カテゴリ:つれづれ( 474 )

先日書いた石が売れなかった時に購入した翡翠。

その中に糸魚川翡翠の勾玉がありました。

翡翠の美術館でも販売されているという老舗の石屋さんの物なので、多分品質は良いはず。

ですが手に取って見ると非常に仕上がりが悪い・・・。

背中側はボコボコしてるし、磨きも中途半端。

どうも糸魚川翡翠の工房では手磨きが重要視されている様なので、多分その為だと思われます。



ミャンマーの翡翠がピカピカなのはワックスを塗っているからとか、着色をしてるからとか、ネットで糸魚川翡翠のお店を覗くと大抵書いてあります。

確かに外国の物は着色物は多いですし、樹脂が充填してあるものも多い。

ですけど私は知っています。

このブログにも書きましたが、無処理のミャンマー翡翠を煮込んでワックスを取っても、翡翠自体はピカピカに磨いてある事を。

翡翠独特の石の表面の凹みの様なものは出て来ますが、それ以外はよく磨いてあります。

それを知っているのでこの勾玉の磨きには満足出来ない・・・。

ネットで糸魚川翡翠の磨き方を調べてみると、紙やすりでの仕上げが3000番で終わっています。

ですが本当に美しい糸魚川翡翠を売っている人は30000番まで使っていらっしゃいます。

なのでこの勾玉を自分で形成し直して磨いてみる事にしたのです。



私が持っている紙やすりは15000番まで。

形は鉄で出来た彫金用の物で大胆に削ります。

それから番数の低い紙やすりから順番に磨いていき、最終的に15000番まで磨きました。

結果、ワックスを塗っていなくてもミャンマー翡翠レベルの艶々な勾玉に!

3000番以降の紙やすりを使ってもあまり変化が無いとネットでは見かけましたが、4000番から6000番へ移行した時の手触りの変化は感動を覚える程。

10000番から15000番へ移行した時も、感動レベルの変化がありました。

とぅるんとぅるんな勾玉が出来上がりましたが、トータルで30時間もかかってしまいました・・・。

時給1000円で働いたとしても3万円。

それに販売価格には材料費や諸費が含まれますから、売り出し価格は相当な額になるはず。

しかも今回磨いた翡翠はレベルの高いものではありませんでした。

そういうのを考えると、初めの雑な勾玉になるのも良く分かります。

質の良い翡翠ではないから高くすると売れない。

価格を抑える為に短時間で仕上げると、どうしても手抜きな勾玉になる。

商売って難しいですね。



それにもしかしたらマットな仕上がりの方が美しいと感じる人もいるかもしれません。

古代の勾玉はきっとマットだったはず、という信念で作られている職人さんもいるかもしれない。

これはもう個人の感性の違いだから、とぅるんとぅるん磨きとマット磨きどちらが良いという事も無い。

私自身はワックス無しでも翡翠は艶っつやになる事を知っているから、そのポテンシャルを発揮させてあげたいと思ってついつい磨いてしまった。

そしてこれからも糸魚川翡翠を購入したら自分で磨き直すと思う。

で、そこまで考えたところで、これって職人さんに非常に失礼だなと思ったのです。

勾玉ひとつにしても、職人さんにとっては作品な訳です。

それを形が悪いとか艶が悪いって言って作り直すのは非常に失礼(なので磨き直した勾玉の画像は載せない事にしました)。

何よりそれを前提にして購入しようとするのは、多分冒涜に近い・・・。



という事で、糸魚川翡翠の原石を購入しました。

じゃん!

f0351853_04521284.jpg

手前が青翡翠で後ろがラベンダー翡翠です。

オクで評価が高い新潟の人から購入しました。

青翡翠が2000円、ラベンダー翡翠が3500円です。

メール便が使えたので、思っていたよりも結構安かったです。

青翡翠の方は横が3センチの大きさなので、こじんまりとした勾玉ひとつなら出来そう。

磨くだけで30時間なんでいつ出来るか分かりませんが、のんびりチャレンジしてみようと思います。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



やっと暖かくなりました!

それでは良い一日を~。

あ!稲田姫物語ですが、牛頭天王を描き始めたら脳が絵寄りになってしまったようで、文字化が思うように進みません・・・。

もう少しお待ちください・・・。






[PR]
by garoumusica | 2018-02-15 06:04 | つれづれ | Comments(0)
本日の本館で台湾のガラス工芸品の特集をしました。




これは以前、別館ブログにも載せた台湾のガラス工芸品の琉璃です。


f0351853_03475140.jpg



f0351853_03574972.jpg

先日台湾で大きな地震があったので、応援の意味を込めて台湾の工芸品を特集してみました。










[PR]
by garoumusica | 2018-02-10 05:00 | つれづれ | Comments(0)
ちょっと前の話ですが、年末年始に2週間近く石が売れなかったんですよ。

1週間くらい売れないのはうちでは時々ある事なので気にしてなかったんですが、10日を過ぎたあたりから、あれ?なんかおかしくない?って思うようになりまして。

寒い日が続いて石の更新もしていなかったですし、私のエネルギーが停滞していたのだと思います。

で、そろそろ本格的にエネルギーを動かさないとヤバイ!と思い、その時にサイトに貯まっていた現金化していなかった売り上げを意識して、お金をパァーッと使う事にしたのです。

何を購入したのかと言うと、まぁ石です(о´∀`о)

翡翠の勾玉とか、翡翠のブレスレットとか、翡翠のバングルとか。

あとは出雲産の瑪瑙を何個か。

それから瑪瑙で出来たカメオ。

本当にパァーッと使いました。

ほとんどがメルカリでですけど。

だって、何万もする出雲産の瑪瑙が、未使用で2千円とかそんなんですもん。



で、貯まっていた売り上げと同じ金額を使い切った翌日に、石がまた売れ始めたのです。

面白いもんですよね。

エネルギーって停滞すると現実も停滞しちゃいますから。

で、エネルギーを動かそうと思ったら現実を動かさないといけない。

最近寒いんで、暑いわ寒いわの場所に置いてあるパソコンを触りたくなくて、石屋の更新をしていなかったらやっぱり売れない。

最近、寒さが厳しくてやる気が無かった為か全然気がつかなかったんですけど、また2週間くらい売れてなかったのです。



ちなみに昨日のお昼の気温。

左上がうちの地元で、あとは住んでた所とか行った事のある場所とかこれから行く場所とか縁のある場所とか。

f0351853_03342634.jpg

さんむいわ~~~。



仕方ないので幾分寒さの和らいだ時間に石を何個か更新したら、半年近く売れていなかった高額な石が何故か売れてくれました。

やったぜ(`・ω・´)



●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●´I`●



それでは本日も良い1日を〜。

寒くて辛い日々ですが、お互い生きていきましょう〜。








[PR]
by garoumusica | 2018-02-07 05:55 | つれづれ | Comments(0)
5日はサボるって記事を書いたばかりですけど、昨日見かけた記事に驚いて思わず記事を書いています。



タイトルの通りなんですけど、皆さまはただ今日本の海が危機に直面しているのって知っていましたか?

私は全く知らなかったです。

昨日の事なんですけど、とあるブログにお伺いしたところ次のようなショッキングなタイトルの記事が目に飛び込んできました。


なんのこっちゃと思いながら記事を読み進めていくと、次のような事故が起きていた事が分かりました。

先月の6日に中国沖(つまり日本近海)でイラン企業所有の石油タンカーが貨物船と衝突・炎上し、14日に沈没する事故が起きていたのだそうです。

そして現場海域で最大約130平方キロにわたって原油が流出したのだそうです。

沈没した同タンカーは軽質原油13万6000トンを積載しており、15日午後の時点で、現場を起点に長さ約18.5キロ、幅約7.4キロの範囲に油が広がっているそうです。

専門家によると1回で海洋流出したコンデンセート(天然ガスの産出時に生じる天然ガソリン)の量としては史上最多と指摘されているそうで、「これまでの史上最悪の海洋環境事故を上回る事が起きるかもしれない」との事・・・。



中国沖で起きたタンカー事故を何で記事にするの?と思われるかもですが、イギリスの海洋センターが「緊急海洋模型シミュレーション」の実施をして発表した予測図によると、

「その影響のほとんどを日本が受ける可能性」

が出てきているそうなのです。

んな馬鹿なという感じですけど、黒潮・・・、黒潮に乗って日本に流出した非常に有害なコンデンセートが拡がってしまいそうなのです。

「緊急海洋模型シミュレーション」の画像はリンク先に載っていますので、是非目を通しておかれる事をお勧めします。

国内で原油流出の報道がほとんどされていないようなので、記事にしてみました。

物事を把握するという事が大事だと私は考えているからです。



で、把握しても私に出来る事はありません。

私が心配しても流出が止まる訳でもないですから。

が、ふと分かった気がしたんです。

先日載せたスーさんの腕入り観音天珠が今、私の腕にある訳が。

そういえば、スーさんって海神だわって。

多分今、うちにいてくれてる得体の知れないようなスーさんでさえ、現地に出張してるんだと思います。

ちょっと離れるけれども右腕は既に君の内にあるから、その事は忘れてくれるな。

この天珠はそういう事なのかもしれません。

相変わらず過保護なスーさんです。

私の事は気にしないで大丈夫です。

いつもは守護として私の事を考えてくれているかもしれませんが、どうぞ今は海の事だけを考えてください。

無理はしないで欲しいですけど、今無理をしないでいつするの?って感じでしょう。

ですので、ご武運を心よりお祈り申し上げます。



実は1週間前に、スーさんに言われて事故現場からほど近い沖縄から黄色い龍の天珠を購入していました。

おまけで白い龍の天珠もいただきました。

それから東日本の震源にほど近い宮城出身の観音天珠が京都経由でやって来ました。

更に既に原油が漂着している宝島のある鹿児島から、薬師如来さんの天珠も届きました。

これは先日記事にしたヒーリングを受けた時に見ていただいた私の高次元シンボルに、薬師如来さんの梵字が出てきたのでその縁かと思っていましたが、今思うとちょっと違うかもしれません。



私に出来る事と言えば、必要以上の心配をせずに、また上の人達の事を必要以上に考えず、ただこれらの与えられた天珠を愛でる事と、スーさんが安心して出張出来るよう健やかに過ごす事。

スーさん、おっさんsの皆さま、お手数をおかけしますが日本の海をよろしくお願いいたします。









[PR]
by garoumusica | 2018-02-01 05:00 | つれづれ | Comments(4)

初めての鯨歯工芸。

本日の本館ブログ「画廊 musica」で、宮城県の工芸品の鯨歯細工の特集をしました。

こちら↓。

f0351853_05574010.jpg

鯨歯と言うのは文字通りクジラの歯の事で、鯨歯工芸にはマッコウクジラの歯が使われているそうです。

何故宮城でクジラの歯の工芸品があるのかと言うと、牡鹿地区はかつて全国有数の捕鯨基地として栄えたからだとか。



この鯨歯工芸品は某フリマアプリで購入したのですが、私は今まで日本にクジラの歯を使った工芸品がある事を知りませんでした。

で、この品物のリーフレットに載っていた製造元を検索したところ、外観を見るという表示とストリートビューが出てきたので何気なくクリックをしたところ、更地だったのです。

そこでようやくこの鯨歯細工が、東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市牡鹿地区の特産品という事に気が付きました。



本館でバッチリ特集しましたので、良かったらご覧ください。








[PR]
by garoumusica | 2018-01-27 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日、毎日更新をやめてひと月経った事に気がつきまして。

それでちょっと、毎日更新をやめてどうだったか振り返ってみようかな、と思い記事を書く事にしました。



毎日書いていたものをやめるとしんみりするかな?と思っていたのですが、実は姪っ子ちゃんが冬休みで前日から遊びに来まして、もううるさいー・・・(´・ω・`)。

しんみりする暇がありませんでした。

で、ブログを書かないのでスーさん達と話をする機会が無くなった訳ですが、翌日早速夢現で幽体離脱。

いつもの様に誰かが足先を支えてくれているので、その人の手を取って手を繋いだまま横並びで飛んだのです。

顔を見るとその人は初めて見る若者男子で。

髪は金髪に近い茶髪の短髪。

線がちょっと細い、普通よりもちょっと良いお顔の男子。

初めて見る顔だなと思い名前を聞くと、

「タケル」

と男子は答えました。

「ふーん、タケル君」

などと思いながら飛んでいると覚醒。



目覚めた後で気がつきました。

スーさんの魂の呼び名が「ヤマト」。

新しい男子が「タケル」。

・・・山武さん?←上記の名前の人のあだ名。

何で山武さんなんだろう?

何か接点あったかな?と考えてみたところ、スーさんの呼び出し神社の配祀神が山武さん!

うーん・・・、山武さん・・・、神話的にスーさんに並んであんまりいいイメージのある人じゃない・・・。

という事でとりあえず山武さんの本を購入。

それで昨日になってようやく開いたのですが、そう言えばこの人、色んな場所へ行ってるんですよね。

西は九州南部、東は茨城。

私自身は西の方は神武天皇・日向神話を巡る旅の時に行ってるし、出雲もスーさんを巡る旅で行ってる。

ですが東の方は大和と伊勢くらいしか行っていない。

て言うか関西の山武さん由来の地は行っていないに等しい・・・。



実は今年はもう旅はしなくていいだろうと思っていたのです。

ブログを書く前からスーさんには旅をさせられましたし、この2年くらいはひと月くらいかけて大阪京都奈良を旅した。

もう十分見て回った。

なので今年は宇佐八幡宮のみで後はのんびりしようと思っていたのです。

が、姉夫婦が帰る前にこう言われたのです。

「musicaちゃん、来年も大阪においでよ」

と・・・。

いや、今年はもう行くところが・・・と言いたかったのですが、笑顔で言われたので断れず。

今年も旅に出る事になりました・・・。

山武さん方面を巡れよって事かなと・・・。



次は母。

先日母が奥出雲のお餅を買って来てくれました。

これ↓。

f0351853_04333454.jpg

裏面↓。

f0351853_04333716.jpg

とってもおいしいお餅でした~。



で、その流れで電車の時間の関係で奥出雲に行けなかった話をしたところ、

「じゃあ一泊くらいで行くか」

と母がのたまいまして・・・。

奥出雲方面にも行く事になりそう・・・。



で、追い打ちは月2で頼んでいるヒーリング。

その時に私の高次元のシンボルを絵に描いてくださるのですが、今年初めてのヒーリングのレポートにはこの様にありました。

「土地のエネルギーとの繋がり、本質エネルギーとの繋がり、特に『日本』の土地のエネルギーとの繋がりを強く取っている形の様です。

何かしら土地神ミッション的なものが今年生まれて来るかもしれません。

日本の神様のエネルギーがなどと書くと怪しいですが、その様なエネルギーのシンボルとなりました」

・・・(´・_・`)



日本神界、上のおっさんsと距離を取る為にブログの毎日更新をやめたのに、また似た様な事に・・・。

でも今回は日本神界と言うよりは日本の土地のエネルギーだから、神話のおっさんを越えたと言えばそうかもです。

それに山武さんも第12代景行天皇の息子さんですので、スーさん達に比べると人間っぽいと言うか。

時代がだいぶ下って神話もリアリティが増して来ましたし。

なのでまぁ、今までに比べると普通になったのかなと思わないでもない、そんな感じです。



(o・ω・o)ノ++++++++++ヽ(o・ω・o)



凍てつく日々が続いていますが、それでも良い1日を〜。






[PR]
by garoumusica | 2018-01-26 05:00 | つれづれ | Comments(0)
脳内ダウンロードで、遂に稲田姫物語が完結しました・・・!!!

クシナダの死後スサノオが娘を連れて黄泉へと渡り、オオナムヂに娘を連れ去られたところで終わり。

やだも~~~、ブログではいまだに岩陰に隠れてるのに、脳内ダウンロードでは完結してしまった・・・。

て言うか、そこまで書かせるか!と言う感じですよね。

文字にするのにどれくらいかかるんでしょう?

そして別館ブログはいつまで続くんだろう・・・。



以前載せた獣型勾玉。

これです。

f0351853_03515834.jpg

この子の出自が分かりました。

なんと!

おーくにさん、と言うか大物主さんとこの大神神社のお守りでした・・・。

えー!!!って感じですよね。

某フリマアプリでワンコインで購入した勾玉。

まさかのお守り。

よく何も無かったですよねぇ。(←祟り的な)



スーさん 「まぁ、私の孫であり義理の息子の所のだからね。何かあれば責任を取らせるさ」

musica 「何出て来てるんですか・・・。ブログは引退したんじゃなかったんですか?」

ス 「見えない人の整理整頓をした結果、私は残ったのだ」

m 「そうですか。それにしてもまさかお守りだったとは思いもしませんでした」

ス 「お守りの神気など1年も持たぬ」

m 「そういう事は言わないでくださいよ!」

ス 「それにこの勾玉を売った者も信心深い者ではなかった。故に念も残ってない」

m 「確かにこの勾玉じゃあ『わー、かわい~』くらいにしか思わないかも」

ス 「さて、正体が分かっただろう?記事にしてはどうかね?」

m 「そうですね。この勾玉は子持勾玉と言って、三輪山内の禁足地から出土したものなのだそうです」

ス 「三輪山の禁足地、すなわち大神神社の御神体だね」

m 「はい。で、祭祀用品であったのは勿論の事、信仰の上からもある呪力を持つものであり、親の玉が子の玉を生じて増加するという、多産増幅の意義を含む神秘の象徴とされたのだそうです。つまり子宝のお守りですね」

ス 「うむ。ところで君はこの勾玉を手に入れるまでは、勾玉が好きではなかった」

m 「はい。身に着けるにはちょっとダサいですし、興味もありませんでした」

ス 「本当に失礼だな、君は・・・」

m 「これはもう個人的なセンスの問題ですから仕方ないです」

ス 「それがこの様な状況になった」

m 「はい・・・」

f0351853_03513061.jpg

m 「増えました・・・」

ス 「さすが多産増幅の意義を含む神秘の象徴だな!完璧ではないか」

m 「・・・」











[PR]
by garoumusica | 2018-01-19 05:00 | つれづれ | Comments(2)
はい、という訳で、気が向いた時更新です。

本日は元旦に出掛けた初詣で引いた、おみくじを検証していきます。

アレです。

ブログに書くという機会が無いと、そこまでじっくり内容に関して考えないんですよね、私。

で、3が日を過ぎてもほったらかしにしていたら、突然おっさんの視線が痛くなりまして。

慌てて記事を書いている次第であります。



昨年は石屋さんの開始時期についておみくじでメッセージをいただきました。

その答えはと言うと、

「春になったらね!うぐいすちゃん☆」

というものでした。

今年は特に聞きたい事も無かったので、

「何かメッセージをください」

と思いながら引きました。



今年は4か所の神社へお参り。

f0351853_03595442.jpg

いずれも地元の神社です。

そして気になる運勢は!?

なんと!!!

f0351853_03595719.jpg

全部大吉!!!

神様すげーーー!!!

しかもすべて初めて引くおみくじなのです。

ほんと素直にすごい!と思いました。



それではひとつひとつ見ていきたいと思います。

まずひとつ目は氏神様。

氏神様は三番。

和歌は、


「冬かれて 休みしときに 深山木(みやまぎ)は

花咲く春の 待たれけるかな」


今は冬枯れの時だけれども、木々は着々と春に花を咲かせる準備をしていますよ、という感じでしょうか?

だから「大吉」。



それからスーさんの呼び出し神社のおみくじは十八番。


「渦を巻く 谷の小川の 丸木橋

渡る夕べの ここちするかな」


えっ!?この和歌で大吉なの!?って感じですよね。

でも大吉なんです。

和歌の下にあるアドバイスはと言うと、


「初めは危ない谷の小川の橋を渡るような心配事があるが驚き迷うことはありません。

後には何も彼も平和に収まります。

凡て小さいことも用心すればよろしい」


このおみくじも1枚目のおみくじと同じように、初めはちょっとあれだけどもそのうち良くなるよ!という感じですね。



そして3つ目は熊野神社系。

四十一番で気になる和歌はと言いますと、


「さびしさに 何とはなくて 来て見れば

うれし桜の 花ざかりかな」


この和歌も初めはしんみりとした感じですね・・・。

春のあたりまでは身を引き締めて生きようって思いますね!


スーさん 「春あたりまで?」

musica 「あっ、すみません。常に謙虚に行きます・・・」


スーさん思わず出てきたみたいです。



そしてラストは氏神様よりも近くにある神社だけど氏神様ではなく、しかも初めて行った神社。

1600年くらい歴史のある神社みたいなんですけど、今まで行こうとは思った事がなかったんです。

が、ふと思いついて行ってみました。

そしておみくじは二十番。


「いそしみし しるしはみえて ゆたかにも

黄金なみよる 小山田のさと」


おー、この和歌は秋ですね。

頭を垂れた黄金色に輝く稲穂が目に浮かぶようです。

和歌の下のメッセージは、


「する事なすこと幸いの種となって、心配事無く嬉しい運ですから、

わき目ふらず一心に自分の仕事大事とはげみなさい

少しでも我儘の気を起して色や酒に溺れるな」


色や酒に溺れるな・・・。

いや、私もう少し色とか酒の気配があっても良い気がするんですけど・・・。


ス 「・・・」

m 「あっ、すみません」

ス 「本当に君という者は・・・」

m 「ドンマイでーす」



こんな感じでおみくじに共通する点はと言うと、


・はじめはいまいち

・のち良い結果が訪れる


つまり、今年も気を抜かずに励めよって事ですかね?

大吉なんだけどなんだか気を抜けない感じです・・・。



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日から仕事始めの方、良い仕事初めを~。


この記事を書く前に、本当に全部初めてのおみくじなのか自分のブログを検索してみました。

うん、確かに無いようです。

が、スーさんの神社で引いたおみくじの和歌の初めの部分、「渦を巻く」と言うキーワードを検索してみたところ、2014年の記事がヒットしました。

早速見てみたところ、この日に更新した本館ブログに載せた曲の歌詞のようでした。

キリンジの「Drifter」という曲なのですが、歌詞はこんな感じ。


『欲望が渦を巻く海原さえ ムーン・リヴァーを渡るようなステップで

踏み越えて行こうあなたと』


スーさん神社のおみくじメッセージの和歌は、


「渦を巻く 谷の小川の 丸木橋

渡る夕べの ここちするかな」


ちょっと似ていてフフッとなりました。

「渦を巻く」に「海原」は「海神スーさん」、「リヴァー」と「小川」、そして「渡る」。


「渦を巻く谷の小川の丸木橋を、ムーン・リヴァ―を渡るようなステップで君と踏み越えて行こう」


って事ですか?

スーさん?( ´艸`)




それにしてもこの類似点はブログを書こうとしなかったら、絶対気がつかなかったな〜。

やっぱりブログに書くって大事ですねぇ・・・。







[PR]
by garoumusica | 2018-01-04 05:06 | つれづれ | Comments(2)
本年もよろしくお願いいたします。

f0351853_05102920.jpg

秋田犬の子犬のイメージで描きました。

ちょいぶさだけどそれがイイ。



今年の一曲目は何にしようかな?と思ったところ、やっぱりこの曲。

華やかさもあるし疾走感もあるので、今年の一曲目に相応しいですし。

この曲はボーカルであり作曲者でもあるクリスさんによると、無償の愛について歌った曲なのだそうです。

Coldplay - A Sky Full Of Stars







それでは良いお正月を~。








[PR]
by garoumusica | 2018-01-01 05:23 | つれづれ | Comments(0)

手配された像、の巻。

以前ブログでスーさんがスーさん像を手配するぞ!という話を載せたのです。

で、手配されていました。

じゃん!

f0351853_05074621.jpg

スーさんの名で売られていました。

状態が悪いので安かったです。

て言うか、背後の下鴨のおっちゃんの目が怖いですね。



で、スーさんの名で売られていたものの、本当にスーさんなのか分からない。

弓を持ってるし、スーさんというよりもおーくにさんって感じ・・・。

もしくは神武天皇?



本当にスーさん?と思いながらも買ってしまったのは、顔が好みだったから( ´艸`)

f0351853_05074138.jpg

いい顔してますよね!

頬の脂肪の垂れ具合がおっさんらしくていいです。

眉を寄せているところとか。

スーさん云々は抜きにして、芸術品として愛でています。

凄く素敵な像です。



これを見ていたせいか、王の帰還の絵がなんとなくこの像に似てしまいました。

f0351853_05075368.jpg

眉の寄せ具合とか。

塗装が所々剥げて銅の色が露出しているので、メンテナンスに出したいものですが費用は幾らくらいかかるんだろう・・・。



。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。



それでは本日も良い一日を~。


スーさん 「ところでクリスマスの絵はどうした?」

musica 「今日はイブだから・・・」

ス 「出来上がるのかね?」

m 「描き始めたばかりだから微妙・・・」

ス 「頑張りたまえ」

m 「・・・」






[PR]
by garoumusica | 2017-12-24 05:08 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica