人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

マメな人達。

新しい元号の発表、もうすぐですねぇ。

新しい時代に何を求めるか?

私は平和、安心安全、調和、平穏、進化、成長。

これらの言葉の漢字を基に組み合わせを考えると、なんだろう?


『長和(ちょうわ)』調和に成長を掛けた。

『永和(えいわ)』永遠に平和。

『安化(あんか)』安心安全の中で人としての進化。

『進和(しんわ)』平和の中で進化。

『安成(あんせい)』安心安全の中で成長。


という感じですかねぇ・・・。

一番良いのは『平安』なんですけど、先にやっちゃいましたし。

いずれにせよ4月1日が楽しみです。



さてさて、前回のブログでチベット仏教のタンカ(宗教画)を某フリマアプリで購入した事を書きました。

夢の中に千手観音さんが出て来て、目が覚めた時に某フリマアプリで「美術品」で検索しなきゃという衝動に駆られ、その通りに行動したら手のたくさんある神様のタンカが格安で売りに出されていたので、思わず購入したというアレです。

で、その時にそのアプリ内で2.000円以上のお買い物を2回したら、もれなく500円分のポイントをプレゼント!、さらに抽選で2.000名様に2.000円分のポイントプレゼントというキャンペーンをしていたのです。

私は少額の物を購入する事が多いので2.000円以上のお買い物はなかなかしないのですが、このキャンペーン中にこのタンカと自分の誕生日プレゼント用にピンク色のミャンマー翡翠の原石を購入したのです。

その結果、もれなく貰える500円分のポイントの他に、なんと!

f0351853_22420737.jpg


2.000円分のポイントまで当たってしまった・・・。

合計で2.500円。

これはほぼタンカの購入価格と一緒・・・。

なんかこれってこういう感じですよね。

「業務上必要な物資の購入資金は会社の経費で落ちる」

以前もこういう風にお金が返って来た事があります。

それはこのブログを始める以前に購入した、私の誕生日の石であるシルバーパールの代金。

夢現の時に今で言うところのスーさん色の光が現れたと思ったら、その中からシルバーパールのネックレスが現れ、それを手に取ったところで覚醒したのですが、後日ネットでよく似たあこや真珠のビーズを発見しそれを購入。

その時の代金と全く同じ金額が後日戻って来たのですが、それからこのブログで書いているような付き合いが開始したのです。

うーん、購入金額がキッチリ返って来たという事は、これからいったい何が始まろうとしているんです?

思えば、あのシルバーパールを渡された時からずいぶん遠くまで来てしまいました。

ですが楽しかった。

また新しい楽しい事が待っているのでしょうか?

↑勝手に字が大きく・・・。

あ、そう言えばネイティブアメリカンジュエリー、トゥアレグジュエリーの代金ももらったんでした。

そしてあのスーさんとなった。

まあお絵描き楽しかったかな。

て言うかこの返って来たポイントは期限付きなんですけど欲しいものが無い・・・。

なに買おう。

またなにかこれ買わなくちゃ!みたいな出来事が待っているんでしょうか?

まあ何と言うか、お金を返してくるあたりマメな人達だな~と思いました。



そう言えば、これ欲しいな~と思った出来事がありました。

なにが欲しかったのかと言うとスギライト!

黒い色をしたマンガンスギライトのブレスレットは持っていたのですが、美しい紫か青い色をしたスギライトがなんとなく欲しくなりまして。

早速天然石ビーズの卸屋さんを覗いてみたところ、

えっ!?ただの丸玉のブレスレットが、

24万円もするんですか!?!

あほらしい!!!

ですが卸屋さんでそのお値段となると、これよりもお安い値段で売られている同等の色合いのスギライトは着色の可能性が高いという事。

いくら美しい色合いの石が欲しいと言っても、着色したものだとちょっと・・・。

着色料の化学物質で肌がかぶれそうですし、何より石のエネルギーが変化してそう。

海外の原石屋さんで原石を購入して自分で加工するとか?

スギライトは硬度が低いの翡翠よりは加工しやすいとは思いますがちょっと不安。

そんなことを考えながら部屋の日の当たる場所へ移動し、ふと腕にはめていた黒いスギライトのブレスレットに目をやると、

なんと!!!

色が紫色に変化してる・・・。

えっ!?何がこの子に起こったの!?

数年前に黒いスギライトとして購入し、今の今まで黒かったのに。

ただ黒いだけではなく、紫を秘めた黒色だったとは・・・。

多分初めて太陽光の元でこのスギライトを見たんだと思いますが、初めて紫のスギライトが欲しいと思ったその日が、初めて太陽光の下で既に手にしていたスギライトを見た日となるとは。

なんだか魔法にかかったような心地でした。



と、ここまで書いて思い出しましたが、まるの日さんによる今年のガイド拝見。

インドのジャッハーラさん曰く、

「必要なものは手に入っている」

との事でしたが、ほんとだ!

欲しいと思った紫色をしたスギライトは既に私の腕にはまっていました。



ところでスギライトと言えば3大ヒーリングストーンとして有名ですが、具体的な意味合いは何なのでしょう?

ちょっと調べてみましょう。

えーっとスギライトは色によってエネルギーが大きく違うそうで、色が濃く黒っぽいものほど外部のマイナスエネルギー( 霊、人の想念、環境等) から持ち主を保護する力が強い傾向があるそうです。

その点においては数ある石の中でも最高レベルと言って良いとの事。

ほ~、国一番の騎士って感じですね!

それにしてもスギライトは色の濃いものほどクセが強い傾向があるとの事ですが、私全然平気なんですけど。

↑また勝手に字が大きく・・・。

まぁおっさんsが相当癖の強い人達なんで慣れてるのかもしれません。



スーさん 「君は気が付いておらぬだろうが、癖の強い者達といて平気であるという事は、君自身も相当癖が強いという事だ」

musica 「癖の強い最たるお方が何をおっしゃいますw」

ス 「まあ、そういうところだね」

m 「・・・」



今週はこんな感じです。

それでは皆さま、良い週末を~。










by garoumusica | 2019-03-29 05:00 | つれづれ | Comments(0)

チベット仏教色々。

今週とってもびっくりした話題。

それは「破産者マップ」。

既に閉鎖されましたが、破産者マップとは自己破産した人の氏名や住所・破産手続き日をグーグルマップ上に表示し、地図上で確認できるようにしたものでした。

もともと自己破産した人の情報は官報で公開されていたそうなんですけど、この破産者マップはその官報を利用した物のようでした。

この破産者マップは運営者の方なりの正義に基づいて作成された物のようですし、既に公の場に公開されている自己破産者の情報を利用した物ではありましたが、倫理的にどうなのかなぁ・・・と考えさせられました。

自己破産した人のマップを作っていいのなら、性犯罪を犯した人の現在地マップがあった方が防犯に役立ちそうだなと思ったり。

そうすると人権団体が騒ぎ出しそうですけど。

いずれにせよ、こういう時代になったんだな~としみじみしてしまいました。

今回の破産者マップによって自殺する人とか差別を受ける人が出なければいいですが・・・。

運営者はもっと想像力を使わなければなりませんでした。

大勢の人を傷付けただけでなく、運営者自身も集団訴訟で間違いなく破産者マップ入りだわ。



で、ここからは先日の話。

夢の中に可愛らしいゆるキャラみたいな千手観音が現れまして。

その側には同じくゆるキャラみたいなおーくにさん像が。

千手観音さんに夢の中でお会いするのは初めてです。

と言うか、そもそも仏教関連の人が私の夢に出て来るのは本当に珍しい。

あまりにも珍しいので二人を眺めながら、夢の中でも「珍しいなぁ~」と考えていた程でした。

そしてすぐに覚醒したのですが、某フリマアプリで「美術品」で検索しなきゃ!と突然思い付いてiPadで検索したところ、丁度チベットの曼荼羅が数点ほど出品されたところで。

しかも破格!

見る間に曼荼羅が売れていったのですが、最後に残った曼荼羅を見ると手が沢山ある神様の曼荼羅で。

千手観音さんが夢に出て来た後だったので、これを買えって事か!と思い丁度良いタイミングであった売上金で購入。

出品者さんもビックリするくらいいい人で、とても良いお取引が出来たのです。



そして曼荼羅が届く当日。

またしても仏教系の夢を見ました。

それは僧侶さんが私の家で声明を唱えている姿、を私は幽体離脱して空中で見ているというものでした。

実は声明を夢現で聴くのは今回が初めてではありません。

同じチベット由来の天珠を手に入れた時も、部屋中に声明が鳴り響くという心霊現象が起きました。

天珠と言っても現代の中国の方が作った現代図案の龍のシンボル?が描かれた古くない天珠でしたが、それでもこの様な現象が起きるくらいのエネルギーは秘めているようです。

天珠と言うのはこちら↓。

f0351853_04353425.jpeg

真ん中と左側が現代の天珠で、右側はちょっと年月が過ぎているものです。

左側の物は弁天さんを描いた現代絵柄の天珠で、たまたま染料が顔に散ったのか職人さんがわざと描いたのかは分かりませんが、弁天さんがウインクをしているように見えますよねw

f0351853_04354736.jpeg

バチン!と音が聴こえて来そうな見事なウインクです。

真ん中の天珠は緑度母・グリーンターラさんのシンボルを描いた天珠ですが、瑪瑙の天然の模様によって目があるみたいに見えます。

この様な天珠を私は好んで購入していますが、中国では一山数百円で売られている程の不良品なのだとか。

色が薄くて透明感がある天珠も日本では高額で見掛けますが、日本に入る前は一山いくらです。

何十万と言う値で販売している天珠屋さんもありますが、知ってて購入するのと何も知らずに購入するのでは意味合いがだいぶ違います。



さてさて話を戻しますが、今回の声明で気が付いた事と言えば、声明を唱えている僧侶の方が日本の人だったという事です。

何故日本の僧侶の方と思ったかと言うと、外側の衣の色が淡い灰色だったからです。

チベットの方だったらダライラマの様なオレンジ・小豆色だと思うのです。

チベットで購入されたという曼荼羅だったので、日本の僧侶が迎え入れたという感じでしょうか?

とは言え、上品ではありましたが淡い灰色の法衣なんてそもそもあるのか?と言う感じではありますが・・・。



そして開封!

じゃじゃん!

f0351853_04352245.jpeg

・・・?

んん??

千手観音さん???

ごめんなさい、腕が何本かあったんで千手観音さんかと思って購入しましたが、ちょっと神様違いしたでしょうか。

ちょっと調べてみたところ、詳しくないんでちょっと違うかもしれませんが、仏頂尊勝母・ナムジャルマという方のような気がします。

長寿の主要な仏教女神の一尊で、これまでの罪を消し去り福と長寿をもたらすとされ、ネパール、チベットを通じて広く信仰されているそうです。

なるほど、私の健康の為にいらっしゃったという事でしょうか?

有難いお気遣いです。



その後、ちょっとまたチベット由来の天珠に興味を持った私は、海外の天珠屋さんを見て回っていたのですが、そこでちょっと気になる天珠を発見。

マレーシアのお店のお品物で、ちょっと平べったい形の亀甲12眼天珠。

ちょっと年季が入っている気がします。

穴の画像を見るとかなり摩耗しており、これが加工物ではなくて本物だとするとかなり長い間、誰かがネックレスの中央部分として使っていたもののようです。

この様な天珠は本来はかなり高額になるのですが、こちらはかなり破格。

ふう~ん、良い天珠だね~と思いながら他のお店も見て回っていたところ、突然ハートのチャクラ辺りがポカポカしてきまして。

理由はすぐに気が付きました。

あの天珠ですね。

模様の意味を調べてみたところ、12眼天珠は八方位に天地日月を加えた天の十二守護神、薬師如来の十二紳将の加護を表し、豊作、事業の成功、名声、名誉、金銭、健康運など大満足をもたらす、との事です。

薬師如来さん、こちらも健康に関するお気遣いでしょうか?

で、今回の天珠はこの12眼天珠の模様に亀甲天珠の模様がプラスされているので、亀甲天珠の意味も調べてみます。

亀甲天珠は正しくは亀甲長寿天珠と言い、健康運のご利益が高く災いからも救われると言う意味があるそうです。

おぉ、これは健康に関してのアドバイスを守護さんが送ってきているのかもしれませんねぇ・・・。

悪いようにはならないよ、そんな感じだと嬉しいです。

ですが!この天珠で気になるのはあの価格の理由。

あの古さであの価格なので、お墓からの盗品とかありそう・・・。

そんな天珠だったらいやだ!



スーさん 「そんな天珠だったら勧めはしまい」

musica 「まぁその通りですね。こんなにもハートのチャクラがポカポカする盗品は嫌です」

ス 「ハハハ。だが盗品であった場合でも君がその元の持ち主と縁があった場合は、そのような反応も起きるやもしれぬ」

m 「あー、なるほど。うーん、それでもやっぱり盗品と縁があるっていやだなぁ」

ス 「まぁ、君の場合は盗品であると疑ってかかるのをやめよ。誠実な価格とは考えぬのかね?」

m 「あー・・・、私の心が真っ黒だからついこんな思考を」

ス 「時輪曼荼羅を見つめ己を見つめ直せよ」

m 「・・・」

以前購入していた時輪曼荼羅(ただの部屋のインテリアとなっている)↓。

f0351853_04350739.jpeg

シルバーがメインなのでとっても素敵なんです。



今日はこんな感じです。

それでは良い週末を~。








by garoumusica | 2019-03-23 05:00 | つれづれ | Comments(0)

解説☆髭面スーさん。

私は魚座さんなのでただ今誕生日シーズンな訳ですが、今年は自分への誕生日プレゼントが思いつきません。

ちょっと前まででしたら糸魚川翡翠だとかネイティブアメリカンジュエリーだとか、トゥアレグジュエリーだとかをおっちゃんに上手い事やられて欲していましたが、突然その欲が無くなってしまいまして。

それらのエネルギーを堪能する分には十分手に入れましたが、ステキなものはまだまだ沢山あります。

が、「ん~、家にあるので十分」「私が購入できるレベルのものを手にしても、結局はもっと質の良いものが欲しくなるから買うだけもったいない」などと考えてしまい、「まあいっか」で終わってしまうのです。

首をぐるっと一周出来る糸魚川翡翠のネックレスなんかがあれば、エネルギーの防御的に良い気がするので、質はいまいちだけれども購入出来る金額のネックレスでも購入しようかなと、数時間かけて購入アイテムも決めていたんですけど・・・。

それでちょっとイライラしてしまって、古代出雲関連や縄文関連の本を8冊購入してしまいました。

後悔はしていません!(`・ω・´)

・・・いや、待てよ・・・?

もしかしてこの出雲関連の本を購入させる為に、物欲をコントロールされているとか?

物欲が知識欲に変換されたと?

おっさんに!?

うわ~~~、今ブログを書いていて初めて気が付きました・・・。

えー、なにそれ、私悔しいんですけど!!!



musica 「・・・」

スーさん 「という訳で本日のお題、『解説☆髭面スーさん』だが」

m 「なんか酷くないですか?スーさん・・・」

ス 「後悔はしていなんじゃなかったのかね?今年の自分へのプレゼントは『知識』という事だ」

m 「購入を後悔していませんが悔しいですと言っているんです!また手のひらコロッコロ!」

ス 「だから守護される者と守護する者は一心同体と言っているだろう。それに自分の欲求が本当に自分の物なのか我々からの物なのか、そろそろ見当がつくようになっても良い頃合いだがね」

m 「うわあ、上から目線な話のすり替え。あらやだわぁ、これだから天上人は〜」

ス 「これが本当の高天原ってね」

m 「さて、今回のお題『解説☆髭面スーさん』ですが、今回の絵は何故髭面だったのでしょうか?」

ス 「君は本当にひどいなぁ・・・」

m 「一心同体、お互い様です」

ス 「人の言葉尻をとらえて・・・。まぁよい、君の質問は君が絵に付けたタイトル通りだよ」

m 「『守護神』?」

ス 「本館ブログのタイトルもそうだったね。君は何故あの絵のタイトルを『武神』ではなく『守護神』とした?」

m 「実は本館ブログで画像をアップロードした時は、画像のタイトルを『武神』にしていたんです。ですが、スーさんを『武神』とするのはちょっと違和感を覚えまして」

ス 「実際このブログでは『武神』と呼んでいたが」

m 「剣を持っていましたし、容貌が世の中で見られる『スサノオノミコト』っぽかったので、深く考えずにそう呼びました」

ス 「それでも『武神』から『守護神』へと変更した。その変更する過程を整理しよう」

m 「なんでまた」

ス 「それが答えだからだ。さて、君は本館ブログでこの絵を紹介する時に、タイトルの『武神』に違和感を覚え、別のタイトルにしようと思案した」

m 「はい。この絵のスーさんはどういう状態なのか考えました」

ス 「どういう状態とは?」

m 「ざっくり言うと『武神』として『人を殺そうとしている』のか、それとも『人を守ろうとしている』のか。で、考えた結果、311関連の絵なので『人を守ろうとしている』スーさんだろうと結論に到り、『守護神』としました」

ス 「その流れで君は『武神』とは何か、そして君の呼び出し神社のスサノオとは一体何者なのか考えた」

m 「普段お世話になっている呼び出し神社のスーさんは、バリバリの武神・軍神です。ご神体は剣でなんちゃら天皇が討伐成功祈願にスーさんを祀ったのが始まりですから」

ス 「君は『武神』とは何かを考えるうちに、そもそも『神』とは何だったっけ?とも思うようになった」

m 「『武神』も『守護神』も人が役割を与えたものですから、その大元は何だろう?となった訳です」

ス 「何だと思った」

m 「ただのエネルギーです。私のガイドさんのパール姐さんがアジアの女性性エネルギーの人格化であるのと同じように、普段のスーさんは日本やこのあたりのエネルギーに過ぎません」

ス 「君の脳内フィルターを通し人型に変換した場合にのみ、いつものイケメンスーさんになる、という事だね」

m 「イケメンとは言っていませんが、エネルギーを人型に変換しただけに過ぎません。大元はエネルギー」

ス 「それで『武神のスサノオ』とは、当時の人々が求めたエネルギーの人型に過ぎぬと考えた」

m 「エネルギーとしてはニュートラルだけれども、そのエネルギーに人間が方向性を付けたものが『武神スーさん』かなと。て言うか神話のスーさんなんて武神に相応する働きをした人物じゃないですよね」

ス 「すまないね・・・、一応ヤマタノオロチは倒したという事になっておるのだがね・・・」

m 「実は蛇を切っただけでしょ。後は図に乗って迷惑をかけまくったり人を殺したり」

ス 「・・・出雲の礎を築いたと言うか」

m 「あー、まあね!それでえーっとなんでしたっけ?」

ス 「エネルギーに人間が方向性を付けたものが『武神スーさん』と君が思ったところだよ」

m 「じゃああの絵のスーさんは何だろう?と考えたところ、被害を最小限に抑える為に働いているスーさんかな、という結論に到りました」

ス 「剣は何だろうね」

m 「やっぱり武神のイメージがあったから、私の偏ったイメージでしょうか?」

ス 「象徴だろうね。私のエネルギーの象徴があの剣だったという事だ」

m 「でもワールドワイドな彫刻ですよね」

ス 「大きな地震の際に起こるエネルギーというのは日本だけに留まらず、地球全体のエネルギーに影響を及ぼす。あの剣はこの国のエネルギーだけでなく世界中のエネルギーの象徴という事だ」

m 「大きく出ましたね」

ス 「大したことじゃないさ。君のガイドだって世界各地のエネルギーの使い手達ではないか。人間誰しもこの地球上に生きているのだ、人ひとりが地球の化身と言っても良い」

m 「何でしたっけ?ユニバース理論みたいな名前のスピ的考えがありましたよね。人は宇宙の投影である、みたいな」

ス 「ホログラムだろうw」

m 「・・・」

ス 「まとめると、あの絵の私は非常に大きなエネルギーを扱っていた。荒々しい地球のエネルギーと言ってもいい。そのエネルギー体を君の脳をキャッチし人型に映像化すると、あのような君が『武神』と思わず言ってしまうような荒々しい姿となってしまったという事だ」

m 「なるほどねぇ」

ス 「さて、ここからは君による解説だ。何故君は『武神』から『守護神』へと私を変えたのか?」

m 「違和感を覚えたからです」

ス 「違和感とは?」

m 「私が知っているスーさんは『武神』を感じさせません。バリバリ『武神』のはずの呼び出し神社のスーさんも『武神』を全く感じません」

ス 「君と接するのに剣は必要あるまい」

m 「て言うか、戦後において『武神』『軍神』の需要は無くなりました。そしてこれからの未来も必要のあってはいけない存在なのです。スーさんは」

ス 「手厳しいな」

m 「とは言うものの大元がニュートラルなエネルギー体なのですから、その役目をおろしても何の問題も無いはずです。過去の人がエネルギー体に『スサノオ』という役目を勝手に与えたに過ぎませんから」

ス 「それで君は『武神』ではなく『守護神』という新しい役目を与えたと?」

m 「与えた訳ではなくて絵にタイトルを付ける為に、簡易的に付けたものに過ぎません」

ス 「でも色々と考え、呼び出し神社の私にも相談していたではないか」

m 「ニュートラルな状態のエネルギーとしてのスーさんは何をしているのかな?と考えたんです。まぁ単純に考えて地球というエネルギーの一環ですから、地球・地球に居る人のエネルギーの調整をしているのだろうと」

ス 「それで『守護神』と付けたと」

m 「その名前が妥当かなって。その結果、人々を守護した事もあるでしょうから」

ス 「エネルギー調整の為に取り方によっては災厄を起こす可能性も無きにしも非ずじゃないか?」

m 「それはエネルギーのプラスマイナスのバイオリズムとして当たり前の事だと思う。エネルギーは波だから平坦だと無になってしまいますし」

ス 「この度の君の行為はスサノオと呼ばれているエネルギー体に与えられた『武神』という役目を降ろし、『守護神』寄りではあるがニュートラルなエネルギー体へと変化させたという事だ」

m 「それは私が接するスーさんのみに関してですよね」

ス 「もちろん。世の中には争いによってエネルギーを起こし、それを金に変換して得る者もいれば、そのままエネルギーとして得る者もいる。その様な者達が求めるのは祟り神だろうね」

m 「それに対して私が憤りを覚えたりするのは違いますよね」

ス 「人は人だからね。エネルギーをどの様に扱おうとその者の自由だ。だが君にとって重要なのは君がどう扱うかだ。ほら、君が以前夢の中でパールバディ殿に聞かれただろう?ヒンドゥー教の過去の遺物(信仰を含む)を君に壊せるか?と」

m 「はい」

ス 「君はなんと答えた?」

m 「中にいる人が自分から壊さない限り無理です、と」

ス 「そういう事だね。人がエネルギー体に対してただのエネルギーとするか神格化するかは人それぞれ」

m 「スーさんはそれでいいんですか?」

ス 「ただのエネルギーなものでね、その時代時代の反映に過ぎぬ」

m 「スーさんがそれでいいならそれでいいです。人間側には不満を抱く人もいるでしょうけど」

ス 「とどのつまり、世の中は自分の意識の反映であると認識する事だ。外に力を与えるのはもうやめよ」

m 「その方が楽なんですけどね」

ス 「自分の頭を使わずに済むからな」



とまぁ、こんな感じでした。

あ~、ここまで書いたところで眠くなって寝てたんですけど、更新時間10分前に起こされました。。。

で、トイレ行って戻ってきたら、スリープ状態だったパソコンが勝手にパスワード入力画面を示していました。

おっちゃんはやる気満々です。

f0351853_05410314.jpeg

それでは良い日曜日を~。









by garoumusica | 2019-03-17 05:00 | スーさん | Comments(0)

髭面スーさん。

今年は2019年ですねぇ。

あれからもう8年。

早いものです。

このブログも随分長いこと続けていますが、今年はついに髭が生えました。

f0351853_05404716.jpeg

あれだけ散々「神話を超えたところを見よ」と言っていたおじさんが、何故今さら男度を増したのか凡人には分かりませんが、今年のおじさんは濃くなりました。



じゃん。

f0351853_05410314.jpeg

描く期間が数日しかなかったのでバーミリオンとルセットの2色で描きましたが、まぁどんまいです。



今年のポイントはふたつ。

まずは髪にくくり付けられた稲穂。

f0351853_05411788.jpeg

愛妻家アピールでしょうか?



それから多国籍な模様の大剣。

f0351853_05413129.jpeg

剣自体は古代中国っぽい形で、上からギリシャ風稲穂デザイン、モロッコのレリーフデザイン、中東っぽいデザイン、柄には皮が巻いてあって、ナバホのデザイン。

ワールドワイドです。



今回描いている時に聴きたくなった曲はトニー・ベネットとレディーガガの歌う「But Beautiful」。



この二人のデュエットだとおじいちゃんが若い女性に、愛とは何かを語っている雰囲気ですね。

「愛とは楽しくも悲しくもあり

穏やかな時もあれば狂気に満ちることもある

良きも悪しきもあるけれど

愛とはそんなものさ」

こんな感じです。



そして絵を描き始めて二日目、寝起きでこの絵を見た時に脳裏に浮かんだ曲がこちら。



エアロスミスの「Dream On」。

この曲の、

「Sing with me, sing for the year

Sing for the laughter and sing for the tear

Sing with me, if just for today

Maybe tomorrow the good Lord’ll take you away」

のところが脳裏に浮かびました。

訳すと、

「私と歌おう、歳月の為に

笑いの為に そして涙の為に

私と歌おう、今日の為に

明日になれば大いなる主に召されるかもしれないから」

ざっくりと言うと、

「今を生きよ」

という事だと思います。

先日もそんなことをブログに書いた気がしますが、読み直すのは面倒なので放置します。



スーさんにお伺いしたい事は数あるけれども、本日は本館ブログもあるのでお話はまた次回という事で。

という感じで、本日もより良い一日を~。







by garoumusica | 2019-03-11 05:00 | スーさん | Comments(0)
次回のブログの更新日変更のお知らせです。

次回のブログの更新は3月11日に変更いたします。

どうぞよろしくお願いしますm(._.)m



今年もそんな時期なのですねぇ。。。

自分も被災したにも関わらず今年はすっかり忘れていました。

311イラストも無くなりましたし、などと考えてたところ、スーさんがいらっしゃいました。

ていうか最近出て来ていたのはこの為だったんじゃないかと疑っております。

ラブラブな曲を聴かせてくるので、私にそういうエネルギーとか男性性エネルギーが必要な時期なのかな〜と思っていましたら、ちょっと違ったようです。

「俺様を描け」

でした!

とは言うものの、描き始めたのが昨日なので単色のやや手抜きなものになりますが。

まぁしゃーないです。

ですが色鉛筆で下描き無しで描いているので、緊張感がいつもよりあります。

色鉛筆はある程度は消えますが鉛筆のようには消せないので。。。

腕を試されてる感があってプレッシャーがかかりますが、スリリングで楽しい感じもするから不思議です。



さてさて、今回はいつものスーさんとはちょっと違います。

なんと、初めての髭面です。

f0351853_03494367.jpeg

しかもごっつい剣のおまけ付き。

トゥアレグジュエリーを渡したからでしょうか?

初めて武神スーさんが出て来られました。

熊野のスーさんも武神っぽい雰囲気でしたが、あれはあくまでも熊野のスーさんだったので、今回の絵とはかなり違います。

稲田姫物語のスサノオくんが歳を取って武神になった感じと言った方が近いです。

あー、そう言えば稲田姫物語の更新を忘れていましたー。。。

色々あったからな〜、ドンマイ私!

そのうちこっちも更新します!



話を戻しますが、今まで私の前に現れていたスーさんは割ときちんとしていた気がします。

神職っぽい格好をしていたり、着物を着ていたり。

ですが今回は髭面だし髪の毛ボサボサだし、古代の大剣も携え、服装も古代のものです。

今描いているのは2度目に現れた画像を描いていますが、1度目の画像は鬼気迫る顔をして大声を上げているかのような、初めて見るスーさんの表情でした。

1度目の画像は奥歯まで見える程の口の開きだったので、短期間で描くのが大変と判断し、今描いている画像に変更してもらいましたがw

そうしたら大剣が追加されたので、まぁ労力は変わらないかもです(´・ω・`)



という事で、次回のブログ更新は3月11日です。

よろしくお願いいたします。

お絵描きがんばろう〜٩( 'ω' )و









by garoumusica | 2019-03-07 05:00 | つれづれ | Comments(0)
昨日見た夢の話。

夢の中で小川が側にある神社へ行ったんです。

5歩くらいで橋を渡り終えるくらいの小川で、川沿いに木が植えてあってちょっと暗い雰囲気。

その木側にお社だけの神社があって、その反対側には野球が出来るくらいの広場があり、私はその間にあった歩行者用の道を歩いていたのですが、途中で『カシャン』という物が落ちた音がしたので、振り返り地面を確認したのです。

すると道の上に金色の針のルチルクォーツで出来た勾玉を発見。

この勾玉は私の物だったようで、「わ~、気が付いて良かった~」と思いながら拾ってポケットに入れて再び歩き始めたところで覚醒。



勾玉って多産増幅の象徴の言われ通り割と着々と増えていましたが(最近はペースダウン)、ルチルクォーツの勾玉は持っていません。

形もよくある出雲型や大和型、中国製の先細型とも違って、かなりぽってりとした印象で大きさも4センチは軽くあったと思います。

背中の下側にはルチルの塊もあって、実際に購入したらかなりお高いんじゃないかな?という印象を持ちました。

で、不思議な事に私は夢の中で物が落ちた音を聞いた時に、スーさんがおすすめしてくれて購入したトリニティリングが落ちたと思ったんです。

ですが勾玉を見た瞬間にトリニティリングが脳内で勾玉と入れ替わっていました。

ちょっと表現が難しいな・・・。

トリニティリング≒勾玉?

これも違うな。

なんと表現すればいいのか分かりません。

何かのメッセージなのでしょうか?

トリニティリングと言えば三位一体。

愛を象徴するピンクゴールド、忠誠を表すイエローゴールド、そして友情を表すホワイトゴールドで出来ています。

勾玉と言えば多産増幅。

それから胎児とか月とか色々と言われていますが、何でしょう?トリニティリング≒勾玉にはならないですよね?

うーん・・・、不思議な夢でした。

あ、そう言えば昨日からターコイズと糸魚川翡翠のエネルギーが合わなくなって、出雲石のエネルギーを身体が欲したんですけど、タイミング的にそれと関係があるのでしょうか?

世界一周して始まりのイズモンに戻ったとか・・・。



さてさて先日の話。

病院帰りに母とスーパーへ寄ったのですが、あいにくその日はポイント5倍デー。

人が多かったので私は母と分かれてひと気の少ない場所で時間つぶしです。

ふらふら歩いていると結構な広さのオーガニック化粧品の売り場を発見しまして。

ああいうのって見るのが楽しいのですよね。

ついついふらふらと立ち寄ってしまいました。

昔からあるものや初めて見るもの。

昔からあるものの種類が豊富になっていたもの。

見ていて飽きません。

そんな中、ふと目に付いたのがロールオンタイプの香水。

オーガニックのオイルが使われているようです。

どれどれ?と説明を読んでみると、メジャーなエッセンシャルオイルに日本産のオイルを足して作られた香りのようです。

日本のオイルというのは月桃や生姜、柚子に橙、そして黒文字。

えー、斬新~~~。

しかもパワーストーン入り!

それは気になる!という事で匂い嗅ぎ開始!

それぞれを嗅いでひとつだけ身体にしみ込んだ?香りがありました。

それは・・・、

生姜&白檀!!!

f0351853_02570573.jpeg

かわいいパッケージなのに生姜・・・。



パワーストーンはカーネリアン!

f0351853_02571709.jpeg

私自身はあまり使用しない石です。

あ、生玉くんで使ったかな?

でも自分用の生玉くんが実はろくに使わないままどこかに行ってしまいまして・・・。

再び現れたという事は今必要な石のようですね。

意味を調べてみたところ、これから何かを始めようとしている人やエネルギー不足の人におすすめの石だそうです。

確かに最近はエネルギーに振り回されてばかりだったですねぇ・・・。

この香りの解説もこのようなものでした。

「何かに挑戦したい、アクティブな心で自分を高揚させたい。

情熱的で情緒に満ちた気品のある香りで、

しなやかで美しい生命力をあなたへ」

生命力不足なのか、私は。

この香水に使われているエッセンシャルオイルは、生姜、サンダルウッド、シストローズ、クローブ、イランイラン、パチョリ、ベチバー。

香りを嗅いでパッと思い浮かぶ香りはサンダルウッド・白檀。

・・・スーさんの香りです。

別にスーさんの香りに惹かれた訳じゃないんですけど!

スーさんの香りと言えば以前ゲランのサムサラを載せました。

サムサラのエッセンシャルオイルはサンダルウッド、ジャスミン、イランイラン、ホワイトムスク、アイリス、トンカビーン、バニラなので、なんとなく似ているようですが、サムサラの方が甘い感じです。

サムサラがあれば新しい香りはいらないんですけど、サムサラは現在このような形になっています。

じゃん!

f0351853_02574708.jpeg

おかきが入っていた缶カン。



カパッ!

f0351853_02580031.jpeg

何重にも重ねられたジッパーの袋・・・。



そして・・・、

f0351853_02581286.jpeg

サムサラ・・・。

だって匂いが強いんですもん、化学物質過敏症にはちとキツイ。

これくらい厳重に防臭して保管しております。

たまに匂いが嗅ぎたくなった時には、一番外側の袋を開けて匂いをひと嗅ぎしただけで満足。

て言うか、それだけでも指に匂いがこびりついて数時間消えないくらいです。

それを考えると今回手に入れた香水の香りの強さは調度いいかもしれません。

強い香りではないですし、良い意味で割とすぐ消えますし。

がろむじ(画廊musica)おすすめのブランドです。


ちなみに私がビニール袋の中の匂いを嗅いでる場面に遭遇したら、シンナーじゃなくてサムサラ吸ってるんで通報しないでくださいm(._.)m

よろしくお願いいたします(切実)。



そう言えばトコトワってどういう意味なんでしょう?

あ!ホームページで見つけました。

『美しき日本のことば、「常永遠=とことわ」に思いを込めて』

だそうです!

美しいですねぇ・・・。



それでは皆さま、良い一週間を~。



スーさん 「『常(とこ)=永久不変の』『永遠(とわ)=未来永劫』。この名を持つブランドの香りに私を見い出すとは・・・」

musica 「白檀ならなんでもスーさんですけど」

ス 「白檀にもよるだろう?」

m 「妙に木っぽい香りの物は違いますけど・・・」

ス 「サムサラの意味はなんだったかね?」

m 「ゲラン的には『永遠の再生』=『輪廻』」

ス 「共通するものがあろう」

m 「永遠」

ス 「フフフ、永久不変・未来永劫・・・か」

m 「あくまでも香りです」











by garoumusica | 2019-03-04 05:00 | スーさん | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica