人気ブログランキング |

カテゴリ:おーくにさん( 32 )

という訳で、何とかバレンタインデーに更新出来ました!

じゃん!

f0351853_21313508.jpg

と言っても背景が間に合いませんでした・・・。

前回の記事を更新した後でなんと!風邪を引いちゃったんですよ~。

前回の内容は、今までとエネルギーが大きく変化した内容でしたから、さもありなんという感じではありましたが。

今回の風邪は清く正しい喉からの風邪でした!

前回の風邪は耳からでしたから、喉からの風邪は清く正しい感じがします。

綾瀬はるかさんに「あなたの風邪はどこから?」と聞かれたら、

「私は喉から!」

と自信を持って言える、そんな風邪でした・・・。



さてさて、絵に描いたメッセージはこの絵のテーマソングのタイトルに掛けたものになります。

こちらでした。



f0351853_06340760.jpg

f0351853_21313508.jpg

あはは~、ベースは同じですがきちんと描くとやっぱりイイですね!

ですが顔つきは前回のラフなイラストの方がいい感じです。

ラフなイラストの方が想像で補える部分が多いので、自分の好みに見えやすいのかもしれません。

気が向いたらもう少し修正を加えてみようと思います。



さてさて、今回のメッセージは「あなたは私のただ一人の大切な人」。

前回のは「私が必要としているのはあなただ」という感じ。

まぁどちらも日本神界きってのモテ男だから言える言葉ですね。

さっすがおーくにさんです。



という事でハッピーバレンタイン更新はこれにてしゅうりょ~。

次回は20日、来週の水曜に更新します。

それでは皆さま良いバレンタインデーを~。







by garoumusica | 2019-02-14 21:38 | おーくにさん | Comments(2)
お知らせです!

次回の更新は3日後のバレンタインデーの日です。

この日にお正月用に描いていたおーくにさんイラストを載せようと思います。

何時に更新するか分かりませんが、なるべくいつも通りになるように努力します!

んがっ!

おーくにさんの顔もきちんと描きたいので出来るだけ粘る予定の為、まぁバレンタインデー中の更新を目指したいと思います。

世の女性はバレンタインに贈り物を送る事はあっても、貰う事は少ないですよね。

今年はおーくにさんのお色気をプレゼントです!(`・ω・´)



さてさて、ターコイズ・ネイティブアメリカン騒動はひとまず終焉を迎えたようです。

何故なら、なんとなく気になるものを見つけて購入しようと手続きを進めている最中に売り切れてしまう事4回!

まさに加護無し状態!!!

とは言うものの、特に好きなデザインではなくて、ただ「ネイティブアメリカンジュエリーの基本的なデザインなのでコレクションしておこうかな」という程度のお品物だったので、まぁそんなもんかなと。

結構お金使いましたけど棚ぼたで手に入ったお金でしたので、まぁタダみたいなもんです。

支えになっているターコイズは、元々ホーンビーズと共にネックレスになっていたものをばらして、ターコイズだけで繋ぎ直したものです。

元はこれ↓。

f0351853_04465093.jpg

横の豆大福は一般的な大きさのもので、ターコイズのデカさ比較の為に並べました。

このネックレスはフリマアプリで別に購入したターコイズのネックレスの返金された代金で購入したものです。

ターコイズ自体はアメリカ産だけれども加工はインドで行われたネックレスだったんですけど、出品者さんと連絡が取れずに取引キャンセルになって、返金処理が行われた直後に出品されたのが、画像のどでかターコイズネックレスで。

出品者さんがアリゾナ旅行中に購入したんだけど、帰ってから見ると似合わないわデカいわで未使用というお品物でした。

実際手にしてみますと本当にデカい。

一番大きなビーズは縦5㎝もあり、全体の重さは265グラム。

私が以前作ったオーラソーマのボトルのような色合いのペンダントは25グラムなので、かなりの重さです。

そして私もへちょんって感じで似合わない・・・。

多分ビッグなサイズのアメリカンマダムが身に着けたら、丁度良い石の大きさにネックレスの長さなんです。

ビッグママに比べたら日本人は首が細いですから、へちょーんとなって決まらないですよね。

出品者さんは旅行先テンションで購入しちゃったのだろうな、と勝手に推測してしまいました。

ネックレスにも使えない、小さい石を使ってブレスレットを作ってみたものの、ゴロゴロして気になって仕方ない・・・。

なので、石の部分だけ繋いでエネルギーを感じる為だけに使っています。

おっさんも石のエネルギーが堪能出来るからと推してきましたし。

実物も物凄い野性味溢れるターコイズで、手に入れた時には新鮮な鉱物の匂いがプンプンしていてちょっと気になったので、歯ブラシと石鹸でゴシゴシ洗ったほどでした。

手に入れてから毎日寝る時に胸骨の部分に載せ、エネルギーを感じながら寝ています。

かなりの安眠グッズですよ!



さてさて、おーくにさんに似合うからという事でイラストでおーくにさんの腕にはめる事になったカフ。

手元に届いてから何も考えずおーくにさんに「はーい」と渡して(捧げて)しまいました。

そして実はネイティブアメリカンジュエリーではないものの、気になって仕方なかったカフも購入したのです。

こちら↓。

f0351853_03454284.jpg

右側がおーくにさんので、左側が新たに購入したカフです。

左側のカフはアフリカの遊牧民であるトゥアレグ族の方が作ったものになります。

右側のネイティブアメリカンジュエリーはスタンプで模様が付けられているのに対し、トゥアレグジュエリーは手でひとつひとつ模様が彫ってあるのが特徴です。

そしてネイティブアメリカンジュエリーがシルバー925製なのに対し、純銀に近い素材で作られているそうです。

調べてみたところ、かのエルメスでもこのトゥアレグジュエリーが使用され、それで一躍有名になったようです。

エルメスなどはお店を冷やかしで徘徊するぐらいしか縁が無い高級ブランド品ですが、こちらは親近感のあるお値段で売られており、しかもタイミング良く物が売れてその売り上げ金で購入してしまいました。



で、手元に届いてからスーさんに似合いそうだなと思い、「スーさん、はーい」とスーさんにプレゼントしたんです。

特に意図は無かったですけど、なんとなく。

イラストのおーくにさんが身に着けるのとは違いますし、第一似合わない。

ゴツイ感じや模様の雰囲気がスーさんが似合いそう。

じゃあスーさん、はーい。

本当にそんな感じだったんですけど、昨日このような解説がありました。



おーくにさん 「私のカフはどこの誰が作ったものかね?」

musica 「アメリカの先住民族のナバホ族の方がナバホ・ネイション(先住民保留地。アリゾナ・ユタ・ニューメキシコに跨る)で」

お 「君の大きなターコイズのネックレスは?」

m 「アリゾナですって」

お 「君がスサノオ殿に贈ったカフは?」

m 「アフリカです」

お 「それがそれぞれ現地で購入された物が日本に入り、そして君の元へ辿り着きそれぞれスサノオ殿と私に捧げられた。地理的に何か気が付かないかね?」

m 「日本を中心とした地図では正反対に位置する?」

f0351853_03450336.jpg

左側の星がトゥアレグ族の活動範囲あたり、右側の星がナバホ・ネイションあたり、真ん中の星が日本になります。



お 「何故君はトゥアレグジュエリーのカフをスサノオ殿に渡した?何故私じゃなかった?」

m 「スーさんに似合いそうだというのが一番でしたけど・・・」

お 「トゥアレグ族という方たちは過去において好戦的な民族として知られていたし、今でも剣を帯刀しているだろう?エネルギー的にはスサノオ殿の方が合う。君は神話のやんちゃな彼を知っているから、無意識に感じ取ったのだ」

m 「じゃあおーくにさんは?なんでネイティブアメリカン?」

お 「彼らの歴史を振り返れば分かるだろう?」

m 「あー、侵略を受けた側?おーくにさんもあくまで神話的にですけど」

お 「ナバホの方々は侵略者である者たちと戦わずに話し合おうとした。それは神話とは言え私のエネルギー性に合うのだよ」

m 「なるほど・・・」

お 「君は全くそのような事は意図しなかったが、私に似合うと感じた時点でその波動を感じ取っていたのだ。スサノオ殿に関しても同じだよ」

m 「エロ男爵に似合うと思っただけなのに、こんな壮大な意図が隠されていたとは・・・。あっ!て言うかまた手のひらコロコロじゃないですか!!!」

お 「今回はwin-winだろう?君はジュエリーを手に入れ、ターコイズのエネルギーに触れ、そして自分の求めるジュエリーがネイティブアメリカンジュエリーが基になっていたという気付きを得、我々は彼の地のエネルギーを君によって捧げられた。ついでに言うと、君の今回の資金源となったオークションにかけた品物を落札した者も、良い物が手に出来た喜んでいたではないか」

m 「いったい私はどこから手のひらコロコロされていたのですか?オークションしてみようと出来心が湧いた時?ジュエリー作家さんの作品に興味を持った時?それともオークションにかけた品物を購入した時?」

お 「それは様々な要因が重なった時だよ」

m 「あ、誤魔化した」

お 「ではこう言おうか?それは『守護のみぞ知る』」

m 「ズルい!」

お 「まぁまぁ」



またしても壮大な手のひらコロコロをされていたようです。

気が付けないって本当に悔しいもんです。

自分の意志が自分のものではない感じがして。

スーさん的に言えば守護される者と守護する者は一心同体なんでしょうけど、それでもなんだか悔しい画廊musicaです。

それでは皆さま良い休日を~。

次回はバレンタインデーです。








by garoumusica | 2019-02-11 05:00 | おーくにさん | Comments(0)
節分の日の話。

歳を重ねるごとに増えていく、節分の日に食す大豆。

特に美味しいものでもないですし、ノルマをこなす為にひたすら黙々と食べるという感じで。

あー、今年もそんな感じなのかな~と思いながら用意してあった大豆の袋を見たところ、今年は2種類の大豆が用意されていました。

同じメーカーなんだけれども、100グラム当たりのカロリーが40キロカロリーくらい違います。

糖度の違いでしょうか?

大豆に取り掛かった時には既に23時を過ぎていたので、カロリーの低い方を食べようかな?と思い始めたところ、ふと、カロリーの高い方の袋に打ち出の小槌の絵が描かれている事に気がつきまして。

『あ、おーくにさんだ』

という事で、打ち出の小槌の描かれたカロリーの高い大豆を食べる事に決めた瞬間、



おーくにさん 「では福豆にしてあげよう」

musica 「(よく分からないけど)やったーw」



という感じで、おーくにさん由来で大豆を選んだ事に気を良くされたのか、大豆にエネルギーを込めてくれたようです。

普通の大豆とどう違うの?と聞かれてもよく分かりませんが、例年に比べて最後までおいしくいただけました。

おーくにさん、ありがとうございました。



さてさて、先月の終盤から突然始まったネイティブアメリカンジュエリー騒動。

今まで興味の無かったものに対して突然興味を持ってしまって、本当にアラびっくりでしたが、今描いているおーくにさんがネイティブアメリカンの方が作られたバングルを身に着けるという事にもアラびっくり。

なんでしょうね?多分何らかの意図があるんだと思いますが、考えるのめんどくさいー。

ネイティブアメリカンのインディアンじゃなくてインド人を意味するインディアンなら、出雲王国インド人説があるからまだ分かるんですよ。

でもアメリカでしょ?

距離が遠いじゃん!と書こうとしたら、ネイティブアメリカンはモンゴロイドに属するだろう?とおっさんが・・・。

その他の類似点と言えばアミニズムですかね?

万物に霊が宿る的な。

自然に神聖を見い出し敬ってきた歴史は日本と同じかもです。

そういうところは、全てに神聖を見い出せと言うおっさんの教えに通じますね。

私が素敵だな~、でも高いから手が出せないや~と思っていたペンダントが、実はネイティブアメリカンジュエリーと同じ手法で作られているという事を気がつかせる為だけでなく、彼らの宗教感も参考にせよという感じでしょうか。

彼らのジュエリーを見ていると、カチナと呼ばれる精霊なども多く出て来ます。

何でも400種類くらいあるそうですよ。

まさしく八百万ですね。



ところで、ネイティブアメリカンジュエリーを見ていると、時々十字架が出て来るのです。

十字架。

私はそれを見て『えっ、なんで!?』と思いました。

だってキリスト教を信仰する人たちによって、彼らは何千万人も虐殺されたのですから、少なからず嫌悪感があるんじゃないのかなって。

とは言うものの彼らも商売ですから、売れなければ意味がありません。

生活の為に意に沿わないものも作らなければならないんだろうな、などと思っていましたが違いました!

レイ・トレイシーさんという作家さんの解説によると、ネイティブアメリカンがスペイン人宣教師の十字架を初めて見た時に、彼らの祖先のひとつであるトンボを彷彿したらしいんです。

これは多分横棒が1本の十字架じゃなくて2本の十字架の事だと思うんですけど、祖先を思ったのか・・・。

トンボを彷彿するって・・・、なんか思考がいい人っぽいですねぇ。

現在でも宗教的な意味は無くて「4つの方向」を表すモチーフとして使われているそうです。

また、メディスンホイールという十字と丸で出来たシンボルがあるのですが、それによると十字はネイティブアメリカンにとって調和を表す神聖な数「4」を表しているとか。

4つの方角や色、人種、季節などをはじめとする、様々な意味を内包し象徴したものが十字架であり、 バランス・調和など表しているそうです。

なるほど・・・。

憎しみを覚えても良い虐殺した張本人の宗教アイテムに、自分達の宗教観を当てはめて用いるとは、なんて懐の深い人達でしょう。



ところでメディスンホイールについて調べていたところ、占いみたいなのが出て来まして。

生まれた月?じゃないですけど期間によって精霊が違うみたいなんです。

それではやってみましょうー。

私の誕生月?は『クーガー<強い風の月>』。

あと、トーテムアニマル占いというのではピューマ。

ネコ科が多いですねw

それから驚いたのは運気を上昇させてくれる鉱物が、なんと!

ターコイズ・・・。

これか!!!

ターコイズの付いたジュエリーに突然目覚めた理由は・・・。

そしてやはり属性が水。

「ス」の字が先頭に付くおっさんの影がちらちら・・・。

えー、もうやだ~。

やっぱり私っておっさんの手のひらコロコロなの・・・?

そりゃあこの度の騒動に関してはお金も与えられましたし、その事も理解はしていましたが、はっきりくっきり多^恋図、違ったターコイズと占いで出て来ると微妙に反抗したくなる画廊musicaです。

あーーー、なんか悔しーーー!!!

私ちょろ過ぎじゃん!!!



あーあ、本日はこんな感じです。

書き始めた時はこんなはずじゃなかったのに、こんな感じです・・・。

皆さんもお時間のある時にメディスンホイール占い、トーテム占いをしてみてください・・・。

それでは良い一日を~・・・。









by garoumusica | 2019-02-05 05:00 | おーくにさん | Comments(0)
おめでとう!クリスマス☆

という訳で、私はおーくにさんのイラストを仕上げる事は出来ませんでした・・・。

昨日の段階でやめておけば良かった。

あれはあれで適当なイラストとしては出来上がっていました。

んが!

楽しくなっちゃったんですよね、私が・・・。

ロマンスグレーおーくにさんのヘアスタイルにこだわってしまったものだから、髪だけ妙に手の込んだイラストになってしまって。

全体のバランスが取れなくなってしまい、全体的にきちんと描かなければいけなくなってしまったのです。

で、昨日頑張りましたが頭部が見られるようになったよ!と言うところで、ただ今6時50分☆

仕方がないので現時点のイラストを載せる事にしました。

だってクリスマスですもん!

バリー・ホワイトのミュージックが背後に流れるおーくにさんからの、クリスマスメッセージです!

じゃん!









f0351853_06340760.jpg

頭部だけリアルwww

せめてここでやめておけば良かった・・・↓。

f0351853_06350610.jpg

全体的に平べったいからまだマシなんです、この絵。

ですが髪型がチェスターコートの似合うおーくにさんじゃない。

私が夢で見たのはこの髪型↓。

f0351853_06340760.jpg

おーくにさんの癖毛がより強調されています。

そして完成品は背景がホテルの窓から見た夜景になっています。

クリスマスに~、夜景のきれいなホテルで~、ネクタイを外す~。

さっすが日本神話界きってのエロキャラです!

あ!この曲を添えるのを忘れていました。


是非ご一緒にご賞味ください。



さて、この絵もとりあえず完成させないと、ですね。

いつ締切にしようかな・・・。



おーくにさん 「新年の挨拶イラストをこれにすればいいじゃないか」

musica 「新年早々セクシーおーくにさんですか?」

お 「新年早々大黒像とは縁起が良いだろう?」

m 「えー・・・、どうだろう・・・」



という事で、本日は完成しませんでした☆の巻でした。

それでは良いクリスマスを~。











by garoumusica | 2018-12-25 07:10 | おーくにさん | Comments(2)
寝てしまった・・・。

ベッドの上で今日の記事に使う絵を描いていたら、うっかり寝てしまった・・・。

描いてる途中に寝たものだから布団も掛けていなかった為、なんだかおなかの調子が・・・。

頭も痛い気がするので、身体を冷やしているから暖めたいけれども熱さまシートでおでこを冷やすという、訳の分からない状態となっています。

はー・・・、どないやねん・・・。

て言うか時間が無い~。

で、旅つれづれを放置中ではありますが、妙に印象深いおーくにさんの夢を見たので、そちらの話題を書いていきます。

最近はおーくにさん、絶賛仕事中ですねぇ。



以下夢の内容です↓。

現実世界では面識のない女性と親しげに会話をしながらロッカールームに行く。

私は迷いなく自分のロッカーに辿り着き扉を開けるが、もう一人の女性が驚いたような声を上げたので後ろを振り向く。

そこには正方形のテーブルがあり、その上にセミの抜け殻のような物で出来た大黒像があった。

↓こんな感じでもっと可愛げが無い感じ。

f0351853_03282565.jpg


大きさは5センチ位で淡い金色をしていて、体つきは丸っこく可愛らしい印象。

だが目は「〇〇」という感じなので、キモカワイイ部類。

その大黒像がピョコピョコと上下するものだから、もう一人の女性が驚きの声を上げたようだ。

よく見ると大黒像の向かって左側に天井から伸びた蜘蛛の糸(絵では濃い色で表示)がついており、その蜘蛛の糸の伸縮により大黒像は上下していた。

そのうち大黒像は前後に揺れ始め、その揺れが大きくなるにつれ段々と私に近づいて来る。

そして右手に持った打ち出の小槌から金色の粉が出始め、私にファサーッと降りかかる。

私はその間『目がキモいんですけど』などと失礼な事を考えていた。

気がつくと大黒像の顔が目の前いっぱいに広がり、そして芝居がかった声で私に語りかけてきた。

「君の才能を思う存分発揮する事の出来るお仕事ですよ。さーあ、張り切っていきましょう!」

その言葉を聞いた瞬間覚醒。



で、この夢は夕方どうしても眠くなった時に見たものでしたが、実はその時間に荷物が届く予定となっていたのです。

目が覚めてからその事をハッと思い出し、慌てて下の階に行くと既に私宛の荷物が届いていました。

その中身はと言うと・・・、

f0351853_03295194.jpg

このカメオです。

このカメオについては先週先々週と本館ブログに載せたので(→桜のカメオ、再び。)覚えていらっしゃる方もおられるかもしれません。

某フリマアプリで一目ぼれしたカメオです。

実はこのカメオが出品される前に別のカメオを購入しようとしていたのですが、出品者さんが購入前のコメント必須な方だったので購入希望のコメントを載せたところ、そのすぐ後に別の方が出品者さんの意向を無視して購入されるという事があったのです。

残念でしたがまぁ、私の手に入らないという事は私には必要のない物だったという事なので、特に気にしてはいませんでした。

で、次にフリマアプリを開いた時に、丁度出品されたばかりのあの画像のカメオがトップ画面に映り、一目ぼれ。

サインを確認したら私の好きなシュミットさんでしたし、物を売った売上金がほぼそのカメオの料金と一緒だったので、あぁ、さっきカメオが購入出来なかったのはこのカメオを買う必要があったからだったんだなと思い、さくっとポチッたのです。



さてさて、あのおーくにさんの夢のセリフ、「君の才能を思う存分発揮する事の出来るお仕事ですよ」と言うのは、多分タイミング的にカメオのような物、つまり以前からスーさんに催促されていたメダイ的なものを作れという事なのだと解釈しました。

朱い大きな鳥の夢もそんな感じでしたし。

彫金の道具をプレゼントされた事もありました。→自分の怒りポイントを探る、の巻。

f0351853_04203667.jpg

ですが、実はあまり練習は進んでいませんでした。

何故かと言うと、スーさんから「神話を超えたところを見よ」と散々言われてきたにも関わらず、私が作りたいと思う物は十字架とか剣とか、宗教的なアイテムばかりだったからです。

もしこれらの品を作って売ったとすると、購入者さんは十字架の向こうにキリスト教的守護を、剣の向こうにスーさんだとかミカエルさん等の守護を見てしまうのではないかと思います。

もちろんそれは個人の自由なのでそうであっても構いませんし、おっさん達も応えてくれるはずです。

が、神話を・宗教を超えたところを見よと散々言われて来た私が作るのは、かなり違う。

そんな感じで何を作ったらよいか分からない状態が、今の今まで続いていたのです。



なのに、あのような夢を見てしまった・・・。

私は何を作るんでしょう?とベッドサイドのおーくにさん像にお悩み相談したところ、脳裏に浮かんだのは次回の『稲田姫物語』に出て来る一文、

「人は自然に神聖を見い出す」

というものでした。

これはスサノオ君の穏やかさや謙虚さ、荒れっぷりを目の当たりにした亡者さん達が、スサノオ君を「自然の様だ」と評したところから生まれた一文です。

推敲していませんがこんな感じです。



「男はスサノオを自然の様だと思った。

自然とは何か。

自然とは人の力でどうする事も出来ない圧倒的な力だ。

心穏やかに過ぎ行く日もあれば、全てを根こそぎ奪い去る日もある。

新しい命を次々を生み出し笑いかけて来る日もあれば、雷を落とし全てを燃やし尽くす日もある。

人の力では到底かなう事のない圧倒的な力を持つもの、それが自然だ。

そして人は自然に神聖を見い出す」



つまり、おーくにさんは宗教的なデザインで神聖を表現するのではなく、それを超えた、元となった自然の中にある神聖さをモチーフにしなさい、という答えをくれたのです。

購入した桜のカメオ、私だったら稲ちゃんを彷彿とします。

なんとなく以前描いた絵のデザインと似ていますし。

f0351853_03284772.jpg

でも稲ちゃんと思うと、そこに宗教的なエネルギー循環が生まれてしまいます。

が、桜を擬人化したものとして捉えれば宗教的なエネルギー循環ではなく、地球的なもっと大きなエネルギー循環となります。

上手く言えませんが、おーくにさんがアドバイスしてくれたのはきっとそういう事だと思う。

あ、おーくにさんっていうのもちょっとアレかもしれません。

私のガイドさんのパール姐さんがアジアの女性性エネルギーの擬人化という事を考えれば、おーくにさんやスーさんは日本の、中国地方の男性性のエネルギーの擬人化したものという事なのかもしれません。

この絵だとしょぼいですけど。。。

f0351853_03282565.jpg

ぼくちん男性性エネルギーでース☆って感じ?

よく分からない記事となりましたが、ひと言で言うとようやく一筋の光明を見たという事です。

おーくにさん、ダンディなおじ様になったりキモかわ大黒像になったり、あの手この手で導いてくださってありがとうございます。



時間になったので以上です。

それでは皆さまはうっかり寝て風邪をひいてしまわないよう、お気を付けください。

また次回までお元気で~~~。







by garoumusica | 2018-12-18 05:00 | おーくにさん | Comments(0)
最近普通にいろいろと書く事があるのですが、まずはちょっと前の話から。



今年に入ってから淡々とミャンマー・糸魚川の翡翠を集めて参りました。

フリマアプリで譲ってもらったり、職人さんから直接購入したり、専門店で購入したり。

今年は翡翠に始まり翡翠に終わりそうです。

そんな中、糸魚川翡翠でちょっと気になる形のものがあり、それを制作していた職人さんのサイトをちょくちょく覗いていましたが、再販の様子はなくって。。。

直接頼めばいいんですけど予算を超える価格を提示されたら困っちゃうんで、様子を見ていたのです。

気になっていた形はどんなのかというと、こんな形。

f0351853_03082015.jpg

この画像は普通の天珠ですが、この形をした糸魚川翡翠のビーズを使ったブレスレットを見かけ、惹かれるものを感じていました。

そのブレスレットは質の良い糸魚川翡翠を使って作られていたので、10万越えのお品。

天珠の部分だけだったら3~4万といったところでしょうか?

ここまで質の良いものでなければ2万円しないかもしれません。

まぁ、いずれにせよおいそれと購入出来る価格ではありませんが。

それでもなんとなく思い出した時に検索をかけていたのです。



で、ある日某フリマアプリで翡翠を検索したところ、非常に分かりにくい形で糸魚川翡翠で出来た天珠が出品されているのを発見。

商品説明を読むと出品者さんのおじいさんが作られた物のようです。

しかもそれが格安でワンコインで出品してあったのです。

実はこのちょっと前にハンドメイドのサイトで手作り糸魚川翡翠の天珠が千円ちょっとで売っているのを見かけていたので、フリマアプリだからこんな値段で売られているのかな?と思い、出品されていた天珠3点を買占め。

で、やっぱりちょっと安くて申し訳ない気もしたので、他にも出品されていた同じ値段の翡翠製品も購入したのです。

同梱で発送してもらったので、ひとつ当り400円程度のお買いものとなりました。



そしてお品物が到着。

いそいそと開封してお品物を見てみたところ、頭の中が真っ白に!

到着した天珠はどう見ても400円で購入して良いお品物ではありませんでした。

なんと!

青翡翠と淡いラベンダー翡翠で出来ていたのです・・・。

青翡翠の方はベースが淡い青と淡い青紫で、美しい墨絵のような紺色の模様が一面に入っています。

ラベンダー翡翠の方は淡いライラック色。

初めて手にする高品質の糸魚川翡翠です。

しかも仕事が非常に丁寧で艶やかな美しい仕上げ。

厚みもあり材料費もかなり掛かっているはずです。

多分、青翡翠の天珠を普通に購入しようとしたら2万円は下らないはず・・・。

いいの!?出品者さん!!!

出 「沢山買ってくれてありがとうございました!」

まじか!



この翡翠を受け取っていいのか非常に悩みました。

本当に吐きそうになるくらい迷いました。

出品者さんに追加でお金を払うべきか、お返しするべきか。

もうどうしようもないので、うちの翡翠担当のおーくにさん像にご相談。

「このまま持っていても良いのでしょうか?それともお返ししましょうか?」

それからおーくにさん像に掛けやすいようにブレスレットにしていた天珠たちを、おーくにさん像の腕にかけて就寝したのです。



そしてその日に見た夢。

何かの集まりで知り合った人達と飲み会をした後のようで、代金をそれぞれ2千円か3千円支払っているところでした。

私も支払おうと財布の中を覗いたところ1万円札と5千円札しかなく、思わず周りを見渡しながら、

「大きいお札しかない」

と訴えました。

初めて会う人達との飲み会だったようで、お金を崩してくれる親しい人もいません。

この時私は、さっきの発言は「大きいお札しかないから誰か代わりに払ってくれない?」という風に取られたかもしれないと、自分の発言を悔やみます。

それから慌てて小銭入れの方を見ると、500円玉が何枚かあります。

これで支払おうと500円玉を出そうとしたら、チェスターコートを見事に着こなした背の高いダンディーなおじさまに声を掛けられました。

「どうかしたの?」

私は慌てながら、財布のお札入れの方の中身と小銭入れの方の中身をおじさまに見せると、おじさまは私の状況を察知したようで、

「そのお金は取っておきなさい」

と私の耳元で言ってくれたのです。

それから次は大人数でカラオケに行くようで、エレベーターで下の階に向かいました。

私はエレベーターの中で歌う曲を考えていました。

人数の少ないカラオケなら歌える曲数も多いので、簡単な曲から難しい曲へと喉を慣らしていけるけど、大人数だと歌える曲数は少なくそれが出来ないので、低めで始まってだんだん高くなる曲にしよう。

で、思いついた曲が懐かしのthe brilliant greenの『There will be love there-愛のある場所- 』。



そしてエレベーターが到着する前に目が覚めました。



目が覚めてしばらくは変な夢見たな~、懐かしい曲だな~くらいにしか思っていなかったのですが、おーくにさんにおはようございまーすと挨拶した時に(ベッドサイドにおーくにさん像があるので、なんとなく挨拶をしている)ハッと気がつきました。

あのダンディーなおじさまは玄武のおーくにさんの髭を剃って、髪の毛をもう少し短くカットし、そしてもう少しお年を召された顔だったと・・・。

玄武のおーくにさん↓。

f0351853_02541649.jpg

コレの髭なし、髪の長さがひとつに結べないくらいの短さに、ロマンスグレーの髪色に、そしてチェダーコート着用。

身長は184㎝だそうです。

正直カッコ良かったです///



そうか、寝る前におーくにさんに相談したからあのような形で返答をしてくれたのだと、妙に納得をしてしまいました。

この翡翠は私が持っていてもいいんだと、ようやくホッとする事が出来たのです。

で、追加のメッセージはthe brilliant greenの『There will be love there-愛のある場所- 』。

この曲って確か作った人たちは売れるように曲を作っただけで、何も思い入れが無いと言っていたはず。

うーん、どういうメッセージなのでしょう?

そこで夢の中の私の行動を思い出してみる事に。

夢の中の私はエレベーターの中でこの曲を歌おうと決め、頭の中で冒頭のところを歌っていて音の高さを確認していました。

この歌詞の部分です。

『大きな曲がり角を曲がったなら走り出そう

とまどうことはもうやめて』

思わぬほど品質の高い翡翠を格安で手に入れて、動揺するほどとまどってしまいましたけど、それはやめなさいという事でしょうか?

うーん、うん!

この子達は私の翡翠だ!

画廊musicaは心からそう思えるようになりましたとさ。

ありがとう、おーくにさん。

こんな形で答えてもらえるとは思いもよりませんでした。

そしてスーさん、手配してくれてありがとうございます。

確かに私が天珠型翡翠を欲しがった訳ですが、確かに最初に惹かれた天珠も青翡翠だった訳ですが、それでもやっぱり一気に3つはやり過ぎだと思うε-(´∀`; )

それでもやっぱりその気持ちは嬉しいですけど。

それでもやっぱりちょっとやり過ぎかな。。。

出品者さんに迷惑をかけたかもしれないですから、やっぱり複雑な気持ちになってしまいます。


おーくにさん 「だから『大きな曲がり角を曲がったら戸惑うことはやめて走り出しなさい』と言っているのだよ」

musica 「あー・・・( ´△`)



本日はこんな感じです。

それではよい日曜日を~。








by garoumusica | 2018-11-18 05:55 | おーくにさん | Comments(0)
昨日の話。



昨日は1週間前から母と一緒に出掛ける予定を立てていました。

隣町のデパートで半年に1度くらいの間隔で行われている催事へ行く為です。

デパート内にある催事場で行われるので、煙草臭いとかの心配が無いので安心。

まずはおいしいパン屋さんへ行って、教会の側にある公園で食べる。

それからデパートへ行き、帰りにスタバへ行ってチャイラテをテイクアウトして、道の駅まで寄り道をして15日なので榊を買い、そしてスーさんの呼び出し神社へ行って、終わり。

そんな計画を立てていたのです。



そしてお出かけ・・・なのですが、まずスーさんの呼び出し神社へ行った方が良い気がしてきたので、そのように。

過去には時間が無くなって寄れなくなったとか、行こうとしたら工事中で行けなかったとか色々ありましたし。

境内に入るだけで気を分けて貰えるくらい一番お世話になっている神社なので、確実に行ける順番にした方が私も嬉しい。

なので、まずはスーさんとこへ。



それからパン屋さん。

お昼御飯です。

教会へ行くとそこの教会付属の幼稚園の園児がわらわらと集まって来まして・・・。

車の中でパンを食べながらこっそり見ていると、なんと!教会の前で合唱を始めたではないですか!

最近の幼稚園児が歌う曲って、私の頃の小学生の中学年以上が歌っていたような複雑な曲で。

先生の電子ピアノの伴奏もクラシックレベルの複雑さ・・・。

最近の幼稚園児ってレベル高いわ。



そして第一の目的地だったデパートへ行くはずだったのですが、なんだか急にどうでもよくなりまして・・・。

本当に突然、スッとどうでもよくなったのです。

左に曲がればデパート、右に曲がればスタバというところで、母に「デパート今日はいいです」と告げ、右に曲がってもらったのです。



で、時間が出来たので文房具屋さんに画材を買いに行き、その帰りにスタバでドライブスルーをして母にチャイラテをおごり、そして道の駅へ。

榊を購入し、さて帰るかとなった時に母が一言。



母 「○○神社(おーくにさん主祭神)へ行こうか」

musica 「えっ!?なんで!?」



まさかのおーくにさん神社・・・。

確かに先日おーくにさんに「出雲へおいで」と言われ「嫌です」と即答しましたが、ここに来て母を操るとは・・・!!!

て言うか、母だけではありません。

デパートへ行かなかったから寄り道出来る時間が出来たのです。

くっそ、パンを食べてデパートへ行きたくなくなった、あの時からか・・・!!!

違う。

おーくにさん神社へ寄ったらスーさん神社の前は通らなくなるので寄れなくなるから、スーさん神社へ一番初めに行った方が良いと思った、あの時から!!!

あー、もう!スーさんだけではなくおーくにさんにも手の平コロコロ・・・。



スーさん 「おっさんsは君のガイドの様なものだろう?だからおっさんsの手の平コロコロが正しい」

m 「ガッデム!」



・・・とは言うものの、おーくにさん神社ではそれはもう良くして貰え、おみくじは大吉、本殿・摂社だけでなくご神木からも気を分けて貰い、更に鳥居の下に咲いていた愛らしい花まで教えて貰える大サービスを受けました。

この神社のなにもかもがとても好きなので、別に行くのが嫌って訳ではないんです。

ただ、手の平コロコロ躍らされるのがヤダと言うか・・・。



おーくにさん 「口で言っても『えー、イヤです』だろう?君は。いつも大黒像を通して見てるぞ」

m 「・・・」

f0351853_04034454.jpg



☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★☆(´・ω・`)★



それでは本日も良い一日を~。

m 「なんだかなー・・・」

ス 「何が気に食わないのか分析してみなさい」

m 「そうですね・・、手の平コロコロが嫌という事は、自分の意思と関係なく動かされる所が嫌なのかな」

ス 「とは言え、我々は一心同体だといつも言っているだろう?私の意思は君の意思でもある」

m 「それ微妙」

ス 「守護・ガイドは君のハイヤーセルフだぞ?」

m 「おじいちゃん・・・!!!」

ス 「何を言っているのだ、君は・・・」

m 「私の意思は君の意思でしょ」

ス 「分かっていても分かりたくない時もある」

m 「ひ・きょ・う!!!ズ・ル・イ!!!」







by garoumusica | 2017-09-16 05:00 | おーくにさん | Comments(4)
つい先ほどまで絵を描いていたのですが、とある瞬間にポッと何かが途切れてしまい、本日のお絵かきを終了する事となりました。

集中が途切れたと言えばそうなのですが、ポッと『あ、これ以上はムリだ』という状態になってしまって。

調度良いタイミングなのでブログを書いていきます。



ポッと途切れた瞬間から妙に疲れを感じてしまいまして、おーくにさんの像の打ち出の小槌に頭をつけて、お願いをします。

「おーくにさ~ん、頭痛い~。疲れました~~~」

で、打ち出の小槌からエネルギーが流れて来て、身体に充満するイメージ。

これ、本当はスーさんの右腕でイメージするべきなんでしょうけど、私はそういうイメージアイテムがリアルに見えないタイプなので、やっぱり実在する物を利用した方がイメージがしやすい。

以前はおーくにさん自身の力の様な物で、打ち出の小槌ヒーリングをして貰っていましたが、今回はおーくにさんの像を利用して私がイメージヒーリングをしている感じです。

実際、おーくにさん像は鉄で出来ているので、打ち出の小槌におでこを付けるとひゃっこくて気持ちいいですし。

そして、なんとなく回復した気になるのです。



そう言えば、以前このおーくにさん像ヒーリングに関して記事にした事がありました。

検索してみましょう。


この時はまだおーくにさん、と言うかおっさんsによるヒーリングをしてもらっていますね。

今はスーさんの右腕を利用していたり、おーくにさん像を利用していますが、以前よりも自分で舵を取っている感じでしょうか。

任せっきりにしない分(させてもらえない分)ちょっとは成長している感じですねw

この時私が人を集めていたら、人を集め人からエネルギーを搾取するタイプのスピな人になっていたかもだなぁ・・・。



(○・ω・)ノ-------------end-------------



それでは本日も良い一日を~。

musica 「あ、インドネシアのアンティークの家具が売れ切れた・・・」

スーさん 「君は買わなかったじゃないか」

m 「なんか、インドネシアって心霊的に特殊じゃないですか。心霊大国って言うか。アンティークって書かれてたから、何か良からぬものが憑いてきそうで・・・」

ス 「君がその様に考えるから、それが君にとっての事実となるだろうね」

m 「特殊なイメージがあるんですよね」

ス 「自然と共に生きているという事だね」

m 「それにしてもフリマアプリにアンティークって言って出品してるのに、昭和レトロとか同時に書かれていて、それアンティークじゃないじゃん!って思っちゃう」

ス 「まぁ外国の概念だからね」







by garoumusica | 2017-09-11 05:00 | おーくにさん | Comments(0)
昨日の話。

絵を描き、15分位経ったらちょっと休んで、再び絵を描く。

そんな感じで過ごしていたところ、休憩の時に飾り棚の上に飾ってある梅彫刻の日光彫の小引き出しを、作業机の横にある和箪笥の上に置いた方が良いと思いつきまして。

これです↓。

f0351853_04342845.jpg

その時和箪笥の上には、一番初めに手に入れた紀州塗りの小引き出しのみが置いてありました。

これです↓。

f0351853_04285710.jpg

今はMUJIの机は撤去し、和箪笥の上に同じ様に設置しています。

で、小引き出しの向こうにちらっと見えているミシンは除けたので、その位置に紀州塗りの小引き出しを移動させ、紀州塗りの小引き出しがあった場所に日光彫の小引き出しを置く。

うーん、並ぶと紀州塗り側の梅の彫りが見えなくなるけど、まぁ手前は良く見えるし別にいいんじゃない?という事で、次の休憩時間に移動。

うん、悪くはありません。

こんなもんかって感じ。



さてさて、二つ並んだ小引き出しを見ていると、ちょっと気になった事がありました。

高さの違いです。

紀州塗りの小引き出しは約38㎝の高さなのに対し、日光彫の小引き出しは約22.5㎝。

紀州塗りの方が妙に大きく見えだしまして・・・。

結構大きいんだな~、結構大きいんだな~、・・・って感じで見つめていたところ、ふと閃きました!

この紀州塗りの小引き出しをベッドサイドに移動させて、飾り棚の上に鎮座していたおーくにさんの像を設置したら、落ちて頭を強打し即死する事はなくなるんじゃない!?、と。

色も今ベッドサイドに置いている茶箪笥の色と一緒だし!

わ~、ナイスアイディア!!!

という事で、早速移動です!(`・ω・´)+



おーくにさんは重いのでまず移動してもらって、それから茶箪笥をひこずって移動。

そして紀州塗りの小引き出しをベッドサイドへ移動させ、おーくにさんを設置!

うん!いいじゃん!!!

ちょっとおーくにさんの目線が低くなったけど、ベッドへ横になった時に調度目が合う高さ。

ずーっと、おーくにさんを移動させる為の小引き出しや飾り棚を探していましたが、今日まで巡り合う事はありませんでした。

が、実は一番初めに手に入れていたとは・・・!!!

・・・あれ?

じゃあなんで、おーくにさんは今まで言ってくれなかったですか???



おーくにさん 「私の指名の水晶を手に入れたからだ」

musica 「水晶?」

お 「そう。この水晶を日光彫の小引き出しの上に置く事」

m 「あー・・・、ベッドサイドだけではなくて作業机までおーくにさんに監視されてる感じ・・・」

お 「君があんまり私の像の落下を気にするからね、仕方ない、妥協案を模索したのだ。その結果がこれだ」

m 「それで水晶を買わされたのですねぇ」

お 「私の目線を低くする代わりに、新たな目線を用意したという事だね。日光彫の小引き出しの梅の彫刻も常に視界に入るし、ワックスモデリングを学び始めた君の良い見本となるだろう」

m 「今までは茶箪笥の上でしたから、見る為には振り返って移動しなければならなかったですもんねぇ」

お 「ついでに茶箪笥に飾ってあるガラスの置物も置いてごらん。これも良い見本となろう」

f0351853_03475335.jpg

m 「あー、いい感じですね。さっすがおーくにさん、すごいね!」

お 「ハハハ、お礼はいいから、また出雲へおいで」

m 「あー、今年はいいかな・・・」

お 「・・・」



●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●´∀`人´∀`●



それでは本日も良い一日を~。

m 「なんかあります?」

お 「そうだね、君達の視界に入る物に気を使いなさい。無意識にいつもインプットされるから、良い物に囲まれた環境に身を置く事」

m 「良い物って言うのは、別に高価な物ではなくていいんでしょ?」

お 「そうだ。だがそのものが持つ波動には気を配りなさい。今回の家具騒動に見舞われた君が良い例だ。今の君に合致しているか?なりたい自分の波動に合致しているか?」








by garoumusica | 2017-09-10 05:00 | おーくにさん | Comments(2)
先日の話。

ネットで石を見ていた時の事。



おーくにさん 「これ買おう」

musica 「あー、確かにおーくにさん好きそうですね。でもちょっと安いなぁ・・・。訳アリとか?」

お 「ないない」

m 「ほんとですか~?(←疑い)この石が届いたら、おーくにさんが監視してくれます?」

お 「いいよ、買うならね」

m 「じゃあ頼みますね」→ポチッ。



という感じでおーくにさん指定の石、水晶を購入。

そして昨日到着したのです。

いそいそと石を取り出し、手にしたのですが・・・。

残念ながら手触りが水晶ではないのです。

水晶の手触りと言うよりは大理石の手触りって感じ。

重さも結構あるのでレジンではない。

見た目は割と水晶だし、石の温度も水晶っぽい・・・。

何が違うの?って聞かれたら、手触りが違うとしか言いようがない。

何だろう?この違和感は、と思いながら石を観察していると、一ヵ所ほどポチッとした極小さな丸い盛り上がりがあったのです。

恐らくこれはニスが散った跡・・・。

なるほど、この手触りの違いはニスによるものか~。



で、原因が分かったところでどうするの?って話です。

ニスを剥ぐ?

硬度の高い石で表面にニスが塗ってある場合、そのほとんどが研磨をさぼっているので、私が研磨し直さなければなりません。

ですが研磨する道具は持っていません。

水晶は硬度が高いので手で研磨し直すのは大変な作業です。

おーくにさん、どうします?



お 「とりあえずニスだけ取ってみてはどうかね?」

m 「そうですねぇ・・・。確かにニスを取ってみないと水晶か大理石か分かんないですもんね」



という事で、とりあえずニスを取る作業を開始。

調度タイミング良く百均で購入した爪ヤスリがあったので、これを使って石の表面を磨きます。

すると、黄色がかった何かが落ちて来ました。

あー・・・、やっぱりニスだわこれ。

そして石の表面はマットなまま・・・。

器械が無いと磨くのが大変なやつですコレ。



m 「どうします?」

お 「器械を買うしかあるまい」

m 「えー、磨いたり削ったりするリューターって、ちゃんとしたやつは3万とか4万とかするんですよ?」

お 「ワックスモデリングをするのだろう?調度良いではないかね?」

m 「・・・もしかして、本格的にワックスモデリングをさせる為に、この石を買わせたとか無いですよね?」

お 「たまたまだよ。だが、この石をこのままにしておく訳にはいかないしなぁ・・・」

m 「遠回しに買えって言ってるじゃないですか!」

お 「買いなさいよ、自分への投資だ」

m 「はー・・・、おーくにさんって結構策略家ですよねぇ」



(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

お久し振りに今日のひと言を貰ってみましょう。

m 「なんかあります?」

お 「自分に投資をしよう。未来の自分への贈り物だ」

m 「・・・」









by garoumusica | 2017-09-08 05:00 | おーくにさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica