人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前回の記事で、風邪を引いたら何故か篠原涼子 with t.komuroの「恋しさとせつなさと心強さと」をモノマネをしたくなったと書きました。

とは言うものの、実はこの曲はサビの部分しか知りませんでした。

更に脳裏に浮かぶのは篠原涼子さんが歌っている姿ではなくて、ポケビの千秋がモノマネをしている姿。

ついでに言うと「いとしさ」に「恋しさ」という文字を充てられていた事さえ知りませんでした。

風邪を引いてしまったら、何故か分からないけれどもとにかくサビの部分だけが歌いたくてしょうがなくなった、そんな感じです。



で、前回の記事で冒頭のネタとしてこの事を書いて一件落着(?)、以上です、ふ~~~という感じで終了しようとしましたら、

「何故この曲を突然歌いたくなったのか考えないのかね?」

と、おっさんが・・・。

あの記事を書いた時になんとなく歌詞を調べてみようかな?とは思ったものの、いつも通りめんどいからいっかな☆って。

は~~~・・・、なんとなくモノマネしたくなった曲でさえおっさんsからのメッセージなのか・・・。

なんかアレですよね、本当にどこまでが自分の意志でどこからがおっさんsからのメッセージなのか分からない。

例えば「何故この曲を突然歌いたくなったのか考えないのかね?」というおっさんからの小言は、唐突に脳裏に浮かんできたので「あっ、おっさんだ」と分かる訳です。

他にも何か疑問を抱いた次の瞬間に答えが脳裏に浮かんだ場合は、すぐにおっさんだと分かります。

ですが歌いたいという欲求は分かりにくい。

神社に行きたい!とか、あの場所に行かないと!みたいな欲求だとおっさんの用事だなと分かりますが。



さてさて、しゃーないのでさっそく歌詞を検証してみましょう~。


『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さと

いつも感じている あなたへと向かって

あやまちはおそれずに進むあなたを

涙は見せないで見つめていたいよ』


ここまでは良く知っています。

この歌詞を自分に当てはめてみると、いつも感じているのはおっさんsなのは隠しようもありません。

まぁ、心強さはありますが恋しさ(いとしさ)とせつなさはどうでしょうね( ´_ゝ`)

あやまちはおそれずに進むあなた、は、まぁおっさんsは恐れないでしょうね。

見つめていたいというのはあるかもです。

私のイケメンフィルターは優秀なので見ていたいです、おーくにさんのチェスターコート姿は本当にカッコ良かった・・・。

という事で、ここまでは特に問題は無いようです。



お次。


『遠い空を あの日眺めていた

やりかけの青春も 経験も そのままで』


ふーん、と一度通り過ぎようとしたのですが、・・・ん?

なんか身に覚えがあります。

先日カミングアウトしたアレです。

幼稚園の頃から嗜んでいた音楽をドクターストップで辞めざるを得なくなり、音楽をしている人すべてを逆恨みしてぼんやりと暮らしていたけれども、空を眺めながら歌を歌っていた時に今の自分が好きだと気が付いて過去を肯定出来た、コレの事です。

もうこの歌詞そのままです。

やりかけの青春に経験そのままで、ぼんやり空を眺めながら歌を歌っていましたから。

そう言えば以前、「続けてても本物になれたか分からないじゃない」みたいな事をスピ系の人に言われた事がありますが、違うんですよ。

音楽を続けて自分の限界を悟って音楽をやめるのと、突然不慮の事故で辞めざるを得ないとでは、自分の中の納得具合が違う。

自分で出来るだけ挑戦して自分の限界を悟って辞めたかった。

同じ辞めるでも全然違うんです。


『永遠を夢見てたあの日を今』


ここは分からないかも。

いいや、お次。


『もう2度とくりかえさずに もどらずに生きること

出来なくて あこがれて

でも少しずつ理解ってきた 戦うこと!!』


あー、『もう2度とくりかえさずに もどらずに生きること』というところは、おっさんsからのメッセージっぽいですね。

「今を生きよ」

言いそうなセリフです。

唐突に『戦うこと!!』ってなんだ?と思ったら、この曲はゲーム「ストリートファイター」の映画版の挿入歌なんですね。

「ショーリューケンッ!」

のやつです。

で、戦うこと!!の続きがこのサビ。


『悲しくて 泣きたくて 叫びたくても

あなたを信じてる 言葉にできない

あやまちは恐れずに進むあなたを

なみだは見せないで信じていたいよ』


なんでしょう?ストリートファイターのストーリー的な何かでしょうか?

彼氏がストリートファイターで、独り戦いに行く彼を信じて待ってる、みたいな。

まぁここは関係なさそうです。

それから2番の歌詞も読みましたが特にピンと来るものもなく、用があったのは1番だけじゃないのかな?と思ったので、あとは省略です。



さてさて、なぜあの風邪引きのタイミングでこの曲だったんでしょう?


スーさん 「それは君がこのブログ上で音楽の事に触れたからだろう」

musica 「おーくにさんが来るかと思ったらスーさん」

ス 「当たり前だろう、君の転機に関わる事なのだから」

m 「転機?そんな大げさな事ですか?」

ス 「音楽を辞めざるを得なくなった、君が最も大切にしていたものを手放さなければならなかった時の話だ。これを転機と言わずに何を転機と呼ぶ」

m 「まぁそうですけど、とっくの昔に終わった事です」

ス 「だが君がこのブログで何年もこの事に触れなかったのは何故かね?」

m 「言っても仕方がないからですかね?」

ス 「ハハハ、ほら、この期に及んでまだそのような言い方をする。そうではないだろう?ほら、君がドクターストップを受けた帰りに母上に言われた言葉が原因だ」

m 「あー、帰りの車の助手席で悔しくて静かに泣いていたんですけど、それを見た母に『泣いても仕方ないでしょう』と言われ、当時は憎しみを覚えたものです」

ス 「そう、それで君は母上に憎しみを抱いたが、他方で納得もした。他者からすれば君が受けたドクターストップの事実は負担でしかないと」

m 「誰か友達に打ち明けたり相談しても良かったんですけど、親でさえこの対応なのだから普通の高校生には負担がかかるだろうなって。だから相談とか愚痴は言わなかったですね。どうしようもない話ですから」

ス 「乗り越えるまで時間はかかったがね」

m 「4年くらいかかりましたね。あの頃の自分にひと言だけアドバイス出来るなら、『凄腕の守護さんがあなたにはいるよ』と言いたいです。ちょっとは楽になれたんじゃないかなと思う。あ、でもそういう勘違いしそうな言い方はダメだな。一般論としての守護霊について教えてあげたい。『誰にでも守護さんがいるよ』くらいならいいかな」

ス 「凄腕の守護とは?」

m 「おっさん”s”の事です」

ス 「元締めがいいからね」

m 「ヤクザですか?」

ス 「ある意味似ているかもしれぬなwさて、まとめると今回の事の発端は君が夢で自分の過去生の姿を見た事だった。それからネイティブアメリカンの作品に興味を持ち、更にトゥアレグ族の作品に興味を持ちそれらを手に入れた」

m 「はい。日本を中心とした地図では逆の位置にある地域の作品でした」

ス 「うむ。そして君はそれぞれを私と大国殿に渡し、それによって起きたエネルギーの変換の影響を受け、君達一家は体調を崩し、君は『恋しさと せつなさと 心強さと』を歌う事となった」

m 「なんか、割と壮大な話なのにラストが『恋しさと せつなさと 心強さと』って、すんごく微妙なんですけど・・・」

ス 「仕方あるまい?この曲がこの度の出来事に最も適していたのだから」

m 「サビはいまいちピンときませんけどね」

ス 「あぁ、それは当たり前だ。サビは我々側の心情を歌っているのだから」

m 「えっ?」

ス 「いいかい?

『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さと

いつも感じている あなたへと向かって

あやまちはおそれずに進むあなたを

涙は見せないで見つめていたいよ』

だろう?」

m 「はい」

ス 「君に対して私はいつも『恋しさ(いとしさ)と せつなさと 心強さ』を感じている。君はいつも猪突猛進、『あやまちはおそれずに進むあなたを』私はいつでも『涙は見せないで見つめていたいよ』」

m 「いや、そう言うの間に合ってますんで大丈夫です」

脳内にサビが流れる。

m 「いま私カーペンターズ聴きながら記事を書いているのに、別の曲を流さないでください」

ス 「曲名は?」

m 「『Top Of The World』、次の母とのカラオケで歌おうと思って」

ス 「歌詞を探してみてはどうかね?」

m 「もうそういうのマジでやめて欲しい・・・」

ス 「ハハハ、昔の君に守護について教えてやれw一般論としての」

m 「とってもクドイおじさんよって」

ス 「そこは愛情にあふれた紳士よ、だろう。前回の転機は君が空を眺めながら歌を歌っていた時に、過去を肯定出来た事。今回の転機は例の『ヤバイ手紙』を貰った事により君の過去を振り返らざるを得なくなり、更には表に出さざるを得なかった事。そしてそれがきっかけにより、新しいエネルギー域へと移行出来た」

m 「新しいエネルギー域?へえ~」

ス 「ターコイズやネイティブアメリカン・トゥアレグジュエリーに関してもそれぞれ君にとって新しいエネルギーだっただろう?ひとつずつ着実に新しいエネルギーを経験しているのだぞ」

m 「なるほど、いつもありがとうございます」

ス 「ドクターストップまでが第一楽章だとすると、初めの転機までが第二楽章、それから上京して震災までが第三楽章、そして今回の転機までが第四楽章、そしてこれからが第五楽章だ」

m 「なんだかもう余生な気分です」

ス 「君は十代を終えるまでの間に一通りの経験を済ましたからね。言いたい事は分かるが新しい人生を歩んでると言って欲しいものだ。そしてこれらの経験があったからこそ我らを『おっさん』扱い出来るのだ、君は」



という感じで、今度こそこのシリーズを終了にしたいものです。



ス 「何故だね?」

m 「リアルタイムで手のひらコロコロっぷりをさらしちゃったからですよ!なんだか恥ずかしいじゃないですか」

ス 「良い例じゃないか。このブログを読んでくれている者には、守護というものがどの様に導いているのかが良く分かろう」

m 「人をサンプル扱いして・・・」

ス 「良いではないか。己の守護の導きに対して猜疑心を抱いている者にとっては、己を振り返り、もしかしたらあの時の出来事は守護者が導いてくれたのかもしれぬ、という気付きのきっかけにもなるかもしれぬ」

                                                          








by garoumusica | 2019-02-26 05:00 | つれづれ | Comments(0)
最後まで残っていたのどの痛みがようやく消え、風邪完治です。

アレですね、風邪を引いてのどが痛くなると声が低くなる為、大抵は五木ひろしとか森進一を歌いたくなるものですが、今回は何故か篠原涼子 with t.komuroの、

「恋しさとせつなさと心強さと」

をモノマネしたくなりまして・・・。

さすがに声は出ないわむせるわで大変な思いをしました。

やっぱり風邪を引いた時は演歌ですよね。



さてさて今回の風邪は「端から端へ、手のひらコロコロの巻。」の記事を更新した後、エネルギーの急激な変化によって症状が出始めた訳ですが、被害が母と祖母にも及んでしまいました・・・。

母は突然顔が腫れ、病院で処方してもらった薬にアレルギーを起こし、更に顔が蕁麻疹でパンパンになるという被害が。

ですがアレルギー対策で飲んだ薬が思わぬ効果を発揮しました。

母は涙が出やすく涙管に流れにくい体質で、常にティッシュを携帯し涙を拭く生活を何十年と続けていたのに、その涙が出にくくなったそうです。

それから毎晩かいていたいびきが無くなりました。

つまりそれらの症状はアレルギーによって引き起こされていたようなんです。

顔が腫れ、薬の副作用で顔面に蕁麻疹が出るという災難に襲われたものの、長年患っていた症状の原因が分かり改善しました。

一方、祖母はガスが腸に溜まって体調不良。

病院に行き検査し、適切な薬を貰って症状は改善しましたが、残念ながら祖母はまだいまいち本調子ではありません。。。



二人の今回の体調不良は私の体調不良と全く同じタイミングで起きたので、おっさんsのバングルエネルギー交換のとばっちりを受けたのではないかと思うのです。

私は記事の更新で本格的にエネルギーの変化が起きる前に、ターコイズのネックレスを胸骨の上に置いてそのエネルギーに慣れるという事を毎日させられていたので、メインの体調不良は1日で済みましたが、母と祖母はそれをしていません。

私一人がエネルギーの変化に影響を受けるのだったらいいんですけど、周りを巻き込むのはちょっとうーん・・・と思うところがあります。



と、おっさんに要望したところで本題。

トゥアレグ族について調べてみると、非常に魅惑的な画像がたくさん出て来ます。

トゥアレグ族の男性は藍で染めたスカーフで顔を巻いているんですよ!

こんな感じ!

f0351853_22284112.jpeg

顔つきも我々(私だけかも)がイメージするアフリカ人ではなく、エキゾチックな顔立ちをしています。

元々リビア周辺に居た民族との事で、この様な顔立ちのようです。

そして何より、藍色のスカーフを身にまとった姿が美しい・・・。

日本では「青の民族」として知られているようですが、実は皆が皆藍色のスカーフを身に纏える訳ではないのだとか。

身分制度が厳しいそうで、その身分によって纏える色が決まっているのだそうです。

濃い藍色の身分もあれば白い色しか纏えない身分もある。

更にはスカーフも巻けない身分もある・・・。

色々ありますね。

ちなみにトゥアレグの女性はアリシア・キーズに似ています。





さてさて、以前記事に載せたトゥアレグシルバーのバングル。

f0351853_03454284.jpg

左のやつですね。

こちらは純銀に近い銀で出来ているとの事でしたが、ちょっと気になる事が。

臭いがですね、なんか気になったんです。

私が知っている純銀の臭いと違ったんです。

私が知っている純銀というのはこちら。

f0351853_03105589.jpeg

以前アートクレイシルバーで作ったペンダントトップ。

銀粘土というのは焼却すると純銀になるんですよ。

これと臭いが違ったんです。

て言うか色も違う。

f0351853_03113876.jpeg

明らかに金色がかっていますよね。

これはニッケルが含まれている銀なんだと思います。

海外のお店を見ても、同じ店舗内でも素材が「High grade silver(tested)」となっている場合と、「Silver tone metal」となっている場合があり、安価で作品に署名がない物は「銀調の金属」という表現になっているようです。

署名はこんな感じに入っています。

f0351853_03121074.jpeg

おや・・・?

この署名はもしかして・・・、

毛利家家紋!?

f0351853_03122103.jpeg

バァーン!!!

残念!横棒の位置が違いました~!

まぁそれは良いとしてこんな感じの署名が入っていれば、大体は「High grade silver(tested)」を使っているようです。

トゥアレグジュエリーに興味をお持ちの方は、銀の色と署名具合をお確かめの上ご購入されると良いかと思います。

ちなみに署名入りの物の表はこんな感じになっています。

f0351853_03115237.jpeg

なかなか繊細な彫りです。

骨董市で購入したというものが安価で売られていたので、思わず購入してしまいました。



さてさて、臭いの違ったバングルは「Silver tone metal」と見て間違いないと思います。

それでもまぁエネルギーの交換は出来たみたいですから、それはそれで良いのでしょう。

私自身メンズな感じが気に入っているので、シャツの上から着用するなどアレルギー対策をして身に着けたいと思います。

という事で、トゥアレグシルバーを科学するの巻でした。

全然科学関係無かったですが。



それでは本日はこの辺で。

皆さま良い一日を~。

※追伸※

12月にコメントをくださっていたわさびさん!

わさびさん!!!

コメントに返信をしたと思っていましたが書いておりませんでした・・・。

お気を悪くされていたらすみません。

今さらですが返信を書いたので良かったらご覧ください。










by garoumusica | 2019-02-20 05:00 | つれづれ | Comments(2)
という訳で、何とかバレンタインデーに更新出来ました!

じゃん!

f0351853_21313508.jpg

と言っても背景が間に合いませんでした・・・。

前回の記事を更新した後でなんと!風邪を引いちゃったんですよ~。

前回の内容は、今までとエネルギーが大きく変化した内容でしたから、さもありなんという感じではありましたが。

今回の風邪は清く正しい喉からの風邪でした!

前回の風邪は耳からでしたから、喉からの風邪は清く正しい感じがします。

綾瀬はるかさんに「あなたの風邪はどこから?」と聞かれたら、

「私は喉から!」

と自信を持って言える、そんな風邪でした・・・。



さてさて、絵に描いたメッセージはこの絵のテーマソングのタイトルに掛けたものになります。

こちらでした。



f0351853_06340760.jpg

f0351853_21313508.jpg

あはは~、ベースは同じですがきちんと描くとやっぱりイイですね!

ですが顔つきは前回のラフなイラストの方がいい感じです。

ラフなイラストの方が想像で補える部分が多いので、自分の好みに見えやすいのかもしれません。

気が向いたらもう少し修正を加えてみようと思います。



さてさて、今回のメッセージは「あなたは私のただ一人の大切な人」。

前回のは「私が必要としているのはあなただ」という感じ。

まぁどちらも日本神界きってのモテ男だから言える言葉ですね。

さっすがおーくにさんです。



という事でハッピーバレンタイン更新はこれにてしゅうりょ~。

次回は20日、来週の水曜に更新します。

それでは皆さま良いバレンタインデーを~。







by garoumusica | 2019-02-14 21:38 | おーくにさん | Comments(2)
お知らせです!

次回の更新は3日後のバレンタインデーの日です。

この日にお正月用に描いていたおーくにさんイラストを載せようと思います。

何時に更新するか分かりませんが、なるべくいつも通りになるように努力します!

んがっ!

おーくにさんの顔もきちんと描きたいので出来るだけ粘る予定の為、まぁバレンタインデー中の更新を目指したいと思います。

世の女性はバレンタインに贈り物を送る事はあっても、貰う事は少ないですよね。

今年はおーくにさんのお色気をプレゼントです!(`・ω・´)



さてさて、ターコイズ・ネイティブアメリカン騒動はひとまず終焉を迎えたようです。

何故なら、なんとなく気になるものを見つけて購入しようと手続きを進めている最中に売り切れてしまう事4回!

まさに加護無し状態!!!

とは言うものの、特に好きなデザインではなくて、ただ「ネイティブアメリカンジュエリーの基本的なデザインなのでコレクションしておこうかな」という程度のお品物だったので、まぁそんなもんかなと。

結構お金使いましたけど棚ぼたで手に入ったお金でしたので、まぁタダみたいなもんです。

支えになっているターコイズは、元々ホーンビーズと共にネックレスになっていたものをばらして、ターコイズだけで繋ぎ直したものです。

元はこれ↓。

f0351853_04465093.jpg

横の豆大福は一般的な大きさのもので、ターコイズのデカさ比較の為に並べました。

このネックレスはフリマアプリで別に購入したターコイズのネックレスの返金された代金で購入したものです。

ターコイズ自体はアメリカ産だけれども加工はインドで行われたネックレスだったんですけど、出品者さんと連絡が取れずに取引キャンセルになって、返金処理が行われた直後に出品されたのが、画像のどでかターコイズネックレスで。

出品者さんがアリゾナ旅行中に購入したんだけど、帰ってから見ると似合わないわデカいわで未使用というお品物でした。

実際手にしてみますと本当にデカい。

一番大きなビーズは縦5㎝もあり、全体の重さは265グラム。

私が以前作ったオーラソーマのボトルのような色合いのペンダントは25グラムなので、かなりの重さです。

そして私もへちょんって感じで似合わない・・・。

多分ビッグなサイズのアメリカンマダムが身に着けたら、丁度良い石の大きさにネックレスの長さなんです。

ビッグママに比べたら日本人は首が細いですから、へちょーんとなって決まらないですよね。

出品者さんは旅行先テンションで購入しちゃったのだろうな、と勝手に推測してしまいました。

ネックレスにも使えない、小さい石を使ってブレスレットを作ってみたものの、ゴロゴロして気になって仕方ない・・・。

なので、石の部分だけ繋いでエネルギーを感じる為だけに使っています。

おっさんも石のエネルギーが堪能出来るからと推してきましたし。

実物も物凄い野性味溢れるターコイズで、手に入れた時には新鮮な鉱物の匂いがプンプンしていてちょっと気になったので、歯ブラシと石鹸でゴシゴシ洗ったほどでした。

手に入れてから毎日寝る時に胸骨の部分に載せ、エネルギーを感じながら寝ています。

かなりの安眠グッズですよ!



さてさて、おーくにさんに似合うからという事でイラストでおーくにさんの腕にはめる事になったカフ。

手元に届いてから何も考えずおーくにさんに「はーい」と渡して(捧げて)しまいました。

そして実はネイティブアメリカンジュエリーではないものの、気になって仕方なかったカフも購入したのです。

こちら↓。

f0351853_03454284.jpg

右側がおーくにさんので、左側が新たに購入したカフです。

左側のカフはアフリカの遊牧民であるトゥアレグ族の方が作ったものになります。

右側のネイティブアメリカンジュエリーはスタンプで模様が付けられているのに対し、トゥアレグジュエリーは手でひとつひとつ模様が彫ってあるのが特徴です。

そしてネイティブアメリカンジュエリーがシルバー925製なのに対し、純銀に近い素材で作られているそうです。

調べてみたところ、かのエルメスでもこのトゥアレグジュエリーが使用され、それで一躍有名になったようです。

エルメスなどはお店を冷やかしで徘徊するぐらいしか縁が無い高級ブランド品ですが、こちらは親近感のあるお値段で売られており、しかもタイミング良く物が売れてその売り上げ金で購入してしまいました。



で、手元に届いてからスーさんに似合いそうだなと思い、「スーさん、はーい」とスーさんにプレゼントしたんです。

特に意図は無かったですけど、なんとなく。

イラストのおーくにさんが身に着けるのとは違いますし、第一似合わない。

ゴツイ感じや模様の雰囲気がスーさんが似合いそう。

じゃあスーさん、はーい。

本当にそんな感じだったんですけど、昨日このような解説がありました。



おーくにさん 「私のカフはどこの誰が作ったものかね?」

musica 「アメリカの先住民族のナバホ族の方がナバホ・ネイション(先住民保留地。アリゾナ・ユタ・ニューメキシコに跨る)で」

お 「君の大きなターコイズのネックレスは?」

m 「アリゾナですって」

お 「君がスサノオ殿に贈ったカフは?」

m 「アフリカです」

お 「それがそれぞれ現地で購入された物が日本に入り、そして君の元へ辿り着きそれぞれスサノオ殿と私に捧げられた。地理的に何か気が付かないかね?」

m 「日本を中心とした地図では正反対に位置する?」

f0351853_03450336.jpg

左側の星がトゥアレグ族の活動範囲あたり、右側の星がナバホ・ネイションあたり、真ん中の星が日本になります。



お 「何故君はトゥアレグジュエリーのカフをスサノオ殿に渡した?何故私じゃなかった?」

m 「スーさんに似合いそうだというのが一番でしたけど・・・」

お 「トゥアレグ族という方たちは過去において好戦的な民族として知られていたし、今でも剣を帯刀しているだろう?エネルギー的にはスサノオ殿の方が合う。君は神話のやんちゃな彼を知っているから、無意識に感じ取ったのだ」

m 「じゃあおーくにさんは?なんでネイティブアメリカン?」

お 「彼らの歴史を振り返れば分かるだろう?」

m 「あー、侵略を受けた側?おーくにさんもあくまで神話的にですけど」

お 「ナバホの方々は侵略者である者たちと戦わずに話し合おうとした。それは神話とは言え私のエネルギー性に合うのだよ」

m 「なるほど・・・」

お 「君は全くそのような事は意図しなかったが、私に似合うと感じた時点でその波動を感じ取っていたのだ。スサノオ殿に関しても同じだよ」

m 「エロ男爵に似合うと思っただけなのに、こんな壮大な意図が隠されていたとは・・・。あっ!て言うかまた手のひらコロコロじゃないですか!!!」

お 「今回はwin-winだろう?君はジュエリーを手に入れ、ターコイズのエネルギーに触れ、そして自分の求めるジュエリーがネイティブアメリカンジュエリーが基になっていたという気付きを得、我々は彼の地のエネルギーを君によって捧げられた。ついでに言うと、君の今回の資金源となったオークションにかけた品物を落札した者も、良い物が手に出来た喜んでいたではないか」

m 「いったい私はどこから手のひらコロコロされていたのですか?オークションしてみようと出来心が湧いた時?ジュエリー作家さんの作品に興味を持った時?それともオークションにかけた品物を購入した時?」

お 「それは様々な要因が重なった時だよ」

m 「あ、誤魔化した」

お 「ではこう言おうか?それは『守護のみぞ知る』」

m 「ズルい!」

お 「まぁまぁ」



またしても壮大な手のひらコロコロをされていたようです。

気が付けないって本当に悔しいもんです。

自分の意志が自分のものではない感じがして。

スーさん的に言えば守護される者と守護する者は一心同体なんでしょうけど、それでもなんだか悔しい画廊musicaです。

それでは皆さま良い休日を~。

次回はバレンタインデーです。








by garoumusica | 2019-02-11 05:00 | おーくにさん | Comments(0)
節分の日の話。

歳を重ねるごとに増えていく、節分の日に食す大豆。

特に美味しいものでもないですし、ノルマをこなす為にひたすら黙々と食べるという感じで。

あー、今年もそんな感じなのかな~と思いながら用意してあった大豆の袋を見たところ、今年は2種類の大豆が用意されていました。

同じメーカーなんだけれども、100グラム当たりのカロリーが40キロカロリーくらい違います。

糖度の違いでしょうか?

大豆に取り掛かった時には既に23時を過ぎていたので、カロリーの低い方を食べようかな?と思い始めたところ、ふと、カロリーの高い方の袋に打ち出の小槌の絵が描かれている事に気がつきまして。

『あ、おーくにさんだ』

という事で、打ち出の小槌の描かれたカロリーの高い大豆を食べる事に決めた瞬間、



おーくにさん 「では福豆にしてあげよう」

musica 「(よく分からないけど)やったーw」



という感じで、おーくにさん由来で大豆を選んだ事に気を良くされたのか、大豆にエネルギーを込めてくれたようです。

普通の大豆とどう違うの?と聞かれてもよく分かりませんが、例年に比べて最後までおいしくいただけました。

おーくにさん、ありがとうございました。



さてさて、先月の終盤から突然始まったネイティブアメリカンジュエリー騒動。

今まで興味の無かったものに対して突然興味を持ってしまって、本当にアラびっくりでしたが、今描いているおーくにさんがネイティブアメリカンの方が作られたバングルを身に着けるという事にもアラびっくり。

なんでしょうね?多分何らかの意図があるんだと思いますが、考えるのめんどくさいー。

ネイティブアメリカンのインディアンじゃなくてインド人を意味するインディアンなら、出雲王国インド人説があるからまだ分かるんですよ。

でもアメリカでしょ?

距離が遠いじゃん!と書こうとしたら、ネイティブアメリカンはモンゴロイドに属するだろう?とおっさんが・・・。

その他の類似点と言えばアミニズムですかね?

万物に霊が宿る的な。

自然に神聖を見い出し敬ってきた歴史は日本と同じかもです。

そういうところは、全てに神聖を見い出せと言うおっさんの教えに通じますね。

私が素敵だな~、でも高いから手が出せないや~と思っていたペンダントが、実はネイティブアメリカンジュエリーと同じ手法で作られているという事を気がつかせる為だけでなく、彼らの宗教感も参考にせよという感じでしょうか。

彼らのジュエリーを見ていると、カチナと呼ばれる精霊なども多く出て来ます。

何でも400種類くらいあるそうですよ。

まさしく八百万ですね。



ところで、ネイティブアメリカンジュエリーを見ていると、時々十字架が出て来るのです。

十字架。

私はそれを見て『えっ、なんで!?』と思いました。

だってキリスト教を信仰する人たちによって、彼らは何千万人も虐殺されたのですから、少なからず嫌悪感があるんじゃないのかなって。

とは言うものの彼らも商売ですから、売れなければ意味がありません。

生活の為に意に沿わないものも作らなければならないんだろうな、などと思っていましたが違いました!

レイ・トレイシーさんという作家さんの解説によると、ネイティブアメリカンがスペイン人宣教師の十字架を初めて見た時に、彼らの祖先のひとつであるトンボを彷彿したらしいんです。

これは多分横棒が1本の十字架じゃなくて2本の十字架の事だと思うんですけど、祖先を思ったのか・・・。

トンボを彷彿するって・・・、なんか思考がいい人っぽいですねぇ。

現在でも宗教的な意味は無くて「4つの方向」を表すモチーフとして使われているそうです。

また、メディスンホイールという十字と丸で出来たシンボルがあるのですが、それによると十字はネイティブアメリカンにとって調和を表す神聖な数「4」を表しているとか。

4つの方角や色、人種、季節などをはじめとする、様々な意味を内包し象徴したものが十字架であり、 バランス・調和など表しているそうです。

なるほど・・・。

憎しみを覚えても良い虐殺した張本人の宗教アイテムに、自分達の宗教観を当てはめて用いるとは、なんて懐の深い人達でしょう。



ところでメディスンホイールについて調べていたところ、占いみたいなのが出て来まして。

生まれた月?じゃないですけど期間によって精霊が違うみたいなんです。

それではやってみましょうー。

私の誕生月?は『クーガー<強い風の月>』。

あと、トーテムアニマル占いというのではピューマ。

ネコ科が多いですねw

それから驚いたのは運気を上昇させてくれる鉱物が、なんと!

ターコイズ・・・。

これか!!!

ターコイズの付いたジュエリーに突然目覚めた理由は・・・。

そしてやはり属性が水。

「ス」の字が先頭に付くおっさんの影がちらちら・・・。

えー、もうやだ~。

やっぱり私っておっさんの手のひらコロコロなの・・・?

そりゃあこの度の騒動に関してはお金も与えられましたし、その事も理解はしていましたが、はっきりくっきり多^恋図、違ったターコイズと占いで出て来ると微妙に反抗したくなる画廊musicaです。

あーーー、なんか悔しーーー!!!

私ちょろ過ぎじゃん!!!



あーあ、本日はこんな感じです。

書き始めた時はこんなはずじゃなかったのに、こんな感じです・・・。

皆さんもお時間のある時にメディスンホイール占い、トーテム占いをしてみてください・・・。

それでは良い一日を~・・・。









by garoumusica | 2019-02-05 05:00 | おーくにさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica