昨日の本館ブログでもアッチョンブリケしてしまった、画廊musicaです。

ねー・・・。

驚きの3アッチョンブリケ!!!

明石家さんまも驚きのファーです。



さてさて、タイトルの通り前回の記事のリベンジです。

見えない範囲の人間関係をセーブした結果を半年分振り返ってみますと、それまでよりも勘が良くなっている感がします。←ダジャレのつもり

勘と言うほどでもないんですけど、なんとなく思った事を人に言ったり自分が行動したら、それが正しかった場合が多くなった気がします。

あんまり良い内容ではないんですけど、カーナビが気になってその時に話をしていた相手にしつこく勧めたら、ひと月後にその相手が車で走行中に当て逃げされたとか、死相が出てるわ―と思った相手に検査を勧めたら癌が見つかったとか、そういうのがいくつか・・・。

良くも悪くもない事だと、姉夫婦が旅行に行く事になったと聞いてその行先を当てた事くらい。

こういうのがガイド拝見で言われた「見えないものを感じ取る感覚をより向上させていく事になる」という事なのかな?と思いました。

ですがそういうのは根拠があって言った訳じゃなくて、その時その時に興味が湧いた事だったり、ぱっと思っただけなので、適当に言っただけに近い。

「今日(地球上のどこかで)地震が起こる」というのと同じような気がするので、感覚が向上しているのか何とも言えない・・・。

そう思っていると、ガイド拝見にこのような記述を発見しました。

「自分の意識をもう少し信用する事、そして感じ取った事を否定しない事」

うーん・・・、族長・・・。



それから5月にパソコンが壊れた時に私は新しい技術を!などと言って、アートクレイシルバーで龍神さんを作りました。

その事に関すると思われる記述を発見しました。

まず今回ガイド拝見を振り返る前に思っていた事があります。

それは、

「頑張って龍神さんのペンダントトップを作ったものの、いい大人が身に着けて外出出来る代物ではない」

というものでした。

自分的には可愛く出来ました、龍神さん。

イメージ通りです。

が、あのような可愛い龍神さんを身に着けて外出する事は、自分自身ではしないんです、私。

残念ながらあのペンダントトップは大人の顔には似合いません。

普段着ている服にも合わない。

あのデザインは10代までだと思う・・・。

作るのは楽しかったですし、飾っておく分には十分なのですが。



そしてガイド拝見の内容ですが、この様にありました。

「目新しい出来事に意識を向けるのは大切だが、それが自分のかなわない欲求のはけ口である場合は注意が必要。

今後自分がやりたいと思う事がうまく出来ない事がある時、そのやりたい事は自分の本質ではない逃げの為に生まれていく我欲である」

この「自分のかなわない欲求のはけ口」「自分がやりたいと思う事がうまく出来ない事がある時」っていうのは、五月にパソコンが壊れて石屋の画像処理が出来なくなった時の事ではないかと思うんです。

その時に新しい技術を得るなどと言って、アートクレイシルバーで龍神さんを作っていましたし。

私がこれがきっかけでアートクレイシルバーにはまり、可愛いく神様系の何かの制作を作っていく未来もあったかもしれませんが、やっぱりちょっと違う気がします。

天使とか龍の翼系のものも作ってみたいと思っていたのですが、こういうデザインのアクセサリーはよっぽど洗練されたデザインじゃないとちゃちい!

身に着けられる程度まで仕上げるのにものすごいエネルギーと時間を使いそう・・・。

そう思っていたら、その答えがありました。

「逃げの為に生まれた我欲に振り回されても問題はないが、しばらく復活に時間をとるので時間の無駄になりかねない。

人生は長いようで短いのだから、無駄なエネルギーは使わないに限る」



私のアクセサリーの制作には、自分が身に着けたいものを作るというポリシーが根底にあったはずなのに、身に着ける事のない物の制作に時間を掛けるのは人生の無駄。

子供向けのアクセサリーを作りたい!というポリシーが私自身にあれば、逃げでも何でもなかったのですが、

あー・・・、アッチョンブリケしてしまった・・・。

圧巻の4アッチョンブリケですね!

沖縄で豪雨が降ったニュースを見かけたせいか、豪雨・竜巻に見舞われる夢でした・・・。

いったん目覚めたものの眠くてグダグダしていたら、今度は小さな女の子に髪を梳かれるオカルトな夢をみる始末・・・。

髪をクルクルっとまとめたまんまで寝てしまっていたので、当然髪を梳くという事は出来ない為、完全な夢で間違いないのですがちょっと怖かったー・・・。

怖いながらも小さい女の子って分かるので手を跳ね除けたらかわいそうなので、怖いから姿を見ないように目を瞑って「髪を梳いてくれてありがとう」と、夢の中の私は手を取って感謝していました。

はー・・・、怖かった・・・。



で、そろそろまとめようとガイド拝見のラストを見てみたら、こうありました。

「火のエネルギーがより強くなる一年となる為、そのコントロールがやや難しくなる。

水と木と風と、それらのバランスを強くする事で、火の過剰な動きを止める必要がある」

あー、さっき見た夢は水と風、そして木で出来た我が家が出て来ました。

なんだろう?この記事の締めくくりの為に、私をアッチョンブリケさせたのでしょうか?

じゃああの小さな女の子はと考えたところ、なんとなく着物姿のおかっぱの女の子のイメージだったので、お久し振りのチビムジちゃんだったのでしょうか・・・?



スーさん 「そうだ」

musica 「怖かった―・・・。て言うか先に言ってくださいよ」

ス 「少なくとも君は怯えながらも彼女の手を取った。それは己のインナーチャイルドを受け入れたという事だ」

m 「そういう考え方もあるんだ・・・。私にとっては非常にオカルトでしたけどね・・・」

f0351853_23113686.jpg






[PR]
# by garoumusica | 2018-06-17 05:00 | つれづれ | Comments(0)

目に見えない厳ついおっさんと絵描きの会話。それから大変申し訳ありませんが、本サイト内の画像、写真の無断転載・転用を禁止させていただいております。


by musica