<   2018年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今回の稲田姫物語はちょっと短いです。

以前これで良いのか逡巡していると書きましたが、今だ逡巡しているので、中4日目ですがその逡巡している部分まで載せました。

なので今回は「その16-1」としました。

次回の更新の時にこの続きが載せられるように頑張ります(`・ω・´)。




天の叢雲。

その名を聞いたスサノオの眉がピクリと動く。

スサノオは剣を降ろし、訝しげな表情を浮かべながらゆっくりと視線を男へと移すと、

「天の?」

と、問うた。

『叢雲。この剣が舞い降りた際にその熱で雨が雲と化し、その雲が地に群がった様子を表したものだ』

男はスサノオの「天の」という呟きを受け、その剣の名の由来を伝える。

だが、スサノオは足元に置いた愛用の剣に視線を移すと、男の言葉を遮るように言葉を発した。

「いや、そちらではない」

『は…?』

スサノオは足元の剣から視線を男へと戻すと、怪訝な表情を浮かべた男を見つめ言葉を続けた。

「『天の』。天の叢雲の『天の』とはどういう意味だ?」

『天の?』

男はスサノオが何故「天の」という部分を気にするのか、全くもって分からぬといった様子だ。

スサノオは男の表情の変化を気にする事なく、己の疑問を投げつけた。

「何故ここで『天』の名が出てくるのだ?」



「天」という言葉には、少なくともスサノオの知る限りでは三つの意がある。

一つ目は天、天空の意だ。

天の叢雲の「天」という名が、天空から落ちて来たという意味で使われているならば、成る程、流星から作られた剣だけあると言うものだ。

何の問題も無い。

二つ目は森羅万象を示す「天」だ。

こちらは此度の意味には当てはまらないだろう。

だが、最後の一つの意味で使われているならば、スサノオは違和感を覚えずにはいられない。

それは「高天原」を意味する「天」だ。

高天原の者達は高天原を「天」、葦原中国を「地」と呼ぶ事がある。

そして高天原の者達は何かにつけ、高天原で作られたものに「天の」と名付けたがる節がある。

スサノオの愛用の剣を取ってみてもそうだ。

ただの十拳の剣であるのに対し「天の」とわざわざ名付け、なにやら大層な代物のように見せたがる。

もしこの天の叢雲の剣の「天」が「高天原」という意味だとしたら、スサノオは疑問を抱かずにはいられない。



何ゆえ高天原と名のつく剣が今、己の手の中にあるのか。

何ゆえアマテラスが高天原という名を持つこの剣を所望したのか。

それも、高天原のものであるという事をスサノオに隠した上で…。

恐らくアマテラスはこの剣の名を、この剣の由来を知った上で、スサノオに所望したはずだ。

スサノオは思わず己の手の中にある天の叢雲を強く握り締める。

夕べ、クシナダに手当てをしてもらった傷が痛む。

それでもスサノオは剣を握る力を緩める事はなかった。

何ゆえ高天原の叢雲の剣を持った男がオロチに喰われたのか。

何ゆえ高天原の叢雲の剣を喰らったオロチに、クシナダの姉達が喰われたのか。

果たしてこれらの一致は偶然に過ぎないのか?

それとも…。

この妖しき剣に付けられた「天」という名に、スサノオの与り知らぬ何か重大な事が隠されているように思えてならず、スサノオは眉間の皺を深めずにはいられない。








[PR]
by garoumusica | 2018-06-28 06:00 | 稲田姫物語 | Comments(0)
この度の大阪北部を震源とする地震に際し、心よりお見舞い申し上げます。

被災された方々の一日も早いご復興をお祈り致します。



このような災害が起きるとブログの閲覧件数がいつも増えます。

多分スーさんによる解説を求められているのではないかな?と思います。

私も普段は読まないスピリチュアルなブログを見ました!

なんかスピ的な解説とかないかな~、などと思ってw

なのでこの度の震災を知った時に、ブログを更新した方が良いのではないかと迷いましたが、震災に関してスーさんからメッセージがあったとか予言があったとかは一切無かったですし、私自身も聞こうと思わなかったので、更新はやめにしました。

ですが地震前の事を思い出してみると『もしかしてアレが・・・』というように思い浮かぶ事が2件あるので、それを書いていこうと思います。



『もしかしてアレが・・・』に関して、皆さまは何か思い出されるでしょうか?

そうです、アレです。

4連続アッチョンブリケ!

あれは本館ブログを始めて6年半、別館ブログを始めて4年目にして、初めての大失態でした。

それまでも寝落ちしてブログを更新出来なかった日はありました。

がっ!

4日連続抗えない眠気に襲われて記事を更新出来なかったのは、前代未聞の出来事だったのです。

なので今思えばあの4連続アッチョンブリケ、異様な眠気は大きな地震が起こる前触れを受けた体調の変化だった・・・?

確証はないですけど、そういう事も無きにしも非ずという事で。



それから2件目。

それは何かと言うと、今年は大阪に行かなかった事。

過去のブログでは今年も大阪に滞在する予定になっていると書きましたが、ある夢を見て行くのをやめました。

それは元気溌剌な私が京都をバスで移動している夢。

夢の中の私は健康そのもので、午前中に伏見稲荷に行って山に登り、それからバスで移動をしてまた別の山に登る予定を立てているようでした。

バスの中では座席が空いているにもかかわらず、わざわざ立ってウキウキしながら景色を眺めていました。

その私の様子を第三者目線で見ていましたが、すぐに覚醒。

で、目が覚めた私は京都・大阪へ行く気持ちがきれいに消え失せていました。

『あ、パラレルの私が行ったんだったら、もう行かなくていいや』と。



これは前回宇佐神宮へ行かなくて良くなったパターンと似ていると思いました。

私の中でエネルギー的に充足した感じです。

これに関して何年か前に見ていただいたガイド拝見に、ヒントありました。

以下が私のガイドさんからのメッセージです。

「特定の土地に引き寄せられる時期には、その土地のエネルギーが必要であるという事です。

ただし、下調べをしている間に飽きる場合もあります。

それは強くその土地の事を意識した為に非物質で結びついてしまい、無意識が満足してしてしまった為です。

そのようにしてエネルギー調整をする場合もありますから、気になった土地や地域は満足いくまで調べ、それでも満足出来ない場合はその土地に足を運ぶ事。

それをうまくやっていく事で土地との繋がりがしっかりと出来ていき、グラウンディングが出来るようになります」

あの夢を見て京都行に興味が無くなったのは、このメッセージの解説がなんとなく合う気がします。



で、大阪に行かなかった理由として、パラレルな私が既に行ったからという事の他に、以下のような事があげられます。

それは姉の家が最大震度6弱を記録した地域にある事。

震央を示す地域からは離れているのですが、それでも6弱でした。

本当に運の良い事に姉も義兄もたまたま仕事が休みだった上、更に姪っ子ちゃんも登園前で皆でリビングに居た時に起こったそうで、皆怪我ひとつなく無事。

しかも物も壊れずに済んだとの事でした。

他の大阪在住の親戚も2階は壊滅的だったけれども、たまたま1階に居て怪我をせずに済んだとの事。

musica一族、本当に運の良い限りでした。



で、5月は京都旅行の夢を見た為に大阪行きが取りやめになった訳ですが、実は6月の中旬にも大阪に行く機会がありました。

姉一家が車で実家に遊びに来た為です。

その帰りに車に同乗させて貰って、タダで大阪に行くチャンスがあった訳ですが、それでもやっぱり最終的に気が進まなくて行きませんでした。

この時に行っていたら、間違いなく被災していました。




本日のブログをまとめますと、大きな地震を予知したのか?と言うと予知はしていません。

が、結果として、とか、後から振り返ってみるとそう言えば・・・と言うような見方をすれば、上にあげた内容はこういう事だったのかな?と思わない事もない。

まぁ確証もないですが。。。

でも、いつもとは違う身体の変化だとかが、今後の参考程度にはなるのではないかな?と思い、ブログに書いてみました。



なんとなく行く気がしなくなったとか、やる気が無くなったというような、一見いい加減に見える行動は、実は意味があるのかもしれません。

ですので初志貫徹、一度決めた事は最後まで貫かなければならない、というような考えに縛られないで欲しい。

最後までやり遂げる事は、時によっては美徳かもしれぬが、時によっては己を縛る事となる。

己の心に素直に従い、何事にも柔軟に対応する事。

そして己自身と己の守護を信頼する事。

・・・だそうです。

いきなり出てこないでくださいよ!

ビックリしますから!







[PR]
by garoumusica | 2018-06-23 05:00 | スーさん | Comments(0)
昨日の本館ブログでもアッチョンブリケしてしまった、画廊musicaです。

ねー・・・。

驚きの3アッチョンブリケ!!!

明石家さんまも驚きのファーです。



さてさて、タイトルの通り前回の記事のリベンジです。

見えない範囲の人間関係をセーブした結果を半年分振り返ってみますと、それまでよりも勘が良くなっている感がします。←ダジャレのつもり

勘と言うほどでもないんですけど、なんとなく思った事を人に言ったり自分が行動したら、それが正しかった場合が多くなった気がします。

あんまり良い内容ではないんですけど、カーナビが気になってその時に話をしていた相手にしつこく勧めたら、ひと月後にその相手が車で走行中に当て逃げされたとか、死相が出てるわ―と思った相手に検査を勧めたら癌が見つかったとか、そういうのがいくつか・・・。

良くも悪くもない事だと、姉夫婦が旅行に行く事になったと聞いてその行先を当てた事くらい。

こういうのがガイド拝見で言われた「見えないものを感じ取る感覚をより向上させていく事になる」という事なのかな?と思いました。

ですがそういうのは根拠があって言った訳じゃなくて、その時その時に興味が湧いた事だったり、ぱっと思っただけなので、適当に言っただけに近い。

「今日(地球上のどこかで)地震が起こる」というのと同じような気がするので、感覚が向上しているのか何とも言えない・・・。

そう思っていると、ガイド拝見にこのような記述を発見しました。

「自分の意識をもう少し信用する事、そして感じ取った事を否定しない事」

うーん・・・、族長・・・。



それから5月にパソコンが壊れた時に私は新しい技術を!などと言って、アートクレイシルバーで龍神さんを作りました。

その事に関すると思われる記述を発見しました。

まず今回ガイド拝見を振り返る前に思っていた事があります。

それは、

「頑張って龍神さんのペンダントトップを作ったものの、いい大人が身に着けて外出出来る代物ではない」

というものでした。

自分的には可愛く出来ました、龍神さん。

イメージ通りです。

が、あのような可愛い龍神さんを身に着けて外出する事は、自分自身ではしないんです、私。

残念ながらあのペンダントトップは大人の顔には似合いません。

普段着ている服にも合わない。

あのデザインは10代までだと思う・・・。

作るのは楽しかったですし、飾っておく分には十分なのですが。



そしてガイド拝見の内容ですが、この様にありました。

「目新しい出来事に意識を向けるのは大切だが、それが自分のかなわない欲求のはけ口である場合は注意が必要。

今後自分がやりたいと思う事がうまく出来ない事がある時、そのやりたい事は自分の本質ではない逃げの為に生まれていく我欲である」

この「自分のかなわない欲求のはけ口」「自分がやりたいと思う事がうまく出来ない事がある時」っていうのは、五月にパソコンが壊れて石屋の画像処理が出来なくなった時の事ではないかと思うんです。

その時に新しい技術を得るなどと言って、アートクレイシルバーで龍神さんを作っていましたし。

私がこれがきっかけでアートクレイシルバーにはまり、可愛いく神様系の何かの制作を作っていく未来もあったかもしれませんが、やっぱりちょっと違う気がします。

天使とか龍の翼系のものも作ってみたいと思っていたのですが、こういうデザインのアクセサリーはよっぽど洗練されたデザインじゃないとちゃちい!

身に着けられる程度まで仕上げるのにものすごいエネルギーと時間を使いそう・・・。

そう思っていたら、その答えがありました。

「逃げの為に生まれた我欲に振り回されても問題はないが、しばらく復活に時間をとるので時間の無駄になりかねない。

人生は長いようで短いのだから、無駄なエネルギーは使わないに限る」



私のアクセサリーの制作には、自分が身に着けたいものを作るというポリシーが根底にあったはずなのに、身に着ける事のない物の制作に時間を掛けるのは人生の無駄。

子供向けのアクセサリーを作りたい!というポリシーが私自身にあれば、逃げでも何でもなかったのですが、

あー・・・、アッチョンブリケしてしまった・・・。

圧巻の4アッチョンブリケですね!

沖縄で豪雨が降ったニュースを見かけたせいか、豪雨・竜巻に見舞われる夢でした・・・。

いったん目覚めたものの眠くてグダグダしていたら、今度は小さな女の子に髪を梳かれるオカルトな夢をみる始末・・・。

髪をクルクルっとまとめたまんまで寝てしまっていたので、当然髪を梳くという事は出来ない為、完全な夢で間違いないのですがちょっと怖かったー・・・。

怖いながらも小さい女の子って分かるので手を跳ね除けたらかわいそうなので、怖いから姿を見ないように目を瞑って「髪を梳いてくれてありがとう」と、夢の中の私は手を取って感謝していました。

はー・・・、怖かった・・・。



で、そろそろまとめようとガイド拝見のラストを見てみたら、こうありました。

「火のエネルギーがより強くなる一年となる為、そのコントロールがやや難しくなる。

水と木と風と、それらのバランスを強くする事で、火の過剰な動きを止める必要がある」

あー、さっき見た夢は水と風、そして木で出来た我が家が出て来ました。

なんだろう?この記事の締めくくりの為に、私をアッチョンブリケさせたのでしょうか?

じゃああの小さな女の子はと考えたところ、なんとなく着物姿のおかっぱの女の子のイメージだったので、お久し振りのチビムジちゃんだったのでしょうか・・・?



スーさん 「そうだ」

musica 「怖かった―・・・。て言うか先に言ってくださいよ」

ス 「少なくとも君は怯えながらも彼女の手を取った。それは己のインナーチャイルドを受け入れたという事だ」

m 「そういう考え方もあるんだ・・・。私にとっては非常にオカルトでしたけどね・・・」

f0351853_23113686.jpg






[PR]
by garoumusica | 2018-06-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)
1年の半分が過ぎましたので、昨年末にまるの日さんに見ていただいたガイド拝見、

「今年1年を通してのアドバイス」

を見直してみようと思います。



まず今年のアドバイスをくれたガイドさんは巫女兼族長の方。

太平洋上の島々・ハワイなどの地域にいらした方で、火山との関わりを強く持っていらっしゃる方でした。

で、メッセージの中に「火のエネルギーがより強くなる1年」というフレーズが出てきたのですが、うーん、確かに今年は火山活動が今までよりも活発かもです。

彼女が居たというハワイの火山などは、いまだ新たな噴火をしていますもんねぇ・・・。

そういうのもあって、今年は火山と関わりのあるガイドさんが出て来られたのかもしれないですね。



お次。

このブログが5日置き更新となったアドバイス、「見えない範囲の人間関係にあまり意識を奪われないようにする事」。

・・・上の文章を書いた後めちゃくちゃ眠くなり、気が付けば2時間半ほど寝てました・・・。

あー!!!5時40分じゃーん!!!

今日もか・・・、今日もなのか・・・?

あんまり書くなって事なのかな・・・。

とりあえず今日ももうやめます。

明日は本館更新日なので、日曜日にでも改めて何か更新しようと思います。

ファー、眠い!!!

なんだかもうぐだぐだで申し訳ないでっす!



という事で、本日もアッチョンブリケな記事でした。









[PR]
by garoumusica | 2018-06-15 05:58 | つれづれ | Comments(0)
また明日更新します!(`・ω・´)


・・・(´・ω・`)


・・・(´・ω・`)


・・・(´・ω・`)




アッチョンブリケ!(ノ)’∀`(ヾ)




神社の苔の上に落ちた花。

f0351853_05392239.jpg

画像がボンヤリしているのはスマホのレンズが汚れていたから。

おしゃれ加工ではない。








[PR]
by garoumusica | 2018-06-14 05:00 | つれづれ | Comments(0)
という訳で、本日も稲田姫物語の更新ではございません。

これでいいのかなー?これでいいのかなー?という感じで只今逡巡しております。

今月中には更新します!



で、本題。

先日の話。

前日になってスーさんの呼び出し神社方面にちょっと出掛ける用事が出来た為、寝る前のごあいさつの時に呼び出し神社のスーさんにこのように話し掛けたのです。



musica 「明日お伺いする事になりましたので、行ったら遊んでくださいねー」



特に意味はありません。

あはは~みたいなノリ(?)で言っただけです。

で、神社のスーさんと明確な意思の交換をし会話をした、という事は多分無いと思います。

話し掛けるとその返事として気がばしゃーと流れてくるのが主なやり取りです。

なのでこの時も気がばしゃーと流れてきただけでした。



そして翌日の正午過ぎにスーさん神社へ到着。

この日は割と本格的な雨が降っていたので、傘を差しての参拝です。

なので雨粒が傘を打つ音が常に聞こえていました。

いつものように駐車場横の鳥居をくぐり境内に入ったところ、突然大勢の男性の話し声が聞こえてきまして・・・。

どこに居るの?と思い辺りを見回しますが人影はありません。

あれー?と思い立ち止まって境内の外も見回しますが、本当に人っ子一人いません。

なのに男性達の話し声は聞こえっぱなし・・・。

やだー、昼間なのにもう幽霊?

などと思いながら、どこから聞こえるのかなーと高い所を見回していたところ、背の高い桜の木にありえないものを見つけました。

えっ!?と思い近づいて改めて見てみると、間違いありません。

これは写真撮らないと!と思い、スマホで木を写します。

えい!

f0351853_03340336.jpg

わあああ!上手く映らない!

f0351853_03340892.jpg

目標物を見失った!

f0351853_03341283.jpg

なんでブレるの!

という感じで雨に濡れながら(見上げなければいけなかったので傘が邪魔になった)格闘。

そして・・・、

f0351853_03341666.jpg

スマホのカメラの望遠でようやく映りました!

季節外れの桜の花一輪。

花の辺りを切り取ってみました。

f0351853_03341997.jpg

拡大したので画質が悪いですが・・・。



『わあ~~~、スーさんすごいですね!』と思いながら本殿を振り返ったのですが、ふと気が付けば、先ほどまで聞こえていた男性達の声が消えてる・・・。

そこでハッと気が付いたのです。

この神社に祀られているのは揃いも揃っておっさんばかり。

もしかして、この桜の花に気が付かせる為に声を上げていてくれたの!?スーさん!

本殿を見ながら問いかけましたが、聞こえてくるのは雨音ばかり。

ですがいつものばしゃ―をいただきました。



日本神界の「遊ぶ」はなんて風流なのでしょう ( ´艸`)

そして英彦山の豊前坊さんもそうでしたが、日本男児はやっぱり繊細で優しい!



(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ(゚∀゚)ノ (゚д゚)ノ(´x`)ノ(゚_っ゚)ノ(・v・)ノ



それでは本日も良い一日を~。

m 「耳に聞こえるように声を出す事も出来るのですね?」

スーさん 「普段我々はどのように会話をするかね?」

m 「脳内で話し掛ければ即返答が脳裏に浮かぶ感じ?」

ス 「うむ。まぁこの度は君が遊んでくれと言ったから、雨音を利用し『遊んだ』のだ」

m 「錯覚?」

ス 「それを言うなら錯聴だろう・・・」








[PR]
by garoumusica | 2018-06-08 05:00 | スーさん | Comments(0)
本日も本館にて九州プチ旅の際に行って参りました、英彦山神宮の特集をしました。

良かったらご覧ください。

・画廊 musica 「 英彦山神宮。

f0351853_05015377.jpg



スーさん 「君、もしやこれだけの記事で中5日更新を空けるつもりかね?」

musica 「あー、そういう事もあるかもしれませんね」

ス 「さすがにどうかと思うぞ」

m 「そうですねぇ・・・、じゃあ小ネタを」

ス 「うむ」

m 「英彦山のある添田町のガイドマップというのを貰ったのですが、それを見ていると『男魂岩』という観光名所が載っていまして」

ス 「君・・・」

m 「『男の魂』と名付けられた岩ってなんだ?と思うでしょう?なんと!その岩の形は『メンズスティック』!」

ス 「その言い方が好きだなぁ・・・」

m 「お茶を濁してるんですよ。『メンズスティック』の形をした岩に『男の魂』と名付けるって、なんだかすごいネーミングセンスですよねぇ。『魂なんだ・・・』って感心しちゃいました」

ス 「 もっと他にも感心する事があるだろう・・・」

m 「本日の記事は以上です」

ス 「これだけで終わるつもりか!」

m 「え?ダメですか?本館はきちんと更新しましたよ」

ス 「ダメに決まっているだろう?あの日見た夢の話でも書きなさい」

m 「えー・・・。じゃあ、この記事を更新したら中5日きっちり休みますよ?」

ス 「相分かった」



という事なので、あの日見た夢を書いていこうと思います。

スーさんプロデュースで神社参りをした時は、大抵寝る前に何かを見せられます。

映像がほとんどですけど、華やかな大名行列みたいなのとか、お稲荷参詣に行った後はお狐さんの乱舞とか。

ですがこの度の九州旅の後は何もありませんでした。

その代わり、不思議な夢を見たのです。

あまりに不思議だったので、目が覚めてからメモをしたほどです。

寝起きメモなのでかなりぶっきらぼうですが、そのメモをコピペしていきます。



ス 「随分手抜きをするじゃないか」

m 「まぁまぁ」



以下コピペ。(←丸が続くとなんかおかしいw)

朝、母と一緒に階段を降りていると大地震に遭遇。

(※画廊musicaが夢で体験した地震は現実では起きる事はありません)

なんとか階段を降りると階段の側にある祖母の部屋に行き、祖母を庇いながらリビングへ移動。

夢の中では物が少なかった庭側で待機。

その間も大地震は度々襲って来る。

が、その度に周辺にいる人達が地震が起きている間、数をカウントをするようになり、私も一緒になって数をカウントするようになる。

すると地震は23まで数えた所で収まることが分かり、その度に周辺の人達は「また23で収まった」と笑うようになる。

どうもその地の神、丸丸様が頑張ってるね!という感じ。



再び地震に襲われた時、近所に住む髪の長い女性(実際にはいない)が窓側(リビング内)に突然現れ、割れたガラスなどが直撃したように見えた。

その姿はまるでキリストの磔刑のよう。

地震が収まって女性に大丈夫かと尋ねると、「ちょっと当たっただけだ」と言い、「それよりも石達が」と言う。

はっと気がつくと、家の窓の側(リビング内)に沢山のお地蔵さんや狛犬がいる。

更に庭には鳥居やお社がズラリと並んでいる。

その光景に一瞬ギョッとしたものの、すぐに皆近くのお地蔵さんの手を取ってお礼を言う。

お地蔵さんや狛犬は動く事が出来る。

手を重ねるとお地蔵さんの手は硬いが柔らかく動き、照れながらも握り返してくれる。

手の中で硬い石が動く感触がリアルだった。

私は二つのお地蔵さんの手を取ることができ、狛犬2体とその周りのお地蔵さんにお礼を言う事が出来た。



その後、気がつけばどこかの体育館のような所へ場所がチェンジ。

お地蔵さんの位置関係は変わらない。

遠くで男性歌手がマイクを持って歌を唄い始める。

お地蔵さんたちはこちらを向いたまま。

そのうちの一人のお地蔵さんが私に話しかけてきた。

「私はあなた(の作品?)を見てましたよ。なかなか上手くやっている」

「どれの事ですか?」

「全てですよ」

私は照れてしまう。

で、覚醒。



m 「と、いう夢を見ました」

ス 「君はどう思った?この夢を見て」

m 「そうですね、神社とかお寺の中の人達は、いつもこうやって守ってくれているんだろうな~と思いました」

ス 「随分簡単な感想だなw」

m 「あはは、でもありがたいなって思いましたよ」

ス 「そうか」

m 「はい。いつもありがとうございます、スーさん」



本日はこんな感じです。

それではよい週末を~。






[PR]
by garoumusica | 2018-06-02 05:00 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica