カテゴリ:つれづれ( 481 )

そして萩へ。

昨日は久し振りにネックレスを作りまして。

そうすると脳が使い方が変わってしまう様で、上賀茂神社の記事の続きを書く気になれず・・・。

なので先日行ってきました、山口県の萩の話題を。



先日用事がありまして、母と二人で萩市へ行って来たのです。


1年7ヶ月振りです。

で、用事も終わり「萩しーまーと」と言う道の駅へ行って、日本海の新鮮な海の幸を楽しむ事にしたのです。

ナビを見ながら道を確認。



母 「この道をまっすぐでいいんだよね?」

musica 「うん、まっすぐ」



この時、右折すると松陰神社へ行く道へ差し掛かっていました。

で、この会話の直後に母右折。



m 「なんで!?」

母 「右折って書いてあったから・・・」

m 「それは松陰神社へ行く場合はでしょ?今まっすぐって言ったじゃん・・・」

母 「・・・」



信じられない事に、松陰神社は目の前に。

ここまで来たら行かない訳にはいきません。

予定にはありませんでしたが、結局お詣りに行く事になったのです。

松陰神社が気になる方は、前回の記事をどうぞ。→須佐の記事を~(略) 松陰神社編。



私は明治時代とかに建てられた新しめの神社は、いまいちピンと来ません。

建物が美しいですねー、くらい。

ですが、松陰神社はなんだか好きです。

さてさて、到着して母はトイレに行くので今回は参拝しないと言ったので、別行動に。

平日の松下村塾・松陰神社は、人がいっぱい。

人気なんですねぇ・・・。

団体客が多かったので、皆さんが松下村塾に夢中の間にサクッと松陰神社へ。

呼んでくれてありがとう~、いつもこの地を護ってくれてありがとうございます~と挨拶をした後、何となくおみくじを引きました。

ここのおみくじは、松陰先生の有難いお言葉つきなのです。

気になる内容は~?

大吉!

ご教訓は『安きになれて険(難しい事)をあなどればつねに覆転(ひっくり返る、失敗する)す』と、『なせば成るなさねばならず何事も成らぬは人の成さぬなりけり』。

メッセージ、ありがとうございます。

などと思っていたら、母に声を掛けられまして。

やっぱり来ちゃったの?と思っていたら、トイレが分からなかった様で。

去年来た時に、駐車場の裏のトイレに行っていたのに・・・。

まぁ、母も呼び出されたのでしょうね、ここまで来たのだから挨拶していきなさいと。

こんな感じで、松陰神社は終了~。



そしてお待ちかねのしーまーとへ。

海鮮丼を頂きました(`・ω・´)+

新鮮だからウニがおいしい!!!

そして道の駅内の魚屋さんへ。

いけすの中には剣先イカが。

f0351853_02065157.jpg

円形のいけすの中をイカが沢山泳いでました。

こんなに近くで生きているイカを見たのは初めてだったので、小学生の女の子と並んで観察をしていましたw

ところで、萩市の特に須佐と言う所で採れた剣先イカの事を『須佐男命いか(すさみこといか)』と言うそうです。

もちろんその名の由来はスーさん!

ふふふ( ´艸`)。



ヽ(*゚∀゚)ノ*:.。..。.:*ヘ(゚∀゚*)ノ*:.。..。.:*ヽ(*゚∀゚)ノ



それでは本日も良い一日を~。

m 「おっ!TPP承認議案が可決ですってw早速トランプさんにケンカ売ってる・・・」

スーさん 「フッ」

m 「ほんとにトランプさん頼みになってきた・・・」

ス 「9はどういう意味がだったかね?」

m 「えーっと、物事の終わり?」

ス 「そして新しい始まり」




[PR]
by garoumusica | 2016-11-11 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の鳥取県を震源とした地震に際し、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。



2000年に鳥取で起きた地震が起きた時の事を思い出しました。

私が居た場所でも大きく揺れ、側に居た年上だけど背の低い女性が「怖い怖い」と言って、私にしがみついて来たのです。

で、その時私も怖かったのですが、この小さな人を守らなければ!と私の中で男気が生まれました・・・。

それ以来、度々大きな地震に遭う夢を見、その度にどうやったら人を護る事が出来るのかとか、うまく誘導出来るのかとか、色々夢の中で経験をするようになりました。

でも最近はそれがちょっと変わってきて、夢の中でもスーさんありきになってしまったのです。

夢の中で震災に遭ったら、まずスーさんを呼ぶ。

スーさんに助けを求める。

私の意識が庇護する側から庇護される側になったのですかね?

それが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが、自分自身ではどうしようもない所では、完全にスーさんに頼るようになってしまっている気がします。

プロペラ機が揺れて怖いとか、心霊な噂のある場所へ赴く時はスーさんがいるから大丈夫って思ったり。



今回の旅で初めに私の希望した島根5泊6日の旅では最終日が昨日にあたり、その旅程で行動していたら松江で被災し、帰りの便に影響を受けていました。

が、今回はスーさんの提案した日程を採用した事により、影響を受けずに済んだ・・・。

これってよく聞く、なんとなくという心の動き従ったら被害を免れた系の話と一緒・・・?



スーさん 「君の場合は現実的な金の話をし、それに納得した結果だろうw」

musica 「私イヤらしい・・・。でもその通りです。5泊6日の話をした時スーさんに3泊4日にして浮いたお金をタクシー代に回せと言われ、納得した結果の3泊4日でした」

ス 「だから君の場合は『なんとなく』などではなく、考慮した末の結果だ」

m 「うーん・・・、スーさんはさ、今回の地震の件は知ってたんでしょ?」

ス 「まぁ、一応職務柄ね」

m 「何で直接『地震が起きるから早めに帰ろう』と言わないのですか?」

ス 「言う必要が無かったからだよ。君は金の話で納得したから」

m 「はっきり言えばもっと簡単に納得しましたよ?」

ス 「プロペラ機に乗ってちょっと揺られただけで、あんなにも私に助けを求める様な怖がりに、そんな事を言えると思うかね?」

m 「( *ノノ)・・・」

ス 「良いかね?これが方便というものだ。人にはそれぞれに合った対応の仕方というものがある。君に対しては言わないという事もひとつの手だ」

m 「地震を予言する人っているじゃないですか」

ス 「役割が違う。その様な言葉を発する必要のある者もいる。だが君は預言者ではない。君は言葉を預かる者ではなく、姿を預かる者だろう?だから君に余計な事を知らせる事はしない」

m 「以前もブログに書いた気がしますが、それがスーさんの『言わない優しさ』?」

ス 「君の性格を考慮した上だよ。被災する事で学ぶ事があれば被災する、被災しなくても良い場合は被災しない。君は以前被災した事で現在の様な不便な生活を強いられている。だが、だからこそ今の様な生活を送る事が出来ている。それは分かるね?」

m 「はい」

ス 「しかし君には震災を免れるよう、早い時期から引っ越すよう手を尽くしていた事も事実だ。だがあの時の君はそれに従わなかった。それは君の選択の結果だ。そしてその経験をしたからこそ、自分の中に湧き起こる『なんとなく』という感覚を信じられるようになった。震災の経験が生かされているという事だ」

m 「うーん・・・、はい」

ス 「私ともこうやって接する事が出来る様になった」

m 「そうですけど、命を落としたりした場合はそういう事は言えません」

ス 「寿命だ。その者が生まれ出づる時に自ら定めたのだ。命の長短の価値は変わらぬ。それは分かるだろう?」

m 「はい、でも・・・」

ス 「人がどの様な定めを決めて生まれて来たのかは、他の者には分からぬ。早くに命を落とそうが長く生きようが、それはすべて自らが選んだ定めだ。君が心を痛めることはない」

m 「はい。・・・私はスーさんに対する信仰があって幸せですね」

ス 「そこは信仰ではなく、愛情と言って欲しいものだね」




[PR]
by garoumusica | 2016-10-22 05:01 | つれづれ | Comments(0)
昨日、無事に旅を終えて帰って来ました。

今回は前回の奈良旅の時と比べて、とても短い期間で京都・島根と廻って来ました。

島根県では、1日目:日御碕神社、2日目:出雲大社・須佐神社、3日目:熊野大社・神魂神社・八重垣神社、4日目:須我神社、奥宮。

結局、雲南地域は須我神社しか廻る事が出来ませんでした・・・。

体調をかえりみて、ちょっと無理しない方が良さそうだなと判断した為です。



スーさんもちょっとしたサービスをしてくれました。

3日目に松江で予約していたホテルでちょっとしたハプニングがあり、8.300円の部屋が無料で30.300円の部屋にアップグレード!

部屋の広さが違う、禁煙室なのにヤニ臭かった部屋が無臭に、テレビの大きさが違う、浴槽やトイレの大きさも機能も違う、ソファーやテーブルがある、置いてあるティーバッグの数が違うなどなど・・・。

思わずチェックアウトの時間ぎりぎりまで居座ってしまいましたw

自力でこんな部屋に泊まれるようになりたいものです。



それにしても足が無い状態での一人旅は大変でした。

荷物ひとつ運ぶのも大変。

なので、ポーターサービスを駆使しました。

駅から次のホテルまで800円で運んで貰ったり、ホテルで荷物を預かって貰ったり。

それから一畑グループのバス・電車乗り放題のチケットを購入して交通費を節約。

どうしてもここはムリだわって所でだけタクシーを使いました。

須佐神社の最寄りのバス停から須佐神社までと、熊野神社の帰りの乗り換えの場所から神魂神社まで、そして須賀神社の最寄りのバス停から奥宮までと奥宮から須我神社まで。

タクシーを貸し切るよりは安く上がりました。



行く予定の無かった須佐神社や八重垣神社も結局廻りました。

八重垣神社では壁画を見ていて気が付いた事があります。

あの壁画の稲ちゃん、平安な格好をして書簡か本を読んでいるのです。

これって、以前夢で『漫画☆稲田姫物語』の1ページ目を見せられた時に聴こえてきた、

「ねぇ、スーさん?あの頃は歌を詠み合ったり、一緒に書物を読んだりして、毎日楽しく過ごしましたね」

という稲ちゃんのセリフのまんまじゃん!→稲ちゃん物語。



それから須我神社の奥宮。

f0351853_00424718.jpg


この磐座のすぐ横にはスーさん異様にこだわる桜、山桜の木があったのです。

f0351853_00430054.jpg

なんかビックリ・・・。

今回の出雲旅リターンズは、スーさんのこだわりの理由を再発見した旅でもありました。



はー、今日はお疲れさんなので、何を書いているのか分からなくなって来たこの辺で失礼します。





[PR]
by garoumusica | 2016-10-20 05:00 | つれづれ | Comments(0)
という訳で、京旅は今宮神社でおしまい。

そして出雲です。

しかしですね、伊丹から出ている出雲行きの飛行機がプロペラ機だった訳です。

しかもですね、私はプロペラ機に乗ったのが初めてだった訳です。

もー、アレですね!

揺れますね!プロペラ機は!!

あんなに恐ろしい離陸は初めてでしたよ!!!

私はその昔におっさんsによって飛行訓練を毎日何年も受けたので、飛行機に乗るのは好きなのです。

重力がかかるのがすごく好きなんです。

ですが、プロペラ機は・・・(´・_・`)。

あまりの恐ろしさにスーさんに泣きつきましたw

すっごい心の中で助けを求めましたし、スーさんに抱きかかえられて飛んでるイメージをしてみたり。

で、いよいよ着陸か?というところで私、突然寝てしまいまして。

ガタンという振動で目が覚めたら着陸していました。。。

離陸の時に私が余りにも心の中で騒いだものだから、多分きっとスーさんに眠らされたのだと思うのです・・・(´・_・`)。

なんかすっごくビックリでした。


13時頃に出雲空港から出雲市駅に向かうバスに乗り、出雲市駅から今度は出雲大社行きのバスに乗り換え。

で、一旦荷物を宿に預けて再びバスに乗って日御碕まで行きました。

目的は日御碕神社!

・・・の前に16時まで営業の海鮮料理の花房さん!

海鮮丼がめっちゃ美味いお店です。

バスを降りて一生懸命山道を歩き、辿り着いたのは15時半!

この日は曇り時々雨な1日だったので、運良く材料も残っていました!

売り切れたらおしまいのお店なので、ヒヤヒヤでした。

美味しい美味しい日本海丼を食べた後は、スーさん主祭神の日御碕神社へ。



門です。

f0351853_23293418.jpg

立派です。



スーさんの宮。

f0351853_23294828.jpg

雨が本格的に降り出したので、ちょっと暗いです。

出雲って前回も雨の歓迎でした・・・。

禊の雨らしいですけどね。



これはスーさんのお社かな・・・?

f0351853_23300168.jpg

迫力のある神社でした。



うみねこの繁殖地の島。

f0351853_23301163.jpg



鳥居に鳥?

f0351853_23302252.jpg





[PR]
by garoumusica | 2016-10-19 05:00 | つれづれ | Comments(0)
いよいよ今宮神社です。

そもそも今回の京旅は、ここから始まりました。

ほんとバタバタでした。

もう懐かしい。



今宮神社の本社です。

f0351853_22395568.jpg

カッコいいですねぇ・・・。

優しい穏やかな気が流れて来ました。

祭神は、おーくにさんと稲ちゃんと事代主さんです。



そしてスサノオさんの疫社。

f0351853_22401034.jpg

本社と続きでありました。

ほんとにカッコいいお社です。

こちらの方はがっつり気を流してもらいました。



斜めから。

f0351853_22402208.jpg

素敵ですよねぇ・・・( ´艸`)

ほんとに良い神社でした。



神社を後にすると、もうひとつお楽しみが、

名物あぶり餅です!(`・ω・´)

小さくちぎったお餅にあま〜い味噌きな粉タレ。

美味しかったです!

今宮神社、おすすめです。






[PR]
by garoumusica | 2016-10-18 05:00 | つれづれ | Comments(0)
スーさんの見事な手の平コロコロにより、辿り着いた船岡山。

平安京の起点となった山であり、十字架の罪状の板に当たるとされている山です。

実際に登ってみると、山と言うよりは丘って感じ。

あっという間に山頂です。



山頂からの眺め。

f0351853_21590769.jpg

平安京方面です。

遥か昔もこうやって平安京を眺めていた人がいると思うと、なんだかすごいですよね。



そして磐座。

f0351853_21592377.jpg

この船岡山では平安時代に数々の祭祀が行われていたのだとか。

結構色んな事件の現場となった山ですし、自殺される方も多いそうなのですが、意外と私は平気でした。

どっちかって言うと気が充実しました。

合う合わないが分かれそうな感じですかね?



そして折角なので元稲荷へ。

この反対側に建勲神社という織田信長を祀った神社があるのですが、そこに元宮があります。

じゃん!

f0351853_21594791.jpg

こちらが伏見稲荷の元宮とされている命婦社です。

ロマンですねぇ・・・。



今宮神社へ行かれる際には、こちらにも足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

なんかネットによると心霊スポットらしいので、気になる方は早い時間帯に行かれると良いと思います。

肝試しのリア充カップルに遭遇して心折れちゃうかもですから・・・(´・_・`)





[PR]
by garoumusica | 2016-10-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)
さてさて、八坂神社を後にし地下鉄に乗って下鴨神社へ向かいます。

その途中で見かけた京都南座。

の、裏口の前に立つ職人さん。
f0351853_20475744.jpg

なんか雰囲気が似合っていました。



下鴨神社の手前にある河合神社。

美麗の神様だそうです。
f0351853_20475839.jpg

色合いが美しい。。。



こちらでいただいた美人水。
f0351853_20475815.jpg

かりんの飲み物です。

爽やかな甘みがあって疲れが癒されました。



下鴨神社の門。
f0351853_20475906.jpg

華やかです。

下鴨神社ではスマホでこれしか画像を撮っていませんでした。。。(´・_・`)

帰ったらまたデジカメで撮った画像を載せていきま、、、あ、奈良旅の記事をさっさと終わらせろですって。。。



で、いよいよ今宮神社へ移動です(`・ω・´)

今度はバス移動となりました。

バス停で見た空。
f0351853_20475985.jpg

良い天気でした〜。



で、今宮神社へ行く為に降りたバス停の名は、船岡山。

皆さま、船岡山という名に覚えはありませんか?

そうです!

伏見稲荷大社の元宮のあった山です(`・ω・´)

以前日ユ同祖かなんかを勉強した時に出てきたアレです。

まぁ私もすっかり忘れていたんですけど、バスの中で突然思い出し、急遽船岡山へ登る事を決意したのです。

なんかすんごい手の平コロコロ感が満載です。

明日はその船岡山と今宮神社です。




[PR]
by garoumusica | 2016-10-16 05:00 | つれづれ | Comments(0)

八坂神社の巻。

順番では次に行ったのは上賀茂神社なのですが、ここは物凄くミラクルだったので、スマホで簡単な記事を書くのがもったいない!

なので昨日行った八坂神社を。



昨日は4時44分起きで7時45分に八坂神社へ到着!
f0351853_23510222.jpg

楼門です。

社務所がオープンするのが9時からなので、参拝者はほとんどいません。

でも中には入れるので、じっくり堪能させていただきました。



はいでーん。
f0351853_23510459.jpg

立派ですねぇ。。。



正面から。
f0351853_23510573.jpg

色合いがいい感じです。



斜めから。
f0351853_23510679.jpg

段々と日が射して来ました。

社務所のオープンする9時まで、のんびり参拝させてもらいました( ´ ▽ ` )。

は〜、牛頭天王のエネルギーを堪能出来て満足です。

牛頭天王の絵、描きたいです。



八坂神社で見かけた猫。
f0351853_23510648.jpg

芸術レベルに、猫も日の射し方も美しかったです。







[PR]
by garoumusica | 2016-10-15 05:00 | つれづれ | Comments(0)

鞍馬山の由岐神社。

バスと電車を乗り継いで鞍馬山に。

お約束画像。
f0351853_23060557.jpg



山門を通ると虎がお出迎えです。
f0351853_23060697.jpg

凛々しい子と、


f0351853_23060798.jpg

愛らしい子。

どちらも素敵です。


ケーブルカーには乗らずにてくてく登って行きます。

そして辿り着いたのは由岐神社。
f0351853_23060850.jpg



大きな杉が門から覗きます。
f0351853_23060816.jpg



なんかですね、拝殿本殿をスマホで撮るの忘れていまして、本日はここまでです。。。(´・_・`)

由岐神社の後は鞍馬寺に行く予定でしたが、貴船神社ではしゃぎ過ぎて時間がだいぶ過ぎてしまい、鞍馬は由岐神社でしゅーりょ〜です!

鞍馬寺はまた今度となりました。


この後は上賀茂神社へ向かいます。

これがまた仕組まれた感じの流れとなったのです(`・ω・´)


[PR]
by garoumusica | 2016-10-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日の続きです。


奥宮へ向かってテクテク歩いて行くと、可愛らしい切り株が。
f0351853_00303183.jpg

苔がいい感じです。


奥宮。
f0351853_00303241.jpg

心霊スポットらしいですけど、普通に気持ちの良い場所でした。

観光客も多かったですけど。。。


相生の杉。
f0351853_00303264.jpg

一本から分かれた杉です。


ラストは結社。
f0351853_00303364.jpg

磐長姫のお社です。


天の磐船と結社。
f0351853_00303309.jpg

天の磐船は貴船の山奥で見つかり、平成8年に結社に設置されたのだそうです。

案外最近。

貴船神社は木と水に満たされた、本当に気持ちの良い場所で。

気がつけば2時間半が経過していました。

この後ここからバスと電車を乗り継いで、鞍馬山に向かいました。



[PR]
by garoumusica | 2016-10-13 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica