしまいました。

誰にも購入されず売れ残っていた子をこの様に美しく仕立て直す事が出来て、とっても幸せです。

石だけで縦3.5㎝もありますが、ターコイズは軽いので身に着けても負担にならないはず。

売れ残ってくれてありがとう!です。



そしてゴッホの「花咲くアーモンドの木の枝」を彷彿とさせる、美しいターコイズのペンダントトップです。

f0351853_03263028.jpg

ターコイズらしからぬ淡い色合いですがそれがまた美しい。

こちらも1年以上売れ残ってくれていた子です。

ターコイズって脆い石なので表面を樹脂でコーティングしてある為、アトピーっ子の肌に化学物質が悪そうですし、水に弱いので使用後は思う存分洗いたい派の私は敬遠してきた石でしたが、やっぱり美しい石ですね!

差し色としても使いやすい石なので、これからはこの子達を思う存分取り入れていきたいと思います。



さてさて、ネイティブアメリカンジュエリーを調べていくうちに、ある事に気がつきました。

それは「カワイイな~、でも高いから買えないや~」と思っていた海外のアーティストさんの作品が、ネイティブアメリカンジュエリーの技法を用いて作られていた事です。

ネイティブアメリカンジュエリーの技法(というか彫金全般)に「スタンプワーク」と「オーバーレイ」と「打ち出し」というのがあるのですが、それを用いて現代的にアレンジしたものでした。

スタンプワークっていうのはこんな感じです。

f0351853_03270515.jpg

これは私が高校の頃に購入した北欧の作家さんが作られた指輪ですが、銀の板に鉄で出来たスタンプを金槌で打ち付けて模様を付けたものになります。

これが「スタンプワーク」。

ちなみに真ん中の「米」のような模様は「星」を、その上下の模様は「日の出」を、その間にある模様は「太陽」を表しているそうです。

模様ひとつひとつに意味が込められているという事に、感動を覚えました。

なんだかとっても神聖な気がして。



鷹のペンダントトップにも「スタンプワーク」が用いられています。

f0351853_03264239.jpg

枠の模様と黒地の部分の模様と、鷹自体も多分スタンプワークで作られています。

鷹に丸みを持たせるのが「打ち出し」、銀板に張り付ける技術?が「オーバーレイ」になります。

私が欲しいな~と思っていたジュエリーは、模様が花だったり蜂だったり星だったりと何とも可愛らしい物ですが、少なくともネイティブアメリカンジュエリーと同じ技法で再現出来ると思います。

ネイティブアメリカンの技法ならyoutubeで確認出来るので、似たものは辛うじて私にも作れると思う。

多分この気づきの為に突然ネイティブアメリカンジュエリーに目覚めさせられたのだと思うのです。

フリマアプリでコツコツと集めてきた彫金の為の銀の材料も、丁度集まったところだったのでタイミング的にもバッチリ。

銀に模様をつける為のスタンプはこれから集めなければいけませんが、それが無くても出来るものもあるので行動に移すしかないですよね。

自分の彫金の能力の低さに飽きていたので、がんばろうー。



さてさて、おーくにさんイラスト。

本館の方でメイキングを始めました。

じゃん!

f0351853_03275801.jpg

身体を全部描き直したところからです。

で、ネクタイを持つ左手首が切れているのがお分かりになるでしょうか?

これは腕時計(グランドセイコー)を描くかブレスレットを描くか決めかねていたので腕の部分を描かずにいたのですが、ついに何を描くか決まりました。

これです!

f0351853_03450678.jpg

こちらはネイティブアメリカンの方が作られたスタンプワークを駆使したカフなのですが、これは今回のネイティブアメリカンジュエリー騒動の締めに購入したものになります。

諭吉が並んで出ていくお値段でしたが、女性の腕でも使える細身なデザインとお星さま好きをくすぐられてしまいまして。

それに色々調べてみたところ、スタンプワークの模範的な技術を持った方々(上下で作者が別)の作品のようで、調度スタンプワークを駆使した作品も勉強の為に手にしたいと思っていたところでしたし、今回のお金も勉強用に用意されたものだったので、まあいいやで購入してしまいました。



さてさて画像をカメラロールに保存してニヤニヤしていた訳ですが、この画像のお隣がおーくにさんのイラスト。

おーくにさんのイラストは制作を中断する毎に画像を保存し、再び制作を再開する際に保存した画像を見直して本日の作業の進め方を確認しているのですが、その時にうっかり購入したカフの画像を表示してしまいまして。

あらステキ―と思いながらおーくにさん画像に戻したところ、ん?と引っかかるものがあり、再びカフ画像へ。

それから再びおーくにさん画像を開いたのですが、このおーくにさん、これらのカフが似合うかもしれない・・・。

再びカフ画像を開き、おーくにさんに戻し、カフに戻し、おーくにさんに戻し・・・。

うん、これらのカフに黒いレザーで編み込まれたブレスを足せば完璧かも。

という事で、さっそくおーくにさんにご相談。

前回、大黒像にサンタ帽を被せちゃダメとお達しがありましたから、確認は必須です。

ネイティブアメリカンのジュエリーだから宗教的な事もあるでしょうしね。



musica 「ねぇ、おーくにさん。絶対に合うんですけどカフを描いてもいいですか?」

おーくにさん 「君の思うように描けばいい」

m 「えー、じゃあ描かない方がいいですかね?」

お 「それは違う。君が思うように描けばいいよ」

m 「でも大黒おーくにさんはダメでしたよね?サンタ・コス」

お 「大黒だったからだろう?あの絵はガイドとして君のイケメンフィルターを通したものだろう」

m 「我がフィルターは優秀ですから」

お 「基が良くなければイケメンフィルターも作動しないだろう」

m 「・・・」



という事で、カフを追加で描き加える事になったので、おーくにさんイラストはまだ出来ていません!

なんと言っても購入したのが昨日ですから、手元にもありませんし。

ですが、あとはベルトとシャツから出てる両腕を描けば出来上がりなので、そう時間もかからないはず。

バレンタインまでには完成させます!←


今回の一連の出来事はネイティブアメリカンの方の作品を通して、自分が惹かれていたアクセサリーの作り方が分かりました。

そして材料となる銀も数種類揃ったタイミングだったので、おっさんsのありがたい後押しという事で間違いないと思います。

後はとりあえずやってみるだけ。

という事で、本日はおーくにさんのイラストが完成していない言い訳を長々と書いただけのブログでした。

それでは良い一日を~。









by garoumusica | 2019-01-30 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica