<   2018年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

はい、という訳でガイド拝見の続きです。



ところでですね(もう脱線)、この度のガイドさんのお名前をフルネームで書いてしまうと、まじめに検索をしている方の邪魔になってしまうので、呼び名を別に設けようと思います。

パールと付くので「真珠姐さん」とか?

うーん・・・、新宿2丁目のオカマバーの古株って感じの響きですかね・・・?


「アタシ?アタシはあんたがオムツ穿いてハイハイしてた頃からここで働いてんのよぉ~。

えっ!?歳っ!?

あんた失礼ねぇ~、そんなのレディに聞くもんじゃないわよっ!」


とか言ってそうです。

パール姐さんにしておこうかな・・・。

という事で、愛称はパール姐さんに決定!



では、ガイド拝見の中身を見ていきましょう!

まずはパソコンが壊れて石屋の売り上げゼロ事件から。


「流れが変化する時には、自分の穢れが外れる時には破壊がまずあるものです。

世界は破壊の後に創造がやってきて、常に創造の前には破壊があります。

現在の世界ではインターネットの世界はある種ひとつの「自分の世界」です。

そこに繋がるものが壊れる事は、自らが構築してきた世界が「破壊」されたのと同じ意味を持ちます。

そして創造が始まるまでは今までの「穢れ」を外すための動きが出ます。

それはお金という形で外へと流出する為、新しいエネルギーの補充が始まるまでは減っていく流れが加速されるものです。

ですがそれも流れのうちであれば、またエネルギーが再び充実するので問題はありません」


「破壊と創造」、パール姐さんのご主人のキーワードですね!

このキーワード故にパール姐さんという存在として現れてくれたのではないのかな?と思ったりもします。

さてさてパソコンが壊れて一番困った事は、石屋さんの更新が出来なくなった事です。

フォトショが使えなくなったんで石の色の再現が難しくなってしまい、購入された方との間でトラブルが起きてしまう可能性があるので、今もほぼ更新をしていない状態です。

そう言えば石屋さんって自然光と無修正にこだわりのある方が多いですよね。

太陽の光って、時間帯と撮影した地域の位置によって色が全く違うから、実は色の再現が難しいんじゃないかなと思います。

私が地元から東京へ移った時に1番びっくりしたのが、太陽の色の違いでした。

それに気が付いたのは春のとある日だったんですけど、うちの地元だったら夕方の太陽の色が、東京では14時頃の太陽の色だったんです。

東京は日の出が早いから当たり前なんですけど、同じ日本で同じ時刻の太陽の色がこんなに違うのかと、ものすごくびっくりしました。

ほんっとに同じ時間でも色が全然違うんですよ!

個々の人体の機能の差によって見える色の数も聞こえる音の数も違いますから、これが絶対というものは無いと思いますが、私は自分の経験を基に蛍光灯下で石を撮影しています。

あれは衝撃的だったー・・・。

とは言うものの、蛍光灯の光では光量が足りなくて石の写りが悪い時にだけ、ちゃっかり太陽光で撮影しております。



で、カメラの機種によっても色の出方に違いがあるので、フォトショでの修正は必須なのですが、それがパソコンの故障によって出来なくなった為、石屋さんの更新はほとんど止まっています。

ネックレスの販売の画像はなんとかiPadでこなしていますが・・・。

なのでパソコンが壊れて最も破壊されたのは、石屋さんという事になります。

別館ブログに関しては、今年1年のガイド拝見の時に見えない世界との繋がりを減らす目的で、スーさん達との接触を控え、ブログ数も減らしていましたから、特に問題はありません。

・・・あれ?

問題が無かったと言うよりも、パソコンが壊れる前に既に「自らが構築してきた世界を破壊」していたのかもしれません。

という事は、私が構築してきた世界を破壊する作業は、昨年末から始まっていたという事になりますね。

ガイド拝見の続きを見ていきましょう。


「5月の流れはこの破壊と創造の流れの一環であったと認識してください。

それにより病状の流れは緩やかになり、悪化までの期間が延びていく可能性が高まりました。

10年くらいは余裕が出そうです」


おぅ!やりましたね!

昨年末のガイド拝見にはこうありました。


「自らの身体に影響しているのは、見える範囲ではなく見えない範囲の人間との関わりなので、見えていない人間関係を整理し、自分にとって必要な部分だけに関われるように行動し、設定していくべきである」


これを行ったから、身体に関する流れを変える破壊と創造の流れが始まったのかもしれませんねぇ・・・。

いや違うな、これも流れの一環だった、の方が正しいかも。

それから昨年末のガイド拝見はこう続きます。


「次の1年は今までの人間関係の整理整頓がまず行うべき課題で、これから増えるかかわりに関しては、整理など考えずとも必要な人間関係が構築されていくようになっている」


これから増えるかかわりっていうのが、アジアのエネルギーを体現するパール姐さんって事ですかね?

この時のガイドさんもハワイ辺りの巫女さんでしたから、日本っ子から地球っ子に意識が変わったのかもしれません。



さてさて、身体に関して余裕が出て来て一安心といきたいところですが、パール姐さん、なまけものの私の性格をよくご存知です。


「ここで安心して流れを維持しようとすると失敗します」


ハッキリ言い過ぎ!


「常に変化の中に身を置き、流れの中で循環を意識しつつ行動する必要があります。

まだこれから先、ご自分のやるべき事を常に意識し、行動していきましょう」


自分のやるべき事を常に意識って・・・、やるべき事ってなんでしょう?

そういうのをはっきりと言ってくれたら楽なんですけど、それだと自分の人生ではなくなりますしねぇ・・・。

スーさんだったらきっとこう言います。

「君がやるべき事?それを決めるのは君自身だ」



さてさて、お次は事故に関するものです。


「事故は行動を促すもの。

強い力に押されることを表しています。

人生の強い変化の時期にはそのような事がよく起こります。

悪い事と思わずに、流れと思い当て逃げの相手に意識を強く向け過ぎないように。

それは適切なタイミングで相手からの償いを受け取る結果になるでしょう」


「そのような事がよく起こります」って、さらっと言ってますよ。

「よく起こるのよね~、そういうの!」と、新宿2丁目の真珠姐さんボイスで再生されてしまいました。

確かにスピ界では事故が人生の転機となる話はよく聞きますが。

あ、事故に遭ってひとつ理解した事があります。

事故現場に事故に遭われた方の幽霊が出る話をよく聞きますが、その理由としてその事故に遭われた方が亡くなった事に気が付いていないからと言うのがあるそうなんです。

で、実際に高速で走行中に事故に遭った身としまして、あれは本当に理解出来ないと思いました。

大きな振動と音がしてパッと横を見るとトラックが車にぶつかっている。

それを見て、私は

「え?なんで?」

という感じで、状況を理解出来ませんでしたから。

これであのままガードレールにぶつかって即死してたら、自分の死に関して理解していなかったと思います。

なので、「あれは自分の死を理解出来ないわ~」と事故現場に居続ける幽霊の意識を理解してしまいました。

あれは分かんないわー、ほんと。



次回は祖母の病に関しての解説です。

それでは本日も良い1日を~。






[PR]
by garoumusica | 2018-08-31 05:00 | つれづれ | Comments(0)
画廊musica販売部の記事です。

地球の守り人シリーズのネックレスが出来上がったので、ヤフオクにフリマ出品いたしました。

じゃん!

f0351853_05415382.jpg

手前の子が明るく輝きすぎて、模様が訳分からなくなってます・・・。



では手前の子からご紹介します!(`・ω・´)

『地球の守り人 惑星ノート」です。

f0351853_05421277.jpg

逆さ向きにしないとシラーが現れず、手の中でひっそりと美しい色合いを楽しめます、と以前記事に書いたあの子です(*⁰▿⁰*)



チェーンの部分が太陽系の惑星をイメージしたものになっています。

f0351853_05423062.jpg

左側のチェーン、上から太陽がサンストーン、水星がアクアマリン、金星がローズクォーツ。

それから地球を挟んで火星がガーネット、木製がブラウントパーズ、土星がスモーキークォーツ、天王星が淡いサファイア、海王星が濃いサファイアとなっています。

そしていつの間にか惑星落ちした冥王星は、アジャスターの端っこにサファイアとして登場させました。




着用イメージはこんな感じです。

f0351853_05442407.jpg

惑星ノートの「ノート」は「メモをする」という意味のノートではなくて、「音」の方の「ノート」です。

なんでこの名前なのかはよく分かりません。

作っている時に「惑星ノート、惑星ノート」という言葉が脳裏でリピートしていたので、「地球の守り人」がメインタイトルではありますがそこに「惑星ノート」を付け加えました。

音魂的にも意味的にも「惑星ノート」でも「惑星の音」でもどっちでも良かったのですが・・・。


・ラブラドライの大きさ:約36x25.5x3mm(縦×横×厚さ)※カン含まず
・チェーンの長さ:約47㎝ ※留め具含む
・アジャスターの長さ:約7㎝
・全体の重さ:18g
販売価格:12,800円
売り切れました。ありがとうございます。




もうひとつはこちらも「地球の守り人」シリーズで、「夜の始まり」というサブタイトルが付いています。

f0351853_05430159.jpg

夕焼けが終わった直後の、夜の始まりを感じさせる一瞬を捉えた美しいラブラドライトを使用しました。



色の移り変わりはこんな感じ。

f0351853_05431882.jpg

現品はもうちょっと渋い、本当に夜の始まりの色です。

これをアレルギーの方も安心なサージカルステンレス製のフレンチロープチェーンを合わせました。

とは言うもののトップはシルバー製ですし、付属の星は多分ピューター製なのでトップ部分は服の上に着用していただく事になります。

f0351853_05434159.jpg

見た目は結構メンズライクですが、意外と女性らしい服にも合うようです。

ぼんやりとした印象の服が引き締まりましたね。



こちらは身につけた時にシラーが現れるのが特徴です。

f0351853_17254885.jpg

あ、でも裏面にこのような原石由来の溝があります。

f0351853_05443659.jpg

表側は黒い線はありますが溝にはなっていないので、硬い所に叩き落とすといったような強い衝撃を与えなければ割れる事はないと思います。

でもハンマーで叩いたら割れる自信はあります!

まぁ普通の石でもそうかもですけど・・・。


・ラブラドライトの大きさ:約31x21x8mm(縦×横×厚さ)※カン含まず
・チェーンの長さ:約45㎝ ※留め具含む
・全体の重さ:17g
・販売価格:7,980円




ラストは糸魚川翡翠の勾玉です。

f0351853_05445189.jpg

先日「姫石」というお気に入りの糸魚川翡翠のお店で勾玉祭りがあり、その時に購入した勾玉です。

転売オッケーという事だったので、この勾玉を使ってネックレスでも作ろうと思っていたのですが、なんとなくネックレスよりもポッケに入れて持ち歩きたいような顔をしている気がしたので、そのまま必要な方にお譲りする事にしました。



ご尊顔。

f0351853_05450331.jpg

クマ~(熊)な感じでかわいい・・・。

購入価格は¥6.000で、送料は¥150(送料は¥300でしたが、ふたつ買ったので私と折半)だったので¥6.150。

この金額が私に戻るように出品手数料を加算すると¥6.840になり、この価格を販売価格とさせていただきます。

それでもいいよーという方がいらっしゃれば、よろしくお願いいたします。

商品ページ→曲がり玉

(※商品ページでは検索に引っかからないように、商品について説明はしていません)



このお値段でも糸魚川翡翠としては格安だと思います。

もちろん証明書付きです。

f0351853_05451784.jpg

どっちか分からなくなっちゃったので、とりあえず番号が若い方をお付けします。

多分これどっちでも問題ないと思います。

販売時の商品番号は連番ではなかったので・・・。



今回の販売部はこんな感じです。

それでは暑さが戻って来ていますが、良い一日を~。






[PR]
by garoumusica | 2018-08-29 05:00 | 画廊musica 販売部 | Comments(0)
はい、本日も色々あってガイド拝見をしてもらった件です。



今回は年末恒例のガイド拝見のように「なんかアドバイスください」というような曖昧な質問ではなく、次のような内容をガイドさんに聞いていただきました。

『5月にちょっとしたイベントが起きたので、主にその事に関しての解説、それを受けての今後に対してのアドバイス等が欲しく応募させていただきました。

5月に起こった事一覧

・パソコンが壊れた。
・それに伴い、石屋の作業が出来ずに5月の売り上げゼロ。
・高速道路で走行中にトラックに当て逃げされる事故(母も一緒でしたが二人とも一切怪我無し)に遭う。
・6月もかぶりますが祖母が胃癌発覚で入院。

・追加で身体の現状と、やはり5年で悪化する予定なのか聞いていただきたいです。
・ガイドの名前も聞いていただけると嬉しいです。』

これらの質問に対する返答が今回のガイド拝見の内容となります。



そして、今回対応してくれたガイドさんはこちら!

じゃん!

f0351853_05014791.jpg

私のガイドさんにしては艶やかな感じです。

今まで対応してくれていたガイドさんは基本Jimmy's(地味~ズ)でしたので。

それではガイド拝見の拝見へと参りましょう!



『今回のガイドさんは、なにやら頭の飾りが派手な女性で、アジアの女神様的な雰囲気かインドあたりの王族のイメージか。

そのような「アジアの女性的エネルギー」を表しているような人物になります。

特定の名前を付けるとそれになるのであれですが、インドの有名なシヴァ神の奥さん(パールバティ)とかそんなニュアンスですね。

なのでガイドの姿は一応「パールヴァティ」の一形態だと思ってください。

複数の姿を持つのでこういう格好もありという事で』



うーーーん・・・、なんと言うか、言葉の選び方が割と歯切れが悪い?と言うのが第一印象でした。

私がガイドさんの名前を聞いてもらうようお願いしていたので答えてくださいましたが、そういう形に当てはめない方が本当は良いのかな、という印象を受けます。

まるの日さんの新刊(→エネルギー使いの達人になる 神氣と人氣 一つの神社に二つある異なるエネルギーの使い方)ではないですが、「アジアの女性的エネルギー」として捉えるならば神氣ですが、「パールヴァティさん」として捉えると人氣となる。

そんな感じでしょうか。

まぁ神様なパールヴァティさんと捉えてしまうとまためんどい事になりそうなので、「アジアの女性的エネルギー」が人の思考を通して人型となったものが「パールヴァティさん」というイメージで接していきたいと思います。



て言うか、そもそも、何で「アジアの女性的エネルギー」が個人のお悩みに回答してるんですかね?

変な話ですよね?

「アジアのエネルギー」と言うと、もっと大きな仕事をしてそうなイメージがありますが。

と思ったところで、この様な思考が脳裏に浮かびました。

「君はインドとエネルギーのやり取りをしているだろう」

インドとエネルギーのやり取り・・・。

ハッ!

そう言えば、私は毎月のようにインドの人から石を購入してる!

私は今まで石を石としてしか捉えていませんでしたが、石も生きているしエネルギーなんですよね。

そうか、私はインドと日本でエネルギー交換をしていたんだ。

日常におけるエネルギーの循環について、まだまだ思考が足りないようです。

先日ブログでご紹介した手のひら大のラブラドライトは、インド・日本間のエネルギー循環について意識した後に手元に届いた石です。

f0351853_04382129.jpg

なのでこのブログをご覧の方に見ていただきたくて、こちらでご紹介させていただきました。

まぁ、このラブラドライトの原産地はマダガスカルなので、アフリカ・インド・日本間のエネルギー循環となります。

地球ですねぇ・・・。

そう考えると、

「何故個人ガイドにアジアの女性的エネルギー?」

という反応だったのが、

「私たちは地球っ子だもんねぇ」

という感じで、当たり前の事のように受け入れられるから不思議です。

私たちは地球っ子だしエネルギー存在でもある。

アジアの女性的エネルギーを表しているような存在・パールヴァティさんは、そのような事に気が付かせてくれました。



さてさて、折角なのでパールヴァティ神という存在についてちょっと調べてみたいと思います。

パールヴァティ神という名前を聞いてまず思ったのが、『知らないな~』でした。

シヴァ神という存在に関しては『あー、青い人』という感じで、つまり知識はゼロに近い。

なのでとりあえずウィキから入りましょう~。

「パールヴァティー(पार्वती Pārvatī)は、ヒンドゥー教の女神の一柱で、その名は「山の娘」を意味する」

ヒンドゥー教。

これも見ていきましょう。

『狭い意味でのヒンドゥー教は、バラモン教から聖典やカースト制度を引き継ぎ、土着の神々や崇拝様式を吸収しながら徐々に形成されてきた多神教である。

紀元前2000年頃にアーリア人がイランからインド北西部に侵入し、彼らは前1500年頃ヴェーダを成立させ、これに基づくバラモン教を信仰した。

紀元前5世紀ごろに政治的な変化や仏教の隆盛がありバラモン教は変貌を迫られた。

その結果、バラモン教は民間の宗教を受け入れ同化してヒンドゥー教へと変化して行く。(バラモン教もヒンドゥー教に含む考えもある。)

ヒンドゥー教は紀元前5 - 4世紀に顕在化し始め、紀元後4 - 5世紀に当時優勢であった仏教を凌ぐようになった。

その後インドの民族宗教として民衆に信仰され続けてきた』

ふーん、なるほど・・・。

神道に似た流れもありますね。

あと、これなんか面白いです。

『三神一体(トリムルティ)とよばれる近世の教義では、中心となる3大神、すなわち

ブラフマー:宇宙、世界に実存、実在の場を与える神
ヴィシュヌ:宇宙、世界の維持、平安を司る神
シヴァ:宇宙、世界を創造し、その寿命が尽きた時に破壊、破滅を司る神

は一体をなすとされている』

キリスト教の三位一体を彷彿とさせますし、日本で言えば造化の三神を彷彿とさせます。



そしてシヴァさんの創造と破壊というのは、日本で言えばスサノオさんって感じでしょうか。

創造と破壊のエネルギーを神格化したものがインドではシヴァさんで日本だとスサノオさん。

シヴァさんの寵姫が「ヒマラヤ神の娘」である「パールヴァティ」さんで、スサノオさんの寵姫が「大山津見神の孫」である「クシイナダ姫」。

世界の神話は似通ったものが多いですね。

そう言えば出雲王国の王はインド出身!という主張もありますが、そのような主張もこのような類似点から来ているのかもしれません。



本日はこんな感じです。

本日更新の本館ブログでは糸魚川翡翠とミャンマー翡翠の勉強です。

良かったらご覧ください。


f0351853_06384911.jpg

それではよい週末を~。








[PR]
by garoumusica | 2018-08-25 05:00 | つれづれ | Comments(0)
お久し振りの画廊musica販売部の宣伝記事です。

本日は石屋さんで売るべきか迷ったのですが、なんとなく別館の方でご紹介した方が良い気がしたので、そのなんとなくに従ってみました。

もちろんこちらの売り上げからも募金させていただきます。

あ!

先日、少額ではありますが呉市に義援金を送ったのですが、そのご報告を忘れていました。

f0351853_06232256.jpg


ご協力くださいまして、ありがとうございましたm(_ _)m



で、本日ヤフオクにてフリマ出品したのは、手のひらサイズのラブラドライトのルースです。

じゃん!

f0351853_04382129.jpg

でかい!

このルースは10センチもあるのですが、10センチって思っていた以上に大きいですね!

サイズを確認して購入したのですが、実際に手に取ってみると想像以上に大きかったです。

どちらかと言うと、コレクターの方やストーンセラピストの方向きのお品物でしょうか。



サイズ:約104.5×44.5×8mm(縦×横×厚さ)
※下の画像も参考にしてください。
重さ:60g
数量:1点
販売価格:¥17.800


販売ページにはもうちょっと多く画像がありますので、ご興味のある方は良かったら見てください。



f0351853_04380626.jpg

ネックレスにして身に着けられるのは、北斗の拳に出てくる人達ぐらいだと思います。



それにしてもこれだけの大きさで全面が一度に輝くルースって、滅多にないですよね!

f0351853_04383549.jpg

こうして見ると月の満ち欠けのようですね・・・。

淡いアップルグリーンがメインの色合いですが、イエローもありますし。



更に!シラーが輝いていない時にもお楽しみが!

f0351853_04385081.jpg

流れ星のような美しいきらめきと、深遠な谷が連なっているような輝き。



更には全面に輝く細やかなシルバーのラメ。

f0351853_04390545.jpg

真ん中の画像の模様はモミの木の生い茂る森を上空から見ているかのような、不思議なモスグリーンの模様。

ブログには画像が多くなってしまうので載せませんが、裏面も全面が輝き、そして数多くの虹が見られます。

たったひとつの石なのに、沢山の魅力が詰まった手のひらサイズのラブラドライトのです。



ですが、残念な事に角っこにごく小さな原石由来の欠けや溝が見られます。

f0351853_04392166.jpg

裏面にある欠けに関しては表からは見えません。

ですが、画像にてよくご確認ください。



本当に大きなルースなので、非常にパワフルなエネルギーを感じる事が出来ます。

この石の持つ力強さを必要としている方にお届け出来たらいいな~と思います。



という事で、販売部の宣伝記事でした!

台風が近づいていますが、身の安全第一で良い一日を~。







[PR]
by garoumusica | 2018-08-22 05:00 | 画廊musica 販売部 | Comments(0)
えぇ、タイトルの通りです。

5月から6月にかけて色々とあったので、これは転機来てますわと思い、サクッとまるの日さんにガイド拝見をお願いしたのです。

「すぐにガイド拝見に頼って」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、いいんです。

餅は餅屋、素人の中途半端な自己解釈よりもプロの技術力です。

そのレポートが一昨日届いたので、その内容をより深く理解する為に記事にしていこうと思います。



では5月6月にかけて画廊musicaの身に何が起きたのか、そこから振り返っていきます。

まずは5月。

このブログでも散々不貞腐れていました、パソコン故障問題。

懐かしいですね。

そしてそれに伴い、5月の石屋さんの売り上げゼロ。

6月には売れるようになりましたが、5月は本当にさっぱりでした。



それから、こちらもブログに載せました英彦山・宗像神社訪問。

実はその帰りの高速で走行中にトラックに当て逃げされるという事故に遭っていたのです。

走行中ですよ!走行中。

で、何故ブログに事故の事を書かなかったのと言うと、事故に遭った場所が場所でしたし、私も母も無傷でピンピンしていた為、いかにも上の人達によって計算された意味深な事故だったように思えたからです。

理由が分かるまで書くのは控えよ~って感じで。

で、本日はその時の様子を書いていこうと思います。



あの時は21時頃だったと思います。

もう地元に着いていて、最後のサービスエリアの横の左車線を走っていた時、突然轟音と共に震動が車を襲ってきたのです。

ん?何か起きた?という感じで、パッと横を見るとトラックが車の右後部のドアに衝突しています。

あっという間にうちの車が左側にどんどん寄せられ、ガードレールにぶつかる前になんとか停車。

そしてトラックは我が家の車を追い越すと、そのまま走り去って行ったのです。

で、とりあえず運転していた母に怪我の有無を聞くと、逆に私の怪我の有無を確認される始末。

二人とも無傷です。

とりあえず電話しよっか、と母に話し掛けると、何故か父に電話をし始めまして・・・。

もー、違うでしょ!警察でしょ!と、私が警察に電話。

どんな感じで電話したかと言うと、

「○〇のサービスエリア横の高速上で当て逃げされました。どうしたらいいですか?」

という感じで、本当に落ち着いていました。



何故こんなに落ち着いていたかと言うと、場所が良かったからです。

サービスエリアのすぐ横で、しかも停車した場所がガソリンスタンドの真横。

夜中でしたが非常に明るい場所だったのです。

なので他の走行中の車があそこに車が停まっているとすぐに分かり、二次災害?の起こりにくい場所。

そして警察の方にガードレールの内側に避難するように言われ、ガードレールの内側に退避していたのですが、サービスエリアの横だからか非常に広く空間が取ってあり、そして明るい。

これが明りの少ない場所だったら結構不安を覚えたんじゃないかな?と思うのです。

ですが非常に明るい場所だったので、割とのんきに警察の到着を待つ事が出来ました。

そして何より!

スーさんの呼び出し神社が近かった・・・。

つまり、これはもう明らかに事故をするならこの場所しかない!、という場所で起きた事故だと気が付いていたからです。

そして取り調べ?が終わると、その車を普通に運転して家路につきましたとさ。



余談ですが、以前このブログに妙にドライブレコーダーが気になって購入を勧めたという話を載せましたが、これはうちの話でした。

この事故のひと月前に母の乗る車にドライブレコーダーを装着する事を、何故か私は勧めていました。

ですが母が購入を渋ったのでそのまま話は終わりましたが、この事故の後であの時のアレはこの為だったのかと母と妙に納得したのでした。



そして6月。

祖母に胃の検査を勧めたところ、胃の入口の癌が発覚。

90近いので当然手術は出来ないのでそのままホスピスへ、という流れだったのですが、祖母が家に帰りたがった為、とりあえず胃の拡張手術を行い、併せて細胞診をしたところ、癌なのかよく分からないという結果になりまして。

多分癌なんだけど確定ではない、という中途半端な診断・・・。

胃の入口の拡張がうまくいったので、体力の回復を待って退院という流れになりました。

で、今祖母は割と普通に生活しています。



そういう事が5月6月とあり、今ここで何か学ぶべき事があるんじゃないか、ガイドさん達が私に気が付かせたい事があるんじゃないかと思い、まるの日さんにガイド拝見をお願いしたのであります(`・ω・´)。

学ぶべき事があるのなら、放置するより向かい合う方がいいですしね。

そしてガイド拝見のレポートが届いた訳ですが、この度対応してくれたガイドさんが意外な方でした。

て言うか、エッ?どなたですか?という感じ。

次回はこの方について調べていきたいと思います。

私のようにガイド拝見をしてもらうプロ←になると、出てきたガイド存在自体が既にメッセージであるという事を知っていますから。



本日はこんな感じです。

それではよい日曜日を~。









[PR]
by garoumusica | 2018-08-19 05:00 | つれづれ | Comments(2)
更新を忘れていた訳ではありません。

ただ時間が無くなってしまっただけです。

では何をしていて時間が無くなったのか?

それは・・・、石を磨いていたからです!(`・ω・´)

この夏は暑さが酷かったせいか夏バテ気味だった上、検査が続いていたので調子を崩し、売り物のアクセサリーを作るに作れず。

なので最近はヤフオクの更新が止まっています。

近頃は調子がいいのでお絵かき曜日が終わったら、新しいのを作ろうと思います。



昨日の朝焼け。

f0351853_06225132.jpg



左端の雲がつがいのツバメのよう。

f0351853_06230716.jpg



で、瞑想がてら単純作業をしようと石を磨く日々でした。

どういう石を磨いていたのかと言うと、フリマアプリで格安で売られていた翡翠たち!

なんかですね、人にとって不要になった石を買い取って、磨き直して新しい石の人生を吹き込むという事にはまっています。

「お疲れー、よく来たね。ゆっくり休んで行ってね!」という感じです。

いろんな石を購入して磨き直していますが、最近は翡翠が多いです。

ミャンマー翡翠もあれば糸魚川翡翠もありますが、糸魚川の方が多いかな?

なので、大分翡翠について見分けがつくようになってきたと思います。

人が不要になった石を回収して瞑想がてら石を磨くの、結構楽しいですよ。



で、本日もギリギリまで石を磨いており、本館の更新を先にしたところ、別館の記事を書く時間が無くなったという訳です。

明日改めて記事を書きますね!

よろしくお願いします。



そして本日の本館は?

f0351853_06234539.jpg

「巨匠のカメオ?」です。

良かったらご覧ください。


それではよい土曜日を~。






[PR]
by garoumusica | 2018-08-18 06:23 | つれづれ | Comments(0)

鈴の音。

たまにある話。



「なんか憑いてない?」と思うような突然起こる気持ち悪い体調不良が、たまーにあります。

今年スーさんから独立?してからでしょうか?

独立に従ってスーさんも過保護な守護から見守る守護へと移行したようです。

なのでたまに「なんか憑いたかな・・・」という時があります。

そのような緊急時にふと思いついて使ったのが、巫女さんが舞の時に使う鈴が連なった奴のレプリカ!

右手に持ってシャリシャリシャリシャリ~と鳴らしながら、自分の周りにぐるーっと円を描くように動かしたところ、サァーッと清められたのです。

悪いものが入ってくると言う首の後ろ辺りで鳴らしても効果あり!

神社へお参りに行った時にふと目に入ったので購入した鈴でしたが、お浄めに効果あり!でした。



で、ネットで検索してみたところ純銀製の鈴も清めるのに良いらしいのです。

大体1万円くらいからでしょうか?

面白そうだし買ってみようかな?と思ったところ、

「神社の気が入った鈴だから効果があるとは思わないのか・・・」

という誰かさんの意志が脳裏に現れまして・・・。

自分と気が合う神社で購入したもので良いみたいですよ。

ちなみに神社で購入した土鈴でも効果がありました。



そういえばスーさん断ちをしてからと言うもの、寝坊した時に起こしてもらえなくなりまして、平気で3時間寝過ぎる事が多々あります。

家族は体調が悪いのだろうとソッとしておいてくれるのですが、違うんです、ただの寝過ごしなんです・・・。

ですが、神社へ行かせたい時はちゃっかり起こされます。

ノック式(部屋のドアを叩く音が聞こえて目が覚める)で。

色々ありますねぇ・・・。



本日はこんな感じです。

何も作っていないので宣伝はありません。

あっ!「クジラの海」のラブラドライトは絶賛発売中です☆

売り切れました。
ありがとうございましたm(_ _)m


そう言えば由比ヶ浜にクジラの死体が漂着していましたねぇ・・・。

シロナガスクジラの子供でしたっけ。

あのラブラドライトのイメージはシロナガスクジラ・Blue whaleだったので、ちょっとしんみりしてしまいました。

そして由比ヶ浜と言えばサザンオールスターズの「愛の言霊」。

「由比ヶ浜 鍵屋 たまや」

という歌詞が出て来ます。

なので、この曲が頭の中をリピートしてしまいまして。

友達とカラオケに行った時に誰かがこの曲を歌っていたので、ついつい覚えて私自身もカラオケで歌ったりするのですが、きちんと聞いた事が無かったのでアマゾンで購入し聞いてみたのですが、今まで知らなかったスキャットがあったりして、うん、歌って楽しい曲です!

お皿洗いの時に曲を流し、音源に合わせて歌って踊ってしています。

途中でインドネシア語のラップが入るのですが、日本語の訳が素敵です。

こんな感じ。


「遙か以前から光輝く星を見つめるとき、涙ぐんでしまう

人間の存在、肉体、それらは、宇宙からの言霊を記憶するのだ

幾千億年前の星の光が 人の世の運命を僕に告げるの

過去に多くの人が 愚かな者が 幾千億年前の光見て

戦をしたり 罪犯したなら ぼくもまたそれを繰り返すのか

今は滅びた星の光なのに 見つめるままに 夢に見るたびに

涙ぐむのはなぜなのか そして僕はどこから来たのか

この魂は誰のものなのか 」


なんだかゴーギャンの絵のタイトル、


「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」


を思い出しました。

あー、カラオケに行ってこの曲をノリノリで歌いたい~~~!!!



本日はこんな感じの取りとめのない内容のブログでした。

それではよいお盆を~。






[PR]
by garoumusica | 2018-08-12 05:00 | つれづれ | Comments(2)
昨日、日本赤十字社に義援金を送りました。

この度ご協力くださった方々、並びにブログ上での宣伝を快く許してくださったブログをご覧の皆さまに感謝いたします。

ゆうちょダイレクトで送金した際の画像がこちらです。

f0351853_01590301.jpg

送金元の名前をいじっていますけれども、こちらが送金内容となります。

こういう画像を載せて証明するのもアレなんですけど、けじめとして載せました。



で、先日の記事では「これだけ貯まったら義援金を送るという額が見えてきた」と書いたのに、何故突然義援金を送ったのかと言うと、流れが止まったからです。

「月の記憶のネックレス」以降、商品を売り出しても売れなくなったので、私側に溜まったエネルギーを放出しなければいけないタイミングなんだろうな、と思ったのです。

義援金として送る作業代の目標は3万円だったのですが、送金をした昨日までの時点で2万2千円しか貯まっていませんでした。

ですが今エネルギーを動かすタイミングが来ていると強く感じたので、不足分は材料費から出してしまえ!と予定通り3万円ほど送金いたしました。

一旦リセットという感じでしょうか。

本日から兜の緒を締め気を引き締めて行きたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。



で、地球石の話。

先日の宣伝記事で、これからの予定として地球模様のラブラドライトを使うという事を書きました。

この石達です。

f0351853_03530561.jpg

で、右側の方の石をペンダントトップにしようと色々していたのですが、ふと思いついて裏側を見たのです。

表側は地球の模様だと思っていたけれども、裏側はどんな模様かな?と思いついて。

表側はこんな感じで、

f0351853_03414709.jpg

アフリカ大陸か南アメリカ大陸だな、と思っていました。

f0351853_03413271.jpg

白い丸の所の模様が、です。

なんとなく地図っぽいですよね!

上部にはインドっぽい模様もありますし。



で、裏側。

f0351853_03420486.jpg

裏側は上下を反対にしないとシラーが現れないので、この様な向きになっています。

で、じーっと見つめていたところ、あっ!と驚く発見が・・・!!!

これ・・・、中央にあるこの小さな黒いの・・・、もしかして・・・、

f0351853_03422537.jpg

日本!?

そしてその横はユーラシア大陸!?

もしかして北アメリカ大陸とオーストラリアまである!?

f0351853_03411857.jpg

ひえっ!!!

裏面までマジ地球!!!

何!?このラブラドライト・・・。

ちょっと怖いんですけど!!!



という事で、この石を使ったネックレスの制作はしばし放置する予定です・・・。

彫金技術の向上した未来の私に託します。



本日は義援金を送金したご報告と地球石の作業サボるのご報告でした。

それでは本日も良い一日を~。







[PR]
by garoumusica | 2018-08-08 05:00 | 画廊musica 販売部 | Comments(2)
おはようございます!画廊 musica販売部の宣伝記事です。

昨日記事に載せた「王の小さき薔薇」をヤフオクにてフリマ出品いたしました!

f0351853_06373528.jpg

名前は余所の人が見てもおかしくないように「ロードクロサイト(インカローズ)のネックレス」と改めました。

販売価格は¥8.900です。
売り切れましたm(_ _)m

ご協力ありがとうございました。

商品ページには画像をたくさん載せましたので、良かったらご覧ください!


f0351853_06393744.jpg

使用した石はロードクロサイトを中心に、ほのかに水色をしたホワイトトパーズ、シルバー925製のロンデル、アイオライト。

美しい翡翠色をしたアマゾナイトシリカ、14金メッキを施されたシルバー925製のロンデル。

それから美しい紫色をしたアメジストにアマゾナイトシリカ、アイオライト、シルバー925製のロンデル、ラブラドライト。

それ以降はアマゾナイトシリカとホワイトトパーズが続きます。

使用したワイヤーと金具はすべてシルバー925製です。



以下の商品も販売中です。


売り切れましたm(_ _)m

f0351853_05062570.jpg





f0351853_05004931.jpg
売り切れました。
ありがとうございました(*⁰▿⁰*)

以上、画廊musica販売部でした!

本日も暑い一日となりそうですが、良い一日を~。







[PR]
by garoumusica | 2018-08-07 05:00 | 画廊musica 販売部 | Comments(0)

我が王、再び の巻。

ファ~~~、前回の更新から今回の更新まで、新しい商品を出品しなかった~~~。

作ってはいたんですけど先々週から年に一度の検診祭りがあったので、気力が果てて画像を撮る気力が出ませんでした。

前回出品した分が残っているので急いで出す必要もないのですが、どういうタイミングで新しい商品を出品すればよいのか、判断が難しいものです。

石屋さんの商品なら、商品価格の中に他の商品が売れなかった場合の保険の様な額を含ませているので、ぶっちゃけ商品が売れ残っていても赤字にはならないよう計算し尽くして出品しているので、痛くも痒くもありません。

ですが、この度このブログを通して出品した商品にはそのような金額を含めていないので、出せば出すほど売れなければ私のマイナスとなります。

それにここで出品した商品を石屋さんの方で売りに出すという事は、私の石屋はここだと言っているようなものなのでそれは出来ません。

なので一度に何個まで在庫を作るのか判断が難しいです。



とは言うものの、ブログを見てくださっている方に見て欲しい!という作品もあります。

まだ石の段階なんですけど、このふたつのラブラドライトは「地球の守護者」という作品名になります。

f0351853_03530561.jpg

地球のような色合いをしたラブラドライト、スペクトロライトなんですけど、この石を使った作品自体は「地球」なんです。

では何故「地球の守護者」というタイトルなのかと言うと、このラブラドライトの持ち主となる人を差したタイトルなんです。

石を見た瞬間に思い浮かんだタイトルなので、なんで?と聞かれても答えようがないのですが、ただただ、これらの作品はこのブログを読んでくださってる方の手に渡るといいな~とずっと思っていたのです。

なので今回の出品が決まって良かったな~と思います。



で、前回載せたこの画像。

f0351853_03011575.jpg

下側のアマゾナイトシリカ・ロードクロサイトペアのネックレスが出来上がりました!

じゃん!

f0351853_03525311.jpg

水晶のサザレと同化してデザインが全く分かりませんね・・・。

8時間くらいかけて何度も何度も作り直した作品ではありますが、このシンプルな見た目で作業代(=義援金)として¥8.000も取ったら絶対売れないので、値段付けが難航しそうです。

これと同じものを作ろうと思えば3時間くらいで出来ると思うので、作業代は¥3.000にしておくのがベストだろうな・・・。

難しいものです。



ところで、このネックレスを作っていた時に脳裏に何度も浮かんだ作品名があります。

それは「王の小さき薔薇」というものです。

「小さき薔薇」が差すものが「王の娘」なのか「王の想い人」なのかは分かりませんが、王様の大切な「小さな薔薇」である事には変わりありません。

で、ふと、このネックレスが王の小さき薔薇を差すなら、きっと王様自身を表したネックレスも生まれるんだろうな、と思いました。

と言うか種はもうあるんです、脳裏に。

でもまだ形にしていないんです。

やろうと思えば今すぐにでも形に出来るんですけど、敢えてしない。

今形にしたら、今家にある石でイメージが作られてしまうので、王様に相応しい石に出会えるまで放置プレイです!



そして私の王の話。

以前ブログに載せた「王の帰還」という言葉の響きから浮かんだ人物の絵。→王の帰還、の巻。

こちらです。

f0351853_05075368.jpg

この人なんですけど、再び見たんです。

日本の人かな?と思っていたんですけど、ちょっと違いました。

多分ローマの王さまです。

ローマだから皇帝になるのかな・・・。

古代ローマの彫刻にあるようなああいう感じの白い服を着ていました。

私の絵に問題があってどう見てもこの絵の人物はアジア人ですが、ローマでした。



で、ローマという事に物凄く納得がいきました。

私自身の事ですけど、古代ローマがすごく好きです。

今のイタリアもすごく好きです。

ブログのハンドルネームをイタリア語から付けるくらいにw

それからこんなものもあります。

私の中の古代のイメージの指輪!

f0351853_03532473.jpg

下側は10年以上前に民族雑貨のお店で格安で購入したガーネットの指輪で、上側は先日一目ぼれして購入した古代なイメージの指輪。

前世とかって私自身は覚えているという事はないのですが、ちょっとしたところに記憶の欠片が残っているんだろうな、と思いました。

記憶の欠片、そんな名前のアクセサリーも生まれそうですね。









[PR]
by garoumusica | 2018-08-06 05:00 | つれづれ | Comments(2)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica